icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第5章取引成立 (Part
Three)
文字数:1342    |    更新日時:12/08/2021

「善は急げ、だよ。ソフィア。 チャンスがドアをノックするのは1回だけなんだから、ノックされている間にドアを開けて掴むんだ。 これがきっかけで、悲願の正義を達成できるかもよ」

「でもね、クレイグ。あの息子は私を奥さんにしたくないのよ。 あいつに勝手な決めつけで侮辱されたって言ったでしょ!」

「もう、しっかりしてよ! 勝手な決めつけなんて君なら昔からたくさん経験してきただろう。 実の父親から侮辱されたりさ――」

「あ、痛い! 傷口に塩を塗り込むわけ?」

「ごめんよ、そんなつもりはないんだ。 ただ目を覚ましてほしいんだよ、ソフィア。 今言ったように、すでに人生で色々なことを乗り越えてきただろう。 もし、その息子がまた君を侮辱したり、取引について批判したりしても、別にいいじゃないか! 言わせておけよ。そいつが知っているのは君の名前だけで、どうせ本当のことは知らないんだから!」

混乱した気分で、私は耳の後ろを掻きながら唇を噛んだ。 途方に暮れたときの私の癖だ。

「どうしちゃったのさ?彼にもう一度侮辱されたら死ぬの?お金のために取引したんだろうとか言われたらそんなに困る?」

私は首を横に振った。

「彼に勝手な決め付けで判断されたら生きていけないとか? そんなの、たった一人の人間から出てきた言葉でしかないよ、ソフィア。 大事なのは、君の目標や、計画や、君自身さ! そいつの侮辱はレイラを見つけるのに何の役にも立たないし、そいつの言葉だって、ジョセフの行いを裁く助けにはならないよ! 絶望的なやり方と言われても、それが何だっていうのさ? そんなことないって、君自身が知っている限りはどうでもいいじゃないか!」

そう言って彼は私の両手を握った。

「ケリー夫人も 真実を知ってくれている。 僕たちはみんな君の味方だよ。 立ち上がって闘おう! で、名前は何だっけ?」

「誰の名前?」

「もうすぐ夫になる人」

「ダニエル。 ダニエル・ケリー」

「ダニエル・ケリー野郎! そいつに本物のソフィア・イザベルを見せてやろうぜ! どんな状況でも、闘って簡単に諦めない女性を」

彼の言葉を聞いて、思わず笑いそうになった。 少なくとも私にはまだ、姉弟のように接してくれる友達以上の存在、クレイグがいる。

私はため息をつき、まだクレイグの腕に頭を擦りつけている猫に目を向けた。

「こんにちは、プッシーちゃん」 私は彼女を抱き上げて膝の上に座らせた。

クレイグは首を振りながら笑った。

「なんでよりによってプッシーなんて名前にしたの?」

「面白いから」 私は肩をすくめて、猫のふわふわの身体を撫で続けた。 「なんで?綺麗な響きじゃない、プッシーって」

私たちは二人ともその名前に笑った。 そして私が起き上がろうとしたとき、電話が鳴った。 画面の「ケリーさん」という名前を見て、 私たち二人は目を見合わせた。

「おはようございます、 ケリーさん」 私は、クレイグの目を見ながら電話に出た。 スピーカーフォンにしてある。

「こんにちは、かわいこちゃん。お元気?」

「元気です、 ケリーさん」

「私の息子があなたと会ったときに言ったこと、申し訳ないと思っているわ。 でも、お願い、ソフィア。本当に私の申し出を受けたくないなら、何か力になりたいの」

私は深呼吸しながら下唇を噛んだ。 クレイグは頷いて、私に取引を受け入れるよう励まし続けた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章出会い2 第2章彼女の過去3 第3章取引成立 (Part One)4 第4章取引成立 (Part Two)5 第5章取引成立 (Part Three)6 第6章取引成立 (Part Four)7 第7章取引成立 (Part Five)8 第8章電話 (Part One)9 第9章電話 (Part Two)10 第10章電話 (Part Three)11 第11章家族の食卓 (Part One)12 第12章家族の食卓 (Part Two)13 第13章家族の食卓 (Part Three)14 第14章家族の食卓 (Part Four)15 第15章家族の食卓 (Part Five)16 第16章再会 (Part One)17 第17章再会 (Part Two)18 第18章再会 (Part Three)19 第19章婚約パーティー(パート1) (Part One)20 第20章婚約パーティー(パート1) (Part Two)21 第21章婚約パーティー(パート1) (Part Three)22 第22章婚約パーティー(パート1) (Part Four)23 第23章婚約パーティー(パート2) (Part One)24 第24章婚約パーティー(パート2) (Part Two)25 第25章婚約パーティー(パート2) (Part Three)26 第26章婚約パーティー(パート2) (Part Four)27 第27章婚約パーティー(パート2) (Part Five)28 第28章婚約パーティー(パート2) (Part Six)29 第29章前言撤回はなし (Part One)30 第30章前言撤回はなし (Part Two)31 第31章前言撤回はなし (Part Three)32 第32章前言撤回はなし (Part Four)33 第33章前言撤回はなし (Part Five)34 第34章結婚式 (Part One)35 第35章結婚式 (Part Two)36 第36章結婚式 (Part Three)37 第37章彼との引っ越し (パート1)38 第38章彼との引っ越し (パート2)39 第39章彼との引っ越し (パート3)40 第40章彼との引っ越し (パート4)41 第41章新しい一日 (Part One)42 第42章新しい一日 (Part Two)43 第43章新しい一日 (Part Three)44 第44章新しい一日 (Part Four)45 第45章友達じゃないし (パート1)46 第46章友達じゃないし (パート2)47 第47章紫 (パート1)48 第48章紫 (パート2)49 第49章紫 (パート3)50 第50章セニョリータ (パート1)51 第51章セニョリータ (パート2)52 第52章セニョリータ (パート3)