icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 閲覧履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon

私の心を傷つかない

第9章ムー家 

文字数:3121    |    更新日時: 10/04/2021

夕食の後、ムー家からアシュリーへ電話があり、明日家に来るよう頼まれた。

アシュリーは大学に入学した時から、実家を出ており、 家族に何かがあったときだけ帰ることにしていた。

彼女は電話で話している時、冷たく微笑んだ。 ペギーは自分がしたことを棚に上げ、何事もなかったかのように振る舞い、電話をかけてきたことに彼女はショックを受けた。

「アシュリー、聞いてる? 明日、実家に来て。 いいかい!?」 ペギーは、かなり長い間話していたにもかかわらず、アシュリーから何の反応もなかったので、怒って叫んだ。

ペギーは、アシュリーが反抗的な気がしていた。

元々はアシュリーをマイケル・デュへの贈り物としてプレゼントすることを計画していたが、 まさかアシュリーが逃げるとは思ってもみなかった。

その結果、彼らは儲かる取引を失っていて、 アシュリーが帰宅したときに、代償を払わせることにきめた。

「はい、聞いてます」とアシュリーは無関心に答えた。

アシュリーの反応はペギーを苛立たせ、電話を切る前についに罵った。

エリーは、アシュリーが電話を切るのを見て心配そうな顔をした。

「どうしたの? なぜ、実家に帰ってきて欲しいの?」

エリーには心配する理由があり、 家に帰るよう電話する度に、アシュリーが何らかのトラブルに巻き込まれていたのだ。

「大したことじゃないよ。 彼らは、私が実家に帰ることを望んでいる。 それだけよ」と、アシュリーはエリーが心配そうな表情をしているのを見て、彼女を安心させるためにそう言った。

少なくとも彼女が一人ではなかった。エリーがずっとそばにいてくれたのだ。

「私が一緒に付いていこうか?」

外見はタフに見えていても、内面は非常に傷つきやすいということをエリーは知っていた。 アシュリーは、家族の中で、特にレナからいじめられるのではないかと恐れていた。

なぜなら、子供の頃からレナとアシュリーは仲良しではなく、レナはアシュリーからすべてを奪おうとしていた。

さらに、レナは同情を得るため、平気で他人の前で被害者を演じる傾向があった。

「ううん、大丈夫だよ。 もう彼らにはいじめさせないわ」 アシュリーはエリーが何を心配しているのか察知していて、彼女をこの混乱に巻き込みたくなかった。

「わかった」 アシュリーが一人で行く決心をしていたので、エリーは彼女の言うことに納得した。

それから彼女は、家族から不当な扱いを受けた場合に備え、自分のことは自分でするようにと長い時間をかけてアシュリーに伝えた。

翌朝、アシュリーは荷物をまとめ、家族の家に行く準備をした。

ムー家は彼らが住んでいたJ市で影響力を持っており、 アシュリーの養父であるスペンサーは、ムーグループの会長で、レナはその娘だった。 彼女はよくアシュリーの前でブランド物の高級品を見せびらかしていた。

しかし、実際の名家に比べるとムー一族は、その影が段々と薄くなっていた。

ムー家の屋敷は、スプレンダーガーデンにあり、 そこの土地はとても高価な場所だった。 ムー家は、屋敷を購入してから長い間興奮していて、 レナが自分のクラスで自慢していたことをアシュリーはまだ覚えていた。

アシュリーはバスに乗って時間をかけて、スプレンダーガーデンの近くまで行くことにした。 そこに住んでいる人たちは金持ちで権力があったので、みんな自家用車を持っていて、バスはめったに見られなかった。

アシュリーは最寄りのバス停で降りると、屋敷までの道を歩いた。

バス停からムー家の屋敷までは、歩いて30分以上かかる距離があり、 彼女はそこを歩きながら、道中に咲いている美しい花や木を見て楽しんだ。

彼女が実家に行く度に、何の良いことも起こらなかったので、急いではいなかった。

少なくとも、彼女は道の途中で楽しい景色を楽しむことができた。

アシュリーが屋敷の近くまで来た時、一台の車が彼女の横を通り過ぎ、突風とほこりを吹き付け、彼女の目を閉じさせた。 アシュリーは、昨日雨が降らなかったことを幸運だと思った。そうでなければ、車の走行速度から判断して、彼女は水たまりの水をかけられていただろう。

突風が止むと、アシュリーはゆっくりと目を開けた。 そこには、レナのかわいらしい顔が彼女を見つめていて、ちょっと驚いているようだった。

アシュリーは完全にショックを受けていた。 このようにレナと出くわすことがいかに皮肉なことかを考え、小声で罵った。

「アシュリー?」 レナはまるで彼女に気づいたばかりかのようなふりをして、 車のドアを開けて出ると、楽しそうに彼女の方へに向かって歩いた。

「アシュリー、こんなところで偶然会うなんて。 まさか、あなただとは思わなかったわ」

レナは暖かく手を握ると、運転席に座っているレイモンドの方を向いてこう言った。「レイモンド、アシュリーよ。

車に乗せてあげましょう」

レイモンドは、アシュリーを見てハンドルを握り締めると、 唇を固く結んで、「うん」と口ずさんだ。

「やった、アシュリー、一緒に家に帰りましょう」 レナはアシュリーの手を握り締め、彼女を車の方へと引っ張った。

しかし、アシュリーはレナの車に乗らなかった。

アシュリーは握られていた手を引き離し、彼女に笑顔を強要すると、

「お構いなく。 もうすぐ家に着く距離だから。 歩くのが好きだし、私は歩いて家に帰るわ」と言った。

アシュリーは決してレナと一緒に行かないだろう。 彼女はレナが家に帰る途中、罠をしかけてくるのではないかと心配した。

そして、彼女はそれに対処する気分になれなかった。

しかし、レナは傷ついたふりをして、目に涙を浮かべると悲しそうにこう言った。「アシュリー、まだ怒っているの? ごめんなさい、レイモンドと私は本当に愛し合っているの」

レナは、アシュリーがお邪魔虫であるかのように言った。 アシュリーは溜息をついた。

レナが倒れて彼女のせいにされる場合に備え、レナと自分の間に距離を置いた。

「それは考えすぎだよ。

私はずっと前に彼と別れてる」 アシュリーは、レナとレイモンドが何を考えていても、巻き込まない限りは気にしなかった。 彼女は彼らに興味がなかった。

「もう行かなくちゃ」 そう言うと、アシュリーはレナをよけて反対側に歩いた。

その瞬間にレイモンドは車から降り、アシュリーは彼のすぐ側を通り過ぎた。 彼は彼女が立ち去るのを見て何も言わなかった。

「レイモンド」 そう言ってレナは彼を見ると、悲しそうな表情で彼の腕の中に飛び込んだ。

「アシュリーは私達のことを許してないわよね?」 レナは頭を上げて、涙を浮かべてレイモンドを見つめた。その表情はとても悲しそうだった。

実は、彼女はアシュリーから期待していた反応が得られなかったことに失望していた。 二人が一緒にいるのを見てアシュリーがひどく怒るだろうと思っていた。

彼女は心の中で思った「アシュリー、あなたがレイモンドのことが好きのは知っているよ。 でも彼はもうあなたのものじゃない。 彼は今、私のものです!」

「あり得ない。 あまり深く考えないで」 レイモンドはレナの涙を優しく拭き取ってそう言った。

「行こう」 レイモンドは、アシュリーが自分のことを気にかけておらず、もう愛していないことを知っていた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?