back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
高校デビューの卓球初心者vs.告白100人斬りの女子マネコーチ

高校デビューの卓球初心者vs.告白100人斬りの女子マネコーチ

宮野蹴鞠

4.0
コメント
207
クリック
21

 ヒロイン【みくり】は、物心付く前から卓球漬けの英才教育を受けて育ち、中学二年生でオリンピック【卓球U-15】銀メダリストになった。  自覚は無いが、小柄で超可愛い顔立ち、卓球で鍛えられた身体はスレンダーで美しく見える。  中学三年になると、胸が急成長を開始‥‥更に成長期は終わっておらず、身長は伸びないが胸だけ成長していった。  そして、それは彼女をドン底に突き落とした。  胸が邪魔で卓球の未来が潰えたのだ。  それでも卓球特待生の誘いは多校あったが「オリンピックで上位を狙えなくなった以上、先に進めない」と断ってしまった。  またアイドル転向のスカウトもあったが「目立つのは好きじゃない」と断って、公立高校に通う事に。  市立日樫高校へと進学し、みくりは男子卓球部の女子マネ兼コーチとなって全国制覇を目指している努力の人。  一方、主人公の【真和】は、両親が卓球部上がりで恋愛結婚した環境に育つ。  しかし、反抗期だった彼は、両親が中学の部活に卓球を勧めてきたのを撥ね退け、趣味だった囲碁将棋部に入部した。  元々、運動音痴だったのだ。  身体の柔軟性は皆無‥‥前屈しても手は届かないし、ブリッジをすると台形になる。  足は速くもなく遅くもないが、持久走はビリッケツ。  握力は女子にすら負ける最低記録保持者で、反射神経も鈍い。  体育以外の全ての教科は、一切、宿題・予習・復習をせずとも、授業だけで平均点以上が取れる【努力とは無縁の天才肌】。  高校進学が決まって、声変わりも反抗期も終わり、親孝行の精神が芽生え、卓球部への入部を決意したのは良かったのだが‥‥。 ※この小説はフィクションであり、登場する人物や団体などは、現実とは異なります。 ※オリンピック種目としての【卓球U-15】も現実には存在しません。

チャプター 1
プロローグ:モテる女はツライよ。

「好きです! 付き合って下さいッ!」

「ふーん。で、アンタ。【アタシのどこが好き】なの?」

「全部です!」

「ハ? アナタが【アタシの何を知ってる】のかしら?」

「去年のミスコン優勝で‥‥超可愛いし」

「はい、ストップ!【アタシの顔が好みなだけ】なのね?」

 はあ、またこのパターンか‥‥去年の学内ミスコンに【泣き落とし】で出場させられ、優勝してしまった所為で、もう100人目なのよね。

 そして、空を見上げると曇り空。

 告白の場は、いつも何故か曇天だったりするわけよ。

「いや、顔だけじゃなくて‥‥あの、ナイスバディな所とか‥‥」

「見た目だけ?」

「あー、えっと‥‥、中学の卓球で銀メダル獲ったとか‥‥」

「そんなの【誰でも知ってる】わよ。他には?」

「え、え、えーと‥‥」

「つまり、アンタは【アタシの事を何も知らない】‥‥【顔とスタイルがいいから付き合いたい】のね? 却下、帰れ!」

 アタシの眼力に怯んだ告白男子は、腰を引かせて。

「ご、ごめんなさいッ!」

 と、逃げていった。

 溜息しか出ない。

 何故か、アタシの顔は可愛いらしい。

 自慢する気は

無いけど、ジュニア卓球で銀メダリスト。

 近年設立されたオリンピック種目【卓球U-15】女子シングルスで、金メダルを賭けた決勝戦‥‥中国の選手に負けてメチャクチャ悔しかった。

 卓球で鍛えられて、自然とスタイルがよくなってしまったらしい。

 そして、中三から胸が急成長‥‥アタシは胸が邪魔で卓球の未来を潰された。

 こんな脂肪の塊、本気で要らない。

 高校二年生になった今も更に成長している‥‥。

 もっと背が伸びたら良かったのにな‥‥平均以上の身長は、卓球を有利にするのよ。

 そして、毎日のように靴箱にラブレターが入っていて、まず選別。

 差出人の名前が書いてないヤツは【即ゴミ箱行き】。

 名前が書いてある中で、宛名がアタシになってるヤツは一応読む。

 失礼がないように指定された待ち合わせ場所に行く。

 屋上だったり、校舎裏、体育館裏、定番の場所ならね‥‥学校の外は却下。

 でも、いつも結果は同じ。

 卓球部の男子からも全員に告白されていた。

 と言っても、アタシのコーチングに着いてこれなくて、次々と辞めてくから今は10人だけど。

 卒業していった先輩も含め、全員フッてきた。

おすすめ
コメント
本をダウンロード