back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
替え玉の花嫁ー私たちの思い出を作る

替え玉の花嫁ー私たちの思い出を作る

貞広 基

5.0
コメント
318
クリック
685

借金を返すために、彼女は花嫁のかわりに誰でも畏怖する悪魔と結婚した。追い込まれた彼女に選択の余地がなかった。 彼女の甘い誘惑に溺た彼は、次第に自分の欲望に屈服していった。 気付いたら彼はもはや彼女を手放したくなかった。 この後の物語は、果たしてどうなるのだろうか?

第1章彼女は単なる替え玉だった (パート1)

ある秋の夜、夜空には月を覆いそうなほどの雲が広がっていた。

今夜は、市内で最も豪華な6つ星ホテルであるハイアットホテルの繁忙期だった。

世界的に有名なビジネスマンであるブライアン・レンが、今夜のためにホテルを丸ごと予約したのだ。

黒のスーツに身を包んだブライアン・レンは、豪華な部屋の片隅に座り、細くて長い指の間にタバコを挟んでいた。 燃えるタバコから立ち上る煙が、彼の周りに不思議なオーラを醸し出していた。

「レン様、 今日は楽しい時間を過ごせましたが、 もうこんな時間になりました」と隣の色黒の男が大声で言った 眉毛が太く、目が大きい典型的な容姿だった。

「レン様、 チンさんは男遊びが激しい女で、

男性の間でもとても有名な尻軽女だと聞いていますが、

その女と結婚したら、大損したじゃないですか」 誰かがそう付け加えた。

彼らのように、ほとんどの人が二人の結婚を疑っていた。

しかし、ブライアン本人があの女と結婚する気でいるのだから、他の人は噂話を口にしただけで、直接反対する勇気がない。

ブライアンは落ち着いてドリンクを一口飲んだ。

「クレイトン・チンは俺に莫大な金額を借りている。

大事な娘を嫁に出すことだけで借金を返すことにならない」とブライアン・レンは淡々と語った。

「レン様、 クレイトン・チンが娘を嫁がせることで時間を稼いでいるということですか? ばかばかしい!クレイトンは自分の娘をたくさんのお金に引き換えると思っているのか」 ブライアン・レンの右腕であるジェイミー・リンがそう言った。

ブラ

イアン・レンは、相変わらずの冷たい表情をしていた。

煙草を吸いながら、「クレイトン・チンを注意深く見張っていてくれ。

奴の人生を生き地獄にしてやる!」と言った。

「レン様、 今夜は奥さんの人生も生き地獄にするつもりですか?」 こう質問をした人は、いたずらっぽく笑っていた。 「または...... 何か特別なものがあるのでしょうか?」 チン家の愛娘の話は聞いたことはあったが、会う機会はなかった。

実際、彼女を見たことがある人はほとんどいなかった。

「レン様、 奥様はとてもきれいな人で、スタイルも抜群らしいですよ。 男たちは自然に彼女に惹かれて、 彼女は誰からも好かれるようなオーラを持っているそうです」

ソファを囲んだ男性陣も積極的に会話に参加し、まだ現れていない花嫁の話をしていた。

しかし、ブライアン・レンの右側に立っていた女性は、苦い表情を浮かべていた。

彼女は、彼らが話していた女を明らかに嫌っていた。

「十分よ!」 もう我慢できなくなり、彼女はこう言った。

「ああ! アンナさんが怒ってしまった」 ブライアン・レンをずっと追いかけてきたアンナが、彼のことを心の中で特別に思っていることは、勘の鋭い人たちには一目瞭然だった。

もちろん、二人の関係は珍しいものであったが、親密な関係ではなかった。

彼女は最後までも、ブライアンと正式に結婚して妻になることができなかった。 妻という身分をアーリーン・チンという女に奪われてしまったのだ。 アンナにとって、アーリーンはブライアンに相応しくないとさえ思っていた。

おすすめ
コメント
本をダウンロード