icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第6章病院
文字数:6293    |    更新日時:10/04/2021

アシュリーを救急室に連れてきた時、エリーはアンドリューに付き添っていたため、病室に入ることを許された。

しかし、ドアを開けて中へと入ると、 アンドリューがどこか不機嫌で、彼女は恐怖を感じた。

彼の冷たく鋭い視線は、周りにいる人たちにプレッシャーを与え、エリーは怯えた。 アンドリューの険しく厳しい顔は、誰もが恐れ静かになった。 彼の怒りに満ちた眼差しを向けられたなら、誰でも何も知らずに怯えることだろう。 アシュリーの世話をしていた若い看護師でさえ、彼のそばを通り過ぎるときには震えているようだった。

アシュリーの様態が徐々に安定してきたので、医者を含む医療スタッフは彼女をゆっくりと休ませた。 アンドリューとエリーは、アシュリーが寝て休んでいるところを静かに見守っていた。

明るく静かな病室では、 アンドリューがひどく怒っていたことに、エリーはまだショックを受けていた。

アンドリューがアシュリーのベッドに近づいていることに気づくと、

彼の表情がイライラして見え、エリーは心配になった。 アンドリューがかわいそうなアシュリーを傷つけるつもりではないかと疑い、

彼女は急いで立ち上がると、アンドリューの行く手を阻もうとした。 彼女は振り返って、心の恐れを隠そうとし、すばやく身をかがめてお辞儀をすると、アンドリューに 「ルーさんありがとう!」と言った。

エリーは、病院の職員たちがしたのと同じように アンドリューに話しかけることにした。

「よろしい」 アンドリューは、エリーが部屋に入ってきた時から、彼女の存在をあまり気にしておらず、 アシュリーの健康だけを心配していた。 エリーにした空返事は、彼女と話した唯一の時間だった。

「ルーさん、 今日は何かとやることが多そうです。 あなたが気にしなければ、私がアシュリーの世話をします。

先に帰って、仕事の手配など会社に戻られても構いませんからね」

エリーの言葉を聞いたとき、アンドリューはすでに厳しい表情をしていて、 アンドリューの冷たい視線がエリーを突き刺し、部屋は徐々に肌寒くなった。

エリーの心は、その恐ろしい瞬間に凍りつき、 アンドリューの冷ややかな視線にどう反応すれば良いのかわからなかった。 夏の暑さが役に立たないほど、エリーは恐怖で震えていた。

アンドリューがアシュリーにこれだけ心配している理由をエリーは疑っていて、

この二人の関係が一体何なのかを考えた。

アシュリーとの繋がりを考え込んでいると、アンドリューのポケットに入っている携帯電話が鳴り、 彼はその携帯電話に手を伸ばし、少しためらいながら画面を見た。

電話をかけてきた人の名前を見て、目に怒りを浮かべ、

彼のしかめ面はよりひどくなった。 電話に出るべきか決心するまで、しばらく考えると、 彼は部屋から出て行き、画面を親指でスワイプして、渋々と電話に出た。

エリーはその電話に感謝した。 それはアンドリューの冷たい視線から彼女を救っただけでなく、数分間だけでも彼と同じ部屋にいる居づらい雰囲気から解放された。

彼女は深い安堵のため息をつき、何とか落ち着くことができた。 それからアシュリーの方を向くと、心配そうな目で彼女を見守った。

「昨日のアッシュは、もう元気だと思っていたのに、 急に具合が悪くなったのは、何が起こったのだろう。 彼女の体温はとても熱くて、まだ目が覚めない」

しばらくすると、アンドリューは病室へと戻ってきた。

彼は心なしか苦しんで急いでいるようだった。 出て行かずこの病室に滞在し、代わりにアシュリーの世話をしたいと思っていることが彼の目を見てわかった。 彼女が目を覚ますその前に行かなければならず、彼は申し訳ない気持ちで彼女を見つめた。 そして、最後にエリーの方を向くと、彼は悲しみに満ちた目で「もう行かなくては。 彼女のそばにいて世話をしてあげてくれ」と冷たい声で言った。

エリーは困惑したが、アンドリューに同意すると、 彼女はうなずいて「まかせて」とぼんやり言った。

彼女は不思議に思った「まかせて?

ただ、まかせて? 一体どういうことだろう?

彼は自分を誰だと思っているのだろうか。 アッシュとはどんな関係を築いているのか? アッシュの世話をするのは私であって彼ではないのに」

それでも、エリーはすべてを飲み込んだ。 そんなことを口に出す勇気がなかったのだ。 ただ、彼女はアンドリューに対し、どこか居心地良くないことを感じていて、 彼がいなくなると、ほっとした。

エリーは今出たばかりの冷たい男に興味をそそられ、 彼がエリートで社会的地位を持っている人だろうなと疑った。 アンドリューがこの部屋に来ると、部屋の雰囲気はガラリと変わり、 彼の周りが常に緊張して居心地よくなかったので、彼女は息がしづらかった。 彼のような見知らぬ人がなぜエリーをこんなにも困らせるのか分からなかった。

エリーはその事実に驚き、アシュリーがそのような精神的に強い男とどのようにして出会ったのだろうと心配した。

アシュリーは、眠くなった目をゆっくりと見開き、「うーっ...」と微かなうめき声を上げた。

アシュリーが最後に覚えていた光景は二人のアパートだったので、 目覚めたら違う場所にいることを知って慌てた。 彼女が光に目を合わせ慣れようとすると、明るい天井や白い壁、なじみのないベッドに混乱した。

「目が覚めた?」 聞き覚えのある声がアシュリーの耳に届くと、彼女は落ち着いた。

アシュリーは甘い声がする方向に顔を向け、 エリーが自分のすぐ隣に座っているのに気づいて、笑顔を浮かべた。

「どうしたの? 私に何が起こったの?」 アシュリーはエリーに答えを聞きたかったが、かすれた咳をしてしまい、 喉が痛んで、上手く声が出せなかった。

エリーは、話そうとして上手く話せないアシュリーを見て立ち上がると、 コップ一杯の水を持って、アシュリーに手渡した。 しかし、アシュリーは一人で起き上がれないほど弱く、 エリーは彼女の腕をつかんでベッドから起き上がるのを手伝った。 アシュリーは水を飲んで、ついに言葉を発することができた。

「これは何が起こったって?

こっちこそ一体何が起こったのかと色々と話を聞きたいわ。 非常に体温が高くて熱かったから、 治療が間に合って本当に良かった。 そうでなければ、今頃あなたは錯乱状態になっていたかもしれない」とエリーはアシュリーの髪を撫でながらそう言った。

彼女は冗談めかして心の中で不平を言った。「私はなんて不注意な女なんだろう。親友の体の世話ができないなんて。 たった1日だけ留守にしていただけなのに、彼女は私を悩ませ、結局は私がお世話をしている」

「アシュリー、正直に言ってほしいの。 あなたはレナの婚約パーティーに出席すると言っていたよね。

どうしてこんな状態になってしまったの?

なぜなのか私は答えを知りたいの」

エリーの声は心配で一杯だったが、自分の友達に起こったことにとても腹を立てていた。 ベッドに横になっているアシュリーは、とても脆く弱々しく見えた。

「そのことが、目覚める前に起こっていたことで、 ひどい頭痛の原因に違いないと思う」 アシュリーは無理やり口を開かなければならなかった。 彼女の声はすでに正常に戻っていたが、相変わらず話すのが苦手だった。

「エリー、ごめん。 ただの事故だったの。

自分のことは自分で守ると約束する」と、アシュリーは真剣な眼差しで言った。

グーグーグー・・・

アシュリーはお腹が空いて音が鳴ったから、

何も食べていないことを思い出した。

彼女の美しい顔が赤くなった。

エリーは友人を安心させるかのように微笑むと、

何も言わずに、お粥を取り出した。

アシュリーはまだ一人では食べれなかったので、エリーが食べさせた。

それはお互いを大切にする二人のとても素敵な場面だった。

エリーは朝食用としてお粥を家で作っていたが、

残念なことに、アシュリーは病気になって病院へと運ばれた。 エリーはとても思いやりがあり、アシュリーが目覚めた時にお腹が空いているかもしれないと思って、忘れずに持ってきていた。

アシュリーは、エリーの子どもであるかのように食事を与えられたことを、甘くも気まずくも感じた。 彼女はエリーの手を止めて、手のひらを開いてスプーンを取ろうとすると、 「もう自分で食べれるわ」と彼女は言った。

「食べるのを手伝うわ。 片方の手はまだ点滴中なのよ。 どうやって一人で食べるというの?」 エリーは、アシュリーの手の甲につながっている点滴を指さして言った。

「本当にそうね」

アシュリーは同意してうなずいた。 彼女はエリーに食べさせてもらうことを少し恥ずかしがっていたが、これほど気にかけてくれる友人がいることに幸せを感じた。

エリーはアシュリーにお粥を食べさせていると、 ある考えが頭に浮かんで、ちょっと間を置いた。

「アッシュ、私たちのアパートに訪問してきた男たちがいたのよ。 会ったことも見覚えもなかったけど、あなたを訪ねて来たと言ってた。

誰なのか知ってる?」

「え? 誰でしょう? その人、どんな人だった?」 アシュリーは、エリーの質問に答えながら、混乱していた。

「彼は背の高い男で、恐らく 身長188cmくらい。

顔はハンサムでカリスマ的だけど、目つきはとても冷たい感じ。

まるで独裁者の前にいるような気分だったわ」

エリーはその男について覚えていることを全て話した。

彼のオーラについてや、簡単に周りの人へ命令していたことについて話し、

その男は誰なのか教えてくれることをエリーは願った。

「そうだったの? 申し訳ないけど、そのような男は覚えていないわ。 私には誰なのか全く分からない」 アシュリーは首を横に振り、そうエリーに答えた。 彼女は口がふさがっていて、声が少し聞き取れなかった。

「その男を知らないって本当なの?」 エリーはアシュリーを見ながら、まだ懐疑的だった。

彼女は以前の出来事を思い出していた。その男はアシュリーをとても心配していた。

怒っていたかもしれないけど、今朝はアシュリーの健康に対してとても心配してたと。

「わからないわ」とアシュリーは再び首を振って断言した。

「覚えてないのね。 彼が取った行動は、あなた達二人が本当に仲が良かったみたいだった。

あの男にはもっと気をつけた方がいいと思う。 彼にとって何か意味があるように見えたから」

エリーは、彼女への言葉をとても慎重に選んで話した。

「どうしてそんなことができたのだろう?」 アシュリーはエリーの言葉を聞いて困惑した。 エリーが見せた表情は本当に心配そうで、深刻そうに見えた。

アシュリーはいつも自分自身のことをよく理解していて、 エリーがその男について述べたことから、彼がエリートの経歴を持つ人物に違いないことがわかった。 そして、そんな非凡な男に出会うことは不可能だった。

たとえ彼女が素晴らしい男と出会ったとしても、緊張しすぎて 口が渇き、舌がうまく動かないので、上手に交流することができず、

声も出さずに逃げてしまうだろう。

しかし、彼女の頭の中で一瞬、記憶がフラッシュバックした。 見知らぬ人の部屋に忍び込み、その男に会った夜のことを思い出した。 アシュリーの体には、彼とした行為が再びしたかのように全てのことを思い出した。

「身長が188cm くらいって言った?

ハンサムで

カリスマ的な人?

独裁者のような男?

あり得ないわ! 彼は本当にあの男なのだろうか?」

…アシュリーは、頭の中でパズルのピースが合わさり、突然の気づきに 息を詰まらせて激しく咳き込んだ。

エリーはその姿を見て、ボウルとスプーンを手に取ると、 アシュリーの背中をなでて呼吸を楽にした。

「ゆっくりと息を吸って! 誰もあなたから食べ物を盗んだりしないわ。 急がなくてもいいよ」と、エリーは言った。

「ううん、してないよ! それだけだった…」アシュリーは自分の考えを説明する適切な言葉を見つけようとしたが、結局、上手く話せなかった。

「何どうしたの?」

「あなたが言った男のことを覚えているわ!

あの夜会った人に違いない!」 アシュリーはエリーに覚えている記憶を話した。

彼女はもう少し話そうとしたが、喉がまだ良くなっておらず、

エリーを見つめながら、言葉を飲み込んだ。

アシュリーは、あざや頭痛など、その夜に感じたすべてのことを思い出し、とても緊張していた。

彼女は、体や心に傷がまだ残っていて、 起こったことを考えるだけで震えた。 彼女は二度とあのような苦しみを味わいたくなかった!

身分のわりには、随分と甘やかされているんだろう。 欲しい女性なら誰でも簡単に手に入れることができただろうし。 私のような女性は、彼にとっておもちゃのように扱われるんだわ。

そんな恐ろしい考えがアシュリーの心の中で一杯になると、自分で自分を慰めようとした。 自分とあの男との間に起こったことについて、何の価値や意味も持たないようにした。

エリーは、アシュリーをただ抱きしめることしかできず、 その男が誰なのか思い出したアシュリーがヒステリックになったことにショックを受けた。 今や、アシュリーがそのような男と関わりくないということは明白だった。

「愛する姉よ、何があったの?」

突然、病室のドアの外から、皮肉めいたかすかな声が聞こえてきた。

アシュリーは、その声に気づいて眉をひそめると、 目には、恐怖と怒りが入り混じった。

ドアが開き、レナが病室の中へと入ってきた。 エリーは、軽蔑したような目で彼女を見つめ、 「何しに来たの?」と冷たい声で尋ねた。

「姉が病気だと聞いたの。 家の中で座ってじっとしていられると思う?」

レナはアシュリーがいるベッドの方へと向かい、 アシュリーとエリーに歓迎されていない雰囲気を一蹴した。 二人は、軽蔑な眼差しをレナにおくり、彼女が出て行くのを待ったが、レナは何も気にしていなかった。

レナは、ベッドのそばに立って彼女を観察すると、

弱っている姉を見下した。

しかし、熱は上がっておらず、

病気だったのにも関わらず、顔はバラのように綺麗だった。

彼女の頬は赤く柔らかかったので、

レナは、その綺麗な顔を台無しにしたくて、 嫉妬にかられて激怒した。

レナは、心の中で悲鳴を上げずにはいられなかった。「あなたの綺麗な顔を見ると、売春婦に見えるわ。 出会うすべての人を誘惑してしまうだろう。

あなたのためにその顔を引き裂いてやる!」と心の中で叫んだ。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?