icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第4章武器精錬の法 其の弐
文字数:3149    |    更新日時:20/02/2021

最後に自分の頭皮を突き破って、脳に潜り込んだのは金箔の一かけらのはずが、 なぜかゼンはまるで大きな鉄のハンマーで殴られたかのように感じた。 そして金箔のすべてのかけらが結合して閃光を放つと、その全身が激しく揺れた。

金色の光は徐々に消えていき、やがて小さな金の破片はゼンの体に浸透し、 自分のものでは無いいくつかの記憶が空虚から浮かび上がった。

「太上老君より伝わりし武器精錬法…」

「それは古来より最強の武器精錬の法であり…」

「己が肉体を器とし、 己が魂を霊鉄として鍛え、千磨百錬を経て、身を清め、やがて絶世の力を手にするであろう…」

「これは武器精錬の法が記された秘伝なのか?」

ゼンは武器を精錬する方法を知らなかったが、武器精錬師がやりがいのある仕事であることは、明確に理解していた。 ルオ家ほどの財力を持ってしても、最低レベルの武器精錬師を雇うことさえできなかった 事実から見ると、武器精錬師がどれほど有難い人材なのかが一目瞭然である。

しかし、肉体を器として使うとは どういう意味だろう?

この精錬法は、己の肉体ごと武器に精錬するって意味なのか?

その考えがゼンの頭に浮かんだ途端、信じられないようなことが起こった。

突然、体温が急激に上昇し始め、 まずは熱く、次に冷たく、そして再び熱くなり、それに驚いたゼンは息を深く吸い込んだ。

なんて熱いんだ! まるで身体が内側から燃えているように感じ、 だめだ!もう耐えられない!

我慢ならなくなった彼は、地下室の端にある貯水槽に走り、 そこには、日常生活で使う水が置いてあった。

そして水を見ると、何も考えずにその中に飛び込んだ。

水槽の奥深くに沈みながら彼は目を閉じ、 すると、周りの水がふつふつとし始めた。

水がブクブクと泡立つと、水槽が揺れ始め、 そこから蒸気がもうもうと噴出した。 もともと身体を冷やすつもりが、逆に水槽の水はすべて蒸発させて、 地下室を霧でいっぱいにさせてしまった。

それでもまだ 上昇し続ける体温に 耐えきれないゼンが空になった水槽の底でのたうち回っていると、 ゆっくりと皮膚にひびが入り、真っ赤な鉄片のような暗赤色の光が突き抜けていった。

霧に包まれた水槽の底で彼は苦しみ、手足をバタつかせていた。

身体だけでなく、精神まで信じられないほどの変化を遂げていた。

突然、9つの竜の彫り細工が付いた巨大な黒いかまどがその頭に浮かんだ。

竜は青緑、黒、白、紫など、すべて違う色で塗られており、 どれも鋭い牙と爪をむき出しにしていた。

そのうちの8頭は目を閉じていたが、一番下の竜は目を開けて禅を見据えていた。

あれは数千万年、あるいは数億年生き残った経験と知恵を反映したさとい目だった。 「ガク、ガク、ガク、ガク…」

竜から発せられる力を感じ、

ゼンの魂は竜の激しい視線の下で震えた。 しばらくすると、自分の魂が大きく二つに裂けるような感覚を覚え、

粉々に崩壊しそうになったその瞬間、竜の囁きが聞こえ、 巨大なかまどが回転して内側に炎が燃え上がった。

あれは巨大な、黒い炎だった。

ゼンはこれまでこのようなものを見たことがなかった。 暗く静かな地下室で激しくちらついた炎は、 世界のすべてを燃やし尽くす勢いだった!

そして、その巨大なかまどが禅を覆い、その直後、火柱が自分の魂を包み込むのを感じ、 瞬時の出来事なので、驚く間もなかった。

その魂の燃えるような痛みに耐えることができるのは、強靭な精神の持ち主だけで、 凡人なら誰でも炎に呑まれていただろう。 しかし霊体になっていたゼンは、この耐え難い痛みに意識を失うことも許されず、 ただ歯を食いしばって、早く終わることを願うことしかできなかった。

「ああああああ、いっそのこと死なせてくれ!」

すでに限界に達していた彼は、苦しみの中で叫んだ。 何せ生きたまま焼かれるような痛みを感じ続けるより、死を受け入れる方がずっとましだったからだ。

しかし彼にとって、死も贅沢なことだった。 この状態では、動くことさえままならず、舌を噛み切って自殺することすらできないのだ。

彼の魂が、これ以上痛みに耐え切れず壊れそうになるとすぐに、かまどはゼンの魂を癒すための色とりどりな輝きを放った。

燃やされ、砕かれ、癒され、そしてまた、燃やされ、砕かれ、癒されの連続が、何度も何度も続いた。

まるでこの地獄が永遠に繰り返されてしまうような感じだった。

どれほどの時間が過ぎたか、この魂をも削られるような痛みが ついに止まった。

その時、大きなため息をつき、この安らぎの一時を多いに感動したゼンは、 自分の魂が金色の光を発していることに気がついた。

長い時間の果てに、ゼンはようやくゆっくりと落ち着いた。

意識の中の巨大なかまどは回転を止めていたが、内側の黒い炎は未だ燃え続けていたが、 それは制御されている、穏やかな炎だった。

ゼンは、自分の魂と身体がそのかまどで精錬されていることをすでに理解していた。

この何でもありな世界でこんなことがあってもおかしくはなかった。 武器精錬師の中でも、あらゆる種類の奇妙な方法を使って武器を精錬する者もいるという。 一部の精錬師は、精錬に使う人間の血を集めるために無数の殺人を犯し、 さらに凶悪な者は、人間の魂を盗んで武器に命を吹き込み、邪悪なる武器まで作ったらしい。

しかしまさか、人体を丸ごと武器に精錬するというこの本が行った武器精錬法 のような狂気じみた方法を、聞いたことも無かった。 ゼンはこれまで聞いたことも無かった。

災い転じて福となす。そして、その逆もあり得る。 すっかり自分を取り戻した後、自分に起こったことは悪いことではなかったかもしれないと思えるようになっていた。

この世にあるすべての精錬武器は、 玄器、霊器、仙器、聖器、神器と鴻濛霊宝という、六つの煉級に分けられていて、 各グレードには、さらに上級、中級、下級という 三つの等級があるのだ。

精錬武器となったばかりのゼンの体はまだ 下級の玄器に過ぎないが、最低レベルであったにもかかわらず、その身体にはすでに力がみなぎっていた。

自分が精錬武器だという考えを不思議に思い、 ゼンは苦笑した。

地下室の唯一の通気口から外を見ると、もう空が白んでいた。 時間の感覚を失っていた彼は、昨晩からの出来事について行くのにも必死だった。

一睡もできなかった上に、奇妙で悲惨な経験をしたにもかかわらず、なぜか疲れは全く覚えず、 むしろ、精神は安らぎ、高揚さえ感じていた。

ゼンは今一度落ち着きを取り戻すために大きく深呼吸すると、 前夜感じていたやり場のない鬱々とした不安は、きれいに消え去っていた。 やはり、あの本の教えは正しかった。一口水を飲み、一口食事を食べるだけのような小さなことでさえ 事前に決定されていたとはいえ、 自分の運命は自分しか決められないから、たとえ運命に阻まれても、我々は精神を安定させてから初めて、あらゆる困難に対処することができるのだ。

燃やされた本の灰を注意深く掃除し、貯水槽を元あった場所に戻した後、沈黙の中に地下室のドアの鍵が解除される音を聞いて ゼンは眉をひそめた。 「またサンドバッグとしての一日が始まっちゃった」

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章仇を恩で報いる 其の壱2 第2章仇を恩で報いる 其の弐3 第3章第3章 武器精錬の法 其の壱4 第4章武器精錬の法 其の弐5 第5章驚異的な身体 其の壱6 第6章驚異的な身体 其の弐7 第7章第7章 執事を叩きのめす 其の壱8 第8章執事を叩きのめす 其の弐9 第9章第9章 危機 其の壱10 第10章危機 其の弐11 第11章奮闘 其の壱12 第12章奮闘 其の弐13 第13章ルオ家武道会 其の壱14 第14章ルオ家武道会 其の弐15 第15章致命的な強打 其の壱16 第16章致命的な打撃 其の弐17 第17章Capítulo臓器精製レベル(パート1)18 第18章Capítulo臓器精製レベル(パート2)19 第19章CapítuloEvilWeaponRefiner(パート1)20 第20章CapítuloEvilWeaponRefiner(パート2)21 第21章Capítulo火で体を精製する(パート1)22 第22章Capítulo火で体を精製する(パート2)23 第23章Capítulo火で体を精製する(パート3)24 第24章Capítulo黒い炎とドラゴンの鱗25 第25章CapítuloFreedom(パート1)26 第26章CapítuloFreedom(パート2)27 第27章CapítuloFreedom(パート3)28 第28章Capítulo帝国の首都(パート1)29 第29章Capítulo帝国の首都(パート2)30 第30章Capítulo挑発(パート1)31 第31章Capítulo挑発(パート2)32 第32章Capítulo初期試験(パート1)33 第33章Capítulo初期試験(パート2)34 第34章Capítulo目に見えない圧力(パート1)35 第35章Capítulo目に見えない圧力(パート2)36 第36章Capítulo初期試験に合格(パート1)37 第37章Capítulo初期試験に合格(パート2)38 第38章Capítulo私は非常に単純な考えを持っています。 (パート1)39 第39章Capítulo私は非常に単純な考えを持っています。 (パート2)40 第40章Capítuloショック(パート1)41 第41章Capítuloショック(パート2)42 第42章Capítulo長寿ピル43 第43章CapítuloZen’s Anger(パート1)44 第44章CapítuloZen’s Anger(パート2)45 第45章Capítulo私はそれを受け入れることを拒否します(パート1)46 第46章Capítulo私はそれを受け入れることを拒否します(パート2)47 第47章CapítuloYanLuo48 第48章Capítuloブラディマウンテン(パート1)49 第49章Capítuloブラディマウンテン(パート2)50 第50章CapítuloRyanFang(パート1)51 第51章CapítuloRyanFang(パート2)52 第52章Capítulo愚か者を調剤する最良の方法(パート1)53 第53章Capítulo愚か者を調剤する最良の方法(パート2)54 第54章Capítuloトップ7の高貴な氏族55 第55章Capítuloは戦わざるを得ない(パート1)56 第56章Capítuloは戦わざるを得ない(パート2)57 第57章Capítuloファイトトゥースアンドネイル(パート1)58 第58章Capítuloファイトトゥースアンドネイル(パート2)59 第59章CapítuloOgre(パート1)60 第60章CapítuloOgre(パート2)61 第61章Capítuloフライングナイフの使用(パート1)62 第62章Capítuloフライングナイフの使用(パート2)63 第63章Capítulo苦痛の感覚64 第64章Capítuloフライングナイフを回復する(パート1)65 第65章Capítuloフライングナイフを回復する(パート2)66 第66章Capítulo精製方法の選択(パート1)67 第67章Capítulo精製方法の選択(パート2)68 第68章CapítuloTier5栽培方法(パート1)69 第69章CapítuloTier5栽培方法(パート2)70 第70章CapítuloHellMountain(パート1)71 第71章Capítuloヘルマウンテン(パート2)72 第72章Capítuloエンドレストラブル73 第73章Capítuloチャレンジ74 第74章Capítulo完全に自分を忘れている状態(パート1)75 第75章Capítulo完全に自分を忘れている状態(パート2)76 第76章Capítulo猫とネズミのゲーム(パート1)77 第77章Capítulo猫とネズミのゲーム(パート2)78 第78章Capítuloが骨髄精製レベルに到達79 第79章Capítulo落ち着いて(パート1)80 第80章Capítulo落ち着いて(パート2)81 第81章Capítulo落ち着いて(パート3)82 第82章Capítuloコールドハードファクト83 第83章Capítulo怒っているマスターSu(パート1)84 第84章Capítulo怒っているマスターSu(パート2)85 第85章CapítuloBluesky駐車場(パート1)86 第86章CapítuloBluesky駐車場(パート2)87 第87章Capítulo空での突然の攻撃(パート1)88 第88章Capítulo空での突然の攻撃(パート2)89 第89章Capítuloレスキュー(パート1)90 第90章Capítuloレスキュー(パート2)91 第91章Capítulo予期せぬ挑戦92 第92章CapítuloDisgracedHimself(パート1)93 第93章CapítuloDisgracedHimself(パート2)94 第94章Capítuloが危機に瀕している95 第95章Capítuloクリスタルコアの豊富な収穫(パート1)96 第96章Capítuloクリスタルコアの豊富な収穫(パート2)97 第97章Capítulo悲劇的な窮状(パート1)98 第98章Capítulo悲劇的な窮状(パート2)99 第99章Capítulo溶岩湖の巨大な獣100 第100章Capítuloスピリチュアルウェポンへの変換(パート1)