back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
元妻の誘惑

元妻の誘惑

岡下 司朗

4.0
コメント
343
クリック
723

ケヴィンと結婚し、年末に子供を産むという契約に従ったアニー。さもなければ、彼女はすべてを失ってしまう。 しかし、言うは易く行うは難し。日々の屈辱に、彼女は耐えられなくなった。今度こそ、彼女は屈服したくなかった。 ある日、事故が起こった。、彼女は彼を救うために自分を犠牲にした。何とか生き延びたが、すぐに世間から姿を消したことにした。子供たちが大きくなるまで、彼らの運命は再び結びつかないだろう。 彼のところに戻ることができたが、うもはや昔のあの無邪気な女の子ではなかった。彼女は今、息子のために戦うと決めた。

第1章彼の恋人
元妻の誘惑

広い部屋のベッドサイドテーブルで、電話が鳴り続けていた。 それはアン・ルオを非常に苛立たせた。

彼女は必死で体の下のシーツを掴んで、隣の男に噛みつき「ケビン・フー、あなた–」と何か言い終わる前に、男は彼女に喜びのうめき声を上げさせた。

アンは歯を食いしばり、男を睨む気力さえもなかった。

それはまるで彼女の全身がパテの袋のように柔らかくなったかのようだった。

男はゆっくりとアンの体から降りてきた。 そしてめんどくさそうに微笑んでいた。

「すぐいくよ。もうリビングで待ってる?」と彼はベッドサイドテーブルでの電話を取って自分の耳側にかけて言っていた。 「わかった、シャワーを浴びて着替えてからすぐ迎えに行くよ」 と彼は少しためて、うなずいた。 「愛しているよ」 と言い続けた。

アンの隣にいる男は、筋肉質で、信じられないほど背が高かった。 彼の堅い筋肉は魅力的でセクシーで、肌全体に流れる汗が格別だ。 彼の優しい眼差しには、何かがあった。 それは愛に満ちていることだ。

しかし、アン・ルオだけは、その感情が彼女のものではないという事実を知っていた。

彼の優しさは、ただ一人に捧げられていたのだ。

彼の甘い声を聞いた彼女は一瞬で凍りついていた。

アン・ルオは冷たい顔をして、床に落ちた毛布で身を包んだ。ケビン・フーはシャワーを浴びに急いでバスルームに入った。

バスルームのドアは少し開いていて、タイルに水が弾く音が聞こえた。

彼女は部屋を見渡した。 この部屋のすべてのアイテムはD国から輸入されたものだ。 つまり、ここにあるすべては大金がかかっているだろうということだ。

ここはフー家の別荘のいち部屋だが、アン・ルオにとって、この部屋はかつて泊まった5つ星ホテルとなにも変わらないと感じた。ただし、ここは二人だけに属されている部屋で、一方、ホテルは数多くの人に利用されているんだ。

「下に行って、写真を撮ってくれ」 彼女は忙しく周囲を見ていたとき、シャワーを浴びたケビン・フーはバスルームから出てそう言った。

彼の声は淡々としていて、まるで彼女は、ちょっかいを出せるただのおもちゃであるかのようだ。

彼は実際、彼女をとても軽くみていた。 二人は夫婦だが、ケビンはアンに何の感情も抱いていなかった。

二人が一緒にいる唯一の理由は、お互いの義務を果たすためだった。 毎日この時間にセックスをやることは規定されている。 また1年の期間内に彼の子供を妊娠しなければならないことが契約書に明確に書かれているのだ。

彼の子供を身ごもれなかったら、彼女が所有しているANグループの株は取り戻され、それにA市から追い出されることになるのだ。

ANグループはフォーブスのリストのトップ企業であり、どの企業もそれに匹敵することはできないほどに成長した。

その社長、ケビン・フーは、まさに伝説の人だ。 彼が17歳のときすでに、ANグループの純資産を2倍にし、フォーブスのリストの7位から1位にランクを上げた。

彼は「世界中の伝説の男」で3年連続で「女性が最も結婚したい男」と選ばれて公表されていた。 本当に輝いている男だ。

彼の声のトーンから判断すると、アン・ルオは彼の恋人がすでに下で待っていることに気づいていた。

「私はプロの写真家ではないわ」と彼女は率直に言った。

「やれといったから、やるよな。」 ケビン・フーは彼女を睨みつけた。 彼の目は夜のように冷たかった。 「おまえは携帯の使い方も知らないほど馬鹿なのか? そんなら、お前はANグループの副社長にふさわしくないな。」

「あんた」 アン・ルオは歯を食いしばり、心は怒りで煮えたぐっていた。

彼女をチラッとも見ずに、ケビン・フーは部屋から出て行った。 「今夜は”クラウド・アンド・ヘブン"での会食を忘れるな、 遅れたら、埋め合わせしてもらうわよ」

アン・ルオは彼の後ろ姿を見つめながら、拳を握りしめた。 彼には、恋人より重要な人はなかった。

彼女は握った拳を緩め、服を着替えにワードローブに向かった。

彼女の株を手に入れるために、すべてに耐える必要があったが、それだけが彼女の目標なのだろうか。 彼女の心は震え、

目は悲しみで光っていた。

久々に心が冷静になったアン・ルオは、長いドレスに着替えた。 下半身の小さな不快感を除いては、ケビン・フーは彼女の体に痕跡を残さなかった。

彼は彼女の体を触れるたびに自分を軽蔑した。

もし契約がなかったら、彼女に触れたくもなかったのだろう。

アン・ルオは腰の痛みに耐え、階段を下りた。

ホールでは、ケビン・フーが彼の最愛の恋人であるチェリー・イェを抱きしめて写真を撮っていた。

チェリーは真っ白で長いドレスを着ていた。 そのドレスは彼女の身体を完璧に包み込み、美しい顔は更に強調されていた。

理想的な融合だった。

ちょうどその時、ケビン・フーはアン・ルオがすでに下に降りてきているのに気づいた。

彼は顔から笑顔が消えた。 「なぜそんなに時間がかかるんだ?」 彼はキレた。

アン・ルオは深呼吸して怒りを抑えるようにしていた。 実際、彼女が望んでいたのは、その男の顔をひっぱたいてやることだった。

アンのいとこであるチェリー・イェは、ケビン・フーの腕に寄り添っていた。 彼女はアンに微笑みながらお詫びした。 「私たちの写真を、インスタグラムにアップするのを言い張ったのはケビンよ。 毎年一枚私の誕生日にアップすべきだとね」と彼女は説明した。

アンは理由など気にもせずに、ケビン・フーに手を伸ばし、 彼女は冷たい顔でケビン・フーに手を伸ばし、「携帯」と言った。

ケビンはチェリーへの愛に溺れる前に、携帯を投げた。

「うまく撮影できなかったら、家で数日間レッスンを受けるんだな、これからもあんたの協力が必要だと思うから」とケビンは脅したかのように言っていた。 それにその声は冷たかったのように聞こえている。

アンの心中で怒りがこみ上げてきたが、彼女は何も言わなかった。

ケビンはアンをチラッと見て、彼女が反応しなかったことに、苛立っていた。

そして、チェリーの太ももに手を置いた。

「もう、やめて、ケビン!」 と言いながら、チェリーは頬が赤くなっていた。

彼女は彼の胸にもたれかかった。 しかし、彼女の視線はアンに向かい、 あえて何か言っているように、彼女の目は挑発的に光った。

二人のポーズはとても親密に見えた。

チェリーの体を包み込んだ柔らかい布は、シルクのような肌触りでケビンのスーツに張り付いた。

アンは黙っていた。 彼女は冷たく平然としていた。 目の前の二人をどれだけ憎んでいても、できる限り落ち着いていた。

彼女が望んでいたのは、二人が目の前から消えることだけだった。 しかし、この瞬間、彼女は相変わらず平然として写真を撮り続けた。

ケビンはチェリーの足と腰を抱きかかえた。 他の写真には、彼が彼女にキスをするためにもたれかかっていたものも写されていた。

恥ずかしそうに笑って、チェリーは口を尖らせた。

アンは、確実にポーズを見逃さないようにした。

ケビンがどのポーズをしても、アンの顔の表情は少しも変わらなかった。 「携帯を返せ、 チェリーが綺麗に取れてなっかたら、もう一度やり直しだ。」

アンはためらうことなく携帯を返した。

チェリーは甘やかされっ子のように彼の腕を殴った。 「私って醜いの?」 彼女はケビンに質問した。

まるで恐ろしい敵に直面したかのように、ケビンはすぐに彼女の顔中にキスをした。 「ありえないよ! 君は世界で最も美しい女性だ」と彼はすぐに褒めたたえた。 「彼女が君の美しさをうまく表現できるのか心配してるんだ。」

チェリーは微笑んだ。 「私の家族の遺伝子を信じてみない?」と回答したチェリー。

アンはチェリーのいとこであるので、それは彼女もまた美しいことを意味している。 実際、彼女はチェリーほど美しくなかった。

ケビンはすぐに頷いた。

チェリーは信じられないほど美しかった。 彼女の肌は明るくて柔らかい。 真っ黒な髪は腰まで伸び、ハート型の顔と大きな目で構成されている彼女は、 目には子供ような何かがあった。 それらは大人が持ちえない無垢さがあった。

チェリーは背が高く、曲線美の持ち主だ。 実際、彼女を見た人は誰でも彼女を女神と見違えるだろう。

特にアンが心を込めて撮った写真なので、どれも美しい。

ケビンは彼女が撮ったすべての写真をチェックした。 一枚一枚が、ケチをつけることができないほど、 チェリーの美しさを強調し、彼の優雅さを実証していた。

言葉では言い表せないほどの怒りを胸に、彼は急いで携帯を片付けた。 「もう行っていい。」

アンが振り返り部屋を出ようとすると、彼は呼び止めた。

「ちょっと待ってくれ」 と不満気に、腕を組んだ。 「着替えてくれ、 君の服はチェリーと同じ色だ。 彼女と同じ色を着てワインパーティーに参加するのは勘弁してくれよ。 彼女を侮辱するな」とケビンは冷たい口調で語っていた。

彼の顔は、死の国の王子の様に、冷酷だった。 「チェリーが選んだ服と色が似ているすべての服を処分してくれ。」

アンに怒りがこみ上げた。 彼女は歯を食いしばり、言葉を出すのに数秒かかった。 「よく心に留めておくわ。」

彼女はただ白いドレスを着ているだけだ! それがなぜチェリーを侮辱することに? アンは拳を握りしめた。

そしてツカツカと部屋を出た。

アンの怒りを見て、チェリーは口角を上げた。 彼女が隣にいる男を愛情を込めて見つめていると、何かが彼女の目に止まった。

アンはクローゼットにある白い服をすべて引き裂き、地面に投げつけた。

チェリーは常に明るい色の布地、特に白のものを好んだ。

その意味でチェリーと同じ色の服を着ている自分を軽蔑していた。

「ケビン、もうアップした?」 チェリーは胸にもたれかかって尋ねた。

ケビンは隣にいる彼女に微笑んだ時、やっと我に返った。 「今からやるよ。」

彼は自分の携帯電話を取り出し、一番いいものを選んだ。 写真の中の彼らは、楽しく笑っていた。 腕を互いに絡ませ、彼らが完璧にお似合いなことは明らかだ。 しかし、彼は写真を見つめれば見つめるほど、苛ついた。 何も言わずに、インスタグラムにアップした。

タイトル:お誕生日おめでとう、ベイビー。 あなたを永遠に愛す!

彼が投稿を終えるとすぐに、たくさんの人がコメントした。

賀氏: 「独り者がそれを見るのは拷問だ」というコメント。

孫氏: 「そうやってドンドンみせつけたら? 友達よ、俺を殺す気? こっちは独り身なんだよ。勘弁して!」とのコメントもあった。

以下のようなお世辞もあった。 「チェリー、あなたは輝いてる!お誕生日おめでとう! 今生から来生まで、二人がいつも一緒にいることを願っています」

彼らは皆、ケビンに妻がいることを知っていたが、ケビンが愛している人が彼女だけということも知っていた。

本をダウンロード