icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第4章恐喝 (Part
One)
文字数:1345    |    更新日時:30/07/2022

学生にとって退学は重大な問題であることは間違いないが、ワン・イーにとっては何でもないことである。 結局、世界の終わりが来た後は、すべての学業、勉強、キャリア、仕事はすべて浮雲のようにどうでもよくなり、ある意味で彼はもはや覚醒ですらなくなっていた。

この時、ワン・イーの頭の中は将来の計画で一杯で、その計画の第一段階はーー復讐と、金であった。

まずは、復讐。

なぜ復讐するのか、それは心の中に後悔と執着があるからだ。

数年前の交通事故で、重傷を負い、両親も亡くなったが、今も逃走中の真犯人の顔をこの目で見たワン・イーは、様々な理由で陪審員に証言を却下された。

その理由は、彼が未成年であること、事故による脳震盪、せん妄、精神的幻覚が見られたことにあった。

敵の名前もいつも覚えていたーーワン・ズーハオ、典型的なプレイボーイの金持ちの子供だ。

前世では、文明時代であれ、終末世界の真っ只中であれ、復讐する機会がなかったので、復讐の件はほとんど彼の悩みの種となっていた。 だから、生まれ変わって最初に思いついたのは「復讐」だったのだ。

親の敵は不倶戴天の讐であり、彼を討たなければ、あの世にいる父や母に合わせる顔もなかっただろう。

そして、この計画にはもう1つの重要な要素が必須だったーーお金、それも大量のお金を、できるだけ短い時間で手に入れる必要があった。

世界が終わりを迎えた後、お金は無価値になり、今まで印刷されたお金はただ燃やすのに使える紙くずにすぎなくなるだろう。 しかし、世界の終わりを前にした今、多くのお金は資源と交換することができるので、まだ価値はあった。

大量の資源を持っていることは、終末期においては間違いなく大きなアドバンテージになることを、ワン・イーは誰よりもよく知っていた。

見慣れたながらもやや馴染みがないように感じる教室を後にした彼は、まずは寮に行って何かを手に入れようとしていたが、その途中で突然3人の青年に呼び止められたのは彼の予想外だった。

「おっ!ワン・イーじゃねえか。 今日の授業さぼったのか?」 長い髪を頬になびかせた若い青年が言った。

青年の身長は約180センチくらいで、骨太で容姿端麗なのだが、全身からヤクザのオーラが漂っていて、しかも時々かっこつけているようにふ~って息を前髪に吹き掛けていた。

他の2人の青年については、シャツのボタンを2、3個しか留めておらず、胸の肌には小さな刺青がかすかに見え、シャツの裾はズボンのポケットに半分入り、半分は露出しているなど、とりわけ特別といえるほどの特徴はなかった。

らかに悪意を持ってやってきたこの3人を見て、ワン・イーは眉をひそめたーー彼は本当にこの3人が誰なのか思い出せなかった。「お前らは誰だ、 俺になんか用?」

「はー?」長い髪の男が、はっきりとしたキザな不満が聞こえてくるような声で叫んだ。 「てめえ何言ってんだ?あー? このクン様も知らねえとか 馬鹿にしてんのかごら゛ぁ゛! 頭をロバにでも蹴られて馬鹿になってんのか?ほらなんか言ってみろ」

クンって? チェン・シャウクン?

クンという肩書きを耳にすると、ワン・イーは目を輝かせて頭の中にある名前を浮かべ、昔の記憶も少しだけ蘇った。そうだ、チェン・シャウクンだ、この男はチェン・シャウクンと呼ばれていたのだ。

アプリでボーナスを受け取る

開く