icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第2章目覚め (Part
Two)
文字数:1171    |    更新日時:30/07/2022

「う…うそっ…あたたっ!」

そのぽっちゃりした男は字を書いていたが、手が震えて指にペン先が刺さった。

まもなく、その指から一滴の血が流れ出した。

このちょっとした血の色を見て、ワン・イーの体は突然震え、目もふとはっきりと見えるようになり、どうやらこれで彼はようやく完全に正気を取り戻したのである。

「ちょっばっ!手っ手っ手を離さんか!」

美人教師は、手を掴まれて苦しそうに叫んだ。

彼女は明らかにこの予想外の出来事で、一瞬、言葉も支離滅裂になった。

ワン・イーの心は揺れ動き、長い間ほこりをかぶって埋もれていた記憶が心の中から溢れ出て、徐々に現実と重なっていった。

「教室、机、きれいな先生… ここは…ここを覚えているぞ!ここはN市、東林学園都市、S大学だ!」

「このドアホが!よくもかわしてくれたな?」

「シュエ・ジョン先生!?」

イーワンは、自分に押さえられた美人教師が誰であるかをようやく思い出し、顔をしかめて一歩下がった。

シュエ・ジョンは机に手をついて立ち上がり、振り返り真っ白な歯を食いしばって怒りを込めて彼を睨み、そして手を上げて「ドアホ!」とひっぱたこうとした。

パチンッ!

しかし、そのビンタはワン・イーの顔には当たらなかった。なぜなら彼は手を伸ばして暴力教室の手首を掴んだからだ。

「この!よくもまあーー来い!一緒に職員室にきてもらう!」 シュエ・ジョンは懸命にもがいたが、ワン・イーの手を振りほどくことはできず、急に苛立ちを増して叫んだ。

教室の中の雑音もさらに大きくなり、時々口笛が聞こえたり、時折、ワン・イーという二文字を呼ぶ声が鳴り響き、特に多くの男子生徒は今にもテーブルを叩いて拍手をしたり、叫んだりとせんばかりにしていた。

平和時代に生まれた大学生にとって、目の前のこの光景は映画に勝るとも劣らないものだった。

しかし、ワン・イーは周りの状況を気にせず、人の話にも耳を貸さず、ただ無表情で不機嫌そうに、先生の手首にある腕時計に注目していた。

2018年9月19日午前9時21分。

ワン・イーは、ここがかつてーーもっと精確にいえば、20年前に自分が通っていた大学であることを完全に思い出した。

「これは幻じゃないよな?ひょっとすると俺、生まれ変わった?」 彼は大きく息を吐き、「そうだ、俺は、生まれ変わったのだ!」と言った。

しかし、明らかに死んだはずの自分が、なぜ生き返ったのか? それも、20年前に逆戻りという形で。

そう思いながらワン・イーは全身を一通りチェックした。手足は健全で、心臓にも大きな穴はなかった。あの怪物は自分の体をバラバラにして、目の前で自分の心臓をもぎ取ったはずだ。 しかし、今は死んでいないだけでなく、全身に傷が一つもないことがはっきりと感じられた。

それもそうだ。傷はあるわけがないのだ。

何せこれは20年前の世界、まだ終焉を迎えていない平和の世界なんだから。

アプリでボーナスを受け取る

開く