icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第3章彼女は疲れきっていた
文字数:4728    |    更新日時:10/04/2021

アシュリーは自分を納得させるまでにしばらく時間がかかった。 「まぁ、いいでしょ。 彼はイケメンだし、昨夜も一緒に過ごしたから、

キスぐらいなんて、 私にはできる」

不安で胸が張り裂けそうになる中、彼女はそう自分に言い聞かせた。

アシュリーは、そばにいる男の豊かな赤い唇を見つめた。 その唇を見ると、彼女は近づきたくなり、 赤ら顔で身を乗り出し、彼に口づけした。

それは1秒もかからないほど速いキスだった。

アンドリューが彼女のしていることに気付く前に、アシュリーは赤らめた顔をすぐに引き戻した。

アンドリューは、起こったことに心から失望して目を開けた。 彼は素早いキスよりもっと情熱的なものを望んでいた。

アシュリーはアンドリューの視線に当惑した。 彼から離れる時、冷静に振る舞おうとしたが、

彼女の頭の中では疑問でいっぱいだった。

彼は明らかに私に動いてほしいと思っているみたい。 私に動いてほしいのかな?

キスだけで十分なの?

「もう一回」

アンドリューはまるでアシュリーが考えていることを把握していたかのように冷たいカリスマ的な声で言った。

アンドリューはタフなビジネスマンで、自分や会社にとって有益なことだけを行っていた。

どんな取引でも負けたことがなく、 それは、キスも例外ではなかった。 そして、もっと何かを求めたいので、彼はそう命令した。

アンドリューの言葉は、これは始まりにすぎないことをアシュリーに理解させた。 彼女の目には、内気さと少しの不満さが入り混じって一杯だった。 気がつくと彼女はゆっくりと彼の顔に近づいていた。

それからアシュリーはアンドリューの唇にキスをした。 今回のキスは前のものとは違い、 それはただの素早いキスではなく、情熱に満ちているものだった。

彼女は、ほのかな煙草の匂いがする、優しく滑らかな唇を欲しがった。

アシュリーはこれが初めての本物のキス、

アンドリューが一緒に寝た最初の男だと気づいた。

彼女はレイモンドとデートをしたことがあったが、いつもは手をつないで並んで歩いていて、

キスは頬に軽くされるだけで、

一度も彼女の唇に情熱的なキスをしようとしなかった。ましてセックスをしようとしたこともなかった。

アンドリューは女性の香水があまりにも刺激的すぎて、

好きではなかったから、 彼女の匂いを嗅ぐことを我慢しようとしたが、彼女は、香水を付けていない、肌はラベンダーの香りがしたことに気づいた。 そのかすかな香りが彼をさらに渇望させた。

アンドリューは、アシュリーの愛らしい唇、恥ずかしそうな目、魅惑的な身体を見てほほえんだ。 彼女の滑らかな肌のピンク色のあざは、彼らが共に過ごした官能的な夜をアンドリューに思い出させた。 彼女の体を精力的に愛撫し、彼女の最も敏感な場所に触れました。 短いフラッシュバックによって、彼はアシュリーがキスの仕方を知らなかったことに気づいた。

彼女は口ではなく唇だけを使った。

アンドリューはもう自分をコントロールすることができず、 彼らのキスでもっと情熱的で攻撃的になりたかった。

アンドリューは、ベッドの横にあるテーブルの電話に手を伸ばし、番号をダイヤルした。

電話がつながり、彼は冷たい声で「外の人を追い出せ」と言った。

アンドリューは電話を投げ捨て、アシュリーに近づき、

再びキスをしたが、今度は彼の舌が絡みついた。

彼は彼女の唇をいたずらに舐め、口を開けさせた。

それから、彼の舌が彼女の舌をくるくると回しながら、歯をすり抜けた。

アシュリーは最初は気が進まなかった。

こんなにワイルドなキスをするのは初めてだった。

彼女は最初こわばっていたが、アンドリューの舌は彼女の口へと向かい、誰も行ったことのない場所へと向かった。 彼女の顔はますます熱くなり、彼をさらに欲しがった。

彼らの舌は遊び、お互いの唇を噛み、肌を何度も押し付け合った。。。

アシュリーは午後遅くに目覚めると、

フランスの窓を横切るように黄色い日光がオレンジ色に変わり始めており、

それは、暗い部屋に暖かく居心地の良い雰囲気を醸し出していた。

アシュリーは彼女がここからすぐに去らなければならないことを知っていた。

彼女の長い睡眠では、なかなか疲れがとれていなかった。

彼女の首や肩、胸には、隣で眠っている男性と愛し合った激しい夜の証拠がまだそこに残っていた。

彼女は自分の持ち物を集めて部屋を出る前に、アンドリューを最後にもう一度見た。

アシュリーはよろよろと廊下を歩き、 家に帰るためのタクシーを呼んだ。

そして、彼女は間もなく、エリー・スーと借りたアパートに着いた。

帰るとすぐに、彼女はバスルームへ直行し、バスタブにお湯を張った。

彼女は疲れを取り除こうと温水に浸かり、

ぼんやりと昨夜の出来事を思い返していた。 彼女の体に痛みがなくて愛の傷ばかりであれば、単なる官能的な夢だったと間違えられたかもしれない。

アシュリーは、まさか自分がこんな夜を経験できるとは思ってもみなかった。

昨夜の熱狂的な行為で彼女は疲れていた。 そして、体を包み込む温かいバスタブは、彼女の疲労を洗い流すことができた。 アシュリーは、リラックスして眠くなり、 着信音で目が覚めるまでぐっすりと眠っていた。

目覚めると、アシュリーはバスタブの水が冷たくなっていることに気づき、

手や足、唇がすっかりと冷えていた。

彼女は震えながら浴槽から飛び上がり、

タオルをつかんで体に巻きつけ、エリーからの電話に出た。

アシュリーの喉は荒れていて、 しゃがれた声で「やあ、エリー」と言った。

「アッシュ、その声どうしたの?」 エリーは、アシュリーの声の異変に気付き、思いやりのある口調で尋ねた。

アシュリーは台所からグラスを持ってきて、水を注いで それを飲むと、いくぶん喉の調子が良くなった。 「何でもないよ。 心配しないで」とアシュリーは答えた。

「アッシュは、どうして今日は仕事を休んでるの?」

「エリー、ちょっと気分が悪いのよ。 2日間だけ病気休暇を取ることを上司に伝えてくれないかな?」 アシュリーはお風呂から上がったばかりで、目眩がしており、 居間に向かって歩いて、ソファーにゆったりと座った。

「アッシュ、どうしたの? 熱はあるの? もう病院には行ったの? ル。。。 ル。。。 ルオさん」

アシュリーがエリーの質問に答えようとしたとき、エリーが突然話すのをやめてレイモンドの名前を呼んだ。

アシュリーは彼の名前を聞いて呆然としたが、気を取り直し、電話を切ることができた。

電話を切った直後、再び電話の呼び出し音が鳴り響いた。 アシュリーは、画面に電話をかけてきた人の名前が出ているのを見て、深いため息をつき、 電話の電源を切ることにした。 そして、めまいに負けて、ソファでぐっすりと眠ってしまった。

エリーはルオ・グループの会社の入り口にいた。

彼女は道を塞いでいる男をじっと見つめて、 落ち着いて言った。 「ルオさん、ごめんなさい。 私は休んでいるので、もう家に帰らなければなりません」

レイモンドは絶望的な顔をした。

彼は以前、ハンサムでよく手入れされていたが、今は髪が乱れていて、顔にはたくさんの無精ひげが生えていた。 彼の目は、あきらかに睡眠不足のように見え、泣いているせいか赤くなっていた。 彼は電話も手に持っていて、誰かに連絡を取ろうとしていたが、聞こえたのはボイスメールの音だけだった。

レイモンドは悲しそうな目をして、エリーに立ち向かった。 彼はそれを飲み込み、深く悲しげな声で「エリー、アッシュなのか・・・」と彼女に尋ねた。

エリーは、レイモンドが彼の言葉を言い終える前に、激しく非難した。

「レイモンド!あなたはレナと婚約したんでしょ!」と非難の口調で言った。

エリーはレイモンドのその恐ろしい顔をひっぱたかないように我慢した。

「それはわかってる。 アシュリーが無事かどうかを確認したい」

「レイモンド、やめて! 彼女はもうあなたの関心事ではないのよ。 あなたがいなくても彼女は元気でやっている! 彼女の人生には、あなたがいない方がいいのよ!」

エリーは、さっきのアシュリーとの電話で何かがおかしいことを悟った。 だから、すぐにレイモンドから離れて、家に戻る必要があった。

そこでまるで合図のように、レナは二人に近づいてきた。 エリーは無愛想な笑顔でレイモンドの方を向いて言った。 「ルオさん、婚約者がこちらに向かってきています。 彼女はあなたが付き合ってくれることを願っているわ。 私はもう帰らないと」

「エリー、頼む」

「レイモンド、どうしたしたの?」

レナは丁寧にそう聞いた。

エリーは、レイモンドとレナをゲートに残して、すでにその場を離れていた。 それからレナは繊細な小指をレイモンドの指に絡めた。

レナは、体型にピッタリと合った白の膝丈のテーラードドレスを着ており、 手首には、豪華な新しいシャネルのハンドバッグを持っていた。 彼女のメイクは仕上げるのに少し時間がかかるが、完璧に見えた。 やがて、長い黒髪が優雅に背中を流れた。

「なんでもない!」 レイモンドはレナを見ながら答えた。

彼は彼女を見つめていたが、彼の目にはレナではない他の人に憧れていることは明らかだった。

レイモンドの黙想は、その女性のことを考えているだろうなと レナは知っていて、苦い表情をさせた。 彼女は怒鳴りつけたかったが、レイモンドが何かを言う前に彼女は作り笑いをした。

「家に帰ろう、レイモンド。 私たちはこの後、両親と夕食を食べるのよ、覚えてる?」

レナはレイモンドにそう言いながら彼の腕を取り、心の中の少女を取り除こうとした。

「レナ、ごめん・・・」 レイモンドは悲しみと後悔でいっぱいの目をしていた。

レイモンドはレナの代わりにアシュリーを想像していた。 シンプルな白いドレスを着ているアシュリーはギリシャの女神のようで、 彼女の美しい黒髪は風が吹くと揺れるだろう。 彼はいつも彼女の髪をとかすのを楽しんでいた。

彼らが一緒に過ごした時間や思い出が、レイモンドの頭の中に蘇っていた。

「レイモンドのことはわかってる。

あなたが私の妹を愛していたこともずっと知っていたわ。

彼女はあなたの人生の愛であって、私ではなかった。 私が彼女でなくてごめんなさい。 こんなことにならなければ良かったのに。

あの一杯のワインを飲ませなければよかった・・・」 レナの声は途切れ、泣き出した。

涙が頬を伝って流れ、彼女は肩を震わせ始め、

息を切らしながらすすり泣いた。

顔を上げ、目を赤くして、レイモンドを見つめた

レナはとてももろく見えた。 誰でもそんな彼女を抱きしめ、危害から守って、キスしたいと思うだろう。

それは、レイモンドも例外ではなかった。 彼

はゆっくりとレナを胸に引き寄せて抱きしめて言った。「そんなこと言わないで、レナ。

俺にも責任がある」

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?