icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第14章泥棒猫
文字数:4028    |    更新日時:10/04/2021

アシュリーはコメント欄をスクロールし続け、すべてを読んだ。

ほとんどすべてのコメントが彼女を誹謗中傷していた。

基本は 「なんていう性悪女!」 や「人の家庭を壊すなんて、とんだ恥知らずな女ね。 あなたはこの会社の一員である資格がないわ、今すぐ辞めろ!」といった感じのコメントばかりだった。

簡単に言うと、泥棒猫というのは、妻やガールフレンドがいる男性と関係を持つ女のことで、 この種の女は、すでに婚約している男性を誘惑するような恥知らず女なので、どこにいても煙たがられてしまう。

今では、小さな子どもから80歳代までほぼすべての年齢層が「泥棒猫」の意味を正確に理解しており、そのような女性に出会った場合、普通に軽蔑するだろう。

そのため、この投稿はフォーラムでトレンドのトップを飾り、非常に注目を集めていた。 泥棒猫は、誰もが殴りたいと思っている家をぐちゃぐちゃにするネズミのようなものだ。

アシュリーの気分は揺るがず、 コメントを読みながら冷静で落ち着いていた。

原色:「ええ、人は見た目にはよらない。 そして海は貝殻では測れない。 うちの会社で随一の美人とされているアシュリーも結局は人の家庭を壊す泥棒猫だった! がっかりだわ!」

王冠美人:「ええ、私もそうだったわ。 あんな高貴で立派だった彼女が 雪に覆われた山頂に咲いている雪蓮花のように見えていた。 今、彼女の嘘っぽい表情を思い出すと、気持ち悪くて反吐が出るぐらいだわ。 彼女はずっとかまととぶっていたのかもしれない! 性に関しても、非常に淫乱な可能性が高い!」

無知な愚か者:「そうは思いません。 彼女はそんな人ではありません。 確かに性格はのんきではなく、人と距離を置いていますが、進んで人を助けるようないい人です。 彼女は、私が長い間解決できなかった問題を解決する手助けもしてくれました」

夜の花:「うん、私も賛成。 アシュリーは決してそんな人では断じてない。 本当はただの人違いじゃないの?」

王冠美人:@夜の花「人違いなはずがないわ スレ主がアップロードしている写真見れば彼女こそが人の家庭を壊す泥棒猫だとわかるはずよ」

原色:@無知な愚か者「測り難きは人心よ。 あなたは彼女に助けられたと思うかもしれないが、誰が彼女の本当の意図を知ってるの? 彼女は、 ルオ氏の愛人だ。 ルオ氏にあなたの悪口を吹聴すれば、 あなたは職を失うかもしれない。 それほど彼女の言葉に重さがあるのよ」

シングルヒーロー:「うーん、普段はとても控えめで高貴な聖人のように見えるが、

ベッドではどんな顔をしてるか誰にもわからない。 彼女が実際にどれほどワイルドか想像するだけで、とても興奮しちゃうわ」

王冠美人:@シングルヒーロー「ははは、まさにその通り。 彼女と寝てみればわかるでしょうね」

原色:「かわいそうなムーさん。 あの泥棒猫にいつ、どこで ルオ氏を誘惑されて盗られるか 心配しているに違いない」と言った。

シングルヒーロー:「あなたの言う通りよ。 ルオ氏は とてもハンサムで爽やかな男で、 みんな喉から手が出るほど彼を欲しがってる。 しかし、金目当てでルオ氏に色目を使っている 外の現金女どもは ムーさんの足元にも及ばないわ。

すべての欠落:「私はムーさんと ルオ氏が婚約したと聞いた」

王冠美人:「つまり、ムーさん以外に誰も ルオ夫人になれないということだな。 彼らはもうすぐ式を挙げて結婚するだろう。 あのクソ女はムーさんとは比べ物にならない! 私は、ムーさん派! 泥棒猫は、ルオグループから抜けなければならない!」

原色:「そういえばあの泥棒猫ってムーさんと苗字が同じだね。 彼女らは姉妹の可能性があるの?」

すべての欠落:「あり得ない!

ムーさんは社長の 一人娘で、 彼女こそムーグループ唯一の後継人よ! あの泥棒猫は ムーさんと肩を並べる資格すらないわ。 彼女にはムーという苗字を背負えない。 同じムーでも、彼女はムーの恥さらしよ」

王冠美人:「私もそう思う。 優しいムーさんと違って、あの泥棒猫はただのくそビッチだわ。 そんな月とすっぽんの二人が姉妹なはずがないでしょう? さっきも言ったように、私はムーさんを断固支持するんで、 くそビッチは早くルオグループから消えないかな」

シングルヒーロー:「私もムーさん派。 アシュリーさっさとルオグループから出て行け!」

原色:「私も私も! 早くうせろよ泥棒猫」

その下もすべて同じような内容のコメントが書かれていて、 誰もがレナを支持し、アシュリーにルオグループから去ることを要求していた。

アシュリーはそのコメントを読み続け、ぶっきらぼうに笑った。

彼女は「スレ主が投稿した写真」とやらが気になり、 一体どの写真が自分を矢面に立たせたのか知りたかった。

そして自分が泥棒猫のように見られるとは思っていなかった彼女は 興味を持って写真を探し始め、 たくさんのコメントのおかげで、スレ主の投稿はトレンドトピックとなり、アシュリーは最初の投稿を簡単に見つけることができた。

投稿者のアカウントは最近登録され、投稿はほとんどされていなかった。 IDは「ウィローキャットキン」という。 アシュリーが下にスクロールすると、レイモンドの愛人だと人々に思わせた写真を見つけた。

写真を見ているうちに、彼女は大笑いした。

その写真は、アシュリーとレイモンドが恋人同士だった時代に撮られたもので、 大学では仲が良かったが、アシュリーは二人の関係を公にしたくなかった。

だから、アシュリーがレイモンドのガールフレンドだと知っている人はほとんどいなかった。

アシュリーは、ボーイフレンドを見せびらかしたことがなく、 二人が愛し合っている限り、二人の関係を他人に話す必要はないと思っていた。 彼女がレイモンドとランチに行ったり、デートしたり、一緒に面白い場所に行ったりするたびに、二人は他人に見られることを避けてきた。 その結果、彼らの行動は奇妙に見え、人々は秘密恋愛をしていると思うようになった。

彼女とレイモンドの写真の下には、レナとレイモンドのデート写真があった。

それらは非常に対照的で、 アシュリーはその緊張な表情からレイモンドの愛人のように見えたが、レナは普通にレイモンドのガールフレンドのように見えた。 レナは説得力のある愛情表現でレイモンドを見つめ、レイモンドは思いやりのある紳士のように振舞っていた。 彼らが恋人同士で仲良しなことは誰も否定できなかった。 彼らの写真そのものが、お互いへの深い愛情を示していた。

彼女の同僚がレナをレイモンドのガールフレンドだと思い、アシュリーを泥棒猫と間違えたのも不思議ではない。

「やってくれるわね、レナ。 彼女がこの投稿を計画し、私をやめさせる方向に仕向ける写真を見つけた。 レイモンドは私を解雇しないから、彼女は別の手段を使ったのだ」

「あとでレイモンドに私の辞任を問われても、彼女は責任負わずにやり過ごせる。 なぜなら、彼女が直に私をやめさせたわけじゃないから。 私がここで働き続ければ、レイモンドが私に近づいてくることを彼女は恐れる違いないから、 私が自ら辞任すれば、その心配もなくなるだろう」とアシュリーは思った。

実際、レイモンドはまだアシュリーを愛しており、レナもそれを知っていた。 それが、アシュリーを辞めさせるためにわざと噂を広めた理由だった。

レナのオフィスにて。

レナはひじ掛け椅子に寝そべりながら、赤ワインをすすっていた。

その身に纏っているワインレッドのタイトスカートは彼女の心地よい曲線を見せていて、 金髪の巻き毛はゆるく垂れ下がっていた。 丁寧な化粧が彼女の美貌を更に引き立てていた。 しかし、このようなきれいな女性は、少しも上品な笑顔を見せていなかった。 彼女は姉の狼狽ぶりにくすくすと笑った。

そのコンピュータは、電源が入っていて、 多くのコメントが書かれたダイジェスト投稿を読んでいたが、そのすべてがアシュリーを侮辱し、彼女に辞任を要求していた。 それを見ているレナの目には明らかな幸福が宿っていた。

アシュリーがルオグループから追放され解雇されていることを想像するのをレナは止められなかった。 その時のアシュリーは悲惨な顔をしているだろうが、その光景を見たいと彼女は思っているのだ。

「アシュリー、あなたはまた以前と同じように私に打ち破れたわ。 確かにレイモンドはあなたを愛している、だがそんなのどうでもいいわ! 彼の婚約者は私なのよ。 あなたにはもう何も自慢できることはないよね」

「はあ~すっきりした!

アシュリーさあどうする?

あなたの唯一の助け手であるレイモンドはここにいない」とレナは嬉しそうに思った。

レイモンドは早朝、ビジネスで海外に出張していた。 戻ってくるのに3〜5日か、 一週間はかかるかもしれない。

レナはこれまで、二人の関係を深めるために、彼の出張に同行することが多かった。

しかし今回、彼女はレイモンドと一緒に行かなかった。 なぜなら彼女には、対処すべき重要な問題があり、 アシュリーをルオグループから追い払う良い計画があったからだ。

レイモンドが搭乗前に最後に言った言葉は、レナにアシュリーの世話をするようにとの警告だった。 それはレナを歯ぎしりさせ、 できれば、アシュリーが殺されるか、人生の中でただ消えてほしいと願った。

「あなたの婚約者は私なのよ。 ずっとアシュリーのことを話していていいのかしら」とレナは拳を握りしめて思った。 アシュリーがレイモンドの心を勝ち取った一人であるという事実に、彼女は嫉妬に駆られていた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?