Login to 蒼海本棚
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 閲覧履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
春待青は春を待っている

春待青は春を待っている

綾坂キョウ

5.0
コメント
270
クリック
36

僕の幼馴染みである春待青は、ちょっとおかしい。美少女だけど、他人の名前は覚えないし空気は読めないし、あとなんか手から氷を出したりする。笑いとシリアス、あやかしてんこ盛りのドタバタラブコメディー!

チャプター 1 1-1春待青という女

ふわりと、甘い香りがする。

 軽く波打つ長い黒髪は、さらりと揺れる度に天使の輪を輝かせ、肌は透き通るほどに白い。

 猫のような大きな黒い目は、角度によって藍色に輝き、まるで硝子玉で作った玩具の宝石のようだ。

「わたし、恋がしたいのです」

 まるで鈴が鳴るような軽やかさで、彼女はそう言った。

 絶世の美少女――彼女のことを、僕は幼い頃から知っていた。喋ったことも、遊んだこともあるし、なんなら彼女のちょっとした秘密だって知っている。いわば、幼馴染みという存在だ。

 だからこそ、彼女がそんなことを言い出したとき、僕は正直、嫌な予感しかしなかった。

「ねぇ、ミナミ」

 甘ったれた声で、彼女が僕の名前を呼ぶ。それを聞いた僕の中で、警報音が鳴り響く。

 例えば、僕が大事にとっておいた好物の唐揚げの、それも最後の一個を、気軽にねだってきたときのような。大寒波が押し寄せてきた寒い冬、なけなしの防寒具であった手袋とマフラーを意味もなく奪っていったときのような。

 そんな、しょうもなく致命的なワガママを言うときの声音だと、僕の経験が告げてくる。

 ひんやりと冷たい彼女の手が、僕の手を握る。固まる僕に、彼女はにっこりと文句なしの笑みを見せた。まるで天使のようだが、彼女の正体なら僕はよく知っている。

 彼女がまた一歩、距離を詰めてくる。濃くなる甘いミルクのような香りに、気持ちを一瞬持っていかれそうになる。

 少女――春待 青(はるまち あお)は、つまりはこういう女なのだ。

 悪戯っぽい、猫のような目が、僕を真っ正面から射る。不覚にもドキリとしてしまったことを、僕は早々に後悔した。

 彼女が言う。鈴のように軽やかに。あるいは、硝子玉のように、軽率に。

「わたしに、恋をさせてください」

続きを見る

おすすめ

すぐ読みます
本をダウンロード