icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第7章小さなムー氏
文字数:3503    |    更新日時:09/04/2021

レン家の主人ロイド・レンは静かな環境が好きだったので、 レン家の邸宅は、彼にとって最高の場所であったSシティの有名な景勝地にした。   レン家の企業は、FXインターナショナルグループほど大規模ではなかったが、 Sシティで最良な企業の1つで、一般的には大手だった。 特にロイド・レンの息子であるデューク・レンがトップに君臨した後、彼らの企業は大きくなり、成長し続けた。 したがって、レン家の新しい主の能力は評価に値した。

夕方7時、普段は静かなレン家がとても賑やかになった。 沢山の人がロイド・レンの誕生日を祝福するため、 あらゆる種類の高級車、見目麗しい男女が一度にここに押し寄せたのだ。

群衆の中を行ったり来たりしながらも、ずっと玄関の方を気にしていたデューク・レンは 「あの野郎! エドワードはまた遅刻か。 簡単には帰さないからな」 と心の中で叫んだ。

エドワードと同じくらいハンサムだったデューク・レンも富裕層の類だった。 今夜、彼はシンプルなデザインの、仕立ての良いシルバーのスーツを着ていた。 そのくっきりとしたラインは彼の均整の取れた完璧な肉体美を際立たせていた。 客人によそよそしく頷いていた彼の顔は表情に乏しかったが、 額に落ちる短い髪の毛のいくつかは所どころカールし、顔から滲み出る冷淡さを和らげていた。

当初ロイド・レンは自らの誕生日の為に宴を開くなど気恥ずかしいと思っていたが、息子の主張を無視することはできなかった。 パーティーはまだ本格的には始まっていなかったので、彼は息子に全てを任せ、自分は後から出ることにした。

突然、デュークは玄関口の騒ぎに気付き、 「あの男がついにやって来たな」と思った。 エドワードの他にそのような派手な入場を成し得る者はいないと知っていたからだ。 一分前そこに座って優雅に歓談していた女性たちは、エドワード・ムーが入ってくるなり必死に彼のそばに移動しようとすることから見れば、 エドワードがどれほど魅力的であったかは明らかだった。 俺がエドワードと同じくらいハンサムなのに、 どうしてこの女性たちの扱い方がこんなに違うんだと悔しく思ったデューク。

実は、デュークは見た目こそ素晴らしいが、 まるで氷のように冷たかったのだ。 彼は一目置かれていたが、 紳士で優雅なエドワードと比べると、 彼は冷血で近付き難くもあった。 彼に近づこうとするならば、すぐさまカチコチに凍ってしまうだろう。

が、デュークの予想は外れていた。 玄関口での混乱はエドワードではなく、彼が連れていた小さいハンサムな男の子によって引き起こさていたのだ。 いつもこの様な場には必ず女性を同伴させていたエドワード・ムーは、今夜に限っては女性ではなく代わりに小さなムー氏を連れてきたのだ。 ミーハーな類はさておき、平素冷静な落ち着きのある女性でさえ、この状況には正気を失った。

そこに居合わせた誰もが、この少年が一体何者であるのかを理解しようとしていた。 認めたくなかったが、その少年は ムー氏にそっくりだった。 その少年がムー氏とは血縁関係に無い、と聞いたところで誰も信じないだろう。 だとしたら、子供の母親は誰? ムー氏は女遊びこそ激しかったけれど、 その様なヘマはするはずが無かったのだ。 一体どんな女性だったら彼の息子を産むことができるのか? 確実に言えるのは、彼女は彼が我を忘れるくらい美しかったに違いないということ。

ご名答! その通りだった。 デイジー・オウヤンは息をのむほどに美しかった。

ムー氏がSシティのすべての高貴な女性にとって理想的な恋人であったことは 周知の事実だった。 彼が類まれな恋愛遍歴を持っていたにもかかわらず、彼の優れた外見と並外れた家族の背景に美しい女性たちは魅了され、火に飛んでいく夏の虫の如く彼の元に集まってきた。 なのに突然、彼と瓜二つの男の子が現れたのだ。 彼が何も語らずとも、その答えは明白だった。

あの時の結婚式はお忍びで行われたので、彼が結婚していることを知る者は殆ど居なかった。 ムー氏がもう既に誰かの物だとは知らなかったのだから、 誰もがいつの日かムー夫人になる事を夢見たのも致し方ないことだった。 名目上であるけど、彼は確かに既婚者だった。

ジャスティンは派手な服装でやってきた女性の群れを見て首を横に振った。 彼の父親は彼女達にとってとても魅力的だったようだ。 彼女たちが父親の次の「お相手」、あわよくばムー夫人になろうと、手ぐすねを引いていることは知っていたが、 彼は何もしていないのに、何が悪いのか?

ああ、ジャスティンちゃん! 君は彼女達の気分を害しただけでなく、 君の出現はSシティの全ての独身女性の夢を壊したのだ!

エドワードはご立腹の女性の群れを尻目に、息子を連れて中に入って行った。 彼は他人の考えを気に留めたことなど無かった。 ただ自分が正しいと思う事をしてきただけ。

ムー氏は今夜のパーティーに 息子と揃いの服を着てきた。 濃い紫色は彼をより魅惑的に見せた。 彼は物干しスタンドとして産まれてきた。どんな服も彼の為だけに作られたかのようにぴったりと合うようだった。 この時エドワードは溢れてくる感情を抑え切れなくなりそうだった。 光のせいなのか、それとも他の理由によるのか、 美しい瞳は青みがかった。 彼をよく知っている人であれば、彼が今危険であることに気付くだろう。 彼の堪忍袋の緒は今にも弾け飛びそうだった。

この女性達は彼の逆鱗に触れてしまった。 エドワードは彼自身に対する中傷は甘んじて受け入れた。人々がどのような目で彼を見ようとも気にすることは無かった。しかし、それが彼が気にかけている人々の事となれば話は別だった。 息子に投げつけられる毒々しい視線と攻撃的な言葉には耐えられなかったのだ。

デュークはエドワードのただならぬ様子に衝撃を受けた。 とにかく,この男が爆発する前に 別の場所へと移動させないと、 父親の誕生日宴会は台無しにしただろう、と思って急いだ。

「おい、紹介してくれない?」 デュークはジャスティンを見て言った。

「俺の息子、ジャスティン・ムー」 さりげなくバーにもたれかかって、彼はさらりと答えた。 自分の言葉がデュークにどれほどの衝撃を与えるかなどお構いなしだった。 彼はいつもそうだ。 まるで子供がいることが当然の様に、これほど重要なことを説明しても、前置きも無しにさりげなく言ってのける。こんな時人々は本当に彼を引っ叩きたいと思った。

「ムーさん、 この子が本当にあなたの息子だと確信してるの? 冗談でしょ? どこの誰かがお前の子供を産んで、お前の知らないところで育てるような偉業をやってのけられるんだ?」 仮定の話なら別だったが、まさか彼が認めるなんて、 デュークでさえこの事件を受け止められないようだった。

「お前に嘘をつく理由はある?」 まぁ、確かに、エドワードがそういう嘘をつくわけがないが、 このどうでもいい素振りはいったい何なんだろう。

「なら、子供の母親は誰? 俺の知ってる人?」 デュークは、エドワードの周りのどの女性が子供の母親である可能性が一番高いのか何度も考えた。

「うん。 知ってる人だよ。俺の妻だ。」 エドワードにとって、息子の突然の出現に関する悪影響などどうでも良い事だった。そして彼はこのことを隠すつもりも毛頭無かった。

なんてことだ! こいつは正気なのか? まったく、冗談だろう! 彼の答えを聞いて、長年彼を知っていたデューク・レンはあきれかえった。

彼の親友として、デュークはエドワードの結婚式に出席した。 しかし、その結婚式が余りにも気づまりな状況で行われたため、彼は花嫁の顔さえもよく見ていなかったのだ。 もっと言うならば、彼の親友は無理矢理に結婚式を完了させられ、その夫婦は現地解散のような状態で終わっていたはず。 彼はこの男に妻がいることさえ忘れていた。

レン氏の記憶力に 問題があるわけではない。 なんせ 当の本人であるムー氏でさえ忘れていたのだから! 「彼の妻はその夜妊娠したに違いない」とデュークは推測した。 ならば、ジャスティンは本当に彼の息子だったのか!

「なぜ息子がいると言わなかったの?」 デュークは信じられないという思いで彼を見つめ、小さなジャスティンを抱き上げた。 小さな男の子は父親よりハンサムだった!

エドワードは返事をする代わりに彼にめくばせした。 彼だって今朝までは息子がいることなど知らなかった!

「坊や、お腹が空いたでしょ? 何か食べに行こう」 デュークは本当はエドワードを質問攻めにしたかったが、子供の前であまり多くの詳細を尋ねるのは良くないと判断した。 後でいくらでも話を聞く機会はあるだろうが、今は止めておこう。 というわけで、彼は答えを待たずに、美味しい食べ物を探しに小さな男の子を抱えて行った。

男の子はとても礼儀正しく可愛いので、彼はいい子に違いないと思った。 そのため、彼はこの天使のような小さなジャスティンが次にとんでもない事件を巻き起こすとは到底思ってもいなかった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章また会う日まで2 第2章父と息子3 第3章社長の愛息4 第4章役立たずの女は嫌いだ5 第5章ジャンクフード6 第6章第6章 ボスは誰?7 第7章小さなムー氏8 第8章ママからパパを盗らないで9 第9章Capítulo独立した小さな男の子10 第10章俺がこの子の父親だ11 第11章転園12 第12章俺のことが好き?13 第13章妄想癖14 第14章ママに会いたい15 第15章ここに君の居場所は無い16 第16章変人17 第17章この悪魔は誰18 第18章一緒に倒れて19 第19章恥のかかせ合い20 第20章Capítuloフルーツレスラブ21 第21章Capítulo女性を隠す22 第22章Capítuloジャスティンは熱を持っています23 第23章Capítuloあなたは奇跡です24 第24章Capítulo私たちが見る25 第25章Capítuloジャスティンは誰ですか26 第26章Capítuloエドワードの荒廃27 第27章Capítuloなぜあなたは私のお母さんが好きではないのですか28 第28章Capítulo彼は今日怒っていた29 第29章Capítuloママが泣いた30 第30章CapítuloIt'sMe、Edward31 第31章Capítulo私はあなたを気にしません32 第32章CapítuloLothario33 第33章Capítuloあなたはお互いを知っています34 第34章Capítulo教えてくれませんか35 第35章Capítulo巻き毛のペルシャ人36 第36章Capítuloあなたはどれほど貧しいですか37 第37章CapítuloはMu氏を怒らせた38 第38章Capítulo難民39 第39章Capítulo彼女は明日来る40 第40章Capítuloあなたは私に魅了されていますか41 第41章Capítulo私は彼女の夫です42 第42章Capítulo私の妻43 第43章Capítulo家に帰ろう44 第44章Capítulo私はそれを取ることができません45 第45章Capítuloキスしたら目を閉じて46 第46章Capítuloエドワード・ムー、あなたは恥知らずです47 第47章Capítuloお父さんは食べられない48 第48章Capítulo離れないでください49 第49章CapítuloSeeMeOut50 第50章Capítulo私はあなたと話している51 第51章Capítulo彼女は誰ですか52 第52章Capítulo電話に出られませんでした53 第53章Capítuloあなたは何をしていますか54 第54章Capítuloは別の車があります55 第55章Capítulo今日あなたに仕えさせてください56 第56章Capítuloあなたは何もすることがありませんか57 第57章Capítuloあなたが台無しにできない誰か58 第58章Capítuloしかし、私は彼女の夫です59 第59章CapítuloGiveMeYour Phone60 第60章Capítuloあなたは何をするつもりですか61 第61章Capítulo戻ってきたら整理します62 第62章Capítulo彼は奇妙な行動をとっています63 第63章Capítuloあなたは空の脅威に満ちています64 第64章Capítulo次回は呼吸することを忘れないでください65 第65章Capítuloミスデイジー66 第66章Capítuloあなたはドアをノックすべきだった67 第67章Capítulo最近はかなり忙しい68 第68章Capítulo今日のあなたの獲物は不運な男69 第69章Capítuloあなたは私がいなくて寂しいですか70 第70章Capítuloくそー嫉妬71 第71章私には彼氏がいると言ったCapítulo72 第72章Capítuloあなたはよくパパのオフィスに行きますか73 第73章CapítuloミスOuyangはここにあります74 第74章Capítuloねえ、あなたは再び呼吸するのを忘れました75 第75章Capítuloあなたは本当にママが好きですか76 第76章Capítuloハニー、何を食べたいですか77 第77章Capítulo私は助けることができます78 第78章Capítulo私はタイムマシンに出くわしたかもしれません79 第79章Capítuloいつ結婚しましたか80 第80章Capítuloそれはあなたが思っていることではありません81 第81章Capítuloそれはパパとルークおじさんです82 第82章Capítuloだからあなたは走ることを計画している83 第83章Capítuloなぜあなたは私を信じないのですか84 第84章Capítuloあなたは私を心配していますか85 第85章Capítulo死ぬまで私たちは離れて86 第86章Capítulo私は誰であると思われますか87 第87章Capítuloハニー、あなたは何をしていますか88 第88章Capítuloあえて彼女に触れて89 第89章Capítuloあなたは薄すぎる90 第90章Capítuloあなたはそのような悪党です91 第91章Capítuloハニー、あなたはついにここにいます92 第92章Capítuloこれは私の将来の義理の妹です93 第93章Capítulo私を義姉と呼ばないでください94 第94章Capítulo老婦人95 第95章CapítuloはMu夫人が再び酔っている96 第96章Capítulo最初にシャワーを浴びてから、寝る97 第97章CapítuloCallMeBaby98 第98章Capítuloこれは許容範囲です99 第99章Capítulo大佐を台無しにしないでください100 第100章Capítulo私は愚かだと思いますか