icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第10章俺がこの子の父親だ
文字数:5669    |    更新日時:09/04/2021

真新しい日だった。 ムー家の朝は疑いなく慌ただしかった。 ウーおばさんは新しく到来した坊ちゃんの好みが分からなかったので、20種類以上の朝食を用意させた。 この「機転」は明らかにすべてを複雑にした。

昨日の夜パパが「明日幼稚園まで送る」と言っていたので、ジャスティンはウキウキしている。 パパがいないと嘲笑った人たちの鼻を明かしてやりたかったのだ。 なので彼は、機嫌よく、また素早く朝食を終えた。 その様子を見たエドワードは、この小さな男の子が今度は何を考えているのだろうと疑問に思った。

「急いで、パパ。 遅れるよ」 可愛らしい態度に何かあるに違いないとエドワードが思った。 甘えた声で「パパ」と呼ぶ時は決まって何かをたくらんでいると分かったので、 一体次に何が起こるのか知りたいのだ。

そこで腕を上げ、高価な腕時計を見た。 まだ7時なのに、なぜあんなにそわそわしてるんだ? 心配性の少年を無視し、彼はゆっくりと朝食を食べ続け、まるで芸術作品を完成させるかの如く優雅に行動した。 「なんて奴だ! 本当に頭に来る。 ふん! 今に見てろ!」 とジャスティンは思った。

「まだ早いし、 時間もたっぷりあるのだから、 心配することないだろ」 エドワードはこの期に及んでものんびりしていた。

「パパ、本当に大丈夫なの? 幼稚園がどこにあるのか知ってる?」

あ! 肝心なことを忘れた。 やばい。 彼は一瞬こわばったが、 大丈夫だとすぐに思い直した。 町の反対側にありでもしない限り、余裕で間に合うだろう。

「で? どこにあるの?」 エドワードはさらっと尋ねながらも悠長に振舞った。 彼はいかなる場合でも魅力的に居続けることを決して忘れなかった。

「GH通りにあるスター幼稚園」

「どうだい? これでもまだ落ち着いていられるかい?」 とジャスティンは心の中で皮肉った。

「そっか」 ええっ! エドワードは再び言葉を失った。 この子が来てからの2日間というもの、狼狽させられっぱなしではないか。 GH通りはまさに町の反対側に位置した。 なぜそんなに遠い幼稚園に通わすんだ? どんなに飛ばしても1時間はかかる場所だった。

「どうして遠くの幼稚園を選んだの?」 新婚夫婦の家として使われていた別荘は、ここからわずか20分足らずの場所にあったことを思い出した。 なのになぜ馬鹿みたいに遠くの幼稚園に? エドワードはデイジーがずっとその場所に住み続けていると思ったようだ。

「遠くないよ。 ママの軍隊の近くだよ」 なぜ遠いと思ったのだろう。 現にそこはデイジーが駐在している基地に最も近い、割と良い幼稚園だった。

なるほど。 送り迎えに便利だから、その幼稚園に行かせているわけか。 エドワードの推測が始まった。

「ママがお迎えに行けないときはどうしてるの?」 その別荘には運転手と乳母が手配されていたことを思い出したが、念のため尋ねた。

「マークおじさんが来るよ! でも、マークおじさんとママが別の基地に演習に行くときは、ケビンおじさんが迎えに来てくれる」 ジャスティンは時折目をしばたきながら首を傾げて父親を見た。

どうしたことか、Sシティで名を馳せる天下のエドワード・ムーともあろうものが、全く話について行けない。 彼は別荘付きの運転手は基地内に入ることを許されていないのを知っていた。 だとすると、マークおじさんとは誰なのか? ケビンおじさんは誰? そう考えながら、思わず心の声を口に出してしまっていた。

「マークおじさんはママに付き添う副官で、ケビンおじさんは軍隊の参謀長だよ!」 ジャスティンは目の前の男を不思議そうに見た。 「くだらない事ばかり聞いてきて、馬鹿なのかな?」と思った。

残念ながらエドワードも全知全能ではない。 特にこれらの事は予想すらできなかった。

「メープルナイトに住んでいないの?」 エドワードの胃がキリキリと痛み始めた。 嫌な予感が当たってしまうのではないかと恐れていたのだ。

「誰が僕たちがそこに住んでるって言ったの? 小さい頃はママと一緒に軍の寮に住んでたよ! ところで、メープルナイトって何?」 ジャスティンは好奇心旺盛だった。 なぜそこに住んでいることになったの? 彼はそんな場所、聞いたこともなかった。

エドワードは何が起こっても、もう驚かないつもりでいたが、これを聞いて不覚にも再びあっけにとられた。 デイジーも彼と同様に、もう二度とその場所には戻りたくない、と思っていたことは少し想像を巡らせれば容易に分かったはずだ。 もし彼女が何年も別荘に住んでいたのなら、どこかでばったり会っていただろうし、別荘の人々は彼に息子がいることを伝えたはずだ。

とはいえ、仮にばったり会ったとしても、彼女に気づくか否かはまた別の話だ。 現に昨日、デイジーがすぐ目の前に立っていたにもかかわらず、結婚証明書を見せられるまで彼女が誰なのか思い出せなかった。

「よし、急ごう!」 エドワードは動揺していたが、本心を内に秘めたままブリーフケースとコートを手に取り、出て行った。 都合が悪くなるとすぐに話をはぐらかす。 その誤魔化しの精神は彼の助手からも見て取れる。 所詮、朱に交われば赤くなるものなのだ。

ジャスティンは密かに父親を軽蔑した。 昨日だってこの罪深い男は一日中不誠実で気まぐれだった。 ママはよりによってこんな男が好きなんて、趣味が悪いにもほどがある! ジャスティンは泣きたかった。

玄関に着くと、ルークが運転するランボルギーニが近付いてきた。それを見たジャスティンの顔は引きつった。 昨日のフェラーリ限定版のスポーツカーからすると、この男がいかに浪費家であるか察しはついていたが、 まさか今日、ランボルギーニエルメスまで見られるとは思わなかった。 一体どれだけ世界クラスの車を持てば気が済むだろう! どうやら目の前の男を見直さなければならないようだ。

「何してるんだ? 急がないと本当に遅刻するぞ」 この子は何を考えているんだろう? 俺の車を見てこんなにも驚くのか? まさかいくらするのが知っているのではないか?

まさにその通りだ。 いつもパソコンを弄るかいがあって、この子はいろいろ知っている。 ジャスティンは、疑問に思う父親を無視して一言も言わずに車に乗り込んだ。

さすが 気性が激しい子だね。 エドワードはジャスティンの為に入念にシートベルトを調整し、クラッチを踏んで車を走らせた。 一連の動作を流れるようにやってみせた。

幼稚園に向かう間、ジャスティンはずっと黙っていた。 父親の贅沢な暮らしぶりと比較すれば、自分と母親は貧困生活を送っていたようなものだ。そして今、そのことに気が付いてしまったのだ。 確かに、彼らは一般の人々と比べれば裕福かもしれないが、 エドワードと比べると、天と地ほどの差がある。

エドワードもまた深く考え込んでいたので、不機嫌なジャスティンのことを捨て置いた。 名目上の妻が別荘に住んでいないとは思っていなかった。 まさか毎年彼女に送っていたお金も使わなかったのか? たとえ自分がそこに居なくとも、 彼女がムー夫人の肩書を笠に着て悠々自適な生活をしていると思った。 その点、彼は彼女を正当に扱っているつもりでいた。 しかし、現状から見ると彼が挫折し、罪悪感さえ覚えた。 6年前のデイジーは、ただの初々しい少女だった。 そのような厳しい状況下で、彼女はどうやって息子を育てながら、軍隊に生き残ったのだろう?

父と息子は異なる考えを持っている。 幸い、午前中は車が少なかったので、始業時間に何とか間に合った。 賑やかなダウンタウンとは違って、幼稚園は郊外にあった。そのため、エドワードの派手なスポーツカーは多くの人々の注目を集めた。

人々の視線を集めることに慣れていたエドワードは、臆することなくいつも通り優雅に振舞った。 しかし、ジャスティンは元気が無かった。 騒ぎになる事は最初から分かっていたので、この車に乗るのが嫌いだった。 ほら!やっぱり噂の的になっているんじゃないかとジャスティンは思った。 だが父親の方は魅力を放ちながら、ひたすら微笑んでいた。 クラスメイトにパパがいることを示している場合どころか、 穴があったら入りたい! 目立ちたがり屋ではないジャスティンにとって、 人々の話題になるなんて冗談じゃなかった。

エドワードはジャスティンに続いて幼稚園に入った。 息子の深刻な顔を見て、何が気に入らないのか全く見当がつかなくて、思わず笑ってしまった。 その笑顔が子供を送りに来た女性たちを魅了し、多くの男性をおとしめた。 エドワードは意外と 鈍感だったようだ。

「ジャスティン、止まれ!」 突然子供の声がして、ぎくしゃくした父と子は同時に止まった。 小太りの男の子が走って来て、ぽっちゃりとした手でジャスティンを押した。 その瞬間エドワードの目は鋭く光った。 彼は咄嗟に手を伸ばし、倒れそうになった身体を受け止めた。

「フィッチ・ルー、どうして僕を押したの?」 ジャスティンは憤慨した。 この少年は大きな体で彼をいじめるのが好きだったが、なぜか一度も彼を倒すことができなかった。 ジャスティンは物心ついた頃から軍隊のおじさん達に喧嘩の仕方を教えてもらっていたから、 フィッチが勝てるわけがない。

「ジャスティン、うちのママがお前のこと婚外子だって言ってたぞ お父さんが居ないからな。 お父さんがいるとか嘘つくなよ」 小さなおデブちゃんはエドワードの顔つきがどんどん険悪になっていくのにも気付かない様子でジャスティンを罵るのに夢中になっていた。

「なぜそんなこと言うんだ? パパは居るって言ってるだろ。 それに僕は婚外子じゃない!」 なんてことだ! もちろん彼は婚外子ではない。 ところが、すぐ側にいる男がもう怒りに震えていた。

「それなら、お前のお父さんをここに連れて来て証明しろよ! そしたらみんなお前のこと婚外子って呼ばねーよ あとうちのママがお前のお母さんはメギツネだって言ってたぜ。 だからお父さんが居ないんだって」 やれやれ! この子の親はどうなってるんだ! 子供に何を吹き込んでいやがる! ああ!

ジャスティンはカッとなった。 エドワードが反応する前、彼は直ちにフィッチを殴った。 自分は何を言われても我慢できるが、母親に対しての暴言は決して許せない。 父親と同じく、ジャスティンも大切な人が他人に傷つけられることを容赦しない性格だ。

「ジャスティン、また鼻を殴ったな!」 フリッチは鼻を押さえたまま走って行った。 ツイてないな! 毎回と言っていいほどジャスティンに鼻を殴られた。

エドワードはもう穏やかではいられなかった。 「ジャスティンは俺が反応する前に咄嗟の判断力で躊躇なくその少年を殴った。 とんでもない子だ」 エドワードは息子がこの先誰からもいかなる種類の苦痛やいじめにも苦しむことは決してないことに気付いた。 自分のために戦うことができるのだから。 そう思うと、少し気が楽になり、いつもの微笑みが戻ってきた。

「この婚外子、なんて育ちが悪いの! よくもうちの子を殴って、 あなたの母親はちゃんと 躾けなかったのかしら?」 化粧の濃い女がしゃしゃり出てきた。 フィッチ・ルーの母親だった。 その口汚い言葉はエドワードの笑顔を再び奪った。 彼は鋭い目で女性を狙っている。

「おばあさん、その婚外子とは誰のことですか? あなたが連れているその子?」 エドワードもお人好しではないんだ。 ジャスティンの辛辣で批判的なもの言いは彼譲りだ。 汚い言葉を使わずとも的確に罵る。 実際、その女性はそれほどには年を取っていなかった。 ただ化粧が濃く、派手な服を着、鋭い舌を持ち、不品行を行っていただけ。 まあ確かに、おばあさんだったかもしれない。

「はぁ? あなたは誰?」 この毒のある女はようやくとんでもないイケメンが近くにいることに気が付いて、 大きな声はすぐに下がった。

エドワードはいつもほど魅力的ではなかったのか、今朝の彼は存在感が薄いようだ。「申し訳ありませんが、俺は彼の父親であり、あなたがおっしゃっているメギツネの夫です。 で、おばあさん、俺が誰だとお思いですか? ふん!」 エドワードの口調からは冷酷さと怒りが感じられた。 彼の笑顔は消え去り、 怒気をみなぎらせている。 目さえ氷のように冷ややかだった。 彼が鋭い目つきで見つめていたこの女性はもちろん、ジャスティンさえもこの光景に震えずにはいられなかった。 彼女はついにこの男がどれほど危険であるかを思い知った。 冷酷な顔を見たとき、恐怖のあまり腰が抜けそうだった。 彼女の大胆さは消えた。 悪者は冷酷な者を恐れ、冷酷な者は悪魔を恐れる。

「空気を汚さないように、今度から外出する前に歯を磨くことを忘れないでください。 二度と会いたくない。 そうでなければ、俺を苛立たせたらどうなるかを教えて差し上げる」 エドワードは本当に激怒したようだった。 脅迫さえも厭わなかった。

実際に彼を苛立たせたらどうなるのだろう?

ルー夫人の顔は あまりの恐ろしさに青ざめた。 実際、彼女はデイジーを憎んでいたわけではなかった。 ただ、園のイベントである親子ゲームの時毎回夫を魅了する彼女の高潔さが鼻について、心底気に食わなかっただけなのだ。 自分と比較されるのが我慢できなかった。

デイジーの高潔さは、 生まれつきのものだった。 魅力に溢れるのは彼女のせいではなかった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章また会う日まで2 第2章父と息子3 第3章社長の愛息4 第4章役立たずの女は嫌いだ5 第5章ジャンクフード6 第6章第6章 ボスは誰?7 第7章小さなムー氏8 第8章ママからパパを盗らないで9 第9章Capítulo独立した小さな男の子10 第10章俺がこの子の父親だ11 第11章転園12 第12章俺のことが好き?13 第13章妄想癖14 第14章ママに会いたい15 第15章ここに君の居場所は無い16 第16章変人17 第17章この悪魔は誰18 第18章一緒に倒れて19 第19章恥のかかせ合い20 第20章Capítuloフルーツレスラブ21 第21章Capítulo女性を隠す22 第22章Capítuloジャスティンは熱を持っています23 第23章Capítuloあなたは奇跡です24 第24章Capítulo私たちが見る25 第25章Capítuloジャスティンは誰ですか26 第26章Capítuloエドワードの荒廃27 第27章Capítuloなぜあなたは私のお母さんが好きではないのですか28 第28章Capítulo彼は今日怒っていた29 第29章Capítuloママが泣いた30 第30章CapítuloIt'sMe、Edward31 第31章Capítulo私はあなたを気にしません32 第32章CapítuloLothario33 第33章Capítuloあなたはお互いを知っています34 第34章Capítulo教えてくれませんか35 第35章Capítulo巻き毛のペルシャ人36 第36章Capítuloあなたはどれほど貧しいですか37 第37章CapítuloはMu氏を怒らせた38 第38章Capítulo難民39 第39章Capítulo彼女は明日来る40 第40章Capítuloあなたは私に魅了されていますか41 第41章Capítulo私は彼女の夫です42 第42章Capítulo私の妻43 第43章Capítulo家に帰ろう44 第44章Capítulo私はそれを取ることができません45 第45章Capítuloキスしたら目を閉じて46 第46章Capítuloエドワード・ムー、あなたは恥知らずです47 第47章Capítuloお父さんは食べられない48 第48章Capítulo離れないでください49 第49章CapítuloSeeMeOut50 第50章Capítulo私はあなたと話している51 第51章Capítulo彼女は誰ですか52 第52章Capítulo電話に出られませんでした53 第53章Capítuloあなたは何をしていますか54 第54章Capítuloは別の車があります55 第55章Capítulo今日あなたに仕えさせてください56 第56章Capítuloあなたは何もすることがありませんか57 第57章Capítuloあなたが台無しにできない誰か58 第58章Capítuloしかし、私は彼女の夫です59 第59章CapítuloGiveMeYour Phone60 第60章Capítuloあなたは何をするつもりですか61 第61章Capítulo戻ってきたら整理します62 第62章Capítulo彼は奇妙な行動をとっています63 第63章Capítuloあなたは空の脅威に満ちています64 第64章Capítulo次回は呼吸することを忘れないでください65 第65章Capítuloミスデイジー66 第66章Capítuloあなたはドアをノックすべきだった67 第67章Capítulo最近はかなり忙しい68 第68章Capítulo今日のあなたの獲物は不運な男69 第69章Capítuloあなたは私がいなくて寂しいですか70 第70章Capítuloくそー嫉妬71 第71章私には彼氏がいると言ったCapítulo72 第72章Capítuloあなたはよくパパのオフィスに行きますか73 第73章CapítuloミスOuyangはここにあります74 第74章Capítuloねえ、あなたは再び呼吸するのを忘れました75 第75章Capítuloあなたは本当にママが好きですか76 第76章Capítuloハニー、何を食べたいですか77 第77章Capítulo私は助けることができます78 第78章Capítulo私はタイムマシンに出くわしたかもしれません79 第79章Capítuloいつ結婚しましたか80 第80章Capítuloそれはあなたが思っていることではありません81 第81章Capítuloそれはパパとルークおじさんです82 第82章Capítuloだからあなたは走ることを計画している83 第83章Capítuloなぜあなたは私を信じないのですか84 第84章Capítuloあなたは私を心配していますか85 第85章Capítulo死ぬまで私たちは離れて86 第86章Capítulo私は誰であると思われますか87 第87章Capítuloハニー、あなたは何をしていますか88 第88章Capítuloあえて彼女に触れて89 第89章Capítuloあなたは薄すぎる90 第90章Capítuloあなたはそのような悪党です91 第91章Capítuloハニー、あなたはついにここにいます92 第92章Capítuloこれは私の将来の義理の妹です93 第93章Capítulo私を義姉と呼ばないでください94 第94章Capítulo老婦人95 第95章CapítuloはMu夫人が再び酔っている96 第96章Capítulo最初にシャワーを浴びてから、寝る97 第97章CapítuloCallMeBaby98 第98章Capítuloこれは許容範囲です99 第99章Capítulo大佐を台無しにしないでください100 第100章Capítulo私は愚かだと思いますか