icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第4章あなたの男
文字数:3224    |    更新日時:08/04/2021

すぐに返事をしなくて、斯靳恒は、細長い指で手すりを叩いていた。 「この女を調べてくれ。」斯靳恒はテレビに映っている厲浅洛を指さして、そういった。その一言はあまりにも突然で、允起は一瞬呆気に取られた。

女? 厲献呈の娘か? この女は厲氏集団を買収することと関係あるのか?

允起の頭の中は疑問でいっぱいだったが、「はい」としか答えられなかった。

梓熙に助けてもらって、厲浅洛と父二人は記者の包囲から抜け出して、ベンツに乗って家に向かった。

厲家はD市の東側の高級住宅区にある別荘で、美しい環境と新鮮な空気に恵まれている。 ここの別荘はD市で最も裕福な家庭しか買えない。

二人が帰るまで、年を取った容香婉(ロンシャンワン)はずっとロビーのソファーに座ったままで、二人を待っていた。 息子と孫娘が帰るのを見て、容はすぐ杖をついて立ち上がった。

「献呈、いったい何があったの?」 この白髪いっぱいの老人がそこまで焦っている様子を見ると、二人はどう答えればいいかわからなくなった。

真実を伝えたら、年取った母はきっと耐えられないんだ。そう心配している厲献呈は、結局何も言えなかった。

「ばあちゃん、大丈夫だから、心配しないで…」浅洛は祖母の腕を組んで、どうやって慰めればいいかわからなかった。

「心配しないわけないでしょう? テレビで見たわ 一体何が起きたの? ちゃんと教えて、今すぐ!」 今はもう年取っていたが、若い頃の容香婉はビジネス界を左右する一流のビジネスウーマンだった。 そんな容香婉は今厳しい顔で、杖で地面を強く叩いた。厲浅洛と父二人は怒った容に恐れて、ビクビクした。

「母さん、そんなに怒らないでください… また心臓が…」 容は心臓病にかかったので、怒ってはいけない。 でも、厲献呈の話は途中で容香婉の叱りに遮られた。

「あなたに言われなくても、 わしの体は自分がよく知っている!」

「...母さんがテレビから見た通り、会社は乗っ取られた。」 厲献呈はそう言って、ため息をついた。 母と妻が心血を注いで会社を大きくしたが、 自分は守ることすらできなかった。そんな自分は、母と亡くなった妻に合わせる顔がない。

それに、この歳で、これまで信頼していた親友に裏切られたなんて…みっともない。

「どうしてこうなったの? 本当に罪を犯したの? それとも騙されたの?」 容香婉は、息子が決して悪いことをしないと確信しているが、 他の原因が見当たらなかった。

「戚雲忠と彼の息子が、何年前からもう会社を乗っ取る計画を立てたんだ。」 おそらく戚雲忠は、まだ20年前のそのことで、自分を恨んでいるだろう。

20年前、厲献呈と戚雲忠は本当の兄弟みたいに仲がよかった。 そんな彼らは同時に一人の女性が好きになった。あの女性、まさに10年前に亡くなった浅洛の母親であり、厲献呈の妻である任澜欣(ニンランシン)だ。 当時の二人は上品で優雅な任澜欣に強く惹かれて、いかれたように彼女を口説いていた。

ある夜、厲献呈は酔った勢いで、車の中で彼女にセックスを強要した。 そのことがあったから、任澜欣は厲と結婚するしかない。 本当のことが知った戚雲忠は厲献呈を殴った。二人が大喧嘩した後、戚が姿を消した。 戚雲忠がまた姿が現れて、厲献呈と積極的に連絡を取り始めたのは1年後のことだった。 その時、戚はすでに結婚した。それに、戚から「過去のことは水に流そう」と言ってきた。

「そんなバカな…戚雲忠と彼の息子...」 一人は息子の親友で、もう一人は孫娘の幼馴染で三年も付き合ってきた彼氏だ。 容香婉は息を切らして、意識を失い気絶した。

「母さん!!」

「ばあちゃん...!」

午後5時に、 容香婉は心臓病再発して、 病院に搬送された。 緊急手術を受けたが失敗した。 厲浅洛と厲献呈は容香婉につきそって、最後のお見送りをしていた。 夜8時に、 容はあの世に行った。

容香婉が生きていた時は多くの男性の夢の恋人であり、D市のビジネス界においても大きな影響力を持っていた女性だから、彼女の突然すぎる死に、D市の人々が衝撃を受けた。

葬儀には、容香婉の友人たちが出席したが、厲献呈の親交であった人たちは花輪を送ってきただけ、葬式に出なかった。

戚雲忠と戚澤明も葬式に出ました。厲献呈は二人が現れたのをみて、激怒した。 厲浅洛は警備員に命令を下して、二人を葬式の場から追い出した。 この事は長い間マスコミに取り上げられた。 他人から見れば、厲献呈は無能且つ対人運が悪くて、自分の会社を守ることさえできなかった。

葬儀の後、厲献呈の多額の借金滞納で、裁判所から強制的に厲家の貴重品を競売にかけられて、別荘を差し押さえられた。 それからしばらく、娘の浅洛にメモが書かれている紙一枚を残して、厲献呈が忽然と姿を消した。 彼がどこにいるのか、生きているのか死んだのか、誰も知らなかった。

雨の中、血気の失った顔をしている厲浅洛はスーツケースを持って立っている。もう一つの手には父が最後に残した紙がぎゅっと握られている。

すべてが夢だったのか? 数日前まではすべてがうまくいっているのに…おばあちゃんも私の誕生日プレゼントを用意するために盛り上がっていた… どうして今は、こんなことになってしまったの?

紙に書かれたメモは雨に濡れて、文字が見にくくなった。 なんとか読めたか、厲浅洛は自分の目を疑うように何度もメモを確認した。

「浅洛へ、22年前、私と澜欣は川辺でまだ赤ん坊だった君を見かけて、そして、家に連れ帰った。君は、私たちの実子ではない。 今の私はすべてを失った。もう何もあげられない。 私と一緒にいても苦労するだけだから、本当の親のところに行って。 さよなら、私の愛する娘。」

...

もう嫌だ!ばあちゃん、お父さん、お母さん! 私一人にしないで… あなたたちに会いたいわ…

戚雲忠、戚澤明、付辛茹、 どうして私を裏切ったの?

あの男も..

こいつら…いや、この世のすべての人が憎い!

...

雨がどんどん降ってきて、強くなってきた。 厲浅洛は肉体と精神的な苦しみに耐えることができなくなって、 気を失った。

この時、、ある世界限定の黒いマイバッハが、意識を失った厲浅洛のそばで止まった。 秘書の允起は傘をさして、車のバックドアを開けた。 車から、真新しい革靴を履いた男が下りてきて、厲浅洛に近寄った。 男は雨に濡れた彼女を抱き上げて、車の席におろして、病院へ向かった。

承陽私立病院の超豪華個別病室で

厲浅洛はゆっくりと目を開けたが、目がズキズキしている。痛みに耐えて、見えたのは薄暗い照明のペンダントランプだ。 そして、自分の左手に注射針がささって、ボトルが吊るされている。 冷たい液体が血管を介してゆっくりと体内に流してきた。 ここはどこ?

「目が覚めたか?」 厲浅洛はその冷ややかな声に背筋が凍った。 誰がいるの?

危険を感じた厲浅洛はベットから起きようとしたが、 体はまだ弱かったため、起きれなかった。何度試しても起きれなかったので、あきらめた。

その時、白いシャツを着た男が急に現れて、ジーと見てきた。 「なんというイケメンだ!」厲浅洛はまばたきをして、男の顔を見つめてそう思った。 キリッとした濃い眉毛で深い目つき、彫刻品のように整った鼻やセクシーな薄い唇が、彼の上品さと優雅さをアピールしている。 高い身長とスリムな体は、彼をより魅力的にしている。 だが、なんとなく冷たい雰囲気を出して、クールで威圧感がある。厲浅洛は思わず首を竦めた。 この男はどこで会ったような気がする...

「君は…誰ですか?」

「あなたの男だ。」

「…… 妄想性障害か?」 顔がいいけど、頭が悪そう。

斯靳恒はベッドサイドの呼び出しボタンを押した。 1分も経たず、たくさんの人が部屋に入ってきた。

その人たちの着装を見て、厲浅洛はここが病院だということがわかった。 マスクをつけている看護師が優しく起こしてくれて、背中に枕を置いてくれた。

病室に入った人たちの中で、一番前に立っているのは20代ぐらいの男性だ。 彼は眉を上げて、朝露のように澄んだ瞳で医療機器を注意深く見つめている。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章あなたは私を救わなければならない2 第2章最も大切なもの3 第3章秒戚4 第4章あなたの男5 第5章俺ならできる6 第6章俺がいればいいんだ7 第7章もう涙はいらない8 第8章ブルーアイランドモール9 第9章レッドダイヤモンド10 第10章ワタシの言うことを聞かなくてはならないわ11 第11章ジジイとの結婚12 第12章すべてをあげる…ただし…13 第13章ローラと謎の男14 第14章初日出勤15 第15章サラの従姉16 第16章後部座席の男17 第17章酔っていたから18 第18章離婚が成立しました19 第19章ひとりぼっちの夜20 第20章信号無視をしたのは? 21 第21章三人の男22 第22章2日分だから倍返し23 第23章CEOもふつうの男性です24 第24章暴走する奥様25 第25章パトカー4台をスクラップ26 第26章私は絶対にローラを訴えます!27 第27章膝の上の可愛い子ちゃん28 第28章とってもハンサムな男29 第29章上に立つ男 (パート1)30 第30章上に立つ男 (パート2)31 第31章ボスはさすがですね (パート1)32 第32章ボスはさすがですね (パート2)33 第33章子供っぽい笑顔 (パート1)34 第34章子供っぽい笑顔 (パート2)35 第35章ノーアイデア (パート1)36 第36章ノーアイデア (パート2)37 第37章ビッチ (パート1)38 第38章ビッチ (パート2)39 第39章夫に頼る彼女 (パート1)40 第40章夫に頼る彼女 (パート2)41 第41章夫に頼る彼女 (パート3)42 第42章手放さないで (パート1)43 第43章手放さないで (パート2)44 第44章君のために (パート1)45 第45章君のために (パート2)46 第46章初めて会うハリーの母 (パート1)47 第47章初めて会うハリーの母 (パート2)48 第48章初めて会うハリーの母 (パート3)49 第49章女狐 (パート1)50 第50章女狐 (パート2)51 第51章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート1)52 第52章私はあなたのお義母さんじゃないわ (パート2)53 第53章まあ、見てろって (パート1)54 第54章まあ、見てろって (パート2)55 第55章義母が会社に登場 (パート1)56 第56章義母が会社に登場 (パート2)57 第57章ハニー、どうか許して (パート1)58 第58章ハニー、どうか許して (パート2)59 第59章ハニー、どうか許して (パート3)60 第60章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート1)61 第61章章 ウェンディ・ユーの拒絶 (パート2)62 第62章サプライズとショックは紙一重 (パート1)63 第63章サプライズとショックは紙一重 (パート2)64 第64章サプライズとショックは紙一重 (パート3)65 第65章ヨランダ・モー (パート1)66 第66章ヨランダ・モー (パート2)67 第67章ヨランダ・モー (パート3)68 第68章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート1)69 第69章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート2)70 第70章私はヨランダ・モー、ハリーの婚約者よ (パート3)71 第71章第 章 家には帰らずに (パート1)72 第72章第 章 家には帰らずに (パート2)73 第73章私が許可する (パート1)74 第74章私が許可する (パート2)75 第75章家で待っててくれ (パート1)76 第76章家で待っててくれ (パート2)77 第77章誤解しないで (パート1)78 第78章誤解しないで (パート2)79 第79章鋭い平手打ち炸裂 (パート1)80 第80章鋭い平手打ち炸裂 (パート2)81 第81章私の妻 (パート1)82 第82章私の妻 (パート2)83 第83章一緒に来て (Part One)84 第84章一緒に来て (Part Two)85 第85章私に平手打ちしたなんて (Part One)86 第86章私に平手打ちしたなんて (Part Two)87 第87章いたずらっ子ノーティ (Part One)88 第88章いたずらっ子ノーティ (Part Two)89 第89章茶色の財布 (Part One)90 第90章茶色の財布 (Part Two)91 第91章あなたの猫は死んでいる (Part One)92 第92章あなたの猫は死んでいる (Part Two)93 第93章めちゃくちゃにされた実験台 (Part One)94 第94章めちゃくちゃにされた実験台 (Part Two)95 第95章私の家から出て行って (Part One)96 第96章私の家から出て行って (Part Two)97 第97章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part One)98 第98章ヨランダの部屋をめちゃめちゃにするわ (Part Two)99 第99章大統領 (Part One)100 第100章大統領 (Part Two)