icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第10章危機 其の弐
文字数:3473    |    更新日時:20/02/2021

叔父たちは、この2年間、ゼンのことを野放しにしていた。 それは彼らが慈悲深いからではなく、 単に彼らがゼンを脅威と見なしていなかったからだ。 ゼンをサンドバッグにしておくことで、彼の鍛錬と成長を妨げることから満足感も得られ、 あわよくば、殴られているうちに拳の力が弱まり、更に時間が経てば死に至ることもあるだろうと思っていた。 それこそが、彼らがずっとゼンをルオ家で飼殺しにしていた理由。

ゼンは、もし少しでも叔父たちに逆らったなら、彼らは躊躇なく自分を殺す、ということをよく知っていた。

「しかしありがとよ!グレイのやつに一矢報いて俺たちの恨みも晴らしてくれて。 ったく、あの傍若無人っぷりもよ、日に日に増長する一方でさ、 俺たちも、前からあいつが気に食わなかったんだよな」 そう言いながらメルビンは意味ありげな笑顔を浮かべた。

ルオ家の次男と三男の分家以外のすべての子供たちは、グレイのような悪党に立ち向かったゼンを密かに賞賛していた。

武道館に居た他の子供たちは公然と感謝を述べてこそいなかったものの、皆メルビンと同じ考えだった。

ルオ家のお家騒動からというもの、ルオ家には暗黒の時代が続いていた。 2つの分家の振る舞いは、悪としか例えようのないもので、 遠縁の一族に対する月々の手当は大幅に減額され、 練習や精錬のための薬の量さえも減らされていた。 さらに、次男と三男にコネがある使用人たちもつけあがり、ルオ家の氏族に対しても傲慢になった。

価値のある物はほとんどすべて、ペリンとアンドリューに与えられた。 これでは、他のルオ家の子供たちが不当に扱われていると感じても仕方がない。

今となっては誰もがゼンの父が一族の長であった時代を懐かしんでいた。 当時、ルオ家のルールは非常に厳格であったが、 少なくとも公平ではった。 その頃のルオ家には陰謀も渦巻いておらず、誰もが秩序を守り、平和に生活していて、 もちろん使用人たちも、従順であった。

しかしそんなゼンの父親が築き上げた太平の世も、お家騒動の後にルオ家を統治した分家によって壊されてしまった。

ルオ家の子供たちは皆、破門にされることを恐れ、 そのような懐旧の念を抱いていても、誰も心のうちは明かさなかった。 また、不満を垂れることも、ルオ家の規則で罰せられる対象になるので、些細な事でも軽々しく口にすることは出来なかった。

この2年間で、日に日に衰退していくルオ家の有様を見て、 ゼンはとある計画を 立てていた。

その計画とはーー

自己を精錬して力を伸ばし、機会を見計らってルオ家に害をなす「ガン細胞」を取り除くことだった。

グレイは頭を包帯でぐるぐる巻きにして、ルオ族の三男の壮大な邸宅の前に立っていた。 深手を負ったせいで、包帯からは鼻、目、口しか見えなかった。

そして彼は突然ドサッとひざまずき、 そして低い唸り声を上げ、「アンドリュー様、どうかこの哀れな老人の敵をお取りください!」と叫んだ。

椅子の背もたれに寄りかかりながら、グレイの哀れな叫びを聞いていた青緑色の服に身を包んだ青年は他でもない、 ルオ家の第二継承者であるアンドリューだった。 そのイケメンの外見の下に、非常に傲慢で自尊心の強い心を秘めていた。

「お前は手前の食事の世話をさせるためにゼンを召使として所望した、と聞いている」 アンドリューは頭を傾けて、鼻で笑った。

「アンドリュー様、それは真実ではございません」 と、グレイは偽りのすすり泣きで否定した。

しかしアンドリューはその釈明に耳を貸さなかった。 代わりに、彼は馬鹿にしたように笑いながら言った。「家族が不義不道働いたせいで奴隷の地位に降格されたとはいえ、ゼンはルオ家の血を引き継ぐものに変わりないのだ。 かつてルオ家の若様であった彼を下僕にすることは、 決して許されない、たとえ仕える主がこの俺だとしてもだ! それをよそ者でしかないお前がおめおめとそのような妄言を言い出すとは 愚かにもほどがある! お前は殴られて当然のことをしたのだ」

グレイは恭しく叩頭の礼をし、なおも言い訳や御託を並べ続けた。 「アンドリュー様、過ちを犯したことは認めますが、しかし私めは犬でもアンドリュー様の犬でございます。どうか犬の敵をと思って、やつを懲らしめてくださいませ!」 と、なおもウソ泣きをしながら、言い訳や御託を並べ続けた。

ほどなくして、もう一人の中年女性が駆け寄ってきて、 グレイの隣に静かにひざまずいた。

それはグレイの妻だった。 彼女は、アンドリューが幼少のみぎりに実母を亡くして以来、乳母としてずっとその側に仕えていたので、 アンドリューとは手てもいい関係を保っていて、 他所から見ればその親密さは、実の母子さながらだった。

「おばさん、ひざまずく必要はありません。 どうか立ってください。 グレイ、お前も立っていいぞ!」 アンドリューは手を振り、二人に立ち上がるよう合図をしながら言った。

「アンドリュー様、ご決断なされましたか?」 グレイの声はいくらか昂っていた。

アンドリューは椅子から立ち上がり、何歩か近付いて来て言った。「ペリンお兄様は、ゼンを殺さなかったのは、彼に俺たちの家族が栄耀栄華を極めるところを見せつけるためだと言っていたが、 俺はそうは思わない。 今ペリンお兄様は青雲宗に向けて出発する準備を進めている。この隙に俺がゼンを処分して差し上げようと思う」

それだけ聞くと、グレイはアンドリューがやろうとしていることを理解し、 満足してニヤリと口の周りの包帯を緩めながら、 「アンドリュー様、感謝いたします!」と叫んだ。

「しかし、これを片付けるには少し時間が必要だ」と、アンドリューは額に手を置いて言い、 グレイに目を向けて続けた。「俺は最後の魔法薬を飲んだばかりなのだ。 丸薬を服用した後は練習が不可欠でな、 何しろそれが魔法薬が俺の身体を洗練してきれいにすることができる唯一の方法なのだ。 家族練習の日に復讐を決行してはどうだろう? その日の死闘試合で、俺は対戦相手にゼンを選ぶ。 そうすれば、俺はこの手で正々堂々とあいつを始末することができる」

家臣をコケにしたゼンに復讐を誓ったアンドリューの顔には、意地の悪い笑顔が広がった。

家族練習はルオ家にとって重要な催し物である。その日、すべての子供たちの腕前がルオ族の長老たちによって審査されるのだ。

同時に、家族練習の日は奴隷にとってもまた重要な機会だった。

奴隷が家族練習の日に催される死闘試合を生き抜いた場合、彼らは晴れて奴隷から解放され、自由の身になれるのだ。死闘試合とは、完全決着を目的とする、凄惨な流血戦である。

人間サンドバッグの彼らでさえ、自由を望む権利がある。 ルオ家が彼らに自由を取り戻す機会を提供しなければ、奴隷は永遠に続く絶望の下でもろくも崩れてしまうだろう。 武道館での毎日の殴打を生き抜く理由が無くなってしまうからだ。

この制度を取り入れたことにより、奴隷たちはわずかながら希望を持つことができた。 彼らは来る日も来る日も、苦しみしかない単調な日々を送っている。だが、ひどい殴打にもかかわらず生きることを望んでいた。それは、家族練習の日が来れば、自由を手にする可能性があったからだ。

しかし、死闘試合は決して公平なものではなかった。 奴隷は毎日殴打されていたため、皆さまざまな怪我や病気に苦しんでいて、 ルオ家の健康でよく訓練された精鋭の子供たちに襲われれば、ひとたまりもなかった。

現に、毎年多くの奴隷が家族練習の日に命を落としている。 そうしている間にも、ルオ家の子供たちの腕前は審査されており、その努力と実力は、はさまざまな賞品で報われる。 したがって、ルオ家の子供たちも皆、全力で試合に勝ちに来るのだ。

「アンドリュー様、 何というご妙案。 あのガキをあと1ヶ月だけ生きさせてやろうではありませんか!」 グレイはアンドリューの前で、さらに数回叩頭の礼をしてすぐに立ちあがった。 重なった薬用ガーゼの下で、その目は激しい憎しみで光っていた。

アンドリューが去った後、中年女性はグレイに懇願し始めた。 「ゼンは悲運な青年です。 なぜあなたは彼を死に追いやらなければ気が済まないのですか? 確かにあなたを殴ったことは間違っていたけれど、 少し罰を与えれば、それで十分ではないでしょうか? 殺してしまう必要はありません」

グレイは妻の話を聞くと鼻を鳴らした。 そして彼女を睨みつけ、「女ごときの分際で! いったいお前に何が分かると言うのじゃ」

その夫の叱責で中年女性は委縮し、 言い返そうかと思ったが、何を言えば良いのか分からず、 ただそのまま閉口して、頭を垂れた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章仇を恩で報いる 其の壱2 第2章仇を恩で報いる 其の弐3 第3章第3章 武器精錬の法 其の壱4 第4章武器精錬の法 其の弐5 第5章驚異的な身体 其の壱6 第6章驚異的な身体 其の弐7 第7章第7章 執事を叩きのめす 其の壱8 第8章執事を叩きのめす 其の弐9 第9章第9章 危機 其の壱10 第10章危機 其の弐11 第11章奮闘 其の壱12 第12章奮闘 其の弐13 第13章ルオ家武道会 其の壱14 第14章ルオ家武道会 其の弐15 第15章致命的な強打 其の壱16 第16章致命的な打撃 其の弐17 第17章Capítulo臓器精製レベル(パート1)18 第18章Capítulo臓器精製レベル(パート2)19 第19章CapítuloEvilWeaponRefiner(パート1)20 第20章CapítuloEvilWeaponRefiner(パート2)21 第21章Capítulo火で体を精製する(パート1)22 第22章Capítulo火で体を精製する(パート2)23 第23章Capítulo火で体を精製する(パート3)24 第24章Capítulo黒い炎とドラゴンの鱗25 第25章CapítuloFreedom(パート1)26 第26章CapítuloFreedom(パート2)27 第27章CapítuloFreedom(パート3)28 第28章Capítulo帝国の首都(パート1)29 第29章Capítulo帝国の首都(パート2)30 第30章Capítulo挑発(パート1)31 第31章Capítulo挑発(パート2)32 第32章Capítulo初期試験(パート1)33 第33章Capítulo初期試験(パート2)34 第34章Capítulo目に見えない圧力(パート1)35 第35章Capítulo目に見えない圧力(パート2)36 第36章Capítulo初期試験に合格(パート1)37 第37章Capítulo初期試験に合格(パート2)38 第38章Capítulo私は非常に単純な考えを持っています。 (パート1)39 第39章Capítulo私は非常に単純な考えを持っています。 (パート2)40 第40章Capítuloショック(パート1)41 第41章Capítuloショック(パート2)42 第42章Capítulo長寿ピル43 第43章CapítuloZen’s Anger(パート1)44 第44章CapítuloZen’s Anger(パート2)45 第45章Capítulo私はそれを受け入れることを拒否します(パート1)46 第46章Capítulo私はそれを受け入れることを拒否します(パート2)47 第47章CapítuloYanLuo48 第48章Capítuloブラディマウンテン(パート1)49 第49章Capítuloブラディマウンテン(パート2)50 第50章CapítuloRyanFang(パート1)51 第51章CapítuloRyanFang(パート2)52 第52章Capítulo愚か者を調剤する最良の方法(パート1)53 第53章Capítulo愚か者を調剤する最良の方法(パート2)54 第54章Capítuloトップ7の高貴な氏族55 第55章Capítuloは戦わざるを得ない(パート1)56 第56章Capítuloは戦わざるを得ない(パート2)57 第57章Capítuloファイトトゥースアンドネイル(パート1)58 第58章Capítuloファイトトゥースアンドネイル(パート2)59 第59章CapítuloOgre(パート1)60 第60章CapítuloOgre(パート2)61 第61章Capítuloフライングナイフの使用(パート1)62 第62章Capítuloフライングナイフの使用(パート2)63 第63章Capítulo苦痛の感覚64 第64章Capítuloフライングナイフを回復する(パート1)65 第65章Capítuloフライングナイフを回復する(パート2)66 第66章Capítulo精製方法の選択(パート1)67 第67章Capítulo精製方法の選択(パート2)68 第68章CapítuloTier5栽培方法(パート1)69 第69章CapítuloTier5栽培方法(パート2)70 第70章CapítuloHellMountain(パート1)71 第71章Capítuloヘルマウンテン(パート2)72 第72章Capítuloエンドレストラブル73 第73章Capítuloチャレンジ74 第74章Capítulo完全に自分を忘れている状態(パート1)75 第75章Capítulo完全に自分を忘れている状態(パート2)76 第76章Capítulo猫とネズミのゲーム(パート1)77 第77章Capítulo猫とネズミのゲーム(パート2)78 第78章Capítuloが骨髄精製レベルに到達79 第79章Capítulo落ち着いて(パート1)80 第80章Capítulo落ち着いて(パート2)81 第81章Capítulo落ち着いて(パート3)82 第82章Capítuloコールドハードファクト83 第83章Capítulo怒っているマスターSu(パート1)84 第84章Capítulo怒っているマスターSu(パート2)85 第85章CapítuloBluesky駐車場(パート1)86 第86章CapítuloBluesky駐車場(パート2)87 第87章Capítulo空での突然の攻撃(パート1)88 第88章Capítulo空での突然の攻撃(パート2)89 第89章Capítuloレスキュー(パート1)90 第90章Capítuloレスキュー(パート2)91 第91章Capítulo予期せぬ挑戦92 第92章CapítuloDisgracedHimself(パート1)93 第93章CapítuloDisgracedHimself(パート2)94 第94章Capítuloが危機に瀕している95 第95章Capítuloクリスタルコアの豊富な収穫(パート1)96 第96章Capítuloクリスタルコアの豊富な収穫(パート2)97 第97章Capítulo悲劇的な窮状(パート1)98 第98章Capítulo悲劇的な窮状(パート2)99 第99章Capítulo溶岩湖の巨大な獣100 第100章Capítuloスピリチュアルウェポンへの変換(パート1)