icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第3章目覚め (Part
Three)
文字数:1112    |    更新日時:30/07/2022

生まれ変わっただろうが何だろうが、目の前にあるものが幻ではないのだから、一番大事なのは自分が生きていることだ。

今もこれからも当然、生きることが一番大切なのだ。

生きるために必死になったこの20年間は、すでにワン・イーの心を鉄と鋼のように鍛え上げていた。そして彼はすぐに心を落ち着かせ、頭の中の記憶を整理し、再び時計に目をやると、今は2018年9月19日の午前9時22分で、終末の時の27日前、つまり自分に残された時間は1ヶ月弱しかないのだ。

あと1ヶ月もしないうちに、地球は壊滅的な災害を迎え、すべての文明、すべての技術が壊滅し、そして人間は、この災害劇で最も悲惨な登場人物となるのだ。

ワン・イーの脳は急速に回転し始め、20年分の記憶が花火のように飛び出し、頭の中で何かを計算し続け、わずか2分で頭の中に仮計画が出来上がった。

「こら!手を放しなさい!」

思考が引き戻されたとき、ワン・イーはシュエ・ジョンの手が血流不足で色が変わっているのを見て、淡々と手を離し、やはり何も言わずに突然振り向いて教室のドアに向かって歩いていった。

シュエ・ジョンは痛々しい傷のついた手首をさすりながら、教室から出て行こうとするワン・イーを、脳がショートしたような呆然とした表情で見ていた。 彼女は教師になってまだ日が浅いが、学校で過ごした時間も加えてみると、この20有余年間、学生時代でも、教師になってからの2年間でも、このようなこと、このような生徒に出会ったことはなかった。

しかし、すぐに我に返った彼女は、教室のドアに駆け寄り、すでに教室を出ていたワン・イーに向かって「こら!そこで止まれ!ワン・イー、何をしているんだ!退学処分になってもいいの?」 と叫んだ。

「退学?」· ワン・イーは立ち止まって振り返り、シュエ・ジョンにかすかな視線を送ると、口角を曲げて何とも言えない笑みを浮かべた。「退学でもなんでも勝手にしろ!」

するとシュエ・ジョンの心に突然の衝撃が走った。しかしそれはワン・イーの言葉によるものではなく、そのかすかな視線のせいだった。

その視線には、冷たさと滄桑を閲したような複雑な感情と、さらには深い憐憫の情が込められていた。

一体何が起こったのか? 大学生の目にどうしてそんな表情が出てくるのか、その哀れみの眼差しは何なのか?

女性、特に美しい女性は、終末を迎えた世界では特に悲惨な目に遭っていた。

この時、シュエ・ジョンはこの視線に込められていた哀れみが理解できず、彼女が正気に戻った時には、ワン・イーの姿はすでに廊下の角を曲がったところに消えていて、忘れられない後ろ姿だけが彼女の心に残っていた。

世界の終わりが本格的にやってくるまで、まだわずかの27日しかなかった。

アプリでボーナスを受け取る

開く