icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第2章危険な男
文字数:3312    |    更新日時:10/04/2021

アンドリュー・ルーがドアを開けると、部屋の中に立っていた女性に気づいた。 他の違った状況であれば、彼は許可なく部屋に入ってきた彼女を追い出していただろう。

しかし、アシュリーを見た瞬間、彼はその場で動けなくなった。

何かが彼の中で揺れ、そしてタオルの中で彼のアソコが固くなっていた。

アンドリューは、アシュリーのような人が自分を興奮させるとは思ってもみなかったので、

自分の体の反応に驚いた。 1つに、彼は女性に関して非常にうるさい人で、 女性が付ける香水に対しても嫌悪感を抱いているほどだった。

これらの理由が彼が女性と一緒にいなかった理由だった。

その考えを押しのけて、彼の顔は険しくなった。 俺がここにいることを知っている人は少ないはず。

誰が教えたのだろう? とアンドリューは心の中で不思議に思った。

一方、アシュリーは彼の方に歩いていったが、つまずいてしまい、彼の腕の中に落ちた。

二人の目が合ったとき、アンドリューは脈が速くなるのを感じた。

「クソ!」 そう彼はささやいた。

正気を取り戻そうと、彼は押し入ってきた、腕の中の女性に眉をひそめ、苛立った顔を見せた。

傍から見れば彼は雷のような顔をしてそこに立っていて、

その女性を軽蔑していることは、彼の顔を見れば明らかだった。

しかしアシュリーは彼の冷たい肌の感触を楽しんでいて、彼女がそれを止まる前に、彼の張りつめた腰を抱き締めていた。

「んー! これはとても気持ちいいね!」 と彼女はつぶやいた。

彼女にとってアンドリューは、体中に広がる麻薬性の火を消すための巨大な氷の塊にすぎなかった。

彼女はもう意識を失っていた。

しかし、もっと重要なことは、知らず知らずのうちに誘惑していた男が彼女の手の届かないところにいるように、彼女が自分らしく振る舞っていなかったことだ。

「暑い・・・」 と彼女はささやいた。 薬の影響によって彼女の体は内臓が焼けるように 引き続き痛んでいて、少しずつ衰弱していった。

アンドリューは最初、彼女を追い払わなかったことを後悔していたが、恥知らずにもこの女性に利用されたので、ずっと気分が悪くなった。

しかし、なぜか彼は彼女を拒否したがらなかった。

俺の大嫌いな強い香水をつけていないからなのか?と 彼はそのように考えた。

アンドリューの顔を含むすべてのものがアシュリーにとっては 、ぼやけてしまった。

アンドリューは彼女をベッドに運び、横にした。彼女のさざ波のような黒い髪は、彼女の周りに厚い固まりとして落ちた。 そして、彼女の紫のドレスが肩から滑り落ちて、クリーム色の肌が現れた。

彼女の小柄な顔は紅潮していて、

肌はピンク色になっていた。

そして白い額から玉のような汗が流れ落ちた。

彼女が唇を噛むと、彼女のバラ色の唇はより魅力的に見えた。

この官能的な女性を目の前で見ていたアンドリューは、数分前に冷たいシャワーから出てきたにもかかわらず、汗をかき始めた。

「俺をその気にさせたせいだからな」

と、彼はうなった。

彼女に身を投じると、彼の目の欲望は火に変わった。

・・・

「ああ!」 外の物音でアシュリーは目が覚めた。 その物音はだんだん大きくなり、彼女はその騒ぎの中で自分の名前が呼ばれるのをぼんやりと聞いた。

突然、アシュリーは昨夜、彼女のワインに媚薬が含まれていたことを思い出した。

彼女はすぐに目を開けた。 アシュリーは早起きして、自分の特別な場所に痛みを感じた。 「痛い!」 そう言って彼女は泣いた。

すると、シーツが体から滑り落ち、体中にあざができていた。 さらに、太ももの間の痛みが彼女を走った。

身体中にある傷跡を見て、彼女は目を輝かせた。 そして彼女の心の中に記憶が鮮明に浮かび上がった。 ペギーは密かに彼女のワインに媚薬を加え、マイケル・デュへの贈り物として彼女を贈ろうとしていた。

彼女の脳裏には、昨夜の散りばめられた記憶が ゆっくりと蘇った。 彼女は何とかペギーから逃げ出して、鍵のかかっていない部屋に駆け込んだ。

アシュリーがもっと多くのことを思い出そうとして横向きになると、横にいる男性を確認した。 彼の目は閉じており、薄い唇はわずかに赤くなっていた。 完璧に彫刻されたようなハンサムな顔をしており、今はとても穏やかに見えた。

アシュリーはその男の顔を見て、深い安堵のため息をついた。

あぁ、助かった。。。 昨夜の相手はあのマイケル・ドゥではなかった! そう思いながら彼女は胸を撫で下ろした。

アシュリーは外の騒音が大きくなるにつれて歯を食いしばった。

その騒音の原因はペギーではないかと確信していた。

彼女は昨夜探すのをあきらめたに違いないが、今日再開したのだろう。

彼女は幸いにも引き裂かれていなかった 自分のドレスを見つけて着ると身なりを整えた。 ドレスの長い裾は彼女の体にあるあざを上手く隠していた。

「痛い! すごく痛い!」 アシュリーはベッドから出ると怒りっぽくつぶやいた。 突然、膝が弱くなって腕は重いように感じられ、 彼女は倒れてしまったが、すばやくベッドをつかんでバランスをとった。

彼女は股間にしつこい痛みを感じ、ベッドに横たわっている男性をにらみつけた。

アシュリーは痛みにもかかわらず、立ち上がらざるを得なかった。 彼女は、ペギーとそのチームに追われていると確信しており、この男に迷惑をかけたくないと思っていたので、 そっとその場を抜け出すことにした。

アシュリーはベッドをつかんで痛む体を支え、起き上がろうとしたが、突然温かい手に掴まれた。

アシュリーが見上げると、その男は目を覚ましていた。

彼は静かに彼女を観察していた。彼の魅力的な目には奇妙な感情が輝いていて、どんな女性でも膝が弱ってしまうだろう。

細かいことにはこだわらずに、アシュリーは話した。「彼らが私を探しているの。

今は隠れていたほうがいい。 私が行ったら、あなたも出ていけます」

しばらくの沈黙の後、彼は「その問題を解決してあげよう」と、アシュリーが堪忍袋の緒が切れそうになる直前に申し出た。

目覚めたばかりだった彼の声は深く、少し枯れていて、酔っているように聞こえた。 このような魅力的な声に抵抗できる女性はいるだろうか?

しかし、アシュリーは例外だった。

ここに住む余裕のある人は金持ちか権力者か、あるいはその両方だということを彼女は知っていた。

この男は、彼女がペギーを追い出すことに関して手伝うことができた。

何しろ、彼らには彼のような権力者に対抗するだけの度胸がなかった。 一瞬ためらった後、アシュリーはいちかばちかやってみることにした。

しかし、彼女はこの見知らぬ人が助けてくれるとは思ってもみなかった。

彼女は無料のランチなんてこの世にはないと信じていたが、今は彼の申し出にとても感謝していた。

「見返りは?」 彼女は用心深くたずねた。 彼女は見知らぬ人の見返りを受け入れるということに気が進まなかったが、彼の保護が必要だと分かっていた。

何しろ、彼女は彼らの計画について何も知らなかったので、 彼らに直面した際には準備万端でいたかった。

「俺とキスをしてくれ!」 そう彼は要求した。

アシュリーはショックで口がきけなかった。 どういうことなの?

アシュリーは混乱した様子でアンドリューを見た。

「キスして!」

アンドリューが再びそう言った。 彼は言葉を繰り返すことなく欲しいものを手に入れてきたような男だったが、アシュリーの当惑した表情を見て、彼は再び言わざるを得なかった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?