icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
closeIcon

アプリでボーナスを受け取る

開く
チャンネル
女性向け
bottomIcon
男性向け 女性向け
ジャンル
bottomIcon
恋愛ファンタジー都市BL異世界歴史SFホラーその他御曹司官能短編
新着
すべて
bottomIcon
すべて 連載中 完結
新着 クリック量の多い順番 販売量順位
エースの罠

エースの罠

7年前、エメラルド・ハットンは、ある一人の人間から逃れるために、傷ついた心を抱え、家族や友人を捨て、ニューヨークの高校に進学した。その人は、7歳のとき、いじめっ子から彼女を救ってくれた以来、ずっと愛している兄の友人だった。愛する人たちに傷つけられ、裏切られたエメラルドは、生きるために、いつしか悲しみを記憶の奥底にしまいこむことを覚えた。 それから7年後、エメラルドは大学を卒業し、やむなく故郷に戻ることになる。そこには、かつて彼女の心を奪った、冷酷な億万長者が住んでいたのだ。 悲しい過去を背負ったアキレス・バレンシアは、誰もが恐れる男になっていた。彼の心は、人生の苦しみにより、底なしの闇に満たされていた。そんな彼を救う唯一の光は、彼のローズバッド、親友の妹だった。 長い年月が経ち、ついにアキレスの人生に光が差し込む。その光をつかむために、彼はゲームをしようと決める。それは、彼女を誘惑する「ゲーム」だった。 エメラルドは、愛と欲望の炎を見分けて、次から次へと押し寄せる誘惑から心を守ることができるだろうか。それとも、悪魔の罠にはまってしまうのか? 誰もアキレス・バレンシアのゲームから逃れられない。彼は自分の欲しいものを必ず手に入れる。そのゲームの名は...

5.0
恋愛
いつまでも君のもの

いつまでも君のもの

素晴らしい結婚生活とは「完璧な二人」が共に過ごして実現するものではなく、不完全な二人がお互いの違いを楽しめるようになってこそ実現する。個性の異なる6人。共に生きることを求められた3組の不完全なカップル……。彼らの物語を見てみよう。彼らは恋に落ちるのか、果てには結婚を放棄してしまうのか? ~~~~~°~~~~~~~°~~~~~~~°~~~~~~ 冷たく無礼で傲慢なナルシスト。これが、ソフィア・イザベルが結婚相手のダニエル・ケリーに下した評価だ。過去のトラウマと正義感から、彼の不遜な性格にも関わらず彼女は結婚に同意した。最初からいがみ合っていた二人は、それぞれの利益のために結婚をせざるを得なかった。 問題は、いつまで二人が向き合えるかだ。最後には自分の気持ちを認めるのか、互いに頑固であり続けるのか。 * * * マディリン・デイビスは、何不自由ない暮らしをしながらも、彼女の「やりたいことリスト」を埋まられずにいた。ある日、CEOの個人秘書になった彼女に、無骨でハンサムな上司、ガブリエル・ウィルソンズが、人生を変える取引を持ちかけてきた。それは1年間彼の妻になるというもの。 愛のない相手と結婚するだけでも大変なのに、それが契約結婚で、しかもその理由が昔の恋人を取り戻すためだなんて。辛いだろうな。 彼の気晴らしにでもなればと思ったマディリンは結婚に同意したが、予想外なことに、彼女は彼に恋をしてしまった。 ガブリエルはマディリンの愛に応えることができるのか、それとも最初に愛した人を選ぶのか? * * * 自由奔放なアリアナ・アンジェラは、18歳になったとき、生涯で最も愚かな契約をしてしまった。それは兄の親友であり初恋の人でもあるアレクサンダー・ジョナサン・スミスの結婚だ。金持ちでハンサムな彼は、巷で有名な女たらしだったからだ。 しかし彼らがそのとき予想もしていなかったのは、婚姻届が馬鹿げた紙切れになることだけではなかった。それは彼女の心境である。夫に4年間ほったらかしにされてもなお、彼を深く愛していた。 彼が戻ってきた今、彼女は長いあいだ自分を価値のない存在のように感じさせた男を信じられるだろうか?彼女が待ち続けた数年間のように、何が起きても彼を受け入れ、愛し続けることができるのだろうか?

5.0
恋愛
高校デビューの卓球初心者vs.告白100人斬りの女子マネコーチ

高校デビューの卓球初心者vs.告白100人斬りの女子マネコーチ

 ヒロイン【みくり】は、物心付く前から卓球漬けの英才教育を受けて育ち、中学二年生でオリンピック【卓球U-15】銀メダリストになった。  自覚は無いが、小柄で超可愛い顔立ち、卓球で鍛えられた身体はスレンダーで美しく見える。  中学三年になると、胸が急成長を開始‥‥更に成長期は終わっておらず、身長は伸びないが胸だけ成長していった。  そして、それは彼女をドン底に突き落とした。  胸が邪魔で卓球の未来が潰えたのだ。  それでも卓球特待生の誘いは多校あったが「オリンピックで上位を狙えなくなった以上、先に進めない」と断ってしまった。  またアイドル転向のスカウトもあったが「目立つのは好きじゃない」と断って、公立高校に通う事に。  市立日樫高校へと進学し、みくりは男子卓球部の女子マネ兼コーチとなって全国制覇を目指している努力の人。  一方、主人公の【真和】は、両親が卓球部上がりで恋愛結婚した環境に育つ。  しかし、反抗期だった彼は、両親が中学の部活に卓球を勧めてきたのを撥ね退け、趣味だった囲碁将棋部に入部した。  元々、運動音痴だったのだ。  身体の柔軟性は皆無‥‥前屈しても手は届かないし、ブリッジをすると台形になる。  足は速くもなく遅くもないが、持久走はビリッケツ。  握力は女子にすら負ける最低記録保持者で、反射神経も鈍い。  体育以外の全ての教科は、一切、宿題・予習・復習をせずとも、授業だけで平均点以上が取れる【努力とは無縁の天才肌】。  高校進学が決まって、声変わりも反抗期も終わり、親孝行の精神が芽生え、卓球部への入部を決意したのは良かったのだが‥‥。 ※この小説はフィクションであり、登場する人物や団体などは、現実とは異なります。 ※オリンピック種目としての【卓球U-15】も現実には存在しません。

4.0
恋愛