icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第10章ワタシの言うことを聞かなくてはならないわ
文字数:4279    |    更新日時:08/04/2021

「えぇ...私、覚えておりますわ。 前回、お客様がご来店なさった際、ご一緒にいらしていた女性のことをローラとお呼びになられていたことを。」 ジュエリーアドバイザーは声を低くしてそう答えた。

その言葉を聞いた瞬間、マイクとサラはハッと思わず顔を見合わせ考えを巡らせた。

さっき地下の駐車場ですれ違ったの1億円のマイバッハといい、このレッドダイヤモンドの指輪といい...。 ローラはお金持ちに拾われた? それがマイクとサラにとって唯一考えられる結論だった。 ローラは年配の男性に乞われたに違いない。 なぜなら、マイクとサラの常識の中では、レッドダイヤモンドを簡単に買うことができる大金持ちの若者など存在するはずがなかったからだった。 「フフフ…」とサラが鼻で笑った。 もしローラが年配の男性に乞われたことが事実ならば、それより面白い話などないとサラは思っていたからだ。

そんなことを考えながら、サラはマイクの腕に自分の腕を絡めると、別の指輪を探し始めた。

その頃、ハリーとローラは仮住まいの自宅に戻っていた。

ローラが玄関ホールで靴を履き替えて自分の部屋に戻ると、ハリーがローラのあとについてきた。 部屋に入っても、ローラは、まるでハリーがいないかのように、自分のバッグを開けてスマートフォンを取り出していじり始めた。

ハリーはヒョイとローラのスマートフォンをつまみあげるとローラを抱き寄せた。

「なんで怒ってる?」 仕事がひと段落したハリーは、やっと、ゆっくりとローラに向き合える時間を持つことができた。

そんなハリーをよそに、答えたくないわと言わんばかりのローラはプイッと顔をそむけた。

気性の荒い女性や、従順な女性…今までたくさん会ってきたが、 ハリーは女性の気性になど関心を寄せたことが一度もなかった。 そっぽを向いているローラの顎をつかむと、自分の方に向けてキスをした。

「ん!んっ!んんんん!!!」 大声を出して抗議をしたいローラだったが、ハリーはローラにそんな隙を一切与えなかった。

どれほどの時間が経っただろうか。

顔を真っ赤に染めたローラは立ち上がってハリーから離れようとしたが、 ローラの行く手を阻むようにハリーが足を組んで座っていたため、ローラはハリーから離れることができなかった。

「ハリー。あなたって意地悪ね。 い・じ・わ・るって意味、わかってる?」 ローラは観念したかのように、ボフッとソファーに身を投げた。 もちろんそれは演技で、ローラはなんとかハリーから離れる隙を狙っていた。

そんなローラの心の中など知らないハリーは、とうとう観念したかと小さく何度か頷いた。

「ねぇ、あなたって何歳なの?」

「27だが。」

「ふぅ~ん。 あなたってワタシより5つ年上なのね。 だったらワタシの言うことを聞かなくてはならないわ。 ワタシのやりたいことを止めちゃダメ。 ワタシがしたくないことを無理矢理押し付けることもダメ。 ワタシを怒らせてもダメ。 ワタシの意思も無視しちゃダメ。それから…」 ローラのダメ出しにハリーは驚いたが、女性という動物の新たな一面を学ぶ機会になったと冷静だった。

しかし、だからといって、ハリーはローラをローラの好きなようにさせるのだろうか。 ハリーにいろいろダメ出しを続けるローラだったが、疲れた様子は見られなかった。

「そんな風にハキハキと注文をつけるほど元気ならば、結婚初夜を無駄にするなんてことはなさそうだな。」 ハリーのたったひと言がローラの口を閉ざした。

「ハリー! あぁ、もう!! ちょっと待って、ワタシが何を言ったか思い出してよ! わかってくれるまで繰り返すから!」 その言葉をハリーは背中で聞きながらバスルームのドアを閉めると、ローラはさっそくハリーをぎゃふんと言わせてやる計画を練り始めた。

「あなたの稼いだお金を全部使ってやるから! それに…それに… 浮気して、離婚して、夫婦の共有財産として、あなたの財産の半分をふんだくってやる!」

ハリーの資産は、ローラの生活を数世紀は面倒みられるほどある。 「浮気?…」 ハリーはローラのその言葉を、 ローラを満足させるために努力しなさいということだとバスルームで解釈していた。 離婚して財産分与? 有責配偶者にそんな権利がないこと、ハリーは百も承知だった。

「あ…あっ…んんっ…あ、あっ…」 ハリーは、たった1アクションで、ローラのふくれっ面をもうすぐ大きく広がるバラの花に変えてしまった。

またしてもハリーの手の内で転がされたローラ。 官能の夜を過ごしたので、また疲れ果ててしまった。

あ もう! どうして! ローラはセックスしか頭にない男と結婚したのだろうか?

結局その翌日も、起きたら既に昼を過ぎていた。 疲労感がものすごく、シャワーを浴びることすらやっとのことだった。 出かける予定もなかったローラが、パジャマ姿で何か食べるものがないかとダイニングに降りてきた。

ミズ・ デュは、掃除係を2名ほど雇おうと出かけるところだ。 パジャマ姿でダイニングへ降りてきたローラを見て、目を細めた。

彼女は手にしていたバッグを置き、ローラのもとへと戻った。

「ローラ、若旦那様は既に出社され、終日オフィスでお仕事とのことです。 お出かけの際、ローラが起きてきたら食事を用意してくれ、と仰せつかっております。」 ミズ・ デュは年を重ねるごとに多くの経験も重ねていたので、いちいち聞かなくてもローラを見ただけで何がどうしたのかくらいお見通しだった。

「ありがとう、 ミズ・デュ。 お腹がペコペコだったの。 仕事の手をとめさせてしまったようね、ごめんなさい。」 ローラは気だるそうに椅子にかけた。 ミズ・ デュが料理を出すと、彼女はまるで何日も食事をしていなかったかのように、貪るように料理を食べた。

「ローラ、ゆっくり。 そんなに急がず、ごゆっくり召し上がってくださいな。食べ物が気管に入ってしまったら大変ですわ。 どうぞ、ジュースでございます。」 ミズ・ デュは食事をしているローラを見て少し心配になっていた。 ローラはこの仮住まいに来てからというもの、毎日正午過ぎにならないと起きられず、起きたと思えば飢えた狼のように食事をしていた。本来、身についているはずのマナーなどの所作すら忘れた。 「このままではいけないわ。」 ミズ・ デュはぽつりとつぶやいた。 若旦那に、もう少し理性を働かすことはできないか、とアドバイスしなければならないわ。 愛情が深いことは良いが、今のローラでは、おそらくハリーの情熱に耐えられない。

ミズ・デュが心配するなか、食事を終えたローラは2階の自分の部屋へと戻っていった。 食事を摂り元気を取り戻したローラは親友であるウェンディに会いたくなり、スマートフォンからウェイボーのメッセージを開いてウェンディをカフェに誘った。

₋ と、同時に、改めて家を出ようとしていたミズ・デュがローラに伝え忘れたことを思い出し、慌てて階段を上り、ノックだけすると、パジャマから洋服に着替えていたローラのところへやってきてと鍵を2本手渡した。

2本の鍵は、今朝、出社するハリーがミズ・デュに預けたものだった。1本はこの家の鍵で、もう1本は車のキーだという。

ローラが車庫に行ってみると、そこには新車の白いマセラティがあった。 その白いマセラティはローラの愛車だったピンク色のBMWを思い出させた。

そのBMWはローラの20歳の誕生日に父親から贈られたものだった。しかしその後、父は彼女に何も言わずにその愛車を売却してしまったのだった。 そのBMWをとても気に入っていたのに、今、現在はどこにいるかはわからない。

ローラは白いマセラティで大通りを走った。その高級車は通りを運転しているドライバー、歩道を歩く人々、多くの人の注目を浴びていた。 そして、多くのドライバーがマセラティにキズをつけたら大変だと思ったのか、ローラは道を空けてもらった。

カフェに着いたローラはまずカプチーノを注文すると、目立たない場所に座ってウェンディを待った。

その時、そういえば、と、ローラがスマートフォンを取り出してWeChatにログインすると、通知音が鳴り続け、新しいメッセージが次々と着信し続け、その数は99件を超えた。

メッセージの差出人はマイク、サラ、ウェンディ、ゾーイ、そして厲家が倒産した後に姿が消えたいわゆる友人を含めた知人だった。 ローラの家が倒産し落ちぶれようとは、メッセージを送ってくれた誰もが想像だにしなかっただろう。

そんなメッセージを目にしながら、ローラはふとひらめいた。

そしてローラはおもむろにスマートフォンで自撮りをした。 カメラのレンズから視線をはずし、ローラは少しだけ頭を片側に傾け、レッドダイヤモントの指輪をはめた指が見えるように顎に手を当て肘をついて。

自撮りの写真をWeChatのモーメンツ(友達グループ)に投稿し、内容は「パパ、会いたいわ。 私、結婚したのよ。 時間があれば会いに来てね。」というコメントをそえた。

それからウェイボーにログインし、そこへも同じ投稿をした。 ローラは食事や世界中を旅していた様子や、フォロワーと「いいね」を共有するなど、セレブな生活を記録した投稿が多かったため、フォロワーが60万人も超えていた。

彼女は家族に関連する投稿を除き、かつての生活の投稿をすべて削除した。それから、父親、ウェンディとゾーイ以外のフォローを全て解除した。

そうこうしている間にも、ローラのモーメンツやウェイボーには多くのコメントが殺到していた。 通知音は鳴り続けていたが、ローラはそれを無視してスマートフォンをシャットダウンすると、静かにコーヒーを飲みながらウェンディを待った。

ローラがコーヒーを半分飲んだ頃、ウェンディが慌ててカフェに駆け込んできた。

ウェンディは小柄な女の子だった。 ローラからのメッセージを見るや否や、ウェンディは店長にバイトを早退させてほしいと言い、制服すら着替えずにローラのいるカフェに飛んできたのだった。 ローラの記憶の中ではいつもすっぴんだったウェンディが、その日は薄化粧をしていた。 化粧といっても、潤みがちでキラキラ輝く大きな目にほんのりとアイシャドウとマスカラを付け、唇にマットのリップグロスを塗っていただけだったが。 ウェンディの顔を見て、ローラの心はどんどん穏やかになっていっていった。

2人が知り合ったのは6年前、ウェンディが海辺でローラを助けたことがきっかけだった。 ウェンディは、自分とは違ってセレブリティな生活を送っていたローラにあえて近づきすぎないようにしていた。 がしかし、ローラによる半年にもわたる「追いかけっこ」にウェンディが根負けし、2人は親友となったのだった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章あなたは私を救わなければならない2 第2章最も大切なもの3 第3章秒戚4 第4章あなたの男5 第5章俺ならできる6 第6章俺がいればいいんだ7 第7章もう涙はいらない8 第8章ブルーアイランドモール9 第9章レッドダイヤモンド10 第10章ワタシの言うことを聞かなくてはならないわ11 第11章ジジイとの結婚12 第12章すべてをあげる…ただし…13 第13章ローラと謎の男14 第14章初日出勤15 第15章サラの従姉16 第16章後部座席の男17 第17章酔っていたから18 第18章離婚が成立しました19 第19章ひとりぼっちの夜20 第20章信号無視をしたのは? 21 第21章三人の男22 第22章2日分だから倍返し23 第23章CEOもふつうの男性です24 第24章暴走する奥様25 第25章パトカー4台をスクラップ26 第26章私は絶対にローラを訴えます!27 第27章膝の上の可愛い子ちゃん28 第28章とってもハンサムな男29 第29章上に立つ男 (パート1)30 第30章上に立つ男 (パート2)31 第31章ボスはさすがですね (パート1)32 第32章ボスはさすがですね (パート2)33 第33章子供っぽい笑顔 (パート1)34 第34章子供っぽい笑顔 (パート2)35 第35章ノーアイデア (パート1)36 第36章ノーアイデア (パート2)37 第37章ビッチ (パート1)38 第38章ビッチ (パート2)39 第39章夫に頼る彼女 (パート1)40 第40章夫に頼る彼女 (パート2)41 第41章夫に頼る彼女 (パート3)42 第42章手放さないで (パート1)43 第43章手放さないで (パート2)44 第44章君のために (パート1)45 第45章君のために (パート2)46 第46章初めて会うハリーの母 (パート1)47 第47章初めて会うハリーの母 (パート2)48 第48章初めて会うハリーの母 (パート3)49 第49章女狐 (パート1)50 第50章女狐 (パート2)51 第51章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート1)52 第52章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート2)53 第53章まあ、見てろって (パート1)54 第54章まあ、見てろって (パート2)55 第55章義母が会社に登場 (パート1)56 第56章義母が会社に登場 (パート2)57 第57章ハニー、どうか許して (パート1)58 第58章ハニー、どうか許して (パート2)59 第59章ハニー、どうか許して (パート3)60 第60章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート1)61 第61章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート2)62 第62章サプライズとショックは紙一重 (パート1)63 第63章サプライズとショックは紙一重 (パート2)64 第64章サプライズとショックは紙一重 (パート3)65 第65章ヨランダ・モー (パート1)66 第66章ヨランダ・モー (パート2)67 第67章ヨランダ・モー (パート3)68 第68章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート1)69 第69章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート2)70 第70章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート3)71 第71章第 章 家には帰らずに (パート1)72 第72章第 章 家には帰らずに (パート2)73 第73章私が許可する (パート1)74 第74章私が許可する (パート2)75 第75章家で待っててくれ (パート1)76 第76章家で待っててくれ (パート2)77 第77章誤解しないで (パート1)78 第78章誤解しないで (パート2)79 第79章鋭い平手打ち炸裂 (パート1)80 第80章鋭い平手打ち炸裂 (パート2)81 第81章私の妻 (パート1)82 第82章私の妻 (パート2)83 第83章一緒に来て (Part One)84 第84章一緒に来て (Part Two)85 第85章私に平手打ちしたなんて (Part One)86 第86章私に平手打ちしたなんて (Part Two)87 第87章いたずらっ子ノーティ (Part One)88 第88章いたずらっ子ノーティ (Part Two)89 第89章茶色の財布 (Part One)90 第90章茶色の財布 (Part Two)91 第91章あなたの猫は死んでいる (Part One)92 第92章あなたの猫は死んでいる (Part Two)93 第93章めちゃくちゃにされた実験台 (Part One)94 第94章めちゃくちゃにされた実験台 (Part Two)95 第95章私の家から出て行って (Part One)96 第96章私の家から出て行って (Part Two)97 第97章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part One)98 第98章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part Two)99 第99章大統領 (Part One)100 第100章大統領 (Part Two)