icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第8章自分を誰だと思っている? (パート3)
文字数:1311    |    更新日時:03/04/2021

エメットは一生懸命思考を巡らしたが、どうしても答えが出てこなくて、そのままぼんやりとしていた。

1分ほど経過した後、チャールズはエメットがまだ命令に従っていないのに気がついた。 それは、まるでチャールズには「忍耐」という言葉が存在しないようだった。 チャールズはいらいらとエメットの方に厳しい視線を投げかけた。 「お前、そんな簡単な仕事さえできないのか?」 と、チャールズは不機嫌に言った。

「い、いや、その...... 旦那様...... 実は......」 エメットはどう言ったらいいのか分からなくて言葉を濁した。 「実は、その方は……」

エメットが何を言おうとしているのかを察知したデビーは、チャールズに自分の身分を知らせたくないと暗示し、エメットにウインクした。

しかし、その暗示はチャールズの目には、まるでエメットに媚びを売っているように映った。 へえ、あいつ、エメットともあんな関係か、とチャールズは内心で嘲笑った。 そして、チャールズはエメットの方に視線を移し、警告に満ちた口調で厳かにこう言った。 「エメット、女は外見だけじゃダメだぞ。 一見天使のように見えても、内面には悪意に満ちた悪魔が潜んでいるかもしれない。 もし俺はそんな人だったら、恥ずかしくて自らこのビルから飛び降りるんだろう」

その発言により、エメットの頭の中は混乱を極めていた。

「なぜフオ旦那様は あの少女にそんなに恨みを抱くのですか?」 「なぜ旦那様は公の場で彼女に敵意を持った発言をするのか?」とエメットは頭の中で自問自答していた。 エメットが知っている限り、チャールズは女性との揉め事に対していつもなるべく避けようとしている。

チャールズの悪口は誰に対してだったのか分かっていた。 チャールズは店でこんな若い小娘に悪言を吐くなんて、実にエメットの予想をこえた事態だ

チャールズの行動に呆れたのはエメットだけではなく、デビーも同様だ。昨日まで、あんな無礼な口ぶりでデビーに話す度胸がある人は一人もなかった。 今日は絶対にただですんじゃいけない! デビーの頭に血が上った。 「あら、これはこれは、チャールズ・フオじゃないか? なんで子供みたいに振る舞うの? あのキスは単なる事故だったのよ」とデビーは嘲笑うように唾を吐いた。 そして、一歩近づいて、「あなたは私を一度追い出したのに、また追い出すつもりね。 また。 どうしてここはあなたのものだと言うように振る舞っているの? 自分を誰だと思っている?」とデビーは続けた。

あのキスが事故ということは本当だ。 が、事故とは言え、その事故でデビーはファーストキスを失ってしまったのも動かない事実だ。 確かに、チャールズはデビーの夫だけど、 それがどうした? デビーは全く気にしていなかった。 ファーストキスのような大切なものを失ったことに、デビーは激怒した。 ケイシーの言った通り、デビーも女の子だ。こういう細かいことを気にするのだ。

突然、クリスティーナとジャレドはデビーの袖を引っ張って、それ以上話さないようと暗示した。 「おい、落ち着けって、おてんば娘。 落ち着いて。 あのフオは 権力者だぞ。 彼に手を出すべきじゃない」とジャレドはデビーの耳元でささやいた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)