back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
4.3
コメント
156
クリック
700

雲の上から落ち、一介の下賤奴隷と成り下がったゼンが、うっかりして自分を武器に錬成してしまったことを機に、 一つの抗争劇もこうして轟然と幕が開かれたのだった。 神器にも匹敵するほどの肉体と、決して妥協しない強い信念を頼りに、ゼンは一歩一歩頂点を目指して進み、 各豪傑が雄を争い、覇を競う中、世の情勢も怒涛の如く絶えずに変わっていく。 そして神器の躯で、すべての敵を剋すと決めた彼が目を開けた瞬間、一つの伝説は始まった…

第1章仇を恩で報いる 其の壱

秋も終わりに近付いた日の朝、 夜明けが夜の闇を追うにつれ、太陽はひんやりとした空気を暖めていく。

まだ夜も明けきらぬ頃、ルオ家の地下室にある石油ランプに光が灯った。 その光の大半を遮り、ゼン・ルオという若い男がテーブルの前に姿勢よく座って、 静かに糸で綴じられた使い古された本を取り出した。

ゼン・ルオは、17歳になったばかりの痩せた、平均的な見た目の男だったが、 円熟した人間味を感じさせる何かを持っていた。 柔らかな見た目とは対照的に、その目は燦然とし、石油ランプの薄暗い光の中でさえ、魅力的に輝いていた。

「天論憲問を読み終わるのに1ヶ月も掛かった。  その論点は大体的を得ていて、とても勉強になったが、どうもその本が言う、仇を恩で報いるだけは、どうしても納得が行かない」と、石油ランプの中の、丁度豆くらいの大きさの炎を見つめながら呟き、 その顔にはもの悲しさが広がっていた。 「もし父さんがこの言葉を信じるほどのお人よしでなかったら、氏族の直系の子孫である僕もこのようにはならなかっただろう、そして父もまだ生きていたはず…」

「ガチャ」という地下室のドアのロックが解除される音で現実に引き戻されると、 ゼンは、自分に纏っていた憂鬱を隠し、代わりに厳粛な表情に変え、 それから、石油ランプを吹き消し、ぼろぼろの綿のキルトで身を覆った。

地下室のドアが開き、足音が近付き始め、 男が前に現れてゼンのベッドを踏みつけた後、「まだ寝てるのか? まだルオ家の若様気取りしてんのか?とっとと起きやがれ!」 と、金切り声で叫んだ。

その男はルオ家の執事で、 卑劣な顔をしていた。 額のイボが、人々の嫌悪感を掻き立てたのだ。

ゼンは上半身を起こし、わざと目をこすって、 キルトを押しのけてから、向きを変えて足を地面に付けた。 そして、静かに服を着替え、靴下と靴に足をを滑らせた。 それらの服は摩耗していたが、元々几帳面な性格だったゼンはできる限りの手入れ を怠らなかった。

執事の男はその様子を批判のこもった目であきれ返って眺め、手を振って合図を送った。 すると、何人かの男がゼンを取り囲み、無理矢理厚い革の鎧と手枷足枷を付けた。

それが終わると、ゼンは地下室を出てルオ家の武道館に向かう使用人達の後を歩いた。

ルオ家は数百の鉱山と数百万エーカーの肥沃な土地を所有していて、 C郡では大きく強力な一族として知られていた。

しかし、数え切れないほどの裕福な家族を含む数千の郡都市がある東部地域ではルオ家も一無名氏族にすぎなかった。

ゼンは何人かの男に付き添われながら暗い地下室から這い出た。 これがお馴染みの毎日の儀式だ。 武道館へ行くには、多数の東屋、橋や回廊を超えて行かなければならない。

武道館はひらけていて、 ルオ家の子供たちが修行に来る場所だった。 その入り口は雄ライオンと雌ライオンの白い大理石の彫刻で飾られていて、 地面は大きな黒い玄武岩の一枚板でできていた。 建物の入り口に立つだけで、中から発せられる力を感じることができる。

武道館の真ん中では、何十人ものルオ家の子供たちが先生の指導の下で武道の特訓を受けており、 皆揃いの灰色のローブを着ていた。

輪になっている子供たちの間で、掛け声が何度も何度も響いた。

この子供たちは皆10代程度の若さでありながら、家族の中で地位を獲得するために、皆熱心に勉強し、 武道にも励まなくてはならなかった。

この晩秋の日、道場に訪れる骨の髄を刺すような冷たい風に吹き晒されていた にもかかわらず、訓練中の子供たちは額に汗をかき、 更にその頭の周りに漂う熱気を冷たい風と接触され、蒸し暑い白い霧を頭頂に纏わせる者までいる。

武道館の反対側には、ゼンと同じように革の鎧と手枷足枷を身に着けた十数人の男性が立っていて、 皆一様に意気消沈して全身に出血や怪我を負っていた。

ゼンは武道ホールに案内されると、 用心棒どもに負傷した男の中に入れられた。

これらの男のほとんどは地元の刑務所からルオ家によって買いだされた死刑囚であり、事実上ルオ家の奴隷だった。 これらの奴隷は、ルオ家の子供たちが鍛えるための、訓練を実戦に移す時の生きたサンドバッグとしてこき使われている。 子供たちは、これらの奴隷をまさしくサンドバッグのように好き勝手に攻撃することができるので、 その暴行によって、殺されたり、廃疾者にされた奴隷は後を絶たず、 今となっては、道場で命を落とした人の数を数えることさえ不可能だった。

ゼンは死刑囚ではなく、一族に買収さ

れたわけでもなかった。 元々、彼はルオ家の嫡流長男であり、 一族のものに若様と呼ばれるような気高き存在だった。 その高貴なご身分から、従兄弟からは会うたびに辞儀されるように敬われ、 叔父叔母といった家族の年長者でさえ彼には礼儀正しかった。

しかし、2年前にC郡で悲劇が起こり、 ルオ家当主であったゼンの父は、兄弟の手によって毒殺され、 その場で亡くなった。

その直後、ルオ家は他の3つの分家により支配された だけでなく、 ゼンの父親を反逆罪に問う訴訟まで起こした。 主を失ったゼンの家族は勝訴することができず、ついに宗家はすべての力を失ってしまった。

若様と呼ばれたゼンも無事でいられるはずもなく、父と同様に反逆者と呼ばれ、ルオ家の奴隷にされ、 今や道具に成り下がり、武道の練習の一環として、ルオ家の子供たちの気の向くままに殴られていた。

奴隷にされたこの二年間、ゼンが 耐えた拳と侮辱は数え切れなかった。

「今日の打ち合いの練習はこれで終わり。 さあ皆さん、次の練習のために奴隷を選びましょう! 生の人体を叩くことによって、身に着けた戦闘スキルへの理解を深め、人体の弱点や実際の身体の構造に慣れることができます!」

先生が話し終えた後、子供たちは奴隷を選び始め、 間もなく、奴隷たちの命乞いをする声が道場に響き渡った。 ルオ家の子供たちは奴隷を人間としてではなく肉のように打てと訓練されていたので、 殴る時はためらいも容赦もなかった。

そして彼らの多くは我先にゼンを見つけようとした。 なぜなら元嫡流の若様をボコボコに打ち負かすという行為は、大きな達成感を得られるからだ!

サンドバッグとして使用されながらも、ゼンは落ち着いて急所を突かせなかった。 何せ二年もやられてきて、今ではだいぶ相手の動きに慣れているのだ。

やがて、武道館の入り口から、 きれいな服を着た若い男に連れられた新参者数人がやって来た。

「若旦那がいらしたぞ!」

「若旦那、やっと練習を終えられたのですか? いやぁ、実にすっきりしたお顔をされてますな。 また更にお強くなられたに違いありません!」

「多才なルオ家の血筋からお生まれになった 聡明でいらっしゃる若旦那のことですから、 きっとどんどん強くなられて、もう凡人の域は遥かに超えていらっしゃるに違いございやせん!」

若旦那が道場にいるのに気が付いた子供たちも練習をやめ、おべっかを使い始め、 わざわざ近付いて行って、へこへこと歯の浮くような賞賛を浴びせる者もいた。 その場にいた誰もが若旦那に媚びへつらいたいのは明らかだった。

ゼンの目はその若い男に向けられ、その目には静かな怒りが立ち上っていた。 ルオ家の子供たちから若旦那と呼ばれている若い男は、ペリン・ルオ。 彼はゼンの父親が長弟即ち今のルオ家当主の長男で、 ゼンとは同い年である。

奴隷に追いやられたゼンの代わりに、ペリンがルオ家の嫡男に成り上がったわけだ。

ゼンは、ペリンが少し前に修行のために長い間姿を消し、人里離れた場所に滞在していたと伝え聞いて いた。 そのかいあって、かなり強くなって戻ってきたようだ。

さすが武道家なだけあって、ペリンいとこの憎しみに満ちた視線を敏感に感じ、ゼンの方を向き、 そして、彼に向かってまっすぐ歩いて行き笑いながら、「ゼン、私は結構長い間修行していたつもりだが、 まさかまたお前のが生きている姿が見られるとは、思ってもいなかった」と、言った。

「お気遣いどうも。 どうやらまだ死に時じゃないようでな」 ゼンはくぐもった声で答えた。

「おい!若旦那に向かって その口の利き方はなんだ! 口を慎め!」

「お前はここではただの奴隷だ。ひざまずけ! すぐに地面にひれ伏して、若旦那に謝罪しろ。さもなければ、生きていることを後悔するさせてやる」

ルオ家の子供たちは、口をそろえ、ゼンが彼らに非常に許されないことをしたかの如く叫んだ。

ゼンは冷めた目でに周りを見回した。 ここにいる人々は、少し前まで彼の前で小さな犬のようにしっぽを振り、 若様だった彼への恐怖心から、あまり大きく息をすることさえできなかった。 だが、ひとたび力を失うと彼らの態度は 一夜にして豹変し、 今となっては、すっかりペリン・ルオの犬になっていたのだ。

ペリンは手を上げて、彼を必死に庇うのに奮起したルオ家の子供たちを制止し、 意気揚々と笑顔でゼンに話しかけた。「ゼン、なぜ俺が修行に出かけたのか分かるか?」

ゼンは無言を貫き、 ペリンを無表情に見た。

本をダウンロード