icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第11章お見合いデート
文字数:3611    |    更新日時:10/04/2021

どういうわけか、レナとアシュリーはずっとライバルだった。

子供の頃からレナはアシュリーのことを嫌っていて、 彼女はいつもアシュリーのお気に入りのおもちゃをーーそれが高価な物かどうかは関係なく奪っていった。 また、スペンサーやペギーの前で嘘ついてアシュリーの悪口も言っていた。 その狙いは、彼女をできるだけけなすことで、 レナはアシュリーに脅かされていると感じ、お気に入りの娘でありたいと思った。

アシュリーがどんなに説明しようと、自分を守ろうとしても、スペンサーとペギーは信じてくれなかった。 結局、彼女は養女に過ぎず、 レナが血のつながった本当の娘だったので、常に愛情が偏っていた。

時が経つにつれて、スペンサーとペギーはますますアシュリーのことを誤解するようになった。

アシュリーが子供の頃、なぜ両親が彼女のことを嫌っているのか理解できず、

ただ、お母さんとお父さんの腕で抱きしめて欲しかった。 しかし、彼らからそのような愛情をかけてもらうという贅沢を、彼女は知らなかった。 それはレナのためだけの特権だった。

両親に邪険にされる理由を、彼女は何度も考えたものだ。 彼女自身が反抗的だったからではないかとさえ思った。

しかし、できる限り従順で気遣いのいい娘として振舞ってもなんの意味もなさず、 両親は相変わらず彼女を受け入れてくれなかった。 仕事がうまくいかなかったり、家族に何か問題があったりすると、アシュリーは彼らの八つ当たりを食らい、 あらゆることで殴られ、叱られて、非難された。

彼女は大人になるにつれ、なぜ両親に嫌われ、代わりにレナを好んでいるのかがやっと理解し、 彼らに従順で忠実であることは何の役にも立たず、馬鹿げていることに気づいた。

家政婦が昼食をとるために彼女を呼ぶと、アシュリーは子供時代の悲しい思い出から突然目が覚めた。

「信じられない。 ここに座って間もないのに、あなたはすでにぼんやりしているのね」とペギーはいらいらして言った。

アシュリーは彼女の言うことを聞いてないふりをした。

「アシュリー大丈夫?」 レナは心配そうな顔で近づいてきた。

「うん、大丈夫よ」 そう言って、アシュリーは彼女に詳細を話そうとしなかった。

スペンサーはいつものようにテーブルの上座に座り、 レナとレイモンドは彼の左側に、ペギーは右側に、アシュリーは彼女の隣に座った。

「レイモンド、これはあなたのお気に入りのスペアリブの甘酢煮だよ。 あなたのために特別に私がクレアに料理を頼んだの。 ぜひ食べてね」 彼女は美しい目でレイモンドを見ながらそう言うと、 スペアリブを箸でつまんで皿に載せて、彼に渡した。

レナがレイモンドを喜ばせようとする光景は面白いなとアシュリーは思った。

「彼の表情に、何か違和感があることに気づかないのかな?」 と、アシュリーは思った。

実際、レイモンドはスペアリブの甘酢煮が全く好きではなく、

そもそも甘酸っぱい味が好きではなかった。 しかし、アシュリーがその料理がとても好きだったので、 夕食に出かけるたびに、レイモンドはアシュリーのためにスペアリブの甘酢煮を注文していた。

彼女はかつて、好きでもないのに、どうしていつもその料理を注文するのかと尋ねたことがある。

それは彼女の好きな料理だったから、自分も好きになってみたいとレイモンドは答えていた。 そう言われた当時、アシュリーは特別な気持ちになった。

その後、レナは両親の好きな料理を出し、それぞれの皿に料理を盛ると、 アシュリーを除き、家族は幸せで明るい雰囲気の中で食事を始めた。

アシュリーは、席で黙々と自分の食事に専念していた。 話す機会を減らせば間違いも減り、誰からも叱られることがないと彼女は考えていた。

しかしながら、その考えは間違っていた。

アシュリーの隣に座っていたペギーは「どうして誰とも話さずに食事をすることができるの? 食事をしながら、家族が楽しい雰囲気を楽しむべきだということを知らないの?

そんなんじゃ、まるで私たちがあなたに何か悪いことをして、話をさせなかったのではないかと思われちゃうでしょう!」と言った。

アシュリーは自分の耳を信じられなかった。

ペギーの食事中に、彼女が何かを言って叱られたことを彼女は思い出した。 とても怒っていたペギーは「黙って食事をするのが合理的だということを知らないのか!」と言っていた。

それ以来、一緒に食事をしている時には、ペギーに粗探しされないようにアシュリーは一言も話さなかった。

彼女が静かにしていたとしても、いまだにペギーを苛立たせることは避けられず、 何をしても、母親の目には間違っているように映ってしまうのだ。

実際、相手があなたのことを好きでなければ、どんなに上手くやったとしても、あなたの粗探しをしてしまうだろう。

「レイモンド、どうして食べないの? その料理、好きじゃないの?」 レナは不思議そうに尋ねた。

一瞬ためらった後、レイモンドは恥ずかしそうに言った「いえ、最近なんだか歯が痛くて、 今は食べれる状態じゃないんだ」

「まあ、本当なの? 気に入らないんじゃないかと思った」とレナは笑いながら言った。

「食べられなければ、そのまま置いておいてね」

「ありがとう」

レイモンドは冷静で落ち着いて見えていたが、内面は気まずい思いをしていた。

レナが彼女の家での昼食に彼を招待したとき、レイモンドは彼女の両親に会うだけだと思っていて、 まさか、アシュリーもそこにいるとは知らなかった。

さらに悪いことに、彼はくせでついスペアリブをアシュリーの皿に入れようとした。

食事をしている間、レナはレイモンドへの愛情をずっと公然と示していた。

みんなが食事を済ませると、居間で一休みしておしゃべりをしたが、 しかし、アシュリーだけは居心地が悪く、一緒にいることに恥ずかさを感じていた。

「こんなイチャつきを見せるためだけに、わざわざ私をここに呼んだの?」 と、彼女は疑問に思った。

アシュリーは、その場所から立ち去るつもりだったが、ペギーが二階の部屋で話がしたいと言ってきた。

「アシュリー、あなたはもう十分に良い年頃だわ。 だから、お父さんと私はあなたの為に彼氏を選んだの。

彼は博士号を取っていて、海外から帰ってきたばかり、 容姿も立派な若者で、あなたと同じくらいの年齢よ。

今週の土曜日にお会いできる約束をしたから、

彼に一度会ってみたら良いと思うわ」

部屋には二人きりだったので、ペギーははっきりと彼女にそう言った。

ここに呼んだ目的はこのことだったのかと悟ったアシュリーは、彼らに対する憤りを感じた。

「レナのボーイフレンドを取られるの恐れてるの?

もしそうだとしたなら、本当に私を舐めすぎだわ。

レイモンドには、新しい彼女ができたんだ。 そして、私にもちゃんとプライドがある)と彼女は苦々しく思った。

「お母さん、私はまだ結婚したくない」

「馬鹿馬鹿しい! あなたはもう結婚してもいい年齢よ! レナはあなたより2歳年下なのに、すでに婚約してるわ。 姉として、妹に先を越されてもいいわけ?」 そう言ってペギーはアシュリーの言葉にすぐ腹を立てた。

「とにかく!今週の土曜日にその男性に会うのよ!いい? あなたに断る権利はないのよ。 長年苦労してあなたを支えてきたのに、とんだ不従順で恩知らずなんだね。 せっかく用意したお見合いデートにも行きたくないなんて、 飼い慣らされた犬でさえ、あなたより忠実だったろうね!

さらに言えば、あの夜もし逃げなかったらマイケルはムーグループに対してそんなことをすると思う? 会社が大きな取引を失っただけでなく、マイケルは私たち家族にまで悪い印象を持ったのよ!」

ペギーの次々と出てくる不満を聞いて、アシュリーは言葉を失った。

「どうしてそんなに私のせいにするの?

その大きな取引をするために、彼らは私に失神する薬を飲ませ、マイケルの部屋に送ることを計画していたのよ。 取引のためなら、私があの女たらしのマイケルに穢されてもいいわけ? どうして私にそんな卑劣なことをしようと思ったのだろう?」 と、彼女は疑問に思った。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?