back
アプリをダウンロード
icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
私のCEOの夫

私のCEOの夫

須川 凜

5.0
コメント
983
クリック
520

彼女は姉の罠にはまり、一夜だけ関係を持って妊娠してしまった。4年後、子供を連れて戻ってきた彼女の人生に、魅力的で手強いジェントルマンが現れた。目にした瞬間、彼に親近感を覚えたが、息子がその男の隣に立っているのを見るまで、その理由がわからなかった...

第1章妊娠8ヶ月目 (パート1)

パン!

ウェンディ・リンの顔が平手で叩かれた。 彼女の頬は痛みでうずき、少し頭がクラクラとした。

彼女はよろよろと数歩後ろに下がり、本能的に膨らんだお腹を片手で覆った。そしてもう片方の手で腫れた頬を押さえた。

「ウェンディ、この冷酷な女め! どうしてエリスにそんなことができたの?

娘と私がこの家族の一員になってからあなたはずっと反抗してきた。 まさかエリスをナイフで傷つけるなんて・・・ もし娘が助からなかったら、私はあなたを絶対に許さないわ、ウェンディ」

リビングルームに、継母のカシア・スンはこのように言った。

その後、彼女は床に身をかがめ、血を流している娘を抱いた。

「私のせいじゃないわ! 何もしていないのよ!」 ウェンディは最後の命綱のようにブライアン・シャオの袖をつかんだ。 「ブライアン、信じて! 本当にやってないの!」

「本当にしてないの?」 そう言ってブライアンは彼女の手を振り払い、彼女をにらんで尋ねた。 「二人以外誰もいなかった。 エリスが自分でわざとやったっていうのか?」

「そうよ、それでもそうだったの! 彼女は自分で自分を刺したのよ!」

「なんて女なんだ! 地獄に落ちればいい!」

ブライアンは我慢ならず 激怒していた。

ブライアンは、ウェンディの腹に強烈な蹴りを放った。 蹴られたウェンディは、後ろにあったテーブルの角にお腹が当たり、鋭い痛みが体中に走った。

「ああ!」

彼女は悲鳴を上げて床に倒れ、両腕でお腹を抱えた。

腿の付け根から、熱く湿った何かが滴り落ちるのを感じた。

それを感じた彼女はとても怯えた。

「ブ、ブライアン・・・」

「ウェ

ンディ、エリスを傷つけるなんて、君がそんなに意地悪な人なんて知らなかったな!」

その言葉を聞いたウェンディの心は打ちひしがれた。 彼女の世界が音を立てて崩れていくようだった。

1時間前、彼女はブライアンが出産前の健康診断のために病院に連れて行ってくれるのを待っていた。 エリスは、待っているウェンディにブライアンと自分が愛し合っている写真を見せて、邪魔をしてきた。

「ブライアンと私は長い間愛し合っていたのよ!」

そう言ってエリスは彼女をからかった。 「彼はもうあなたを愛してないのよ!

なぜ彼がまだあなたと別れていないのか知ってる? 彼の赤ちゃんを身ごもっているからだと思ってる? あははは! そんな妄想はやめて! ブライアンの赤ちゃんが産めると本気で思ってるの? あなたのお腹の中にいるのは、彼の赤ちゃんではないわ!

彼を一番愛しているのはこの私なのよ!

彼と一緒にいるためなら、私はどんな代償だって喜んで払うわ!」

何が起こっているのか、ウェンディには一瞬理解ができなかった。だが、エリスがさっき言った「どんな代償を払っても」の意味を最終的に理解した。 ドアベルが鳴ると、エリスは台所からナイフを持ってきて、自分の腹部を急に突き刺した。

すぐに彼女は悲鳴をあげた。カシアは現場に駆け込み、ブライアンも玄関のドアを蹴り開けて中に入ってきた。

2人が駆けつけ、みんなここへ集まっていた。

ウェンディは振り向いてエリスを見た。

彼女は母親の腕の中に横たわっていて、血だらけで衰弱しているにも関わらず ウェンディにニヤニヤと微笑んだ。

ウェンディはさらに恐ろしいほどの不信感が募っていくのを感じた。

本をダウンロード