icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第2章父と息子
文字数:2133    |    更新日時:09/04/2021

エドワードは、目の前の小さな男の子を眺めながら、椅子にじっと座っていた。 エドワードによく似た小さな顔にその年齢に相応しくない落ち着きがみえ、小さな黒い瞳はまるでエドワードの心を見透すように彼を見ていた。

少年は相手の出方をじっと窺っていた。 ジャスティンは軍人の中で育ち、 ひたすら軍の規則にさらされてきたので、幼いながらもこのような場合の戦い方をよく心得ていた。 相手は他でもない、彼の父親だ。 そして今、父親が彼を見つめている。今の状況に驚愕しているのか?それともただ息子の存在が気に入らないのか?

「おチビちゃん、名前は何ていうの?」 先制はエドワードだ。彼はジャスティンの隣にしゃがみ込み囁いた。 この子は本当に俺の息子なのか? そうに違いない! そうでなければ、あの女はこの子をここに連れては来なかっただろう。

「僕はおチビちゃんじゃないよ。 ちゃんと名前があるからね」 ジャスティンは目の前の男をうっとうしそうに見つめた。

「じゃ、 君の名前を教えて?」 エドワードは面白がって微笑んだ。 「ジャスティン・ムー」 言い終わると男の子はエドワードを見た。エドワードは小さな男の子の振る舞いに気恥ずかしさを感じた。   だが、その小さな男の子の威張り腐ったような表情がとても可愛かった。

「ジャスティン・ムー」 あの女性は彼の素性を隠し通すつもりではなかったようだ。 それを知って彼の怒りは薄れていった。 たった一晩で赤ちゃんが産まれるなんて一体誰が想像できただろう。

「俺があなたのパパということは知っている?」

「はい、ママから聞いています」 ジャスティンは体勢を変えるために椅子の上で動いた。 彼は少し疲れていた。 早朝に陸軍基地からここに来て もうそろそろ正午を回るところだった。少しお腹も空いてきたのだ。

「じゃあ、どうしてもっと早くパパに会いに来なかったの?」 それこそがエドワードが知りたかったことだ。 また、デイジーがどのような経緯で軍の将校になったのか、それにも興味を持っていた。 他に彼女について知らなかったことは… この瞬間、エドワードは自分のいわゆる「妻」について殆ど何も知らなかったことに気が付いた。 彼女の生業さえも知らなかった。

「ママはパパがとても忙しい人って言ってるよ。だから邪魔したらダメって」 ジャスティンは一生懸命に説明しながらも、威張りくさった表情は変わらなかった。 年相応の可愛らしい態度にもかかわらず、その顔には彼の年齢よりもずっと大人びた悲しさがあった。

「ママがそう言ったの? 俺は忙しい、って?」 エドワードは動揺した。 確かに、彼は忙しかった。ただし、色々な女性たちといちゃつくのにな。 まさか一夜限りの妻と子供ができたなんて思ってもいなかった。 それに、彼女も一度も連絡しなかったし、もはや妻の存在をきれいさっぱり忘れてしまっていたのだ。 なんせ結婚した日の翌朝彼女を捨てて出て行ったのだから。  この結婚生活の為に、彼は毎年送金するよう秘書に指示をしただけだった。 もし今日、彼女の予期せぬ現れがなかったら、彼の人生にこの女が存在したことはもとより、自分が既婚男性ということすら忘れてしまったんだろう。

「そう、パパと他の女の人たちのことは、ママと一緒に毎日テレビで観てるから」 ジャスティンはこの場に慣れてはきたものの、父親に対して少しぶっきらぼうで歯に衣着せぬ物言いをした。 ママはパパが一緒に住んでいないのには理由があると言っていたが、それでもただの一度もママと自分に会いに来なかったのはおかしいと思っていた。

「どうやら君たちは、パパのことに対してとても関心を持つようだね」とエドワードは言った。 そして、ジャスティンの怒った皮肉っぽい顔を見て、思わず笑いだしてしまった。 エドワードの魅力的な佇まいに、幼いジャスティンさえも唖然とした。

「パパの事なんて別にどうだっていい もしパパがマヌケな笑顔で毎日テレビに出てなかったら、パパに会おうなんて思わなかったんだからね」 ジャスティンは怒っていた。なぜなら、エドワードが別の女性と一緒にテレビに映る度に、ママの目が真っ赤になるから。

「なんだって? マヌケな笑顔?」 どんな美人でも秒殺で虜にできるこの魅力的な笑顔が、どうしてこの少年の目にはマヌケな笑顔に映ったのだろう?

ジャスティンはパパのことを無視して、ふざけてふかふかのソファに飛び込んだ。 何だかんだ言って、まだ遊びたい盛りの小さな子供だったのさ。

「お腹空いてるかい?」 エドワードは時計を見るために腕に視線を落とした。  彼のどんな動作でも優雅そのもので、女性にモテるのも無理はないだろう。

「行こう! ランチに連れて行ってあげる」 エドワードは椅子に掛かったコートを取り、ジャスティンを抱き上げて、外に出て行った。

彼は息子がいるという事実を受け入れようとしていた。 自分の「妻」は今朝、断る隙さえ与えずに息子を預けて去ってしまった。 とはいえ、この少年が愛らしいということは紛れもない事実だ。 驚いたことに、世界がひっくり返るような出来事が起こっているにもかかわらず、自分は却って上機嫌になっている。

3ヶ月? 彼女が3か月後に再び彼を無視するかどうかを見届けるのが楽しみになってきた。 挑戦状を叩きつけられたような気分になったのだ。 追われる恋にはうんざりだが、追う恋には燃えてしまう彼の性だった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章また会う日まで2 第2章父と息子3 第3章社長の愛息4 第4章役立たずの女は嫌いだ5 第5章ジャンクフード6 第6章第6章 ボスは誰?7 第7章小さなムー氏8 第8章ママからパパを盗らないで9 第9章Capítulo独立した小さな男の子10 第10章俺がこの子の父親だ11 第11章転園12 第12章俺のことが好き?13 第13章妄想癖14 第14章ママに会いたい15 第15章ここに君の居場所は無い16 第16章変人17 第17章この悪魔は誰18 第18章一緒に倒れて19 第19章恥のかかせ合い20 第20章Capítuloフルーツレスラブ21 第21章Capítulo女性を隠す22 第22章Capítuloジャスティンは熱を持っています23 第23章Capítuloあなたは奇跡です24 第24章Capítulo私たちが見る25 第25章Capítuloジャスティンは誰ですか26 第26章Capítuloエドワードの荒廃27 第27章Capítuloなぜあなたは私のお母さんが好きではないのですか28 第28章Capítulo彼は今日怒っていた29 第29章Capítuloママが泣いた30 第30章CapítuloIt'sMe、Edward31 第31章Capítulo私はあなたを気にしません32 第32章CapítuloLothario33 第33章Capítuloあなたはお互いを知っています34 第34章Capítulo教えてくれませんか35 第35章Capítulo巻き毛のペルシャ人36 第36章Capítuloあなたはどれほど貧しいですか37 第37章CapítuloはMu氏を怒らせた38 第38章Capítulo難民39 第39章Capítulo彼女は明日来る40 第40章Capítuloあなたは私に魅了されていますか41 第41章Capítulo私は彼女の夫です42 第42章Capítulo私の妻43 第43章Capítulo家に帰ろう44 第44章Capítulo私はそれを取ることができません45 第45章Capítuloキスしたら目を閉じて46 第46章Capítuloエドワード・ムー、あなたは恥知らずです47 第47章Capítuloお父さんは食べられない48 第48章Capítulo離れないでください49 第49章CapítuloSeeMeOut50 第50章Capítulo私はあなたと話している51 第51章Capítulo彼女は誰ですか52 第52章Capítulo電話に出られませんでした53 第53章Capítuloあなたは何をしていますか54 第54章Capítuloは別の車があります55 第55章Capítulo今日あなたに仕えさせてください56 第56章Capítuloあなたは何もすることがありませんか57 第57章Capítuloあなたが台無しにできない誰か58 第58章Capítuloしかし、私は彼女の夫です59 第59章CapítuloGiveMeYour Phone60 第60章Capítuloあなたは何をするつもりですか61 第61章Capítulo戻ってきたら整理します62 第62章Capítulo彼は奇妙な行動をとっています63 第63章Capítuloあなたは空の脅威に満ちています64 第64章Capítulo次回は呼吸することを忘れないでください65 第65章Capítuloミスデイジー66 第66章Capítuloあなたはドアをノックすべきだった67 第67章Capítulo最近はかなり忙しい68 第68章Capítulo今日のあなたの獲物は不運な男69 第69章Capítuloあなたは私がいなくて寂しいですか70 第70章Capítuloくそー嫉妬71 第71章私には彼氏がいると言ったCapítulo72 第72章Capítuloあなたはよくパパのオフィスに行きますか73 第73章CapítuloミスOuyangはここにあります74 第74章Capítuloねえ、あなたは再び呼吸するのを忘れました75 第75章Capítuloあなたは本当にママが好きですか76 第76章Capítuloハニー、何を食べたいですか77 第77章Capítulo私は助けることができます78 第78章Capítulo私はタイムマシンに出くわしたかもしれません79 第79章Capítuloいつ結婚しましたか80 第80章Capítuloそれはあなたが思っていることではありません81 第81章Capítuloそれはパパとルークおじさんです82 第82章Capítuloだからあなたは走ることを計画している83 第83章Capítuloなぜあなたは私を信じないのですか84 第84章Capítuloあなたは私を心配していますか85 第85章Capítulo死ぬまで私たちは離れて86 第86章Capítulo私は誰であると思われますか87 第87章Capítuloハニー、あなたは何をしていますか88 第88章Capítuloあえて彼女に触れて89 第89章Capítuloあなたは薄すぎる90 第90章Capítuloあなたはそのような悪党です91 第91章Capítuloハニー、あなたはついにここにいます92 第92章Capítuloこれは私の将来の義理の妹です93 第93章Capítulo私を義姉と呼ばないでください94 第94章Capítulo老婦人95 第95章CapítuloはMu夫人が再び酔っている96 第96章Capítulo最初にシャワーを浴びてから、寝る97 第97章CapítuloCallMeBaby98 第98章Capítuloこれは許容範囲です99 第99章Capítulo大佐を台無しにしないでください100 第100章Capítulo私は愚かだと思いますか