icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第5章発熱
文字数:4719    |    更新日時:10/04/2021

アシュリーが最近経験してきたことを考え、エリーは会社を続けるために数日間、休暇を取ることにした。

翌朝、彼女は早く起きると、アシュリーを起こさずにお粥を作った。

自分の目を覚ますため、近所をすばやくジョギングし、

新しい日の匂いと感触がエリーの気分を爽やかにした。

家に帰る前に、彼女は行きつけの店に寄って、豆乳2本と蒸しパン数個と揚げパン数本を購入した。 「アシュリーの大好物わ」と、親友の食べ物の趣味をすごく面白がって、

いくつかのビニール袋を手にして、彼女は二人の家に帰った。

家に着くと、エリーは深呼吸をした。

家に帰るころにはアシュリーがすでに起きていることを願っていたが、 そうではなく、まだ起きていなかった。 あきらめたような表情で、彼女は首を振ると、親友の寝室へと入っていった。

「アッシュ、起きて」エリーはベッドの端に止まって、優しくささやいた。 「あなたが好きなお粥を作ったよ」と言うと、眠っているアシュリーを少し揺すった。 部屋は、お粥の素晴らしい良い匂いが充満していた。

「ああ」とアシュリーは鼻声で答えた。 彼女の周りに布団がきつく巻かれていて、まだ完全に目覚めていないことは明らかだった。

それを見て、エリーは笑わずにはいられなかった。 「一夜しただけで、彼女はどうして急に子供っぽくなったの」

と、エリーは疑問に思った。

とはいえ、エリーは面白がっていて、アシュリーにはそろそろ起きてもらいたかった。 せっかく作ったお粥も冷めてきていた。

彼女は何度かアシュリーを突っついてみたが返事はなく、 まったく動きたくない様子だった。 彼女は、何か体調に問題があるのではと感じ、布団を脱いだ。

「アシュリー、あなたの顔、真っ赤よ!」 エリーはそう叫んで、友人の額にすばやく触れた。 「燃えてるように熱いわ! 一体、何が起きてるの!」

エリーは、パニックに陥っていた。 「どうやって一人で病院に連れて行けばいいのだろう?」

心配そうに考えた。

彼女が覚えている限り、その場にはアシュリーとエリーの二人しかおらず、 彼女たちには他に友達もいなかった。 エリーはどうしたらいいのかわからず、途方に暮れていた。

彼女は唇を噛むと、電話を取り出してレイモンドに電話をかけた。

電話の向こう側で、相手がすぐに受話器を取った。 「レイモンド、早く来てほしい。 アッシュは病気なんです!」 エリーは心配そうな顔をして一息で言い切り、助けを求めた。

しばらくしても、電話の向こう側で返事がまだなかった。

あまりに返事がないので、間違った人に電話したのではないかとエリーは考え始めていた。 疑わしげに携帯電話の画面を見ると、確かにレイモンドの電話番号にかけていた。

「何なのよ」そうエリーは思った。 「一体どうしたんだろう?」

彼女が感じていたパニックは、すぐに怒りへと変わることになった。 彼女が電話を切ろうとしたとき、電話の向こうから女性の嘲笑う声が聞こえた。

その女性は、ほくそ笑むような口調で「何?

アシュリーが病気だって?」

と、意地悪な笑い声を上げて言った。

「じゃあ医者に連れて行った方がいいよ。

なぜレイモンドに電話してきたの? 彼は医者ではないわ!」

エリーは、まさかレナが電話に出るとは思ってもみなかった。

攻撃的な皮肉な口調をすぐに察知したエリーは、自分の行動を後悔し、困惑した。 長い沈黙の後に、彼女は声を取り戻し、

弱々しく震える声で謝った。「ごめんなさい、

それでは!」

「ちょっと待って」とレナは言った。

「はい、何ですか?」

エリーは、携帯電話を持ちながらそう答えた。

「二度とレイモンドに電話してこないで。

そして、彼から離れていただけるかしら。

だって、私たちは婚約したばかりなのよ。 あなたがこのようなことを続けて彼と連絡を取り合うなら、とても不愉快です」

レナの口から良い言葉が出るなんて思っていなかったが、エリーはそれを聞いて言葉を失った。

「彼女がレイモンドに電話したかったと思ってるの?

彼は文字通り、私が助けを求める最後の人です!」

とそう思った。

口答えをされる前にレナは電話を切ると、

エリーは何もできず、ただただ手を強く握るしかなかった。

イライラしていたので、携帯電話を床に投げつけたくなった。

その時、突然ドアがノックされた。

エリーはすぐに駆けつけてドアを開けると、

そこには、ビジネススーツを着た二人の男性が立っていた。

呆然とした顔で見知らぬ人たちを見渡すと「失礼ですがどなたですか?」と困惑した様子で聞いた。

「こんにちは、お嬢さん。 ムーさんはご在宅でしょうか?」 と、ジョニー・チェンという男が、愛想よく微笑みながら質問した。

困惑したエリーはうなずくと「彼女に何の用でしょうか?」と聞いた。

「私の上司が彼女に会いたがっています」

ジョニー・チェンは、彼の後ろにいる男性のため横向きになって道を開けた。

前に出てきた男性は、身長が188センチくらいあり、 息を飲むような滲み出る権威性を彼から感じた。 「恐らく、黒のスリーピースのテーラードスーツを着ているからだわ」とエリーは考えた。

乱れた柔らかい黒髪の男は、あらゆる年齢の女性を魅了するほど魅力的で完璧な顔をしていた。 彼とアイコンタクトを取った人たちは、深くきらめく瞳の中で間違いなく迷子になってしまうだろう。 唇も薄くセクシーで魅力的だった。

エリーは彼を素早く上下に観察すると、単純な人間ではないなと結論付けた。 彼にはある種の高貴な風格があった。

「アッシュはこの男性と一体いつ知り合ったのだろう」 と内心思った。

「申し訳ありませんが」と、エリーは二人の男に笑顔を見せながら言った。

「お二人を中に入れるわけにはいきません。

アッシュは今日、都合が悪いのです」

彼女の唇はぴくぴく痙攣し始めていた。

「彼女にとって重要なことでしたら、また別の日に来ていただけますか」 さらに礼儀正しさを強調するため、彼女は笑顔を増やした。

「この二人は間違いなく待つことができるだろう」とエリーは思っていた。

「アシュリーは病気で寝ているから、この見知らぬ二人に対処できないだろう」

エリーはすでに、アシュリーを病院に送って治療を受ける方法を考えていた。 しばらくすると、エリーは男たちの沈黙を受け入れ、ドアを閉めようとした。

しかし、ちょうどその時、堂々とした男性が家に押し入ってきた。

「なんてこった、 何してるんですか ?!」 エリーは警戒心を持ってその男に向かって叫んだ。 彼女は止めようとして男の方へ向かったが、ジョニー・チェンが彼女の前に立ちふさがった。

「心配いりません」ジョニーは、エリーのことを見もせずに言った。

「私の社長はムーさんを傷つけたりしません」 彼の言葉には嘘がなく心強かったが、エリーは心配で震えていた。

実際は、彼自身も社長の唐突な行動に驚いており、 「この女性は私たちに立ち去るように言ったが、私はその意思に反して押し入ってしまった」と彼は心の中で後悔しため息をついた。

社長がこんな行動をするところを初めて見た。 今日、彼は仕事を後回しにして、ある女性を調査するように命じられ、 その女性の住所が判明すると、社長に報告をした。 すると、社長であるアンドリューは彼に指示を与え、すぐに車で運転してここまで送ってきた。

「アッシュは病気なの!」 エリーは不安そうに叫ぶと、 ジョニー・チェンを押しのけ、急いでアシュリーの寝室に駆けつけた。

「なんだって?

この子が病気になっただって!?」 ジョニーは心のなかで叫んだ。

「それは困りましたね」

ジョニーはそれが最善だと判断し、女性にアンドリューの後を追うことを止めなかった。

エリーは、まだ眠ったままのアシュリーのそばに身をかがめているアンドリューに近づいた。 アシュリーの赤い顔をじっと見つめていたアンドリューは、彼女の様態がおかしいことにすぐに気づくと、 下唇を噛んで、「彼女は一体どうしたんだ?」とエリーに低い声で聞いた。

「アッシュは発熱しているの。 病院に連れて行くのを手伝っていただけませんか?」

エリーは心配そうな顔で懇願した。

それを聞いたアンドリューは、すぐにアシュリーを胸に抱き上げ、 「車を手配して、病院へすぐに連絡してくれ。

行くぞ!」 部下に厳しい視線を投げかけながら指示をした。

ジョニーは、社長がこんなに慌てているところを見たのは初めてで、 好奇心から、アンドリューの腕の中にいる女性を盗み見た。 「美しい」と彼は思い、なぜアンドリューが慌ててているのかをなぜか理解できた。 そして、社長が大またで部屋から出てきたので、車を用意するために急いで家を出た。

エリーは携帯電話とハンドバッグを掴むと、二人を追って外へ出た。

彼女が車に乗るとすぐに、彼らは病院へと向かって急いだ。

「もっと急いで!」 そう言ってアンドリューはジョニー・チェンに指示をした。 車の中の空気をも凍らせるほど、彼の声は鋭くて冷たかった。

ジョニーはどうしようもない顔をして 「社長、もうすでに全速力で走っています」と心の中で不平を言った。

「私たちがすでに警察に追われているのを見ませんでしたか?」

彼はそう、心の中で言い続けた。

これらのことを言いたかったが、実際に口にする勇気がなかった。

病院では、多くの医師と院長までがすでに彼らを待っていて、 車が到着するとすぐに、彼らはアンドリューに群がった。

「ルー さん!」

みな口を揃えてそう言った。

。。。

。。。

あまりに多くの人が出迎えたので、エリーはアンドリューの側から離れなければならなかった。

アンドリューが素早く動き、アシュリーをVIP病棟へと運び、彼女をそっとベッドに置くと、 彼女から目を離さずに淡々とした声で「彼女を調べてくれ!」と命じた。

病院の医師は、アンドリューが女性はもちろんのこと誰かを気にかけているのを見たのはこれが初めてだった。

すぐに医師が前に出ると、患者を慎重に診察し始めた。

診察中、医師はアンドリューの殺人的な視線を感じていて、 診察終了後には、彼は額の汗を神経質に拭いた。 「ルーさん、 この女性は発熱しています。 でも心配しないでください。 きっと良くなるでしょう」と慎重に言った。

アンドリューは無表情で冷たく「うーん」と答えた。

看護師がアシュリーに注射をしようと近づいてきたが、アシュリーの手が動いて失敗してしまい、 その結果、針がアシュリーの皮膚を刺し、数滴の血液がしみ出した。

アシュリーの白い雪のような腕についた血を見て、アンドリューは激怒し、

鉛色の表情で椅子を蹴飛ばした。 看護婦を睨むと「どうしたんだ? !」と詰め寄った。

その無邪気な看護婦は、彼の反応におびえてしまい、手が震えてまた台無しにしてしまった。

看護師はアンドリューの怖い目つきを感じ、怖くなって泣きたくなった。 自分の仕事を早くやり遂げてしまいたかったが、またミスをするのが怖くて手も動かせなかった。

すると、経験豊かな医師が助けに来て、 彼女から針を取ると、アシュリーの腕にスムーズに注射をした。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?