icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第12章すべてをあげる…ただし…
文字数:3853    |    更新日時:08/04/2021

「もちろんそんなことあるわけないじゃない。じゃなかったらワタシ、こんなにピリピリしてないわよ!」

ローラのその言葉にホッとしたゾーイは、しぶしぶウィスキーを開けるとローラのグラスにワンショット分を注いだ。

「…。」 ゾーイをローラは無言で見つめていた。 ゾーイはそんなに意地悪な男性だっただろうか?

ローラはゾーイからボトルを奪うと、それぞれのグラスにウィスキーをなみなみと注いだ。

「ゾーイ、ワタシは言ったはずよ。酔うまで帰らないって。 でしょう?」

……

お酒が入り、2人の口が滑らかになってきた。 まるで、ローラが父親に内緒で飲みに行っていた頃に戻ったようだった。 酔いがまわり始めると、ローラとゾーイはだんだんと気が大きくなってきていた。

「ローラ…俺…明日、マイクんところに行って…アイツをぶん殴ってやる!」 酔って気は多少大きくはなっていたが、ゾーイはローラが何事もなかったかのように生活していることに安堵したものの、親友であるローラのためにマイクは復讐しなければならないと、心の底から思っているのだ。

「っていうか、オマエ、本当なのか? 気まぐれで結婚しちゃったとか? …どうしちゃったんだよ!」 ゾーイはなみなみに注がれたウィスキーのグラスを一気に空けてしまった。 飲めば飲むほど、ゾーイはウィスキーが美味しく感じていた。 こうしてずっと飲み続けいたいとまで思いはじめていたくらいに。

「またバカな真似をしやがったら…殴ってやる…。」 そんなことを言い出したゾーイを置いてローラはトイレに立った。 本当に酔いがまわったのか、ローラは、足元はフラフラ、ゲップもしながら、フラフラと千鳥足でトイレへ向かっていた。

「オイ!オマエ、目ぇついてんのか! 男子トイレと女子トイレを間違えるな!」 ローラは前に一度、酔っ払って男子トイレに入ってしまったことがあった。彼女が慌てるどころか、用を足していた男性2人のほうが慌てて出で行ってしまったということが。

ローラはゾーイに手を振ってあしらった。

ウィスキー1杯しか飲んでいない。そんな量は大したことはない。そんな酒量でトイレをまた間違えることなど起こる訳がないと思っていたからだ。 フラフラはしていたが、彼女は冷静さを保っていた。

トイレから出ると、ローラはパウダールームで顔を洗い気分をスッキリさせた。

スッキリした気分で、フラフラした足取りで席に戻るローラ。だが、段差がハッキリと見えず、躓いて身体がよろめいた。

「うわっっ!」 ―やばい!転ぶ!― ーお願い!ー ー顔にだけは傷つきたくない!―

一瞬のことがスローモーションに思えたローラ。

転んだはずが、痛みを感じていない。 ―よかった― 隣の誰かに支えられていた。

「ありが...。」 そこまででローラは口を閉ざし、瞬時に敵意をむき出しにした。

「ローラ…ローラかい?」 足元がおぼつかないほど酔って転んだ女性がローラだったということに、受け止めたマイクの方が驚いた。

一瞬で酔いがさめるどころか、憎しみでいっぱいになったローラはマイクの手をバッと激しく振り払った。 「ワタシの名を口にするな! ヘドがでる!」 ローラは何事もなかったようにスッと行こうとしたが、マイクはそう簡単に行かせてなるものかと腹に一物抱えていた。

「ローラ、待って。ローラ、聞いてくれ! ローラ…言い訳に聞こえるかもしれないが、説明させてほしいんだ。」 ローラはすぐ落ちる女、と高を括っているマイクは、ローラを呼び止めているあいだに、ローラとよりを戻す作戦を練っていた。もちろん騙すために。

ローラは、頭は冴えているが酔いがまわって足元がおぼつかない今、ここで揉め事を起こす事は自分側に不利だということは自覚していた。 ローラはマイクを追い払おうとしていた。 が、しかし、マイクは彼女の手首をしっかりと掴んだ。

「離して、マイク!」 ローラは怒りを匂わす張りのある声で言い放ったが、かなり強いめまいが襲ってきていた。

「ローラ、僕はこの手を離さないよ。 サラとの婚約はお父さんが決めたものなんだ。 僕が愛しているのはローラ、君だけだよ。 お願いだ!もう1度やりなおそう! 結婚以外、君が望むものは何でもあげる、買ってあげるから!」 そこまで言ったマイクはローラの指に輝くダイヤモンドに気が付いた。

マイクの目つきが一瞬にして変わった。目の奥に恨みが見える。

「マイク…ワタシ、知らなかったわ。ここまであなたが人でなしだとは! …結婚以外ですって? それって、ワタシにあなたの愛人になれって言ってるの?」 そう言い終わるか、ローラは大きく右手をあげたかと思うとそれを思いっきり振り下ろし、 マイクの左頬を思いっきり引っ叩いた。

「ローラ。この恩知らずな女め! 跪いて靴を舐めても、もう遅いぞ!」 ビンタを喰らった左頬を押さえながら、マイクは怒りに震えていた。 そこはトイレへつづく通路。

多くの人がこの騒ぎを見物していた。 女性であるローラにビンタを喰らったマイクの面子は丸つぶれ。

「はぁ? 恩など知るか! ワタシの前から消え去れ、この人でなし!」 ローラはマイクの手を振りほどいてその場を去ろうとしたが、

マイクは彼女の髪の毛をガシッと掴んで引き戻した。 無理に振りほどいたならば髪が抜けるだけではすまないと思ったローラは、逃げることをやめざるを得なかった。 マイクは、ローラの手首と髪を掴んだまま通路横の部屋へと引きずって行った。

そのとき。

ゾーイはしばらくしても戻って来ないローラが気になっていた。 もしかして、また男子トイレに入ってしまい、運悪く居合わせた悪い奴らに拘束されでもしたのか? そんな考えが浮かんだゾーイはすぐにトイレへと急いだ。 そして、トイレへつづく通路に入る曲がり角で、マイクがローラを通路横の部屋に引きずり込む光景が目に飛び込んできた。

ゾーイは早速スマートフォンを取り出した。

「俺、今、ソーホーバーのトイレの前にいる。 人手が欲しい。助けに来てくれ!」 ゾーイはそれだけ言うと電話を切り、すぐにローラとマイクのもとへ駆け寄り、マイクに殴りかかった。

ゾーイは、まずマイクの顔を狙い、彼のメガネを一発で飛ばした。

その隙にローラはマイクから離れることができた! マイクは不敵な笑みを浮かべながらスマートフォンを耳にあてた。

ゾーイをただのヤンキーだと思っているらしい。 「ソーホーバーに面倒な奴がいるんだよ。」 トイレの近くで絡まれちゃってさっ。」

ゾーイがマイクのスマートフォンを叩き落としたところで 2人の殴り合いが始まった。 ゾーイがマイクよりも強い様子を見て、ローラはホッとしていた。

だが、その間にそのトイレ前の空間に7人か8人の男性が現れた。 そのうちの何人かはローラが知る人物だった。頭をふったらカラカラ音がするような成金のボンボンだ。

彼女は自分の横に花瓶があることに気づくと、花を鷲掴みにすると地面に投げつけ、花瓶を壁に叩きつけて割った。

そして割れた花瓶の大き目な破片を拾い上げると、殴られて地面に転がっていたマイクの首の頸動脈にその破片をあてた。 「ワタシに1歩でも近づいてみなさいよ!今、この場でこの男を殺すから!」

ローラは成金のボンボンたちに言い放った。

「ロ、ローラ…お前…どうかしちゃったのか?」と怯えるマイクに

「そうかもね!」とローラは強めの語気で答えた。 「そりゃそうじゃない?罠にはめられてすべてを失うほど大変な思いをしたら、殺したくなるほど頭がおかしくなってもおかしくないんじゃない?」

……

マイクは動揺から顔を真っ赤にし、首に当てた破片を見て動くことさえできなでいた。

「おい!お前ら! ローラを始末したら、後でこのローラを抱けるんだぞ!」 集めた成金のボンボンに発破を掛けたマイクの顔面を、怒ったゾーイが殴った。

ローラも怒りのあまり、手に力を込め、花瓶の破片をマイクの首筋に押しつけた。破片がマイクの首に食い込む。 一瞬、彼女ははこのままマイクとともにこの世から消え去りたいと思った。

この状況をみて、成金のボンボンたちは顔を見合わせた。 ローラは少し前までは上流階級の美人の1人で、 そんなローラとひと晩を過ごすということは、彼らボンボンたちにとってステータスの1つだった。

成金のボンボンのうち2人はゾーイを引きずりその場から遠ざけ、格闘技の経験がある2人は破片を持つローラの手を強く掴んだ。 そしてローラの指を1本ずつ力づくで開いて破片を奪った後、ローラはよろめいて尻もちをついた。

マイクが立ち上がると、ローラのあごをグイッと掴んだ。 「このビッチめが。

オマエは感謝というものを知らないようだな。 お前ら、 ローラちゃんと一緒に楽しい夜を過ごそうぜ!」

「このクソ野郎! 本当の男は女に手は出さないものだぞ!」 ゾーイは全力で抵抗してみたが、無駄だった。

「このクソったれ!! ゾーイを離せ! そしてワタシに指1本でも触れたらあんたら皆殺しよ!」 ゾーイがボンボンらに殴られているのを見て、ローラはますますマイクへの殺意を増していった。

「はぁぁぁ? ローラがゾーイのことをね…ボクちゃん、知らなかったなぁ~。 ボクちゃんたちがまだ付き合っているころ、ローラちゃん、このヤンキーともやっちゃってたの?」 マイクの優しさと優雅さのメッキが剝がれ、卑怯さと卑猥さという中身があらわになった。

「ゾーイ兄貴!」

ゾーイの仲間たちが現場に集まった。

狭い通路に10数人が集っている。 ゾーイは殴っていた3人の男を突き放し「アイツらのケツを蹴り上げろ!」と、反対側でローラに手を出している成金のボンボンたちを指差した。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章あなたは私を救わなければならない2 第2章最も大切なもの3 第3章秒戚4 第4章あなたの男5 第5章俺ならできる6 第6章俺がいればいいんだ7 第7章もう涙はいらない8 第8章ブルーアイランドモール9 第9章レッドダイヤモンド10 第10章ワタシの言うことを聞かなくてはならないわ11 第11章ジジイとの結婚12 第12章すべてをあげる…ただし…13 第13章ローラと謎の男14 第14章初日出勤15 第15章サラの従姉16 第16章後部座席の男17 第17章酔っていたから18 第18章離婚が成立しました19 第19章ひとりぼっちの夜20 第20章信号無視をしたのは? 21 第21章三人の男22 第22章2日分だから倍返し23 第23章CEOもふつうの男性です24 第24章暴走する奥様25 第25章パトカー4台をスクラップ26 第26章私は絶対にローラを訴えます!27 第27章膝の上の可愛い子ちゃん28 第28章とってもハンサムな男29 第29章上に立つ男 (パート1)30 第30章上に立つ男 (パート2)31 第31章ボスはさすがですね (パート1)32 第32章ボスはさすがですね (パート2)33 第33章子供っぽい笑顔 (パート1)34 第34章子供っぽい笑顔 (パート2)35 第35章ノーアイデア (パート1)36 第36章ノーアイデア (パート2)37 第37章ビッチ (パート1)38 第38章ビッチ (パート2)39 第39章夫に頼る彼女 (パート1)40 第40章夫に頼る彼女 (パート2)41 第41章夫に頼る彼女 (パート3)42 第42章手放さないで (パート1)43 第43章手放さないで (パート2)44 第44章君のために (パート1)45 第45章君のために (パート2)46 第46章初めて会うハリーの母 (パート1)47 第47章初めて会うハリーの母 (パート2)48 第48章初めて会うハリーの母 (パート3)49 第49章女狐 (パート1)50 第50章女狐 (パート2)51 第51章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート1)52 第52章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート2)53 第53章まあ、見てろって (パート1)54 第54章まあ、見てろって (パート2)55 第55章義母が会社に登場 (パート1)56 第56章義母が会社に登場 (パート2)57 第57章ハニー、どうか許して (パート1)58 第58章ハニー、どうか許して (パート2)59 第59章ハニー、どうか許して (パート3)60 第60章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート1)61 第61章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート2)62 第62章サプライズとショックは紙一重 (パート1)63 第63章サプライズとショックは紙一重 (パート2)64 第64章サプライズとショックは紙一重 (パート3)65 第65章ヨランダ・モー (パート1)66 第66章ヨランダ・モー (パート2)67 第67章ヨランダ・モー (パート3)68 第68章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート1)69 第69章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート2)70 第70章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート3)71 第71章第 章 家には帰らずに (パート1)72 第72章第 章 家には帰らずに (パート2)73 第73章私が許可する (パート1)74 第74章私が許可する (パート2)75 第75章家で待っててくれ (パート1)76 第76章家で待っててくれ (パート2)77 第77章誤解しないで (パート1)78 第78章誤解しないで (パート2)79 第79章鋭い平手打ち炸裂 (パート1)80 第80章鋭い平手打ち炸裂 (パート2)81 第81章私の妻 (パート1)82 第82章私の妻 (パート2)83 第83章一緒に来て (Part One)84 第84章一緒に来て (Part Two)85 第85章私に平手打ちしたなんて (Part One)86 第86章私に平手打ちしたなんて (Part Two)87 第87章いたずらっ子ノーティ (Part One)88 第88章いたずらっ子ノーティ (Part Two)89 第89章茶色の財布 (Part One)90 第90章茶色の財布 (Part Two)91 第91章あなたの猫は死んでいる (Part One)92 第92章あなたの猫は死んでいる (Part Two)93 第93章めちゃくちゃにされた実験台 (Part One)94 第94章めちゃくちゃにされた実験台 (Part Two)95 第95章私の家から出て行って (Part One)96 第96章私の家から出て行って (Part Two)97 第97章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part One)98 第98章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part Two)99 第99章大統領 (Part One)100 第100章大統領 (Part Two)