icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第8章レイモンドとの衝突
文字数:5214    |    更新日時:10/04/2021

アシュリーはエリーの声を聞いてほっと安心した。 エリーが戻るのにもう少し時間がかかっていたら、アシュリーはレイモンドの抱擁で窒息していたかもしれない。

「私は大丈夫」 アシュリーは微笑んで、エリーに感謝した。

「もう出発できるわよ。 退院書類は書き終わったから」エリーがアシュリーの腕を掴み、レイモンドから引き離しながら言った。 そして、二人は一緒にドアの方へと向かった。

「アシュリー!」 レイモンドは二人の女性を止めようと大声で呼び、二人の方へ走っていった。

アシュリーは立ち止まり振り向くと、 冷たく無関心な目でレイモンドを見た。 彼女はうつろな表情で彼に言った。「レイモンド、私たちの関係は終わったの。

過去の歴史を乗り越え、将来は普通の友達になれることを願ってる、あなたは今、私の妹であるレナと婚約してるでしょ。 こんなふうにしてあなたが私を追いかけているところを見たら、レナはどう思うの? そんなことは止める必要があるわ」

アシュリーが1ヶ月前に、この言葉を言っていたら泣いていただろう。 彼女は心からレイモンドを愛しており、そんなことを言うとは思ってもみなかったのだ。

しかし、彼女は勇気を出してレイモンドが聞かなければならない言葉を伝えた。 伝え終わると、アシュリーは心の中の言葉を言えたことで、安心した気持ちになった。

アシュリーは、レイモンドとの繋がりが兄弟や姉妹の絆に似ていることに気がつき、 彼の優しさや親切さが魅力的だったことを知った。 また、彼女のことを深く理解してくれていたことも彼の魅力の一部だったが、 彼とレナが一緒に寝ているのを見た瞬間、その全てが消えた。

「エリー、行こう」

レイモンドは、今起こったことに唖然とした。 アシュリーがこんなに冷たいとは思ってもみなかった。 アシュリーとの過去が終わったという事実を印象づけるため、レナの名前について言及した。 レイモンドの足は、先に進むのを嫌がる彼の心臓と同じで一歩も動くことができず、二人が去って行くとき、アシュリーの背中をじっと見つめていた。

「病院から離れることができて本当に嬉しい。 病室では、何もすることができないもの。 この病院で私がどれほど退屈だったかわかる?」 アシュリーは、隣を歩いているエリーに文句をぶつけた。 彼女の明るい笑顔からは、最近まで病気だったという事実は消えていた。

「入院して良かったこととして、あなたは教訓を得たようね。 病院は退屈な場所だから、またここへ戻ることがないようにしないと。 特に私が側にいないときは健康に気をつけてね。 もしも、再びここに連れてこられたら、あなたに罰を与えるわ」 エリーはアシュリーを優しく叱り、 怒った目をして、脅すふりをした。

「はい、女王様。 かしこまりました」 アシュリーは子供っぽい笑顔で彼女をからかった。 二人は冗談を言い合うことができて心からほっとした。

二人が歩き続けると、アシュリーはエリーの気を引こうと彼女の袖を引っ張った。

そして彼女にこう言った「エリー、私は今夜、鍋が食べたい。

外で食べていかない?」

「アシュリー、あなたは風邪が治ったばかりだということを忘れてない?」 エリーはアシュリーの要求を拒否した。

「忘れたわけじゃないよ。 ずっと食べされていた病院食は、 とても淡白な味だったから、滞在中に味覚を失ってしまったみたいよ。 健康になったから、辛いものが食べたくなったの。 エリー、お願い…」アシュリーは物乞いをしながらエリーの手を握って、

子供のような優しい声で懇願した。

アシュリーの言葉を聞いて、エリーも鍋が食べたい気分になってきた。

二人は鍋を食べるのが好きで、 できるだけ辛い味付けで食べることを望み、 それが二人で一緒に楽しんだことの一つだった。 しかし、仕事に夢中で、最近は一緒にレストランへ行く機会がなかなかなかった。

アシュリーは、エリーが同意することにためらっていることを気づいたが、 あと少しのプッシュで考えを変えてくれるのではと思っていて、 エリーが大好きな珍味についてすぐに話した。

エリーはついに、アシュリーの甘い言葉に屈し、 二人で一緒に鍋を食べることを決めた。

エリーは、自分が簡単に凹んでしまったことに少し落胆した。 アシュリーを控えめな女性だと思っている人が多い中、 二人が一緒の時、アシュリーは甘やかされた女の子のように振る舞った。

エリーは、生き生きとしたアシュリーが好きで、 彼女が憂鬱でも静かでもないことを望んでいた。

正午の夏の太陽が、通りを焦がすように照らしていた。 人々は自分の家やオフィスの快適さから離れたがらず、 その鍋屋にはほとんどお客さんが入っていなかった。

アシュリーとエリーは、お店に入ってテーブルにつくと、 メニューを見て、ウェイトレスを呼び、食べ物を注文した。

ウェイトレスは、アシュリーとエリーのいるテーブルに駆けつけると、 ノートを取り出して注文を聞いた。 しかし、二人はどのスープメニューを食べるのか意見が合わなかった。

アシュリーはウェイトレスに「赤辛スープをお願いします」と言うと、

エリーは突然ウェイトレスを呼び止め「いいえ、 2種類のスープ鍋をお願いします」と言った。

「エリー!」 アシュリーはふくれっ面で文句を言った。 二人とも辛い鍋を食べたかったが、エリーは2種類のスープを注文したのは、 エリーはまだ彼女に辛いものを食べさせたくなかったのだ。 アシュリーは悲しそうな美しい目でエリーを見つめ、 愛人形をなくしたばかりの子供のようだった。

結局、アシュリーの機嫌が本当に良くなかったので、 エリーはアシュリーのためを思い、考えを改め、 赤い辛いスープを注文することにしたが、いつもより辛くはなかった。

二人はマイルドでまろやかなスープを楽しみ、 最後に外で一緒に食事をした時のことについて話した。 食べ終わると、時刻はまだ早い時間帯だったので、帰りに食料品を買った。

エリーとアシュリーがアパートに帰り着いたとき、ちょうど日が沈み始めた。 二人はその日の午後に寝室を掃除することに決め、 その後、互いに夕食の準備をし始めた。

ルーグループでは、アンドリューが重要な書類を手に、快適なオフィスにて座っていた。 彼はうつろな顔で書類を見つめていて、 傍からはその書類に集中しているように見えたが、彼の注意は他のことでむしろ散漫になっていた。

アンドリューが夢中になっている様子は、そばに立っていたジョニーを混乱させ、 何か言おうとしたが、アンドリューを怒らせるのが怖かった。

ルーさんは、 その書類を30分間見つめている。 ページをめくったり、書かれた内容について反応したりしていない。 彼は何を考えているのだろうか?

「ルーさん、 もう退勤の時間です。 病院に行ってムーさんを訪ねましょうか?」

ジョニーはついに口を開いた。 彼の声ははっきりしていたが、心の奥底ではアンドリューの反応を恐れていた。

アンドリューは、ずっとその言葉を聞きたかったようで、 すぐに反応した。

「そうだな。 行こう!」 アンドリューは書類を手に置きながら言った。 うつろだった彼の顔は、今や活気に満ちていた。 彼は立ち上がり、ネクタイを整えた。それは、出かける用意ができていることをはっきりと示していた。

ジョニーはアンドリューの反応に驚いていた。 アンドリューの注意を引くためにそう言っただけで、 今日一日なぜそんなに気が散っているのかを心配して、アンドリューにその言葉を言ったのだった。

それがまさにアンドリューのやりたかったことだとは想像もしていなかった。

ジョニーは駐車場へと向かって急ぎ、 車を発進させると、ゲートに向かって運転し、アンドリューが来るのを待った。

ジョニーは病院へ向かって運転をしていると、 ハーキムレストランのそばで、アンドリューに車を止めるように頼まれた。 そして、二人は降りてレストランへと入った。

ルーさんは、 入院中のムーさんを訪ねることを楽しみにしているのでは? 見舞いの前にまず夕食をとることにしたのだろうか、と ジョニーは、アンドリューのめずらしい行動を理解しようとした。

彼は混乱していたが、アンドリューに続いて建物に向かうと、 入り口の手前で立ち止まり、アンドリューを一人で中に入れ、 彼が入り口で社長を待っていた。

数分後、アンドリューが箱をいくつか手に持ってハーキムレストランを出てくると、 ジョニーはすぐに、アシュリーのための食べ物を買いたかったことに気づいた。

ジョニーは最近、アンドリューの行動にいつも驚いていることに気づき、 それは、アシュリーがアンドリューの人生に登場した時から始まっていることがわかった。

ジョニーのアシュリーへの好奇心は、彼女の影響によるアンドリューの行動が明らかになるにつれて、ますます強くなっていった。

ジョニーはアシュリーと友達になりたかった。 それは、アンドリュー自身を変えた女性と親しくなれば、彼をもっとよく理解して接することができるだろうと考えたのだ。

ジョニーがこんなに賢いとは誰も思っていなかった!

アンドリューは病院に着くと、ジョニーが彼のためにドアを開けるのを待たずに すぐに車から降りて、先を急いだ。

アンドリューはなぜ自分がその女性のことがこれほど気になっているのか不思議に思った。 ただ彼女のことが嫌いじゃないから?と アンドリューはそう考えた。

アンドリューは病室へと走っていったが、運んでいた食べ物の箱には気をつけていた。

箱から溢れないようにしっかりと持ち、それがアシュリーの味覚を満足させるだろうかと思った。

病室に向かって歩いていくアンドリューの頭の中は、空想と疑念で一杯だったが、 ドアの前に着くと彼の心は真っ白になった。

ベッドカバーはすでに折り畳まれていて、 点滴棒が空になっていた。 部屋は静かで空いていたのだ。

アンドリューは孤独を感じ、 目に怒りが映って、彼の顔は暗くなった。 彼は怒りを和らげるために何かを壊したいように見えた。

病床に誰もいないことに気付いたとき、ジョニーはアンドリューの後ろにいたが、 すぐにアンドリューの変化を感じ取った。

ジョニーは、通りかかった看護師を静かに呼ぶと、 「今朝この病室にいた女性はどこにいますか?」と彼女に尋ねた。

「この病室で治療を受けている女性?」 看護師は手帳を取り出して、記録を確認した。 「どうやら彼女は静脈内治療で回復することができたようです。 彼女はお昼頃に退院しています。 それがどうかしましたか?」

「何でもないです、 ありがとう。 ご迷惑をおかけして申し訳ありません」 ジョニーはすぐに出て行った看護婦に礼儀正しく微笑んだ。

実際、ジョニーは心の中で不平を言った。 「この病院のスタッフは一体どうなっているんだ? ルーさんによってムーさんがここに送られてきたことを知っておく必要があるのに。 個人的にルーさんの許可なしで どうしてムーさんの退院を許可したのだろうか。 ルーさんの許可? 少なくとも彼女がいつ退院するか彼に知らせておくことができただろう」

「ルーさん…」 ジョニーはアンドリューを気の毒に思った。 アンドリューが他人をこんなに気にかけているのを見たのはこれが初めてだった。 彼はアンドリューを慰めたかったが、何と言ったらいいかわからなかった。

「ルーさんは、 ムーさんに自分が大切に思っていることを示すためにここに来た のに、 彼女が一言も言わずに出て行ってしまった。きっと怒っているに違いない」とジョニーは思った。

ジョニーはアンドリューの方へ歩いて行くと、 アシュリーのために買った何箱かの食料をアンドリューから手渡された。 アンドリューはすぐに振り返って、意気消沈して出口まで歩いた。

ジョニーは、 彼の顔が異常に青ざめていたので、 恐怖に震えて、 箱を落としかけた。

ルーさんは、怒るととても怖いんです。

その間、アシュリーはアパートで夕食を楽しんでいた。 アンドリューが自分のために食べ物を買って訪ねようとしていたことを彼女は知らず、 ましてや、アンドリューが1日中自分のことを考えていたことさえも彼女は知らなかった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?