back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
ハーレムだと思ったけど違うのかな?

ハーレムだと思ったけど違うのかな?

dipper13462

5.0
コメント
34
クリック
9

普通の男子高校生である桐嶋綾乃(きりしまあやの)は、いつも通りの日常を送っていた。 ある日、目が覚めるとなぜか美少女が俺のベッドの上にいた。 一瞬夢かなと思ったのだが......違うらしい。 これは、他の男子共に行言ったらさぞ羨ましがられるだろうなぁ......。

チャプター 1
第一話

「見てよこの寝顔。面白くない?」

「あははっ、おもしろーい!」

誰かの話し声がきこえる

しかも俺の近くで。

眠りについたと思ったらすぐ目が覚めてしまった。

「ん......?」

少し目を開けて確認しようと思い目を開けるとそこには......。

「ねぇ見てよ、起こしちゃったみたい......」

「あっほんとだー」

「............は?」

目を開けるとそこには、二人の美少女がいた。

「え、ええと......どういう事だ......」

俺は夢かなと思い自分の顔を抓ってみるも普通に痛かった。

ということは......これは現実なのか?

「あ、あの......どうか私たちのことは誰にも言わないでくださいね?」

「え、えっ?あ、ええと...

...君たちは?」

突然のことで俺は頭が混乱していた。寝起きと言う事もあるのかも。

「私の名前は氷空そら。そしてこっちは愛梨あいりです」

穏やかにそう言う氷空。そして、なぜか俺の事をジト目で見る愛梨。

「お、おう......俺は綾乃。それで、君たちはなんで俺の部屋に?」

「それがよく分からないんです。どうして私たちはこの世界に来たのかとか、なぜ私たちは綾乃さんの部屋にいるのか......と、とにかく、私たちの事は絶対、他の人には言わないようにしてください」

氷空はじっと俺の目を見てそう言う。

「あ、うん......いいけどさ。と、とりあえず、俺はもう寝るから......」

明日は学校があるため、俺は氷空との話はここらへんにして再び眠りについた。

本をダウンロード