back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
私の心を傷つかない

私の心を傷つかない

貝川 吉一

4.9
コメント
2.6K
クリック
691

「嘘つきとビッチ。まったく似合いのカップルだ」アシュリは鼻で笑った。彼女の笑顔はとても輝いていたから、誰も彼女から目をそらすことができなかった。 彼女はワインを一気に飲み干した。まさかあのワインが母親に薬を盛られて、信じられないほど金持ちでハンサムな男性の前に連れ去れ、自分の人生をすっかり変えてしまうとは思ってもみなかった。 あれは狂った一夜だった。彼女は初めて会った男性に処女を奪われた。それはまるで夢のようだったが、翌日目がさめるとそこにはあの男が立っていた。 「キスして! 」と彼は言った。 これから何が起こるのだろうか?

第1章裏切り

「パパ、ママ、アシュリー、婚約式に出席してくれてありがとう。

みんながここにいてくれて、私たちはとても幸せよ。 さあ、みんなで乾杯しましょう?

私たちの新しい人生の始まりに、愛のために、そして家族のために!

乾杯!」 そのかわいらしい女性は、にこやかな笑顔でグラスを持ち上げながら乾杯をした。

白いオフショルダーの膝丈のサテンドレスを着た天使のような女性は、この上ない幸福に浸っていた。

穏やかで満足そうな表情で、彼女は男の腕を親密に握っていた。

逆に、スーツを仕立て上げた白いスーツ姿の男性は不安そうだった。 その表情からは彼が幸せでないことが分かるだろう。 彼は婚約者に目を向ける代わりに、違う女の子に目を向けていた。

妻となる彼女の手を簡単に握り締めた後、手を引こうとしたが、彼女が再び手を握り締めて放さなかった。

「レイモンド!」 隣りにいた上品な彼の母親は、彼に行儀良くするようにと、さりげなく名前を呼んだ。 彼女の声は、歓喜と不快感が入り混じった声だった。

そう呼ばれたレイモンド・ルオは、ふと我に返り、 グラスを握りながら、しぶしぶ彼女から婚約者に視線を移した。

ほのかな笑みを強制的に浮かべ、彼は婚約者の両親に「お父さん、お母さん」と丁重に挨拶した。

母親に注意されたにもかかわらず、彼は時々その女性を盗み見るのを止めることができなかった。

レイモンドのぼんやりした表情を見ながら、レナ・ムーは手を強くつねった。 彼女は歯を食いしばって、頭を垂れているアシュリー・ムーをあざ笑った。

「何してるの、アシュリー? レナと婚約者は乾杯しようとしているよ、 頼むからグラスを上げてくれないかな」 ペギー・スーは目立たないようにするアシュリーをなだめて、 恥ずかしがり屋の彼女にグラス1杯のワインを手渡した。

「アシュリー来てくれてありがとう」とレナ・ムーはグラスを持ち上げながら、優しい口調でアシュリー・ムーに言った。

恐る恐る、アシュリー・ムーはグラスを持って上にあげた。 レナ・ムーとレイモンド・ルオを見上げながら、彼女は心の中で冷笑した。「一方はハンサムで、もう一方はかわいい。 浮気者と雌犬は お互いにぴったりだわ」

アシュリーは口角を上げてかすかに微笑んだ。 歯がチラリと見える彼女の笑顔は完璧でとてもまぶしく、誰も彼女から目を離すことができなかった。 「おめでとう! 末永くお幸せに」と言って、 グラスを飲みほした。

「ありがとう、アシュリー! 私とレイモンドは幸せな人生を送れるわ!」とレナ・ムーは、臆病な子猫のようにレイモンド・ルオの肩にもたれながら、優しく答えながら、 婚約者からアシュリー・ムーに視線を移して、 挑発的な目つきで彼女を頭のてっぺんからつま先まで見つめた。

レナの批判的なまなざしに侮辱されたと感じたアシュリー・ムーは、彼女の挑戦的な振る舞いに応えて、より明るく陽気な笑顔を見せた。

すると、レナ・ムーは傲慢な態度で妹に憤慨した視線を向け、婚約者を別のテーブルに挨拶させるために連れて行った。

一瞬あっけにとられたアシュリー・ムーは深呼吸をし、席に戻る両親に合流した。 両親に顔を合わせると、彼女はそっけなくなった。 お前らが何を企んでいるかわかってるのよ。 私をレナとレイモンドの婚約パーティーに招待したなんて、 きっと私がレイモンドを諦めることを望んでいるでしょ。

以前こういう場合なら、きっと友達と話すことに夢中になっているのに、今は私のところにいる。

まさか私が婚約式を台無しにするのではと恐れているのでしょか?

ぼんやりと座っていると、アシュリー・ムーは退屈し始めた。 彼女は両親の方を向き、「パパ、ママ、なんだかちょっと疲れてきたみたい。 家に帰りたい」と言った。

「それはできないよ」とペギー・スーはきっぱりと断った。

「どうしてダメなの?」 とアシュリー・ムーはしかめっ面をしながら尋ねた。

その反応は予想外で、彼女は混乱した。パーティーが台無しになるのではと心配しているなら、その必要はない。 あの二人は婚約したので、私にはどうすることもできない。 彼らは安心するはずだ。

もしかして…

彼らは、私の背後で何か企んでいるのだろうか?

突然、彼女の頭がズキズキとしてきた。 彼女は両手で頭を抱え、発熱しているようだった。 どうしたの? めまいがしてきた。 頭が痛くて死にそう。 発熱しているの?

ワインを一杯だけ飲んだだけなのに。 酔っ払うわけないと思って、素面でいられるように努めていた

彼女の苦しんでいる姿を見て、ペギー・スーはアシュリー・ムーに歩み寄って言った。「どうしたの、アシュリー?

具合が悪そうだよ? ゆっくり休めるように部屋に連れて行ってあげる」 娘の意見を聞くことなく、彼女は娘を2階へと連れて行った。

2階に着くと、何か変だなとおかしい感じが

したアシュリー・ムーは 母親の腕から離れようとした。 一人になりたくてたまらなくて、 「放して!」 と力を入れて叫んだ。

しかし、彼女の試みは無駄だった。

彼女はかろうじて立っていることができたが、ペギーの強い握力から逃れることはできなかった。

娘が何度も手を離そうとすると、ペギーは部屋の隅まで引きずっていき、彼女の顔を激しく平手打ちした。

「この悪い子。 デュ様はあなたに興味を持ってくれるのは なんと光栄なことか分かっていないの? 彼を幸せにすることができれば、あなたは快適な生活を送ることができるし、私たち家族は彼から大きな取引を得ることができるわよ。 だから黙ってわたしに従いなさい」と彼女は意地悪そうに言った。

その平手打ちでアシュリー・ムーは正気に戻った。 ペギーの辛辣な言葉を聞いて、彼女は軽蔑したように笑わざるを得なかった。

信じられない。 私を利用して不動産業のマイケル・デュの機嫌を取るなんて。 あの男は私の父といってもよい年なんだよ。

それに、彼は太っているし、若い女の子を性的に虐待するのが大好きで、 被害者はみな悲惨な結果になっている。

私をひどく困らせているのに、私のためにそうしているって言えるの?

私は実の娘ではないとしても、少なくとも10年以上一緒に暮らしているでしょ。 それでも、彼らにとっては何の意味もないの? どうして私をこんなふうに扱うの? とアシュリーは苦々しく考えた。

自分を気の毒に思ったアシュリー・ムーは全力を尽くして、母親を押しのけた。そして、連れて行かれた場所と反対方向へと走った。

彼女の反応に呆然としたペギーは しばらくして、戸惑いから抜け出し、悪意に満ちた目つきで走って前方に走り出したアシュリー の後ろ姿を見ていた。

自分の不注意に怒ったペギーは、血の気が引いて娘を追いかけた。

後ろを振り返らずに近づいてくる足音を聞いたアシュリーは下唇をひどくかんだ。 母親に捕まえられるのを恐れているので、足を強く押して、できるだけ速く走った。

ダメだ!

このままじゃ捕まえられるかもしれない。

そうしたら死んだも同然だ! 彼らに私の人生を台無しにさせてたまるものか! と思って、自分が不幸になることから逃げようと決心した。

振り返って見ると、自分の方へペギー・スーが迫って来ていた。 その時、自分はどうするべきかと急いで考えた アシュリーはドアが半開きになっているのを発見した。 ためらうことなく彼女はその部屋に忍び込み、ドアに鍵をかけた。

力を失ったので、アシュリーが地面に倒れ、ドアに寄り掛かった。

ホテルの部屋は防音になっており、外の音は全く聞こえてこなかった。 アシュリーはほっと一息ついて、たどり着いたその場所を見渡した。 遮光カーテンは閉まっていたが、カーテンの隙間から月光が差し込んできていた。

部屋の中央にはキングサイズのベッドがあった。 ベッドの真向かいに大きなテレビが置かれ、左側には机があった。 床には、靴下と上着、ネクタイで絞められたベルト、黒いズボンとシャツなどの服が散らばっていた。 それらは明らかに男性のものだった。

彼女の頭はずきずきし、こめかみは焼けるような痛みだった。 このままでは今にも気を失ってしまうだろうと思っていた。 全身にしびれが走り、バスルームから床に滴るシャワーの音だけが聞こえた。

熱が出てきたので、服を全部脱いで水風呂に入りたくてたまらないほどだった。

少し眠くなってきたアシュリーは、体温の上昇を抑えるために、下唇を強く噛み締めた。 彼女が未だに何が起こっているのか 知らないほど愚かではなかった。

彼女は養母に薬を飲まされたことを確信していた。

黙って押し入ったから、謝罪が必要だし、冷たいシャワーもどうしても必要なので、所有者にトイレを貸してもらわないと、 と思ったアシュリーが手を壁に押しつけて何とか立ち上がろうとした。

しかし、バスルームへたどり着く前に、ドアが開いた。

突然のバスルームからの明るい光に目がくらんだアシュリー・ムーは目を細め、背の高くがっしりした男を見つけた。 彼はバスタオルを体に巻いたままバスルームから出てきていた。 彼女は意識を失っていたため、彼の顔をはっきりと見ることができなかった。

それでも、その男性の身長は188センチ以上で整った顔をしていて、 強烈な雰囲気を醸し出していたのは分かっていた。

もし彼女が正気で、母親が売春婦のように彼女を押し付けている状況でなければ、必ず振り返って逃げるでしょう。 しかし、外には母親が待ち構えていたので、彼女には滞在するしか選択肢がなかった。

アシュリーはまだ濡れたままの半裸の男を見た。そして、彼の中からボディウォッシュの香りが漂ってきた。 そのすべての感覚が、彼女の中の燃えるような欲望を目覚めさせ、圧倒された。

本をダウンロード