back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
CEOの彼の罠に落ちた

CEOの彼の罠に落ちた

繁昌 空

5.0
コメント
2.3K
クリック
322

  ある夜、彼女は元彼にが麻酔をかけられ、ある謎の男に利用された。二人は淫乱で恍惚の一夜を過ごした。   復讐をするため、彼女はその男と結婚し、彼を利用した。   「私が生きている限り、彼の妻はこの私だ。あんたらは泥棒猫にすぎないわ」   彼が他の女性とのスキャンダルに巻き込まれたときでさえ、彼女の決心は揺らなかった。   結局、また彼に裏切られたと知ったとき、彼女は怒って立ち去った。ところが数年後、彼女がまた彼のもとに戻った。彼は驚いた。彼女から欲しいものを全て手に入れた彼が、何故まだ彼女を苦しめようとしているのか、彼女には理解できなかった。

第1章あなたは私を救わなければならない

D市の5つ星のペニンシュラホテルにて

ローラ・リーの22歳の誕生日パーティーがようやく終わった。 彼女の頬はチークを塗ったように赤く見えた。 そして彼女はよろめき始めた。

エレベーターが8階に着いた。サラ・フーはローラの手を握り締めながら、どうすれば彼女をマイク・チーと分けられるのを考えていた。

間もなく、彼女は決心した。そしてローラを連れ、廊下の一番奥にある部屋に向かった。 ルームサービスを提供したばかりのウェーターがあの部屋から出ようとしていた。

「すみません、ドアを開けたままにしてください。 友達が待っているわ。」 サラの言葉を聞いて、 ウェーターは何の疑いもなくサービスカートを押して行き去った。

部屋の中に、バスローブを着た背の高い男性がいた。シャワーを浴びたばかりのようだ。

ー男なら誰でもいいわ!ー サラは思った。 彼女は躊躇することなくローラを部屋に押し込み、ドアを素早く閉めた。

そしてカメラを探しに頭を上げた。 幸い、部屋は死角にあった。

ウェーブのかかった長い髪をなめらかにした後、彼女は何事もなかったかのように別のスイートルームへと向かった。

薄暗い部屋で、ローラはぼんやりと目を覚ました。あそこには一人の男がいた。男が振り向き、鋭い目つきで彼女を睨んだ。

「なんという冷たい目だ」彼女は思わず震えた。

しかし体の不快が彼女の考えを止めさせた。 彼女はよろめいて立ち上がり、男に向かって歩いた。 何かが必要だと思っていたが、 実際に何が欲しいのかよく分からなかった。

「出て行け!」 ハリー・シーが怒鳴った。 3メートル未満の距離で、彼女の顔がはっきりと見えた。

プロのデザイナーが三つ編みに仕上げた長い黒髪は華やかで、彼女の優雅さを示した。 白いフルドレスは、その魅力的な体のラインとセクシーな鎖骨をさらに際立たせた。

ドレスの裾は弧のようで、また小さな輝くダイヤモンドで飾られた。そして右側に彼女の美足が見えた。

ダイヤモンドが付いた3インチの赤いヒールサンダルは、彼女の率直で誠実な性格を示していた。

しかし、今、彼女は乱暴に限定版のハイヒールを蹴り出そうとしていた。 1メートル離れたところで、男はローラの顔が異常な紅潮しているのを気付いた。

「今、気分が悪いわ… 水を頂戴」 ローラは残った一足のハイヒールと戦っていた。

最後に、彼女は右腕で男の首に巻き付け、左手でサンダルを脱いだ後、3メートル離れたところまでに投げた。

彼女の周りに漂ったほのかな香水の香りは、ミドルノートの白い睡蓮とスズランの香りだ。それは世界中有名なブランド「インダルジェンス」の香水だ。

上から下まで、高貴さと優雅さを示したのに。 間違った部屋に入ったお嬢様か? あり得るの?

ハリーはためらうことなく、首に巻いた細い腕を引き下げ、ドアに向かった。

そこで、ローラは自分を支えられず、白いカーペットの上にひざまずいたが、片手が男に握られていた。

「訳が分からん!」 ハリーはもう耐えられず、彼女の手を振ってフロントに電話をかけようとしたが、

受話器を取った途端、ローラはすぐ立ち上がり彼を後ろから抱きしめた。

「気分が悪いわ。 助けてください」 彼女の柔らかな懇願はこの暗い夜に特別な魅力を持っていた。

「俺が今日D市に着くことは誰から聞いた?誰がお前をここに連れたのだ...」 ハリーは受話器を戻し、冷たい目で彼女を見詰めていた。

しかし、その話を終える前に、ローラは彼を後ろのソファーに強く

押し付けた。それから自分も彼に飛び掛かった。

「ねぇ、 ワタシ... 本当に辛いの。 だから、これは命令だわ。 助けて!」

俺に命令だって?

ハリーは落ち着かせようとし、嘲笑ってためらうことなく彼女を突きだした。

まぁ。 この女がとても魅力的だったことを認めたが、 彼女をここに連れた人が彼の自制心を過小評価したのだ。

「もう一度に言う。出ていけ!」

ローラは数歩後ろにずらしてようやく立ち止まったが、 男の言ったことをほとんど聞き取らなかった。 彼女が知っていたことは、彼の魅力的な薄い唇が開いたり閉じたり、それで彼女がますます苦しんでいることだけだった。

彼女は背中のジッパーをほどき、ドレスが音を立てずにカーペットの上に落ちた。

彼女の裸の体の前で、 ハリーは冷静さを失った。

ローラはアルコールで頭が回らない状態となった。 が、男が自分をこの部屋から追い出そうとしていることに気づいた。そして彼女は再び男に飛び掛かった。

だったら、彼も遠慮する必要なんてない! 「痛い!誰なのよ? 嫌だわ!」

ハリーは彼女の反応に少し驚き、 腰の動きを緩めた。 しかし、逃げらるかと思ったらハリーはまた荒々しく攻め立ててきた。

夜明けになって、彼らがついに深い眠りに落ちた。

そして二日目。太陽が明るく照りつけていた。

エアコンが非常に低い温度に設定されていたせいで、ローラは深い眠りから目覚めた。 彼女は目を開き、布団を探してまた寝るつもりだったが、

結局床に横たわっていた布団を見た。

待って! 何かがおかしい。 なぜ彼女は全身が痛いのか。 なぜ彼女はホテルで寝ていたのか。

ぬっと立ち上がり、このデラックスルームにいたのは彼女だけだということに気づいた。 そして床に散られているのは二人の服と…バスローブかな?

あまりのショックで、ローラは鏡で自分の体をチェックした。 彼女も成年者だ。昨日の夜、何があったかすぐわかった。

しかし、どうして?

昨夜は、サラに支えられ、休みに二階へ行ったはず。 その後、何があったの? あの男は誰なの?

もう! 彼女はまったく思い出せなかった。

大きなベッドの上でうろたえているローラは泣きそうになった。

彼女はベッドから起き上がり、よろよろと窓の方へ歩き、カーテンを開けた。

眩しい日差しが降り注いできた。 恐らくもう昼過ぎだろう。

ローラは、なぜそんなひどいことが彼女に起こったのか理解できなかった。 一体どこが間違っていたのか。

窓の外を見ると、彼女はまだペニンシュラホテルにいることが分かった。 外は綺麗だ。 そよ風が舞い、カーテンが揺れ、花の香りが漂い、 ピンクのカーテンが風になびいていた。 本当に綺麗だ。 しかし、今は美しい景色を楽しむ気分ではなかった。

一体、何があったのだ? 彼女はこめかみを揉みほぐしながら、ため息をついた。 事ここに至ってはどうしようもない。

ベッドサイドのテーブルには、2つの精美な箱がある。 箱を開けると白いシフォンのドレスが見えた。

ローラは、できるだけ早く風呂に入り、ここを離れたがった。 彼女はバスルームに忍び寄り、いくつかの高価な男性用トイレタリーを見つけた。 これらはその人のものであるに違いないと彼女は推測した。

彼女は首を振りながら、浴槽の蛇口をつけた。 浴槽が水で満たされた後、彼女は温かい水に浸りた。

「昨夜のあの人は一体誰だ?」 彼女は昨日のあの荒れ狂った夜を思い出しながらつぶやいた。

本をダウンロード