icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)
文字数:1401    |    更新日時:04/04/2021

デビーはもう何もしないと思っていたが早いか、 めまいのする彼女は車から身を乗り出し、疲れ切ったジャレドを車輪に押し付けた。 「精神病院に送るべきのは君だよ!」と叫びながら、 手を上げて平手打ちしようとしている。

それを見たケイシーは急いでデビーの腕を掴んだ。 「ねえ、デビー。 今回は、 ジャレドが正しいわ。 今日のあなたはおかしかったよ」 デビーの手を放し、ケイシーは話を続けた。 「今日話していたチャールズ・フオは誰なのか分かっているのか? 彼を怒らせてしまったら、 私たちはおしまいだ!」 ケイシーはそう言い終えた後、両手を合わせて、念仏を唱えるように呟いた。 「神様よ、私たちを守ってください。 お願いだから。 フオ様に殺されないように」

デビーは車にもたれかかり、イライラしながら右手を額に当てた。 「私は家に帰るわ。 今日の午後は学校を休むわ」

「また学校を休むのか?」 とディクソンは彼女の話に不満そうに言った。 二人は長い間同級生だったので、デビーが彼から何かいい影響を受けたかと思ったが、彼女は全然変わらなかった。 「朱に交われば赤くなる」ということわざがあるじゃない。なんで彼女が相変わらず勉強を嫌がっていたのか? ディクソンは納得できなかった。

デビーは「そうよ、学校をサボるわ」と恥ずかしさを感じられなかった口調で答えて、 メルセデスのドアを開け、 運転席に座った。 「ねえ、ジャ…」と言った瞬間、 彼女は何かを思い出した。 「ジャレドの車は何千万円以上もかかった。たとえ軽い傷がついても大金を賠償しなきゃ…そうだ、ケイシーの車は比較的に安いわ」とデビーが考えた。

車から頭を傾けて、ケイシーに目を向けた。「ねえ、ケイシー! 今日の午後車を借りるわ」と言った。

ケイシーは車の鍵を渡しながら、デビーを見つめていた。 「おてんば娘、大丈夫なの?」と心配そうに聞いた。

「チャールズが私の夫であることをどうやって友達に伝えればいいの? 無理よ、彼らは私を信じないだろうね。精神病院に送り込まれるかもしれない」 とデビーは思った。

「大丈夫よ。 先は大変怒っただけだよ。 心配しないで。 チャールズは私達に迷惑をかけないわ」 と安心させるように言った。 デビーが今すぐにしたかったことは、まっすぐ家に帰り、チャールズに面と向かって離婚について話すことだった。

デビーは携帯電話を取り出し、チャールズの番号を入力しメッセージを打ち始めた。 「チャールズ、君と離婚します! 明後日までに帰ってきなさい!」

もう一度メッセージを読むと、デビーは、あまりにも傲慢だと思った。 「もし彼が私の友達を追いかけたら? もうこれ以上彼を怒らせないようにしたほうがいい...そうね、少し優しい言い方にしよう」 深呼吸をして、デビーは別のメッセージを打ち始めた。 「フオ様、 ごめんなさい。今日のことは全部私のせいです。 友達を巻き込まないでください。 私はできるだけ早く君と離婚したいと思っています。 今日時間があるなら、民事局に行って離婚しましょうか?」

デビーは文字を打ちながら、「なぜ私が謝らないといけないの? それは私のせいではないのよ。 それに、私も彼に腹を立てているのよ」と考えた。 どのようなメッセージを送ろうかと葛藤しながら、携帯電話をじっと見つめていたデビーは、最終的にこの作戦を諦め、もう一度フィリップに電話することにした。

「こんにちは、フィリップ。 ええ。 エメットの電話番号を聞いてもいい?」 と尋ねた。 エメットはチャールズの付き人だったので、何か知っているはずだと思った。 エメットの番号をもらうと、すぐに彼に電話をかけた。

デビーからの電話を受けたエメットは、ボスのチャールズの指示通り、オルガを家まで送っている最中だった。 彼はイヤホン越しに電話に出た。 「もしもし」

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)