icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第8章一体どうしたのだ
文字数:2888    |    更新日時:22/02/2021

「なんでじっと立っているの?」 オータムに言われてから、チャールズは我に返った。 服を着替え、手を洗った彼が 洗面所から出てきた時、オータムは丁度料理を終えたところだった。 彼女はテーブルに豪華な食事を並べていた。

「これ全てお前が作ったのか?」

「ええ」 と、オータムが頷いた。 彼女にとって、これは難しい事ではなかった。

「お手伝いさんからあなたは薄口の料理が好きだって聞いたのよ。 食べてみて。 好きじゃなかったら、今度改善するわ」 オータムはチャールズに箸を渡し、彼が酢豚を食べるのを見ていた。 「どうかしら?」

「美味しい」 その言葉を聞いた時、オータムはとても嬉しかった。

彼女にとって、料理をするのはただ人に食べさせる事ではなく、作った料理を褒めてもらう事だ。 うれしいながらも、彼女は企画の事で不安だった。そのため、ただ食べ物を流し込むだけだった彼女は、 チャールズの疑わしそうな目に気づかなかった。

裕福な家庭生まれのお嬢様ってこんなに上手に料理ができるものなのか と、チャールズが不思議に思った。

突然、電話が鳴った。 チャールズはそれをちらりと見て、怒りで難しい顔をした。

最近、レイチェルは通りをわきまえない事をしているなあと彼は思った。

だから、彼は電話に出るつもりはなかった。

が、「貴方が電話を取るまでかけ続けるわ」とでも言っているように、電話は何度も鳴り続けた。

「バイさん?」 オータムは意図せず電話を覗き込んだ。 チャールズが自分を怒らせない為、電話に出なかったと思って彼女が言った。 「出ようよ。 急用があるかもしれない」

オータムがはっきり言わなくても、彼には彼女が何を意味したのかがわかっていた。

彼女は彼とレイチェルの関係を全く気にしていないのだ。 しかし、彼は彼女の夫だ。

なぜかわからず、チャールズはムッとして電話に出た。 レイチェルがか弱い震えた声で言った。「チャールズ、助けて…」

彼はしかめっ面をし、心配して聞いた。「どうした、レイチェル? 今どこにいるんだ?」

彼女のか弱い声は彼を不安にさせた。 オータムは彼をチラリと見て、顔を落としてまた食べ始めた。

チャールズが心配そうに聞いた。 「一体どうしたっていうんだ?」

「私…」 レイチェルは不快感を抑えながら言った。「チャン監督の所に来たの。 ビジネスの事を話していたんだけど。突然彼が私を触り出して… 彼を怒らせるのが怖くて、洗面所に逃げこんでいった。 そして、帰る挨拶をする為に部屋に戻ったの。そしたら、彼が私にワインを勧めてきて。 仕方なく、一口飲んだんだけど。 たった今…」

「薬が入っていたのか?」 チャールズは何が起こったのかがわかった。

「私… わかんないわ。チャールズ、 暑い…」 彼女の様子から見ると、確かに薬の入っていたワインを飲んだのだ。

「そこで待ってろ。 すぐ行く」 チャールズは電話を切り、車の鍵を掴むと急いで出かけていった。 オータムに出かける事を言うのも忘れていた。

オータムはテーブルの上に並べていた豪華な食事を見て、突然食欲がなくなった。

「何を考えてるの?」 オータムは自分の頭を軽く叩き、独り言を言った。 「レイチェルが彼の本当のガールフレンドなのよ。 あなたはただの偽の妻よ。 なぜ気にしているの?」

彼女は自分自身を慰めながら、 テーブルを片付けた。そして、階上に行って企画に取り掛かっていった。

レイチェルの居場所を確認したチャールズは急いで車を走らせた。 何と言っても、レイチェルは女性だから、 そのまま彼女をほっといたら、彼は罪悪感を感じるだろう。

そこに着いたら、チャールズは2階に急いだ。 ドアのガラス越しに、ぼんやりしたが、無理やりレイチェルに触ろうとしているチェン監督の姿が見えた。 レイチェルが彼を引き離さそうとしていたが、彼女の細い体では到底無理だった。 それに薬が効いていて、彼女にはそんな力がなかった。

チャン監督の手が彼女の太ももから上に動くのを見て、チャールズは激怒した。 彼はドアを押し開け、怒った顔で部屋に踏み込んでいった。 彼の顔は嵐が来ているかのように暗かった。

「チャールズ…」 チャールズがドアの所にいるのを見て、レイチェルはほくそ笑んだ。

そうだ、これは彼女がわざとした事だった。

あのワインに何かが入れられているのを知っていたが、わざと飲んだのだ。

今チャールズが実際に現れたのは、彼がまだ彼女を愛していることを証明しているのだ。

「レイチェル…」 チャールズはレイチェルをチャン監督から引き離し、抱きしめた。 チャールズの香りを感じ、レイチェルはさらに大きな笑顔を浮かべた。

「お前は誰だ? チャン監督がいるのが見えないのか?」 チャン監督のアシスタントが彼を押しのけた。 チャールズは冷淡で怒りに満ちた顔で、彼の手を引っ掴み捻り込んだ。 すると、アシスタントは痛みから叫んだ。

「馬鹿野郎。あの人が誰か知っているのか? すぐに俺を離した方がいいぞ。 そうでなければ、一生後悔することになるぞ」 彼は叫び、チャールズを脅した。

「そう? じゃあ、待ってるよ」 チャールズは嘲笑した。そして、チャン監督に向いて言った。 「チャン監督、お久しぶりだなあ。 エンターテインメント業界から退きたいのか」

「チャ… チャ… チャールズ・ルーさん…」 その部屋の中は薄暗く、チャールズが明かりを遮っていたので、監督はそれがチャールズだと今まで気がつかなかった。 それがチャールズだと解った今、彼は吃りながら、数分前と違った態度をとった。

額から汗が流れ落ち、チャン監督は立ち上がった。 まさかレイチェルが、Y市でとても権力のあるチャールズ・ルーと繋がっているとは思いもよらなかった。

もし彼がチャールズに反抗でもしようものなら、彼のキャリアは終わってしまうだろう。

そんな事を考えて、チャン監督は怯え始め、 乱暴に自分に平手打ちした。 「ルーさん、 俺は馬鹿者だ。 バイさんがあなたのものだとは思ってもみなかった。 どうか、許してくれ。 本当にすまない」

「解毒剤をくれ!」 チャールズはこれ以上何か言うつもりはなかった。

「何だって… 解毒剤?」 チャン監督は、チャールズが何を言っているのか理解するまで呆然としていた。 やっとチャールズの話を理解してから、 「そ…その薬には解毒剤がない」と彼がさらにおびえていながら言った。

チャールズは腕の中にいるレイチェルを見下ろした。 その薬が効き始めている事は確かだ。 彼女はうめき声を上げ、ドレスのボタンを外しさえした。

「ル、 ルー、 ルーさん」 チャン監督は勇気を引き絞って言った。「薬が効き始めている。 バイさんを自宅に連れて帰った方が…いいじゃない…」

チャールズが彼に鋭い視線を向けたので、彼はあえて言葉を終わらせなかった。

「お前、一体何者だ? チャン監督によくもそんな態度が取れるな?」 チャールズにより手をへし折られそうになっても、このアシスタントは臆病さを見せることがなかった。

「黙れ!」 チャン監督は急いで彼を止めた。 彼はこの馬鹿なアシスタントの頭を捻り、押さえつけたいと思っていた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章わかったわ!彼と結婚するわ!2 第2章契約書3 第3章仕事に戻る4 第4章レイチェル・バイの計画5 第5章同居6 第6章プレゼンテーション7 第7章家8 第8章一体どうしたのだ9 第9章私の事、愛してる? 10 第10章トップ記事11 第11章私をかばった夫、チャールズ12 第12章初めて、シャイニングカンパニーへ13 第13章忙しい?なにに? 14 第14章レイチェルかオータムか15 第15章彼女を首にして!16 第16章レイチェルからの警告17 第17章ポーラのアフタヌーンティー18 第18章ディナー19 第19章新企画部長は誰に20 第20章酔っ払い21 第21章大家族でのディナー22 第22章彼女の話を遮る23 第23章変わったいとこ24 第24章チャールズの義理宅への訪問25 第25章イボンヌがチャールズを取り戻す26 第26章ボーイフレンドか男娼か27 第27章ルー夫人28 第28章別れ29 第29章ゲイリーの怒り30 第30章一千万円を貸してください31 第31章一緒に寝る32 第32章デートの日33 第33章邪魔者34 第34章甘い汁を吸ったのに文句言う35 第35章チャンスをくれ36 第36章クリスとチャールズの対決37 第37章オフィスでの冷やかし38 第38章ポーラの権力闘争39 第39章退職40 第40章ポーラの大失敗41 第41章できることは何もない42 第42章ルー夫人に教える43 第43章どうにもならない奴44 第44章真実45 第45章お前を養う46 第46章オフィスに戻る47 第47章彼女は戻ってこないだろう48 第48章はめられる49 第49章店での口論50 第50章真実は勝つ51 第51章偶然52 第52章夫の嫉妬53 第53章ロマンチックなキス54 第54章リトル・イェ55 第55章欲しいものを追え56 第56章新人研修57 第57章感謝58 第58章一緒に来て59 第59章秘書部内の嵐60 第60章リンダの非常な親切61 第61章チャールズの意図62 第62章彼女は行けない63 第63章ソンさん64 第64章我慢65 第65章明らかな嘘66 第66章サムがオータムを守る67 第67章まだ終わっていない68 第68章公の場での発表69 第69章チャールズの負傷70 第70章チャールズ、病院で71 第71章交渉72 第72章サムとの個人面談73 第73章クリスの失恋74 第74章レイチェルの帰国75 第75章チャールズの退院76 第76章ゲイリーからのアドバイス77 第77章浴室で78 第78章彼女の魔法79 第79章敵対的なナンシー80 第80章ナンシーの謝罪81 第81章辞任82 第82章秘書採用中に知人が83 第83章チャールズとのディナー84 第84章イボンヌの意図85 第85章イボンヌの提案86 第86章オータムの退職87 第87章再びグー家へ88 第88章祖母のビデオ89 第89章サム、真実を知る90 第90章彼の後悔91 第91章グー家での夕食92 第92章言い合い93 第93章オータムを送りに空港へ94 第94章シンディ95 第95章シンディの両親96 第96章アレルギー97 第97章病院で98 第98章子守り99 第99章ぎこちない夕食100 第100章ホテルの火災