icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第15章ゴシップ
文字数:3517    |    更新日時:10/04/2021

(アシュリー! アシュリー!って アシュリーばっか! 彼女があなたの全てってわけでもなく、 彼女抜きに生きていけないってわけでもないでしょうに!) レナは心の中でそう叫んだ。

レナは、レイモンドの要求に従うのは気が進まなかったが、それについて喜んでいるふりをするしかなかった。

(今は彼が出張中なので、アシュリーに何でもしてやれるわ)と彼女は口元に悪意に満ちた笑みを浮かべて思った。

レナは電話を取ると、アシスタントに電話し、 回線が繋いだら「リタを私のオフィスに来させて」と指示した。

そして指示を出し終えて電話を切ると、 コメントを読み続けたが、どれもこれもアシュリーへのバッシングばかりで、 彼女は上機嫌だった。

アシュリーに対する否定的な意見にふけっていると、 その直後、ドアが軽くノックされた。

「入って」と陽気な口調で言った。 レナはいつも攻撃的で傲慢だったが、今日は上機嫌だったため、もっと心も一寸広くなった。

リタ・チェンはドアを押し開けると、「ムーさん、私に何か用ですか?」と慎重に尋ねた。

彼女はぴったりした黒いノースリーブと、お揃いの黒のショートラップスカートを着ていた。

その168センチもある背の高さを活かす方法を知っているリタはさらに 3インチの黒のハイヒールを履くことで、長くてまっすぐな太ももを強調していた。 それは男性にとって目の保養だった。

彼女は楕円形の顔をして、きめ細やかな化粧をしており、 自分の周りにセクシーで華やかな雰囲気を漂わせていた。

過去には、尻軽女のような服装をしているとレナがあざ笑っていた。

しかし、今度は部下を見て眉をひそめただけだった。

彼女はリタ・チェンを見て、そのような服装の背後には動機があることを知っていた。

(私のレイモンドを誘惑にかかってきたようだが、 残念ながら、相手を間違ってるね。 決して私の婚約者に近づく機会を与えるものか)とレナは軽蔑して小声で言った。

アシュリーを叩くコメントに目を留めると、人々は彼女が実際にルオグループから去ることを勧めていた。

しばらくして彼女は目を上げ、向かいに立っているリタに感心したような視線を送った。

「あなたは、よくやったわ」と褒めた。

リタ・チェンは上司が何を言っているのか正確に理解していた。 彼女はレナのコンピューター画面をちらりと見ると、 微笑んで満足し、「光栄です、ムーさん」と答えた。

「とんでもない、あなたは謙遜しすぎよ。 賢くて、とても良い仕事をしてくれた」とレナはさりげなく言った。

「すべてが自分の手柄というわけではありませんし、 ムーさんがいなかったら、私の計画もうまくいかなかったでしょう」と、リタ・チェンはにやにや笑いながら答えた。

レナは行間を読んで、リタが言おうとしていたことを即座に理解した。

(彼女は私たちが一蓮托生だと思っているようね。 だから、もし彼女がこのことでトラブルに巻き込まれたら、絶対私を道連れにするでしょう。

その抜け目のなさは認めざるを得ない)とレナは心の中で思った。

「まあ、言いたいことはそれだけだわ。 もう持ち場に戻っていいよ。 欲しいものが手に入ったら、あなたとの約束もちゃんと果たすわ」とレナは締めくくると、彼女に立ち去るように身振りで示した。

「ありがとう、ムーさん」リタ・チェンは答え、まっすぐドアに向かった。

レナは目を細めて彼女の背中をじっと見つめると、リタを選んだのは賢明だったかなと思った。

リタ・チェンは、とても野心的な女性で、 レナと協力して一緒にアシュリーをルオグループから追い出すということを提案することでそれを証明していた。

そして、それこそが、レナが共犯者について懸念していた理由だった。

(道連れにされる前に絶対先に彼女を地獄に叩き落としてやるわ)

とレナは思った。

アシュリーに関する噂は、すでに山火事のように会社中に広まっていた。

彼女がコーヒーを飲みに休憩室に入ろうすると、中の女の子たちが噂話をしているのが聞こえた。

「アシュリーがそんなに悪い人だとは思っていなかったわ!」 コーヒーマグを手にして立っている女性が目を大きく開いて隣の人を見ながら、 がっかりしたような口調で叫んだ。

「驚くことじゃないわ。 会社でそんなことをするのは普通のことです。そうでなければ、彼女はどうやってここで仕事をもらえたのでしょうか」 もう一人の女性はそう言ってにやにやと笑った。

「おっしゃるとおりよ! あんな偉そうな女が涼しい顔して 他人の幸福を破壊しようとしたなんて 本当に気味が悪いわ。 幸いなことに、私は別に彼女に嫌われるようなことはしてないわ。でないと、もう首になったかもしれない」と、最初の女性は恐怖にかられたような声で言った。

アシュリーは外に立って、それらの会話をすべて立ち聞きした。

彼女らが話し終えると、アシュリーは部屋に入った。

「ああ、アッシュ... アシュリー、偶然ね。 コーヒーを飲みに来たんですか?」 女性の一人が緊張しそうに尋ねた。

突然どこからともなく現れたアシュリーを見て、二人はびっくりしていた。 彼女がいつからそこに立っていたのか、どの辺から会話を聞かれていたのか、二人にはわからなかった。

アシュリーの評判こそ地に落ちたが、彼女にはこの二人を解雇できる権限があった。

「そう」とアシュリーは無表情で答えた。

二人の女性はすぐ近くに立つと、不安そうにアシュリーを見つめた。

(いつ来たの? もし話していたことが彼女に聞かれていたなら、私たちは死んだも同然だわ)という考えが彼女たちの心に浮かんでいた。

「えっと... 他に何もなければ、アシュリー。

先に失礼していいですか?」 女性の一人があえてそう尋ねた。

「はい、どうぞ」とアシュリーは適当に答えた。

二人はまるで幽霊に追われているかのように部屋から逃げ出した。

アシュリーは鏡に映った自分の姿をちらっと見て、冷たい声でくすくすと笑った。 (こんなことになるとは思わなかった。

ちょっと前までは、私の背中を刺していたのに、私を見た途端に、ネズミよりも弱虫になったなんて。

彼女らがそうしたのは、私を恐れているからであって、尊敬しているからではないわ。

しかし、もし相手が私ではなく、何の権限もない一般社員だとしたら? 彼女たちはどのように対応するのだろうか?) 彼女は心の中で彼女たちの残酷さに思い巡らせた。

アシュリーは自分のコップに水を注ぐと、休憩室を出た。

事務所に行く途中、陰で多くの目立たない視線とささやき声を受けた。 しかし、彼女はそれらを気にしなかった。

「どうせみんな俗物なんだから。 私が昇進すると、彼らは私のところに駆け寄ってきて、私におべっかをかけようとする。

でも、私が困っている時には、私を避けて不幸を喜ぶのだろう」と彼女は溜息をついた。

彼女が事務所に着くと、フィオナが駆け寄ってきて、彼女の前に立ち止まった。 彼女は振り向いて、噂話をしている人たちをちらっと見た。そして、彼ら全員に関係なく腕を伸ばすと、アシュリーの付添い人として、通り抜けさせた。 そしておせっかいな人たちを睨みつけて叫んだ。「何見てんの? もう仕事は全部終わったわけ? 人の噂話をする暇があるなら仕事にでも集中したらどうなんだ?」

フィオナがアシュリーを助けに来ると、群衆はすぐに分散した。

「アシュリー、彼らの言うことなんて気にしないで」とフィオナは言った。

「そうだね。 彼らが私のことをどう言っているのか全く気にも留めなかったわ。 自分で言うのもなんだけど、心は広いから安心して」とアシュリーは彼女を安心させた。 フィオナの言葉は彼女を面白がらせ、勇気を与えたようだった。

「それを聞けて良かったわ。 もう昼食の時間だし。 食堂に行って軽く食事取ろう」とフィオナは目を輝かせて言った。 アシュリーの返事を待たずに、彼女は手を掴むと食堂まで連れて行った。

フィオナと一緒に食堂に向かうとき、アシュリーは優しい笑顔で彼女をちらっと見た。 (私が知っている人の中で、こんな気ままにしてられるのは彼女だけだ)と彼女は思った。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章裏切り2 第2章危険な男3 第3章彼女は疲れきっていた4 第4章親友5 第5章発熱6 第6章病院7 第7章偽善8 第8章レイモンドとの衝突9 第9章ムー家10 第10章疑問11 第11章お見合いデート12 第12章脅威13 第13章噂14 第14章泥棒猫15 第15章ゴシップ16 第16章ルオグループを去る17 第17章うるさい女性18 第18章お願いがあるんだけど19 第19章目には目を20 第20章アシュリーの密告者21 第21章家族22 第22章良くやった23 第23章警告24 第24章悪意のある企み25 第25章レナの真の意図26 第26章再会27 第27章お持ち帰り28 第28章信じられない29 第29章彼を家に連れて帰りたい30 第30章誤解31 第31章腹が立つ32 第32章アシュリーの家までの運転33 第33章下の名前34 第34章あなたより大切なものは他にない35 第35章ミイラ取りがミイラになる36 第36章自業自得37 第37章予期しない訪問者38 第38章お店を借りる39 第39章完璧な場所40 第40章帰ってきたレイモンド41 第41章変更された事項42 第42章お見合いデート43 第43章なぜそれが私になるのか44 第44章お似合いのカップル45 第45章誤解46 第46章Capítulo彼の気分が明るくなった47 第47章Capítuloディナータイム48 第48章Capítuloはレナとレイモンドに走りました49 第49章Capítuloガールフレンド50 第50章Capítuloお早めにありがとう51 第51章Capítuloペスター52 第52章Capítulo切断された接続53 第53章Capítuloフランシス54 第54章Capítulo彼にレッスンを教える55 第55章Capítuloあなたは私をからかっていますか? 56 第56章Capítulo彼を捨てる57 第57章Capítuloびっくり58 第58章Capítuloグレイソンはとてもかわいい59 第59章Capítulo鍋60 第60章Capítulo楽しい時間を過ごす61 第61章Capítuloレナとレイモンドの間で停滞しているすべて62 第62章Capítuloペギーのトリック63 第63章Capítuloボスの奇妙な行動64 第64章CapítuloLuグループのCEO65 第65章レナの声から滴り落ちるカピトゥロプライド66 第66章CapítuloAMuファミリー? 67 第67章Capítulo私は何かを知っているかもしれません68 第68章Capítuloあなたは私のために何ができますか69 第69章Capítuloグレイソンの編曲70 第70章Capítulo演技チャーミング71 第71章Capítuloそれを受け入れてください72 第72章Capítuloが契約に署名73 第73章Capítulo好奇心旺盛な少年74 第74章Capítulo予期しない会議75 第75章Capítulo私の妹と彼女のボーイフレンド76 第76章Capítulo彼女の醜い顔77 第77章Capítulo帰宅78 第78章Capítuloの考え79 第79章Capítuloメモリーベーカリー80 第80章Capítuloのトラブルが発生しました81 第81章Capítuloトリック82 第82章Capítulo説明83 第83章Capítulo病院84 第84章CapítuloAndrewCameBack85 第85章CapítuloIMissYou86 第86章Capítuloあなたと結婚しますか? 87 第87章Capítuloそれは本当に私の初めてでした88 第88章Capítulo結婚証明書を取得する89 第89章Capítulo既婚90 第90章Capítulo彼女は私が言ったことと同じようにすることに同意しました91 第91章Capítulo夫を持つ92 第92章Capítuloシェリルの賞賛93 第93章Capítuloその部屋に戻る94 第94章CapítuloFionaXia95 第95章CapítuloYouLittleFatty96 第96章CapítuloGiveMeYour Hand97 第97章Capítulo傷害98 第98章Capítulo恥ずかしい気持ち99 第99章Capítuloおやすみなさい100 第100章Capítuloあなたは怒っていますか?