back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
先生の女
5.0
コメント
1.6K
クリック
384

恋人の浮気が発覚し、取り乱したエマは、バーで見知らぬセクシーな男性と一夜限りの関係を持った。しかし、その見知らぬ男は学校の新任美術教師だとは。ヘイズ先生の独占的な監視下で、エマはこの学校生活を乗り切れるのか?そして、彼らの短い出来事のような出会いは、すべてを賭けるに値するものだったのか?このような暗い場所で、愛は本当に育つのでしょうか?『先生の女』でその答えを見つけましょう。 *注意:大人向けの内容が含まれているので、未成年者禁止。

第1章誕生日おめでとう (パート1)

エマの視点から:

「お誕生日おめでとう! クラブへようこそ! 」

リビングからはティファニーの声が聞こえた途端に、 玄関のドアが開き、親友2人が飛び込んできた。

「お誕生日おめでとう、エマ!」 キャリーは、1本のキャンドルが立っているレッドベルベットカップケーキを手にして、大きな歓声をあげた。

「願い事して!」 ティファニーに言われた通りにした。

目を閉じて、願い事をした。

「今夜は特別な夜になりそう」と心の中でつぶやいた。

私が目を開けてキャンドルを吹き消すと、親友2人が拍手をして嬉しそうに叫んだ。

「ちょっとうるさすぎない?」 「まだ朝の10時よ」と片耳を手で隠しながら言った。 幸いにも、両親はすでに仕事に出ており、そうでなければ彼らも何か言ってくるだろう。

「それに薄着しすぎない?」 「朝の10時よ」 今夜までにやらなければならないことがたくさんあるから、もう行かないと」とティファニーが答えた。

ティファニーは的を得ていて、 今日はエモリー大学に通う彼氏のザックを訪ねるために、オックスフォードまで車で行くのだが、私はまだパジャマを着てソファに座っていたことを言っているのだ。

私は両親に誕生日に「パーティーはいらないから、代わりに車を買ってほしい」と言ったから、 昨日、父が私の誕生日プレゼントとして、このゴージャスなブルーの2010年型フォード・マスタングのコンバーチブルを持ち帰ってきた。

そこで昨夜、親友たちが、ザックに会うために、今日のドライブを即座に提案してくれたのだ。 ザックは、エモリー大学

の1年生になったばかりで、 付き合ってもうすぐ1年になり、私は彼が大好きなのだ。

最初に付き合ったのは、私が高校2年生、彼が高校4年生の時で、 ブロンドの髪に華やかなブルーの目、パトリック・シュワルツェネッガーによく似ており、 私は1年生の時からずっと彼に夢中で、 思いがけず、彼が私のような人間に気付いてくれた。

ハウスパーティーで私たちは出会い、 ティファニーは当時、このジョックのロブと付き合っていた。 ザックは、自宅でのちょっとした集いに私たちを誘ってくれたのだが、 結局樽ビールや強いお酒があるパーティーとなった。

その夜、ザックと私は話し始め、そして私たちの物語は始まり、 彼は私の初恋の人であり、初の彼氏であり、ファーストキスの相手だった。 私たちはまだ体の関係はまだなく、 何度か誘われたことはあったが、なかなかその気になれなかった。

しかし、夏の初めに彼が大学のために引っ越して以来、何週間も会っていなかったので、とても寂しかった。 彼の笑顔、彼の感触、そして彼のキスが恋しくて、 今まで準備ができていないと思っていたけど、今は心の準備ができている。

会えない時間が2人の距離を縮めるというのは本当だと思う。

ザックの新入生オリエンテーションは、私の誕生日と同じ日だったので、車で会いに行くことができなかったが、 新しい車と2人の親友がサポートしてくれるから、問題はないだろう。

「さあ、準備して、急いで!」と、エマは手を叩いて、私に気付かせてくれた。

「わかった、着替えてくるよ」と私は飛び上がり、自分の部屋に向かった。

おすすめ
コメント
本をダウンロード