icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第10章トップ記事
文字数:2955    |    更新日時:22/02/2021

「誤解しないでくれ。 レイチェルに何かあったから、助けに行っただけだ」 チャールズが説明した。

オータムはチャールズが言い訳をすると思わなかった。 彼女は恥ずかしそうに笑い、「別に説明する必要はないわ。 私達はただのパートナーだし。 私、あなたのプライベートに関して気にしてないわ。 ただ、パパラッチに捕まらないように気をつけて」

「解った」 オータムの真面目な様子はチャールズを苛つかせ、彼は突然食欲を無くした。 箸を置き、「満腹だ」と言った。

オータムは一瞬呆然とした。 彼はレイチェルのせいで機嫌が悪いと思っていたので、 何も言わずに器と箸を片付け、二階に上がった。

翌朝、使用人が居ない為、オータムは早く起きて朝食を作らなければならなかった。 台所には卵と小麦粉があるのを見て、 彼女は小麦粉と水を混ぜて生地を作り、それからオムレツを作った。 朝食が出来上がったとき、チャールズも起きた。彼は意気揚々としていた。

家中にオムレツの匂いが漂っていたと気づいて、 彼は台所をちらりと見て、表情を和らげた。

彼はオータムの存在がこの家に暖かさをもたらしていると感じていた。

「さあ、朝食を食べにきて」 オータムがチャールズに挨拶した。 オムレツと作りたての豆乳はチャールズの食欲をそそり、 オータムのおかげで食へのこだわりが強くなりそうだと彼は思った。

「チャールズ…」 チャールズは朝食後に仕事に出かける所だったが、オータムが恐る恐る彼を引き止めた。「私、地下鉄で会社に行くわ。 乗せて行ってくれなくてもいいわ」

「お前を乗せていくって言ったか?」 チャールズはオータムを見て言った。

彼は、「他の女達は俺の車に乗りたがるんだが。結構だ! 俺が何故こんな冷血な奴に感情を持つんだ?」と思っていた。

そして、振り返らず家を出た。 オータムは立ち尽くし 唖然としていた。 私、何か言ったかしら?

チャールズが動揺しているように 感じたけど。

チャールズが真面目腐った顔つきでオフィスについたので、 皆を神経質にさせた。 デビッド・ファンはチャールズのオフィスのドアの前で長いこと考えており、 あえてドアをノックをせずにいた。

「そこで何してるんだ? 入って来い!」 チャールズが叫んだ。 曇りガラス越しではっきりと見えなかったが、誰かがドアの前を行ったり来たりしているのが見えていた。 このことが彼を激怒させた。

「ルー… … 様… ルー様」 デビットがチャールズの前に神経質に立った。 やっちまった。 ルー様は今日機嫌が悪い。よりによってこんなことがあった。 しかし、報告しないわけにはいかない。 どうしよう?

「何が起こった?」 デビッドの呆然とした顔を見て、チャールズが怒って叫んだ。

「今日… 今日のY市モーニングポストをご覧になりましたか?」 デビッドが慎重に尋ねた。

モーニングポスト?

チャールズは今朝、風変わりな朝をオータムと過ごし、 新聞を読む時間はなかった。

「何が起きたんだ?」 チャールズが眉をひそめた。

デビッドは深呼吸をし、チャールズに叱られる準備をした。 「ルー様、あなたのことがトップページのニュースになっています」

話し終えると、彼は注意深く今朝のモーニングポストを差し出した。 表紙の「シャイニングカンパニー取締役、新婚の妻を裏切りセレブレイチェル・バイと一晩過ごす」という見出しがチャールズの目に入ってきた。

チャールズはその記事に全く興味がなかったが、彼とレイチェルがホテルに入っていく写真をはっきりとみた。

「ルー様。 このニュースは議論を引き起こしています。 あなたの祖父様に知られたら…」 デビットはそう考えるだけで身震いした。 権力のあるチャールズ・ルーでさえ、 彼の祖父の前では子供同然であるからだ。

「誰がこの記事をでっち上げ、公表したのか調べてくれ。 そいつをメディア業界から永久追放してやる」 と、チャールズが激怒した。 そして、「祖父にこのことは知られたくない」と、付け加えた。

「承知しました」 デビットはそれらを書き留め、 「ルー様、この件はどうしますか? 釈明会見を開きますか?」と聞いた。

「必要ない」 チャールズは首を振った。 シャイニングカンパニーの新製品が公表されようとしている所だった。 このニュースは公衆の興味を惹くのに役に立っていた。

「他に何かあるのか?」 チャールズはデビットがまだ突っ立っているのを見て眉を上げた。

「ルー様、 クラウド広告会社のイェさんから、企画の修正が終わったと連絡がありました。 アポを取りたいと…」

「今だ!」 チャールズはデビットの言葉に割り込んだ。

「な… 何ですか?」 デビットはチャールズの助手を長年しており、彼のことはよく知っている人だと思っていた。 しかし今、彼はチャールズの事は全く理解していなかったと気づいた。

例えば、今彼は何故チャールズがクラウド広告会社の事を聞いた途端激怒したのかわからなかった。

もしかして… ルー夫人のせいなのか?

頭の中が混乱していたが、デビットはすぐチャールズとクラウド広告会社に出向くための車を用意した。 やはりデビットはアシスタントのプロだった。

チャールズの要望に従って修正した企画は、 デビットでさえ完璧な企画だと思っていたのだが、チャールズはそれに満足していなかった。

「くだらない! やりなおしてくれ!」 チャールズは、オータムの無関心な態度を思い出して心が乱れたので、彼女に辛く当たるのを止められなかった。

「あの… … ルー… ルー様?」 デビットは、チャールズが彼自身の権力を使って、プライベートのことでけちをつけていたことに気づき、眉間に皺を寄せた。

しかし、チャールズから冷やかに見つめられたため、彼は口を閉じて顔を伏せた。

「ルーさん、 報告会は確かに適切ではないです。 ワインパーティーにしたら、どうですか?」 ライアンは大喜びした。

「ルーさん 」 オータムは長期間一生懸命その企画のために働いた。 この間チャールズは明らかに満足していたのに、 何故彼の希望通り見直した企画が気に入らないのだろうか? そう思って、オータムも少し腹が立ち、「何が気に入らないんですか? 教えてください」と、聞いた。

「全てだ」 チャールズの冷淡な答えに、 オータムは激怒し顔を赤らめた。

彼女は馬鹿ではない。 チャールズが彼女に復讐をしていることに気がついていた。

しかし、いつ彼を怒らせるような事をしたのか彼女にはわからなかった。

チャールズはオータムの表情を見て、彼女が個人的に助けを求めにくると思った。 が、オータムは意地で顔を上げ、チャールズを見つめて言い放った。「わかりました! やり直します」

チャールズはどう答えていいかわからず、呆然とした。

ポーラ・パンはオータムの事が嫌いだったので、チャールズの行動に得意気になった。 ついにオータムを嘲笑える時がきたのだ。 会議室を出た後、オータムはポーラの皮肉を聞いた。「誰かさんは恥知らずね。 もし私が彼女だったら、会社に居続けることが恥ずかしくて辞めるわ」

オータムは全く気にしなかったが、その言葉を聞いたチャールズは眉をあげた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章わかったわ!彼と結婚するわ!2 第2章契約書3 第3章仕事に戻る4 第4章レイチェル・バイの計画5 第5章同居6 第6章プレゼンテーション7 第7章家8 第8章一体どうしたのだ9 第9章私の事、愛してる? 10 第10章トップ記事11 第11章私をかばった夫、チャールズ12 第12章初めて、シャイニングカンパニーへ13 第13章忙しい?なにに? 14 第14章レイチェルかオータムか15 第15章彼女を首にして!16 第16章レイチェルからの警告17 第17章ポーラのアフタヌーンティー18 第18章ディナー19 第19章新企画部長は誰に20 第20章酔っ払い21 第21章大家族でのディナー22 第22章彼女の話を遮る23 第23章変わったいとこ24 第24章チャールズの義理宅への訪問25 第25章イボンヌがチャールズを取り戻す26 第26章ボーイフレンドか男娼か27 第27章ルー夫人28 第28章別れ29 第29章ゲイリーの怒り30 第30章一千万円を貸してください31 第31章一緒に寝る32 第32章デートの日33 第33章邪魔者34 第34章甘い汁を吸ったのに文句言う35 第35章チャンスをくれ36 第36章クリスとチャールズの対決37 第37章オフィスでの冷やかし38 第38章ポーラの権力闘争39 第39章退職40 第40章ポーラの大失敗41 第41章できることは何もない42 第42章ルー夫人に教える43 第43章どうにもならない奴44 第44章真実45 第45章お前を養う46 第46章オフィスに戻る47 第47章彼女は戻ってこないだろう48 第48章はめられる49 第49章店での口論50 第50章真実は勝つ51 第51章偶然52 第52章夫の嫉妬53 第53章ロマンチックなキス54 第54章リトル・イェ55 第55章欲しいものを追え56 第56章新人研修57 第57章感謝58 第58章一緒に来て59 第59章秘書部内の嵐60 第60章リンダの非常な親切61 第61章チャールズの意図62 第62章彼女は行けない63 第63章ソンさん64 第64章我慢65 第65章明らかな嘘66 第66章サムがオータムを守る67 第67章まだ終わっていない68 第68章公の場での発表69 第69章チャールズの負傷70 第70章チャールズ、病院で71 第71章交渉72 第72章サムとの個人面談73 第73章クリスの失恋74 第74章レイチェルの帰国75 第75章チャールズの退院76 第76章ゲイリーからのアドバイス77 第77章浴室で78 第78章彼女の魔法79 第79章敵対的なナンシー80 第80章ナンシーの謝罪81 第81章辞任82 第82章秘書採用中に知人が83 第83章チャールズとのディナー84 第84章イボンヌの意図85 第85章イボンヌの提案86 第86章オータムの退職87 第87章再びグー家へ88 第88章祖母のビデオ89 第89章サム、真実を知る90 第90章彼の後悔91 第91章グー家での夕食92 第92章言い合い93 第93章オータムを送りに空港へ94 第94章シンディ95 第95章シンディの両親96 第96章アレルギー97 第97章病院で98 第98章子守り99 第99章ぎこちない夕食100 第100章ホテルの火災