icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第13章噂
文字数:4067    |    更新日時:10/04/2021

アシュリーは通りすがりに、同僚の何人かに奇妙な目で見られていることに気づいた。 それは、まるで彼女の顔に汚れの斑点が付いているかのように、無関心な眼差しだった。

困惑した表情で、彼女は自分の机へと向かった。

「ここで一体何が起こっているのだろう? 2、3日休んだだけのなのに。 なんで私が来た途端、変な空気になってるの?) と彼女は、あごをこすりながら考え込んだ。

しかし彼女はそれについてあまり深く考えなかった。 アシュリーが採用されて以来、同僚たちは彼女の能力に疑問を持っていて、敵意を抱いていた。 だから、彼らの異常な視線はアシュリーにとって目新しいものではなく、何とか慣れていた。

「彼女らしいって! 大学時代からルオさんに 付きまとっていたというストーカー女! 何て恥知らずな女なのでしょう」 と、ある20代後半の女性は、アシュリーに軽蔑の眼差しを向け始めた。

「でも、彼女は悪い人には見えませんけど」と、新入社員の別の女性はおずおずと答えた。

「あなたは素朴すぎる。 外見で人を判断することはできないわ」と、最初の女性は頭を下げ、ささやき声で返した。

「彼女の外見にだまされないで。 まだ若くて無邪気なあなただからそう言えるのよ。 目の前では親切そうなふりをして、実は裏ではあなたの背中を刺している人だっている。 人の心って複雑なものよ」 彼女は噂話を続けた。

「まだ若くて将来性もあるかもしれないのに、 なぜ人の恋に割り込む泥棒猫になることを選んだのかわかりませんわ」と2人目の女性は眉をひそめて言った。

「その通り、もし私が彼女の立場だったら、そんなことは絶対しない。 しかし幸運にも、ルオ氏は もうレナさんと無事婚約交わしたんだから」と最初の女性は目を見開いて答えた。

噂話で盛り上がった新入社員の女の子がまた何か言おうとした時、アシュリーが入ってくるのに気づいた。

すると新入社員の子は、何かで忙しいふりをしたり、わざと咳をして、最初の女性が話そうとするのをやめさせた。

「何をしてるの? まだ言いたいことがあるのよ。 別の女性のボーイフレンドを盗もうとしたのに、アシュリーはそれを認めなかった」と、その女性はイライラしてピシャリと言った。

二人目の女性は、アシュリーに聞こえちゃうのではないかと、心配そうな顔をした。 「おしゃべりは早くやめてよ。 そのアシュリーがまさにあなたの後ろにいるのに。 もう足元に火がついてるのよ!」と彼女は心の中でつぶやいた。

「お、 おはよう、アシュリーさん」と新入社員の子は頭を下げて、不安そうに挨拶した。

アシュリーの悪口を言っていた女性は、彼女の挨拶に驚いてすぐに口を閉じ、恐怖で青ざめた。

後ろ指を指されるのではと罪悪感を感じた女性は、アシュリーが通りすぎると、自分の話し相手に目を向けた。 「なぜアシュリーがここにいることを言わなかったの?

彼女の悪口をたくさん言ってしまったわ。 私が言ったことを全部聞かれたのかしら?

ルオさんの前で彼女が私の悪口を 言ったらどうしよう…? 私は仕事を失うかもしれない」と苛立つような表情で、静かに不満を表した。

同じように罪悪感を感じた2番目の女性は彼女にウインクすると、聞き取れない声で彼女に話しかけた。「私はちゃんとあなたに念を押しましたよ。 それを無視してあなたが話を続けたじゃないですか」

その時、アシュリーに陰口現場を押さえられた女性は意気消沈した表情で、 当惑して頭を低くすると、振り向いて立ち去った。

もう一人のゴシップガールも言い訳を見つけては、自分の机に引っ込んだ。

アシュリーは、あざけるような笑みを唇に浮かべ、重いまつ毛をひらひらさせて、頭を高く上げると、 なぜ彼女らがそんな風に自分を見ているのかを理解した。

どんな理由かは分からないが、彼女は自分がハメられたことに気づいた。

レナが噂を広めたのではないかと確信していた。

それに、レナ以外にそんなことをする人は思い浮かばず、 結局のところ、他人を陥れることが彼女の十八番なのだから。

アシュリーが机に向かって座ると、すぐに可愛い女の子が彼女に駆け寄ってきた。

「元気を出して、アシュリー。 会社で広まってる噂一切信じないから! 私はあなたがそんな人ではないことを知ってるもの。 彼らが嘘を言ってるに違いないわ」とフィオナ・シアはアシュリーの目を見つめながら真剣に言った。

「どうして私がそんな人間じゃないと思えるの? もし彼らが言ったことが本当だとしたら?」 アシュリーはためらいがちに微笑みながら反論した。

「私はあなたを信頼してるし、 あなたのこともよくわかってるつもりだよ。 そんなことは絶対にしないと思うわ」フィオナ・シアは、少し声を大きくしてそのように断言した。

誰もが知っているわけではないが、そういうフィオナ・シアは入社してわずか1ヶ月も経っていないインターン生で、 そして大学3年生だった。

その顔立ちは、人を惹き付けるようなタイプでもなく、華麗なタイプでもなかったが、それでも彼女は気が利いていて、仲間を心地よくさせる大切な存在だった。

彼女の身長は165cm前後で、頬はぽっちゃりとして、 食べ物の中でも特にデザートやお菓子に夢中だった。 美味しい食べ物を味わうたびに、彼女はたくさんのものを口に詰め込んで、まるでかわいいハムスターが食べ物をむしゃむしゃ食べているようだった。

アシュリーとフィオナのよく似ていた性格が、二人の仲がよかった理由かもしれない。 同じグルメとしてのつながりが、アシュリーがインターン生のフィオナと知り合ったきっかけでもあった。

グルメな二人は、いつも一緒に食事をしていて、そしてフィオナ・シアは徐々にアシュリーのファンになっていた。 彼女はいつも保護者や親友のように振る舞い、アシュリーに従っていた。

「信じてくれてありがとう。 私は潔白で何も悪いことはしてないの。 他人が私のことをどう思っているかは気にしないわ」と、アシュリーはフィオナの頭を優しく撫でながら言った。

どういうわけか、自分には会社で信頼してくれる味方がいることを知って、彼女は満足した。

つまり、彼女は一人ではなかった。

「さあ、仕事に戻って」とアシュリーは言った。

「了解しました」とフィオナ・シアは即座に答え、 しぶしぶ自分の机に戻ると、時々、アシュリーの方に目を向けた。

最も親しい仲間として、彼女はアシュリーが悲しくて悩んでいるのを見たくなかった。

アシュリーは彼女のおかしな心配事に面白がって、くすくすと笑った。

「なんてかわい子ちゃんなのかしら!」 と彼女は心のなかで叫んだ。

フィオナ・シアが机に戻ったのを見て、アシュリーは振り返ると、コンピューターの電源を入れた。

彼女は、インターネットで会社のウェブサイトにアクセスし、フォーラムのページをクリックした。 すると驚いたことに、彼女の忠実なファンがまた彼女の側にやってきた。

困った顔つきで、その大ファンは大きな目を推しに向けると、 何が起こっているのだろうと思った推しに対して、かわいい透明の箱に入ったケーキを見せてきた。

「さあアシュリー、もっと強くなって。 私の好きなケーキをあげる! もう何も不安に感じる必要はないよ。 甘いものは気分を良くしてくれるから」と、アシュリーが本当に動揺していると思ったフィオナは優しくそう話した。

彼女の心配に感謝したアシュリーは、躊躇しながらケーキに手を伸ばすと、目を真っ直ぐ見て「ありがとう!」と心から誠実に言った。

その感謝の言葉を聞いたフィオナ・シアがしょぼんとした顔をしたので、 アシュリーは気になって、ケーキを返そうかと思った。 しかし驚いたことに、フィオナ・シアはケーキを見て、残念そうに視線をそらすと、

「気に入ってもらえるといいわ」と彼女はゆっくりと頭を下げながら言った。

その時のフィオナ・シアの反応に、アシュリーは少し悩まされた。 そしてケーキを見ると、彼女はさらに眉をひそめていた。 まだ知り合って日が浅いが、フィオナ・シアがどれほどデザートとケーキを愛しているのかを彼女は知っていた。

普段のフィオナ・シアはとても穏やかなの女性だった。 しかしそんな彼女の唯一の弱点は食べ物への執着で、 もし誰かが彼女からデザートやケーキを奪おうとしたら、彼女はきっと食べ物を取り戻そうとして暴力を振るい、ヒステリックになるだろう。

彼女が自分のケーキを他人にあげたりするのは珍しいことだった。

アシュリーは彼女の甘くてストイック的な行動に感動した。 箱からケーキを取り出すと、彼女のあごをそっと掴み、スプーンでケーキを口に詰め込んだ。 彼女はぽっちゃりした頬をつねると、「私のことは心配しないで。 私は元気よ」と安心させた。

不意をつかれたフィオナ・シアは、アシュリーがケーキをスプーンですくって口に詰め込むまで、何が起こっているのかわからなかった。 かわいそうな目でアシュリーを見ると、彼女は少しいらいらしているようだった。

「でも、もうあなたにあげたのよ」と彼女はくぐもった。

「フィオナったら本当にかわいいんだから」とアシュリーは喜びを抑えきれずそう口走った。 フィオナ・シアの面白い表情は、彼女のネガティブな気持ちを取り除いてくれた。

ケーキを二人でシェアした後、アシュリーは仕事に戻るよう説得し、フォーラムの投稿を読み始めた。

その中で、あるタイトルが彼女の注意を引いた。

「驚愕! 我が社一のクールビューティーことアシュリーさん、 人の家庭を壊す泥棒猫だった模様」

しかもその投稿は上部に固定されていた。

アシュリーの驚いたことに、投稿の下にコメントが殺到し、 何人かは彼女を擁護するコメントをしていたが、そのほかのほとんどは彼女を叩くコメントだった。

アシュリーは投稿やコメントを読みながら、複雑な感情がこみ上げていた。 その投稿が引き起こした反応を予期しておらず、ただただ圧倒され、 怒りで頭が震え、こめかみを手で押さえずにはいられなかった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?