icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第4章親友
文字数:4637    |    更新日時:10/04/2021

レイモンドは、あの日何も起こっていなかったら、今頃どうなっていたのだろうと 自問自答を繰り返していた。「もしあのバーに行っていなかったら、どうなっていたのだろうか? もしも酒に酔ってなくて、レナと一緒に寝ていなかったとしたら。。。 アシュリーと今でも一緒にいれただろうか?」

その答えはもちろんノーだった。 レイモンドがその罠に陥らなかったとしても、レナはあまりに巧みだから、別の罠を用意していたに違いない。 レナはレイモンドとセックスする機会を見つけ、結局はアシュリーと別れることになっただろう。

「レイモンド!」 レナはレイモンドの胸に顔を埋めながら、そう呼びかけた。

実のところ、レナはレイモンドのことを気にかけているわけではなかった。ましてや彼に恋をしていたわけでもない。

彼女はアシュリーからレイモンドを奪いたかっただけだった。

子供の頃からずっとアシュリーの持ち物を欲しがる癖があり、

アシュリーが何かを大切にしていたり、何かを気に入っていることに気付くと、いつもアシュリーがそれを持つことを妨げるためなら、何でもします。

彼女はアシュリーとレイモンドの関係にいつも嫉妬していた。 レイモンドはハンサムで思いやりに溢れていて、アシュリーに対して親切だった。 レナは自分こそがレイモンドのような理解のある男にふさわしいと思った。 二人の関係を引き裂こうと、彼女は完璧な計画を立てている間、笑わずにはいられなかった。

レナはアシュリーにレイモンドが裏切ったところを目撃させた。 その夜、レイモンドとレナが一緒にいるところをアシュリーが見ると、彼女はとても喜んだ。 アシュリーの顔がショックと悲しみで真っ青だったことをレナは忘れることができなかった。 しかしその後、レイモンドの前でアシュリーがこれほど憂鬱だったことをレナは見たことがなかった。 レナは、アシュリーがただ冷静に振る舞おうとしただけだと思っていた。 心の奥底でアシュリーは、レナとレイモンドが以前の私たちよりも親密で官能的であったことに悲しみと落胆を感じた。

「レナ、僕があなたの面倒をみます」 レイモンドはレナを胸に抱きしめながら、献身を示すと約束した。

「ありがとう、レイモンド 私はあなたを信じてるわ」 レナは赤くなった顔を下げながら答えた。

エリーはルオグループから急いで飛び出ると、

縁石の方へと走り、腕を振り回してタクシーを呼び止めようとした。 彼女はすぐにアシュリーと話したかったが、電話はなかなか繋がらなかった。 アシュリーの携帯電話の電源が切れていたので、エリーはとても心配だった。

家に着くまでの時間が短縮されるように、会社のある地区でアパートを借りることにしたことを思い出した。 数分後、タクシーの運転手はエリーをアパートまで送った。

エリーは、アシュリーのことをとても心配していたので、帰るまでに何時間もかかったように感じていた。

彼女は着くやいなやタクシーから飛び降り、アパートの方へと向かって走った。 ノブを回してドアを開けると、彼女は不安に襲われた。 リビングルームは電灯が付いており、アシュリーがバスタオルに包まれたまま、ソファでぐっすりと眠っていた。

夜のそよ風は、夏では味わえないような涼しい気分にさせてくれた。 エリーは、そんな肌寒い夜にタオルを巻いたままリビングで寝ている友達を見て、ため息をついた。 エリーは、アシュリーを暖かくするために毛布を持ってきた。

彼女はピンクの毛布を手に、アシュリーに向かって静かに歩いて近づくと、

アシュリーの首にピンクのあざがあることに気づき、毛布を落としそうになった。

このようなあざが首だけでなく、全身にあることに気付き、エリーは信じられないという気持ちになっていた。

エリーには、ボーイフレンドも親しい人もいなかったが、

大学のルームメイトから聞いてた話から、それらのあざはキスマークであると確信した。

エリーは、今すぐにアシュリーを起こし、

たくさんのことを聞きたかった。 しかし、アシュリーの目の周りにクマがあるのを見て、起こすことを止めた。 代わりに彼女は手に持っていた毛布をアシュリーにかけ、夕食を作ることにした。

エリーはキッチンへ向かう前に、アシュリーに手を取られてしっかりと握られた。

実際のところ、エリーがリビングルームの明かりをつけると、アシュリーは目を覚ましたが、

部屋の明るさに慣れるのが大変で、彼女は目を閉じたままにした。

「エリー・・・」アシュリーが起き上がって、ほとんど聞き取れない声で呼んだ。 エリーに近づくと、寄りかかって彼女を抱きしめた。

そして、彼女の肩に頭をのせ、親友に慰めを求めた。

エリーはアシュリーの頭をなでて慰めた。

エリーは親友が激しく泣いているのを感じ、

アシュリーの背中を軽く撫でると、疲れている目をじっと見つめて言った。「アッシュ、落ち着いて。 すべて上手くいくからね」

「彼らは。。。私を愛していない人と結婚させようと計画していたの。 マイケル・デュが不動産会社を経営しているという理由だけで、私の夫にしようと企み、 昨夜、彼らによって薬を飲まされたの・・・」とアシュリーは惨めな声で告白した。

涙がアシュリーの頬を流れ落ちると、エリーは彼女をしっかりと抱きしめた。 アシュリーは昨日の夜から今朝まで起きたことをすべてエリーに話した。

起こったことの一部始終を思い出そうとして、アシュリーは泣いた。

その話をエリーは座って一心に耳を傾けて聞いた。

彼女はアシュリーの背中を撫でて、すすり泣きながら呼吸しやすいように良くした。

アシュリーが話を終える頃には、エリーは彼女の友人に対する不安や恐怖、怒りに包まれていた。

アシュリーとエリーは高校時代から仲がとても良く、

同じ机を共有し、一緒に遊び、何度も食事を共にした。

趣味などの共通点も多く、いつも一緒にいて楽しかった。

アシュリーは孤児だった。

彼女はムー家の養子となったが、それまでは歓迎され、愛されているという実感が持てなかった。

その家族は彼女のことを好きではなく、

アシュリーは授業料を払うためだけにアルバイトをしなければならなかった。

服やおもちゃのことになっても、彼女はレナのお下がりを使わなければならなかったので、

彼女が家を出て一人暮らしするまで、大変な人生だった。

一方、エリーは離婚した家の子供だった。

彼女が幼い頃に、両親は別れ、

祖父母に育てられていた。

二人は子どもの頃に、同じような悲しみを経験しており、

お互いに共感し合って、仲良くなり親友になった。

アシュリーは強い女性であり、エリーは誰よりもそのことを理解していた。 これまでどんなに壊滅的な事態が起こったとしても、アシュリーは決して泣くことはなかった。 しかし、今夜の溢れるほどの涙を見て、まるで無力な少女のようだった。

エリーは、アシュリーの里親による仕業と知って激怒し、 マイケルのような人との結婚を強要した人々を殺してやりたいと思った。

「あの里親はゴミよりも汚い」と、彼女はあきれながら思った。

彼女はマイケルが恐ろしい人だということをよく知っていた。

彼は、たくさんの罪のない若い乙女たちの心を弄び、

マイケルと一緒にいられると思っていた乙女たちは失恋しただけでなく、肉体的にも精神的にも傷ついていた。

しかし、マイケルの富と影響力は凄まじいもので、犠牲者とその家族の憎しみから彼は守られ、 家族は娘たちが惨めに生きていくのを見守り、結局は泣き寝入りするしかなかった。

エリーは、アシュリーがホテルの見知らぬ人の部屋に駆け込んだと聞いて驚いた。

悲惨な経験が明らかになるにつれ、彼女は親友を抱きしめた。

「お腹すいたよ、エリー」 アシュリーの声は、心が衰弱していて震えていた。

エリーに寄りかかった アシュリーの目は赤く腫れていて、彼女のバラ色の頬は涙で濡れていた。 それはまるで、おとぎ話に出てくる悲しげな王女のように見えた。

エリーは親友の顔の涙をそっと拭うと、

その悲しそうな目を見て、優しく言った。「元気を出して、アッシュ。

夕食の準備をするわね。

あなたは部屋に行って、風邪をひく前に着替えてきてね」

「わかった、着替えてくるね」とアシュリーは穏やかな声で答えた。

エリーはゆっくりと振り向く、キッチンへと向かった。 彼女は誰よりもアシュリーのことをよく知っていた。

「彼女はただ強がっているだけだ。

困っていても私を心配させたくないと思っているはず。

ちゃんと支えてあげないと」そう彼女は思った。

アシュリーは寝室に入ると、クローゼットの方へ向かった。

彼女はパジャマの色さえ気にせず、着るパジャマをチョイスし 着替え終えると、リビングに戻ってソファに座り、なにも考えずに、 黙って料理をするエリーの背中を見つめた。

二人はダイニングのある2ベッドルームのアパートに住んでいた。 それぞれの部屋を自分たちに合うようにアレンジしていたが、リビングルームについてはアイデアを共有しており、 二人とも心が安らぐような設計にしていた。

二人は本当の家族ではなかったが、姉妹のように接していて、 血が繋がっていなくても、お互いを理解することができた。

「そこに座って何をしているの? こっちに来て、 テーブルの用意を手伝って」 アシュリーがリビングでぼんやりしているのに気づくと、エリーは陽気に笑って言った。

エリーの心が何かを感じたとき、アシュリーは起き上がって助けに行こうとした。

「ああ、気にしないで。 そこに座ってくつろいでいて。

一人で対処できるわ」と彼女は続けた。

アシュリーは友人の甘い言葉に微笑んだ。 彼女は席から飛び上がると「心配しないで。

私はもう大丈夫」

そう言って、二人は一緒にテーブルの準備をした。 喜びのあまり向かい合わせで座り、

美味しそうなご馳走が二人を虜にした。 アシュリーはその美味しさを十分知っていたので、エリーを褒めた。「あなたの運命の男性は幸運の持ち主よ」

「でたらめなことを言わないでよ。 お腹が空いているんでしょ。

早くいただきましょう」 エリーはアシュリーを見ながら、微笑んで答えた。

レイモンドがアシュリーのことを社内で尋ねていたという事実について、彼女は黙っていた。 彼女はアシュリーに、再び惨めな思いをさせたくなかったのだ。

二人は黙々とエリーの料理を楽しんでいたが、

二人でいる空間はとても平和だった。 その後、二人はテーブルを片付け、エリーは皿を洗った。

アシュリーはリビングに行って、テレビを点けるとニュース番組を流した。

エリーはキッチンで洗い物を終えると、考え込んでいるアシュリーのそばに座って、

「アッシュ、何を考えてるの?」と 興味津々に聞いた。

「なんでもないわ。 今夜は、エリーと一緒に寝たい」と言ってエリーを抱き締めた。

そして説得するかのように、エリーの肩に頭を押し付けた。

「もちろん!」

「あなたは最高よ!」

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?