icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第7章偽善
文字数:3199    |    更新日時:10/04/2021

「私の顔を見れたし、もう十分でしょう。 もう出て行って」と、アシュリーは偽善者であるレナを憤然と見つめながら言った。 彼らが彼女に対してしたことを思うと、 本心を隠す気はなかったのだ。

「アシュリー、私はあなたのお見舞いに来たの。 どうしてそんなことが言えるの?」 レナは優しい声を使ってそう言った。

「あなたの真意や本音は誰にも分からないわ」 とアシュリーは冷たく答えた。

「ここにいるのはもちろん、愛する姉を訪ねてきたのよ」とレナは、威嚇するような声で言った。 それから彼女はちょっと間を置くと、エリーの方を見た。

「私はすでにここにいるから。 誰かが困る度にレイモンドへ電話をかけるべきではないことを言っておきたい。 レイモンドはルオグループの運営でとても忙しくしているの。 彼にとって無意味な仕事をする時間はこれっぽちもないわ。 もう彼のところに電話しないで」

レナが一息に話し終えると、アシュリーとエリーが何も言わないうちに出て行った。

しかし、彼女はプライドと勝利を隠そうとはしなかった。

二人を困らせたことが分かり、レナは満足感を感じていた。

「エリー、ごめんね」

エリーがレイモンドを嫌っていることをアシュリーは知っていたが、 嫌いなレイモンドに電話をしていて、レナに知られてしまっていた。

エリーは今とても動揺しているに違いない。

「何言ってるの、謝らなくていいわよ。 そばにいるから、ゆっくり寝ててね」と、エリーは優しくアシュリーの頭を撫でながら言った。

「うん、わかった」とアシュリーはあくびをした。

アシュリーは、病気で疲れていてとても無気力だったので、 横になるとすぐに眠りへ落ちた。

アシュリーは、自分がいる部屋に誰かの存在感を感じ、眠そうな目をゆっくりと開いた。

目が薄暗い光に慣れてくると、誰がそこに立っているのか少しづつ見えてきた。 彼女は落ち着いて彼を見たが、何も言わなかった。

アシュリーが眠っている間に彼女の部屋に立っていた男は、 ちょうど2日前にレナと婚約をしていたレイモンドだった。

彼は痩せていて、以前ほどハンサムで優雅ではないように見えた。 彼の白いスーツはしわくちゃで、少し血走った目をしており、その目の下には黒いクマがあった。

彼女の前に立っていた乱れた男には、退廃の気配があった。

彼は彼女のことをただ見つめた。

アシュリーは窓の外の明るい晴れた日をじっと見つめ、 外の強い日差しと、窓ガラスから伝わる熱を感じた。

アシュリーは、彼らが初めて出会ったころ、 レイモンドが学校の先輩だった時代に遡って、思い返していた。

二人は学校が主催した地域活動で出会っていて、

誰に対しても礼儀正しいレイモンドは、いつも明るく幸せそうな笑顔を浮かべていた。

レイモンドが癇癪を起こすことは滅多になく、

彼女にとって兄のような存在だった。

レイモンドでさえ、彼女を守って警戒される理由が分からなかった。

彼は学生時代、アシュリーに対してとても親切にしていたし、 彼女自身より趣味の好みや好き嫌いなど、よく知っていた。 彼は彼女のことを本のように読んで、よく理解をしていた。

レイモンドがアシュリーに優しく接していたから、アシュリーもレイモンドに惹かれていたのかもしれない。

それは、彼女が子供の頃から誰にも親切にされなかったことと関係しているのだ。

二人は最終的にカップルになって、お互いにとってピッタリだった。

少なくとも1日に1回は電話をして、何時間も話し続けたものだった。

特に何も必要ではなく、 お互いの声を聞くだけで十分だった。

レイモンドが卒業し、家族の会社を引き継ぐと、 ルオ家の息子であることを、アシュリーはその時初めて知ったのだった。

彼がその家族の親族であることを知って、アシュリーは驚き、 急に自意識が強くなって、彼にふさわしくないのではと感じ始めた。 アシュリーは深みに欠けていると感じていて、金持ちや権力者との戦いに関わりたくなかった。

そして、彼女は彼と別れることが最善の道だと決心した。 もちろん、レイモンドはそれを受け入れなかったし、別れた理由にも同意しなかった。

結局は、レイモンドがアシュリーを説得することができ、 二人の関係性は何も変わらないということを約束した。

アシュリーは彼のことをとても気にかけていて、こんなに良い人を手放したくなかったので、 彼と一緒にいることに彼女は同意した。

レイモンドの母親は、二人が一緒にいることに不満を表し、アシュリーに息子と別れるように頼んだ。

しかし、アシュリーがそれを拒否すると、レイモンドの母親は彼女に嫌がらせを始めた。

彼女は定期的に訪ねてきては、脅迫や侮辱をして苦しめ、

息子にふさわしくないと彼女に言った。

しかし、母親が気にかけていた当時、アシュリーは頼まれたことを素直に聞くことができただろうか? アシュリーは、レイモンドに負担をかけたくなかったので、母親にされていることを話さなかった。

ある日、レイモンドがレナと一緒にいるのを見た時、 自分がなんと愚かであったかを悟った。

二人は婚約し、レイモンドの母親がレナのことを気に入っていたので満足した。

……

「シューッ!」 アシュリーは起き上がって、カバーを脇に引っ張った。 頭痛がひどくなってきたので彼女はこめかみに指を押し当て、焼けるような痛みが消えるのを待った。 それから彼女は携帯電話に手を伸ばすと、ゆっくりとベッドから降りてエリーを探しに行った。

彼女はレイモンドがそこにいても気にしなかった。 彼は立って好きなだけ見ることができ、 それは彼女にとって何の違いもなかった。

「アッシュ…」 レイモンドはそうつぶやいた。 アシュリーは病室を出ようとしていたが、レイモンドは彼女の手を掴んで強く握った。

「手を離して!」アシュリーは彼を見上げて言った。

「だめだ、アッシュ。 君がいなくてとても寂しい。 どうか、置いて行かないで」 彼女を両腕に抱き寄せ、胸に抱き締めた。

レイモンドは、会社でアシュリーとエリー二人の姿が見えず、正気を失っていた。

二人は会社を辞めたのだと思った。

彼は心配で気が狂っていたが、 マネージャーにアシュリーの居場所を尋ねると、それを知って非常に安堵した。

彼女はまだ会社を辞めておらず、 病気になったので、代わりに数日間の休暇を求めていた。

しかし、アシュリーが病気だと聞くと、レイモンドの心は壊れ、再び心配し始めた。 そして今日、アシュリーのことを知るために、会社にも行かず彼女に会いにきた。

そうして、彼は病院で彼女を見つけ、心の底からほっとした。

「放して!」 アシュリーは怒ったように言った。 彼女は熱で弱っていたし、彼は大男だったので、 いつもの抱擁に圧倒され、闘ったが解放されなかった。

エリーが病室に戻ると、 アシュリーがレイモンドの抱擁の中でもがいているのを見た。

彼女は退院の書類を整理するためにちょっとの間、外出していたのに。

エリーは急いで中に入ると、レイモンドを押しのけ、アシュリーを引っ張り、無事かどうかを確かめた。

不意を突かれてレイモンドはエリーに押され、バランスを崩して地面に倒れそうになった。

「アッシュ、大丈夫?」 エリーは心配そうに彼女を見ながら尋ねた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?