icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第15章ここに君の居場所は無い
文字数:3413    |    更新日時:09/04/2021

エドワードは、カフェに入るとすぐにジェシカ・リンを見つけた。 できれば彼女に会うことは避けたかったのだが、過去の関係上、仕方がない。

ジェシカは、エドワードがなぜ彼女に無関心になったのか知らされることも無いまま、 レン家のパーティー以来ずっと エドワードに避けられていたので、 彼に何を告げられるか怖かった。 それでも、今日は久し振りに彼に会えるという事で、精一杯おしゃれをした。 その甲斐あって、今日の彼女はまた魅力的で可愛らしい。

「エドワード、会えて嬉しい」 ジェシカは同時に喜び、恥ずかしさ、驚きの3つの表情を露わにしながら、立ち上がって言った。

エドワードは彼女の言葉に無表情でうなずき、 仏頂面のまま、柔らかいソファに身を沈めて彼女をちらりと見た。

「用事でもあるのか」と尋ねた。 エドワードは一度何かを決めたらゆるぎない意志を貫く人物で、 元カノに執着することは決してなかった。 興味のない女に愛されてもうっとうしいだけだったから。

「エドワード、どうして電話に出ないの? すごく寂しい」 ジェシカは言葉を一つ一つ注意深く選んで使った。 目の前の男は理想的な彼氏ではあったが、決してそれ以上の深い関係を求めてこなかった。 それでも、エドワードが遅かれ早かれ自分のものになると信じていたので、不安になることは無かった。

彼が思いやりのある女性が好きだと知って、ジェシカはいつも寛大で寛容で愛情のある人を演じてきたし、 彼と一緒にいるためにあらゆることを試みた。 その試みが功を奏し、遂に彼女は彼と最も長く付き合った女性という肩書を手にした。その関係に満足していた矢先、 突然彼の息子が現れたのだ。 こればかりは完全な想定外で、一体誰がこの展開を予測できただろう。 さらに悪いことに、彼の気持ちが冷めてしまっている。 その一変した気持ちについて、何も分からないことが、彼女の恐怖と絶望を掻き立てた。

「ジェシカ、お前は俺のこと分かってくれてると思ってた。 でもそれは間違いようだな」 エドワードは穏やかな声で言った。 彼女を避けた理由は、彼女の本当の心が見えてしまったから。 彼は、自分を思い通りに操ろうとする女性や特別扱いされていると思い込み、彼女ヅラする女性が嫌いだった。

「私が何をしたって言うの? なぜ私は振られたの? 理由を教えて。 あなたの為なら変われるし、何でもできるって知ってるわよね?」 ジェシカは潤んだ目で、下唇を震わせながら言った。 彼女の青白い顔と儚げに輝く姿は、エドワード以外のすべての人を魅了したが、 肝心の彼は、まるで血が通っていないかのような無表情を崩さなかった。 エドワードは情熱的な男だったが、一方冷酷な面も持ち合わせていて、 詰まる所、そういう人と一緒にいてもケガをするのが落ちだ。

「お前には何の落ち度もない。 お前は美しくて魅力的だ。 ただ俺がお前への興味を失っただけ」 相手の気持ちに全く配慮のない残酷な言葉が、 薄い唇からそっと吐き出された。

その言葉は落雷のようだった。 ジェシカは信じられないといった面持ちでスカートをぎゅっと握りしめ、その顔はどんどん青ざめていった。 自分が彼にとって特別な人ではなかったという事実を受け入れるのは困難で、 息をするのも忘れた。たった今エドワードに言われたことを考えると、目いっぱいに涙が溢れ出た。

「どうして? あなたの息子の母親のことが好きになったの?」 ジェシカは声を震わせながら言った。 どの女性が彼女に取って代わったのか知りたかったのだ。

それを聞いたエドワードは深刻になり、石のような静かな顔で彼女を見た。 彼はふかふかのソファの上で、姿勢をピンと正し、再び残酷な言葉を吐き出した。「ジェシカ、君の居場所はここには無い。 君はたくさんいる女性の中の一人で、 俺の愛に値する人物ではない」

これらの辛辣な言葉は彼女のすでに青白い顔をさらに青ざめさせた。 そして、湧き上がってくる嫉妬と憎しみに満ちた彼女は、何らかの復讐の手段を思いついた。 自分が彼の愛を手にできなかったのなら、他の誰にも手にできない。させてたまるものか。 そう考えながら美しい顔に恐ろしい形相を浮かべ、思わずよろめいたが、 その表情はすぐに消えた。

「エドワード、今日のことは忘れないで! あなたはこのことを絶対に後悔するから」 と捨て台詞を吐いた後、 走ってカフェを飛び出し、すぐに群衆の中に消えて行った。

エドワードは無力感にさいなまれながら、ソファに頭をうずもれさせた。 これまでのことを振り返ると、自分が彼女に何の感情も抱いてなかったと言えば噓になる。 ただ、彼女が望むものと、彼が与えられるものが違ったのだ。 だからこそ、関係を解消するにあたって、彼女が抱いていたすべての幻想を打ち砕かなければならなかった。 お互いに必要なものを必要な時に与え合うだけの関係。それは最初から明確にしてあったはずなのに。 完全に自己責任で付き合い、いつでもあと腐れなく別れる、という約束だったにも関わらず、 彼女は彼を愛してしまった。

「こんにちは、 ムーさん。 またお会いできましたね。 これって運命かしら?」 美しい声がエドワードの考えを遮ったので、 頭を上げると、優しく微笑む女性が目に入った。 彼女のきりっとした黒い瞳には柔らかさがあった。

「シャンガン さん、 それはどういう意味?」 なぜこの女性は会うたびにからかうような物言いをするのか、 理由が分からず少し困惑した。

「え? ムーさんは どうお思いになりますか?」 ベリンダは、彼の挑発を上手くかわして、優しい笑顔で言った。

「どこであなたの興味を引いたのか心当たりが無いけれど、 あの手この手で俺を落とそうとしているとしか思えない」 そう言うとエドワードは彼女をちらりと見た。

「ムーさん、 あなたは本当に面白い人だわ。 私には彼氏がいないけれど、だからってあなたに恋をするなんて有り得ないわ」 ベリンダはあざけるような笑顔で言った。 「彼と恋に落ちるですって? バカにするのもいい加減にして。 なんてうぬぼれた人なのかしら!」 ベリンダは心の中で考えた。

「シャンガンさん、 もっと素直になった方がいい」 彼女の挑発的な言葉を無視し、冷笑を浮かべて言い放った。

「ムーさん、あなたはナルシストね」 ベリンダはこの種の人間にうんざりしていたので、 怒りを露わにして食って掛かった。

「しかし、ただのナルシストじゃなくて、本当に魅力的なことは紛れもない事実だからな」 エドワードはうっすらと笑いを浮かべてゆっくりと言った。 彼を言い負かすことは不可能だった。

でもベリンダも負け嫌い性格で、優しい笑顔を武器に反撃した。 「ムーさん、あなたの魅力を疑っていないからこそ、 あなたのことを女たらしの色魔だと言っているの」 強い女性として、上からねじ伏せてくるような人に屈するわけにはいかない。

エドワードは腹を立てるどころか、微笑んで、 「シャンガンさん、やきもちを焼かなくても大丈夫、 俺と寝る機会は無くても、望むならあなたの性的欲求を満たすくらいのことはできる」 と、荒っぽくはあるが、礼儀正しく言った。

ベリンダは内心動揺しながらも、 心の中で考えた。「他の男性とは違って、エドワードは強い自制心のある人だわ。 優雅に笑いながら人を侮辱して、 つかみどころのない悪魔ね!」 彼女は唇を噛み、可愛らしく微笑んだ。

「大した自信だけれども、あなたが私の欲求を満たすことはできないのではないかと心配だわ。 それに私はあいにく尻軽ではないので」 そう言い終わると、エドワードの顔も見ずにすぐにカフェを後にした。

ベリンダは歩きながら先の戦いについて振り返った。「あのタイミングで去ったのは賢明だったわ。 彼には私を満足させられないって言ってやったのは傑作だった。 これが彼の怒りのツボに違いない。 そう言われるとあの男は何をするか分からないので、 あまり接触するのは危険だわ」

予想通りエドワードはベリンダの言葉に激怒した。 俺の性機能を疑うとは? このように軽蔑されたことなど今までに無かったぞ! エドワードは怒ってこそいたが、ベリンダが急いで店から逃げていく姿を見て微笑んだ。 所詮、威勢ばかりの「張り子の虎」だ。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章また会う日まで2 第2章父と息子3 第3章社長の愛息4 第4章役立たずの女は嫌いだ5 第5章ジャンクフード6 第6章第6章 ボスは誰?7 第7章小さなムー氏8 第8章ママからパパを盗らないで9 第9章Capítulo独立した小さな男の子10 第10章俺がこの子の父親だ11 第11章転園12 第12章俺のことが好き?13 第13章妄想癖14 第14章ママに会いたい15 第15章ここに君の居場所は無い16 第16章変人17 第17章この悪魔は誰18 第18章一緒に倒れて19 第19章恥のかかせ合い20 第20章Capítuloフルーツレスラブ21 第21章Capítulo女性を隠す22 第22章Capítuloジャスティンは熱を持っています23 第23章Capítuloあなたは奇跡です24 第24章Capítulo私たちが見る25 第25章Capítuloジャスティンは誰ですか26 第26章Capítuloエドワードの荒廃27 第27章Capítuloなぜあなたは私のお母さんが好きではないのですか28 第28章Capítulo彼は今日怒っていた29 第29章Capítuloママが泣いた30 第30章CapítuloIt'sMe、Edward31 第31章Capítulo私はあなたを気にしません32 第32章CapítuloLothario33 第33章Capítuloあなたはお互いを知っています34 第34章Capítulo教えてくれませんか35 第35章Capítulo巻き毛のペルシャ人36 第36章Capítuloあなたはどれほど貧しいですか37 第37章CapítuloはMu氏を怒らせた38 第38章Capítulo難民39 第39章Capítulo彼女は明日来る40 第40章Capítuloあなたは私に魅了されていますか41 第41章Capítulo私は彼女の夫です42 第42章Capítulo私の妻43 第43章Capítulo家に帰ろう44 第44章Capítulo私はそれを取ることができません45 第45章Capítuloキスしたら目を閉じて46 第46章Capítuloエドワード・ムー、あなたは恥知らずです47 第47章Capítuloお父さんは食べられない48 第48章Capítulo離れないでください49 第49章CapítuloSeeMeOut50 第50章Capítulo私はあなたと話している51 第51章Capítulo彼女は誰ですか52 第52章Capítulo電話に出られませんでした53 第53章Capítuloあなたは何をしていますか54 第54章Capítuloは別の車があります55 第55章Capítulo今日あなたに仕えさせてください56 第56章Capítuloあなたは何もすることがありませんか57 第57章Capítuloあなたが台無しにできない誰か58 第58章Capítuloしかし、私は彼女の夫です59 第59章CapítuloGiveMeYour Phone60 第60章Capítuloあなたは何をするつもりですか61 第61章Capítulo戻ってきたら整理します62 第62章Capítulo彼は奇妙な行動をとっています63 第63章Capítuloあなたは空の脅威に満ちています64 第64章Capítulo次回は呼吸することを忘れないでください65 第65章Capítuloミスデイジー66 第66章Capítuloあなたはドアをノックすべきだった67 第67章Capítulo最近はかなり忙しい68 第68章Capítulo今日のあなたの獲物は不運な男69 第69章Capítuloあなたは私がいなくて寂しいですか70 第70章Capítuloくそー嫉妬71 第71章私には彼氏がいると言ったCapítulo72 第72章Capítuloあなたはよくパパのオフィスに行きますか73 第73章CapítuloミスOuyangはここにあります74 第74章Capítuloねえ、あなたは再び呼吸するのを忘れました75 第75章Capítuloあなたは本当にママが好きですか76 第76章Capítuloハニー、何を食べたいですか77 第77章Capítulo私は助けることができます78 第78章Capítulo私はタイムマシンに出くわしたかもしれません79 第79章Capítuloいつ結婚しましたか80 第80章Capítuloそれはあなたが思っていることではありません81 第81章Capítuloそれはパパとルークおじさんです82 第82章Capítuloだからあなたは走ることを計画している83 第83章Capítuloなぜあなたは私を信じないのですか84 第84章Capítuloあなたは私を心配していますか85 第85章Capítulo死ぬまで私たちは離れて86 第86章Capítulo私は誰であると思われますか87 第87章Capítuloハニー、あなたは何をしていますか88 第88章Capítuloあえて彼女に触れて89 第89章Capítuloあなたは薄すぎる90 第90章Capítuloあなたはそのような悪党です91 第91章Capítuloハニー、あなたはついにここにいます92 第92章Capítuloこれは私の将来の義理の妹です93 第93章Capítulo私を義姉と呼ばないでください94 第94章Capítulo老婦人95 第95章CapítuloはMu夫人が再び酔っている96 第96章Capítulo最初にシャワーを浴びてから、寝る97 第97章CapítuloCallMeBaby98 第98章Capítuloこれは許容範囲です99 第99章Capítulo大佐を台無しにしないでください100 第100章Capítulo私は愚かだと思いますか