icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 閲覧履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第98章Capítulo嵐はまだ来ていませんでした
文字数:5656    |    更新日時: 23/02/2021

夜、将軍の家で

DingguoDukeの妻であるLinWan'erは、健康状態が悪いために早く寝ていました。 妻を深く愛していたDingguoDukeは、妻と一緒にいるために早く引退しました。 警備員と使用人は忙しい一日の後に彼らの部屋に戻った。 将軍の家は夜の間沈黙するでしょう。 9人の著名人の再会はこのように終わらないでしょう。

暗闇がカンシティを横切って落ちると、月が空に昇り、下の風景に柔らかな輝きを放ちました。 庭には石畳で舗装された小道がありました。

夜になると、人物がアーチを素早く通り抜け、中庭の石畳の小道に向かい、ユン・カングランの部屋に向かった。

これは、将軍の家でライトが点灯している唯一の中庭でした。

人物はドアに忍び寄り、素早く周りを見回し、ドアを押して、海岸がきれいであることを確認した後に行きました。

内部では、ユン・カンランは赤いローブから白いガウンに変わり、放射状で甘く見えました。 彼女の無邪気なアンサンブルに魅力のヒントを加えたのは、髪にフリンジが付いた赤いヘアピンでした。

男は彼女の側に座って、両性具有のように美しく見えました。 彼は彫刻された特徴を持っていて、魅惑的な並外れた魅力を持っていました。

ユン・フーは彼女の前に片膝をついてユン・カンランに入って行きました。彼女に対する彼の計り知れない敬意は彼の目に輝いていました。

「愛人、こんばんは。」

ユン・カンランは彼に彼女を「ミストレス」と呼ばないように頼んだが、彼女はミストレスであり、彼は警備員だった。 ユン・フーは自分がそんなに親しむことを許さないでしょう。 ユン・カンランが彼を「ユン・フーおじさん」と呼ぶたびに、彼は予想外の名誉に圧倒されました。

「こんばんは、ユン・フーおじさん。」 ユン・カンランは答えた。 ユン・カンランはまっすぐに起き上がった。ユン・フーはいつも彼女にとっておじのようだったので、彼女は彼の前で振る舞うべきです。 「ユン・フーおじさん、ついてきましたか?」 ユン・カンランは知りたがっていた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章Capítuloプレリュード(ダークフェニックス)2 第2章Capítulo花嫁を奪う3 第3章Capítulo罰4 第4章Capítuloファイアフェニックスの誕生マーク5 第5章CapítuloLingKingdomからの人質6 第6章CapítuloTurmoil7 第7章Capítuloジン王国の王子8 第8章Capítulo刑務所として機能する円を描く9 第9章Capítuloここでトラブルをかき立てる10 第10章Capítulo私は暑く感じます11 第11章Capítulo3人の売春婦合計12 第12章CapítuloShuiMinghan13 第13章Capítuloが私の指導を受けます14 第14章Capítulo誕生日15 第15章CapítuloRivalinLove16 第16章Capítulo私はあなたを直します17 第17章Capítulo2つのマウントくんいじめっ子18 第18章Capítuloファイアフェニックスとフェザーズ19 第19章Capítuloストリップショーについての何か20 第20章Capítulo世界最大の馬鹿21 第21章Capítuloナイトフェニックス22 第22章Capítuloクラッシュバンディット23 第23章Capítuloお金がない24 第24章Capítulo桃の花の山をつかむ25 第25章Capítulo闇の中の36人の戦闘機26 第26章Capítulo別の羽が登場27 第27章Capítuloフィアレスアーマー28 第28章CapítuloYunCanglan、CanKingdomの王女29 第29章CapítuloHuoLiuyunの優しさ30 第30章Capítulo雨の日のためにそれを保存31 第31章CapítuloGiveYouMyself32 第32章Capítulo手に負えない使用人と不謹慎な愛人33 第33章Capítuloもうあなたは必要ありません34 第34章Capítulo彼の野心と計画35 第35章CapítuloYunCanglanが死ぬ36 第36章CapítuloYunCanglan中毒37 第37章Capítulo墓でのセックス38 第38章Capítuloあなたの子供は私のものです39 第39章Capítulo行き先40 第40章Capítulo世界の9人の著名人41 第41章Capítuloナイトフェニックスが出現42 第42章CapítuloGetMea Head43 第43章Capítulo夫が帰ってきた44 第44章CapítuloYunCanglanはFengGuiを拒否しました45 第45章CapítuloLeiTianyanvs Shui Minghan46 第46章CapítuloMisterZiZhu47 第47章Capítuloフェザーが広がりました48 第48章Capítulo少年が生まれた49 第49章Capítulo離婚50 第50章Capítulo久しぶりです51 第51章CapítuloはHuoLiuyunを再び見ました52 第52章Capítuloあなたはあなたの生計のために私の愛人に依存しています53 第53章Capítulo下品な男と結婚54 第54章Capítulo犬のトレーニング55 第55章Capítuloドラマを見る56 第56章Capítulo暗殺57 第57章Capítuloあなたはおなじみに見えます58 第58章Capítuloあなたを最もよく知っている人59 第59章Capítuloあなたへの贈り物60 第60章インペリアルガーデンのCapítulo混乱61 第61章Capítulo少し密度が高い62 第62章Capítulo金持ちのように振る舞う63 第63章Capítulo再び母親に会う64 第64章ハンサムな男性のCapítuloセクション65 第65章CapítuloYunYajunは側室と結婚しました66 第66章CapítuloYelaixiang売春宿67 第67章Capítuloインペリアルディナー68 第68章Capítuloお母さん、お父さん、お元気ですか69 第69章Capítulo責任からの縮小70 第70章Capítulo水をテストする71 第71章Capítuloファッション72 第72章Capítulo元夫との再会73 第73章Capítulo私はトレンドセッターです74 第74章Capítulo馬鹿になりすまして75 第75章Capítulo彼は男に恋をした76 第76章Capítulo私と一緒に遊びを演じる77 第77章CapítuloShuiMinghanの購入者都合78 第78章Capítulo私は他人をいじめたことがありません79 第79章Capítulo彼女を殺すのはどうですか? 80 第80章Capítulo私はウーユンリンの血のフルボウルが欲しいだけです81 第81章Capítulo将軍の家に住む82 第82章Capítulo嵐が吹き荒れています83 第83章Capítuloジェントルヤンゲジ84 第84章将軍の家でのCapítulo暗殺85 第85章Capítuloキラー86 第86章Capítulo再会の前夜87 第87章Capítulo9人の著名人の再会88 第88章Capítulo偽の夜のフェニックス89 第89章Capítuloナイトフェニックスがステージに登場90 第90章Capítuloクール91 第91章死でダイシングしていたCapítulo92 第92章CapítuloFengGuiは恋に傷ついた93 第93章Capítuloあなたのために肖像画を描く94 第94章Capítulo私は原則の人です95 第95章Capítulo血まみれのシーン96 第96章Capítuloナイトフェニックスvsヤオシーラウンド197 第97章Capítuloナイトフェニックスvsヤオシーラウンド298 第98章Capítulo嵐はまだ来ていませんでした99 第99章Capítuloが捕まえられる100 第100章Capítulo敵に警告