icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第13章妄想癖
文字数:3687    |    更新日時:09/04/2021

幼稚園が変わっても、ジャスティンは特に戸惑う様子も見せなかった。 以前の幼稚園はただ軍に近いので通っていただけで、何の思い入れも無かったし、 新しい幼稚園がここから少し遠いことも知っていたが、昨日のスター幼稚園での一件が、父親を激怒させたので、まぁ、ここは何も言わずに父親に任せておくのが得策だ、と判断した。 そもそも、別にどこに通おうがどうでも良かったのだ。

Sシティの灼熱の夏は厳しく、 まだ午前中なのに、いたるところが熱波に襲われていて、 通りを歩く人もまばらだった。

エドワードは運転に集中していた。 セクシーな薄い唇はしっかりと閉じられ、その目は情熱で満たされ、細い指先は無意識のうちにハンドルをトントンと弾いていた。 その姿はまるでぐったりと疲れたライオンのようで、人の心を惑わす。

その美しい光景は騒々しい着信音によって崩され、エドワードは内心ガッカリしながらも、 通話ボタンを押した。

「もしもし! なるほど、了解。 すぐ行く」 言い終わるなり、ハンドルをぐるりと回し、車を急旋回させると、 車輪は埃を巻き上げ、まるで走り馬のようなスピードで去って行った。

エドワードが駐車し終わるのも待たずに、アーロンがめったにない苛立ちの顔をして、 小走りに歩いてきた。

開口一番、「最愛の社長、お待ちしておりました!」 と言うと、安堵のため息をついた。 それに引き換えエドワードは彼を冷たく見た。 あんな剣幕で急かすなんて、 一体何が起こった? 何があっても落ち着いているアーロンがこんなにおどおどするなんて、よっぽどのことなのだろうか?

「何か問題でも? その計画はもう通ったはずなのに、 今更練り直すってどういう事?」 そう言いながらエドワードは目の前のケイトホテルを見上げ、速足で中に入って行き、アーロンはその後ろを小走りで付いて行った。

「問題はYSグループの新社長です。 この人は、うちの創造的な発案を1つずつ否定して、終いには社長との直接の面会を要求してきたんです」 自分の不始末でこのような事態になったと思われないように、 アーロンは注意深く言った。

「YSグループはいつの間に社長を交代したんだ? 初耳だぞ?」 エドワードは歩くペースを少し緩めて、 なぜ最近俺に直接会いたい奴らばかりいるんだと思いを巡らす。

「噂によれば、最近海外から帰国した元社長の娘だと」アーロンは低い声で説明した。

「はぁ? 現在の社長って女か」 エドワードは思わず眉をこすりながら言った。 どうやら エドワードは女性に対する職業差別を持っているようだ。 女性社長の何が問題だろう? 母親や妻は 女性ではないのか? 確か彼は同性愛者ではないはず。

特権階級用のエレベーターがホテルの最上階に到着すると、正面に豪華な会議室があった。 このホテルもFXインターナショナルグループに所属しているので、ここにも専用のオフィスエリアを構えていたのだ。

今そこでは、上質なスーツに身を包んだ、すらっとした美しく有能な女性が 手元の資料に目を通していた。 彼女の柔らかな髪のカールさえ計算しつくされるかのように巻かれていた。 不服そうに眉をひそめているその女こそが、 YSグループの新社長、ベリンダ・シャンガンである。

エドワードは、女社長という言葉から、彼が見慣れているようなセクシーに美しく着飾った女性を連想していたので、 このような媚びない美しさの女性を見て、良い意味で期待を裏切られ、好印象を持った。

「こんにちは! FXインターナショナルグループのエドワード・ムーです」 そう言って手を差し出した。

「ベリンダ・シャンガンです。 初めまして」 彼女は、まるで彼の手が不潔であったかのように、エドワードと素早く握手を交わした。

エドワードはそれを気に留めず、優雅に椅子に腰かけた。 彼はビジネスウーマンに、もっと言うならば、若くて綺麗なビジネスウーマンに敬意を払っていた。

「それで、シャンガンさんは弊社の構想計画案に満足されていないわけですね? 詳細についてお話しいただけますか?」 エドワードは彼女の好奇心旺盛な視線を無視し、穏やかにゆっくりと話した。

エドワードの自惚れなどではなく、確かに彼女は彼を見ていた。 そしてついに彼女は、なぜあの女性がこの男に夢中になっているのか、答えを得たのだ。 どんな美容オタクの女性でもため息をつくような完璧な肌、 挑発的でありながら冷たい絶妙に薄い唇、 そして、彼の紺碧の瞳はからかうように彼女を見つめていて、彼女は不覚にも赤面した。

ベリンダは静かに思いを馳せた。 「ムーさんなのね。 やっとお会いできました」 意味の分からない発言にエドワードは困惑した。 アーロンも戸惑った。 この女性はエドワードに会うためにわざとケチをつけて来たのか?

アーロンの推測は 正しかった。 ベリンダは本当に社長に会うためにここに来ていたのだ。

「シャンガンさん、それではご用件とは?」 エドワードは彼女の反応によって、彼の取り巻きの一人だろうと判断し、 いつものように、きざな笑みを浮かべて対応した。

「本当のところ、貴社のプロジェクト計画について、しいてお伝えするべきことはありません」 はぁ!? その発言にアーロンは衝撃を受けた。 散々あら捜しをしてケチを付け、 終いには社長以外は誰とも取り合わないと言ったこの女性が、 一体何を言い出すんだ? アーロンだけでなく、エドワードも彼女に一瞥を食らわせた。

「私は社長に興味があるのです」 何だって? アーロンは怒りを通り越して呆れた。 クソが! 社長に興味があったとしても、なんだって助手を拷問するんだ。 他にも方法があっただろう? それで思いついたのがあら捜し作戦か? アーロンはこの半月、このプロジェクトに心血を注いだ。それが、この女社長の発言によってすべて無に帰したと思ったのだ。 彼は 本当に傷付いた。

「ならば、 シャンガンさんは私に恋をしているのですか?」 エドワードは皮肉な口調で言った。 なぜなら彼は、ビジネスを口実に近付いて来るやからに心から嫌気がさしていて、 ベリンダのこともそのような女性だと判断したのだ。 最初は好調だった彼女の株も、もはや大暴落した。

「違います」 ベリンダは人差し指をそっと振った。 「何年もの間、無条件に愛されているのはどんな男なのか、愛されるに値するのか、そのお顔を拝見しに来ただけです。 百聞は一見に如かず、ですね」 そう言って彼女は見下すようにエドワードを見た。

エドワードは顔を曇らせ、彼の周りの空気は冷たく凍りついたようだった。 「シャンガンさん、私の気を引こうとしていますか? もしそうであれば、確かに成功したけれど、残念ながら私はあなたご自身には、まったく興味がありません」 そう言い捨てて去りたかったが、そうもいかなかった。

ベリンダは笑って首を横に振った。 彼女はエドワードの怒りを完全に無視し、 「ムーさん、ご冗談を? あなたの興味をかき立てることに何のために? 別に普通のお話でしたよね? あなたの方が考え過ぎだったのでは?」と言った。

ワオ! このようにエドワードとやり合う女性は 今までにいなかったので、 この女性はとてもかっこよかった。 アーロンは逃げ出したい気分で 社長の顔色を伺い見た。 自分が議論に巻き込まれる事だけは避けたかったのだ。 アーロンは泣きそうだった。 シャンガンさん、どうぞお手柔らかに。 エドワードの目に怒りが見えませんでしたか?

「では、そもそもなぜ興味を掻き立てる必要があったのか、シャンガンさんに聞いてみたいですね。 わざと気のない素振りをしているのですか?」 彼は落ち着きを取り戻した。 たかが女性なんぞに気持ちを揺さぶられてたまるか!

「ムーさんは、 妄想癖がおありですか? そうでなければ、なぜあなたは自分都合で勝手な解釈をなさるのでしょう? どうぞご安心ください。 そのうち真実がお分かりになる日が来るでしょう。 それでは今日はこの辺で失礼します」 エドワードに何も言う隙を与えず、彼女は立ち去った。 彼女は彼を無視した二人目の女性だった。 一人目はもちろんデイジー・オウヤン、今度はベリンダ・シャンガンにも無視されたのだ。 彼はいつからそんなに、なめられるようになったのか? 今度はベリンダがどんな風に出て来るか興味はあった。 その点では彼女は素晴らしかった!

エドワードはハイヒールで立ち去ったベリンダをむっつりと見つめ、「あの女は一体どういうつもりだと思う?」とさりげなく尋ねた。 エドワードはアーロンをぼんやりと見て、答えを待った。

アーロンには返す言葉も無く、 何か言おうと口を開いたが何も出てこなかった。 「社長、そんな風に私を見ないでください。 あなたにさえ分からないことが、どうやって私に分かりましょう?」 と彼は思った。

幸いなことに、エドワードは彼からの返答を期待していなかったので、 そのまま部屋を後にした。 アーロンは見捨てられたと思い、悲しんだ。

その頃ベリンダは運転しながら笑っていた。 最初のラウンドでこれほどの大勝利を収められるとは思っていなかったので、自分自身に非常に満足していたのだ。 その男は聞くほどの男でも無さそうだったが、 とにかく、次にまたエドワードと会える日を 楽しみにすることにした。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章また会う日まで2 第2章父と息子3 第3章社長の愛息4 第4章役立たずの女は嫌いだ5 第5章ジャンクフード6 第6章第6章 ボスは誰?7 第7章小さなムー氏8 第8章ママからパパを盗らないで9 第9章Capítulo独立した小さな男の子10 第10章俺がこの子の父親だ11 第11章転園12 第12章俺のことが好き?13 第13章妄想癖14 第14章ママに会いたい15 第15章ここに君の居場所は無い16 第16章変人17 第17章この悪魔は誰18 第18章一緒に倒れて19 第19章恥のかかせ合い20 第20章Capítuloフルーツレスラブ21 第21章Capítulo女性を隠す22 第22章Capítuloジャスティンは熱を持っています23 第23章Capítuloあなたは奇跡です24 第24章Capítulo私たちが見る25 第25章Capítuloジャスティンは誰ですか26 第26章Capítuloエドワードの荒廃27 第27章Capítuloなぜあなたは私のお母さんが好きではないのですか28 第28章Capítulo彼は今日怒っていた29 第29章Capítuloママが泣いた30 第30章CapítuloIt'sMe、Edward31 第31章Capítulo私はあなたを気にしません32 第32章CapítuloLothario33 第33章Capítuloあなたはお互いを知っています34 第34章Capítulo教えてくれませんか35 第35章Capítulo巻き毛のペルシャ人36 第36章Capítuloあなたはどれほど貧しいですか37 第37章CapítuloはMu氏を怒らせた38 第38章Capítulo難民39 第39章Capítulo彼女は明日来る40 第40章Capítuloあなたは私に魅了されていますか41 第41章Capítulo私は彼女の夫です42 第42章Capítulo私の妻43 第43章Capítulo家に帰ろう44 第44章Capítulo私はそれを取ることができません45 第45章Capítuloキスしたら目を閉じて46 第46章Capítuloエドワード・ムー、あなたは恥知らずです47 第47章Capítuloお父さんは食べられない48 第48章Capítulo離れないでください49 第49章CapítuloSeeMeOut50 第50章Capítulo私はあなたと話している51 第51章Capítulo彼女は誰ですか52 第52章Capítulo電話に出られませんでした53 第53章Capítuloあなたは何をしていますか54 第54章Capítuloは別の車があります55 第55章Capítulo今日あなたに仕えさせてください56 第56章Capítuloあなたは何もすることがありませんか57 第57章Capítuloあなたが台無しにできない誰か58 第58章Capítuloしかし、私は彼女の夫です59 第59章CapítuloGiveMeYour Phone60 第60章Capítuloあなたは何をするつもりですか61 第61章Capítulo戻ってきたら整理します62 第62章Capítulo彼は奇妙な行動をとっています63 第63章Capítuloあなたは空の脅威に満ちています64 第64章Capítulo次回は呼吸することを忘れないでください65 第65章Capítuloミスデイジー66 第66章Capítuloあなたはドアをノックすべきだった67 第67章Capítulo最近はかなり忙しい68 第68章Capítulo今日のあなたの獲物は不運な男69 第69章Capítuloあなたは私がいなくて寂しいですか70 第70章Capítuloくそー嫉妬71 第71章私には彼氏がいると言ったCapítulo72 第72章Capítuloあなたはよくパパのオフィスに行きますか73 第73章CapítuloミスOuyangはここにあります74 第74章Capítuloねえ、あなたは再び呼吸するのを忘れました75 第75章Capítuloあなたは本当にママが好きですか76 第76章Capítuloハニー、何を食べたいですか77 第77章Capítulo私は助けることができます78 第78章Capítulo私はタイムマシンに出くわしたかもしれません79 第79章Capítuloいつ結婚しましたか80 第80章Capítuloそれはあなたが思っていることではありません81 第81章Capítuloそれはパパとルークおじさんです82 第82章Capítuloだからあなたは走ることを計画している83 第83章Capítuloなぜあなたは私を信じないのですか84 第84章Capítuloあなたは私を心配していますか85 第85章Capítulo死ぬまで私たちは離れて86 第86章Capítulo私は誰であると思われますか87 第87章Capítuloハニー、あなたは何をしていますか88 第88章Capítuloあえて彼女に触れて89 第89章Capítuloあなたは薄すぎる90 第90章Capítuloあなたはそのような悪党です91 第91章Capítuloハニー、あなたはついにここにいます92 第92章Capítuloこれは私の将来の義理の妹です93 第93章Capítulo私を義姉と呼ばないでください94 第94章Capítulo老婦人95 第95章CapítuloはMu夫人が再び酔っている96 第96章Capítulo最初にシャワーを浴びてから、寝る97 第97章CapítuloCallMeBaby98 第98章Capítuloこれは許容範囲です99 第99章Capítulo大佐を台無しにしないでください100 第100章Capítulo私は愚かだと思いますか