icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第15章第8章 私は戻ってくる (Part
Three)
文字数:1344    |    更新日時:10/05/2021

そういうことではなかった。

「あんたの頭蓋骨に脳みそ入ってる?」 デビーは質問した。 「なんで私がそんな賭けをしないといけないの? 好きな場所に行けばいいじゃない。 学校を所有しているわけじゃないわ。 むしろ、どうでもいい。 家にも帰らないって何言ってんの? ちょっと、勘弁してよ」 「もちろん、そうするわ。 あなたが家に帰った瞬間から、私は姿を消すわ」とゲイルは勇敢そうに答えた。

「どうよ、デビー・ニアン?」

「でたらめよ!」 デビーは叫んだ。 「私には時間がないの! 今すぐ行かないと後悔するわよ!」

デビーの機嫌の悪さを察したゲイル・ムーは、早く解決しなければと思った。 咄嗟に新しいアイデアを思いついたゲイル・ムーは、また「あなたが私を憎んでいることを知っているし、あなたもわかってる....私はもっとあなたを憎んでいるわ。 だから、マラソンで賭けるのはどう?」と言った。 腕を横に振りながら、ゲイル・ムーはデビーを挑発し続けた。

「走るのが得意なのか、それとも?」

心理戦はデビーとゲイル・ムーにとって魅力的なもので、ゲイルはそのことをよく知っていた。

「ハーフマラソンは?」 デビーは嘲笑した。 「いいわよ!」 「私はランニングが得意なのよ。 絶対に私の勝ちよ」とデビーは思った。 「あぁ、やっぱりそうかもしれないわ、一生ジャイル・ムーを見なくて済むし、ストレス発散にも丁度いいわ」 何も考えずに、デビーはゲイル・ムーの提案を受け入れ、ジャレドが彼女を止める時間さえもなかった。

さらに、デビーが知らなかったのは、元銀メダリストの選手がレースに参加するということだった。 具体的にどうやってプロスポーツ選手に対抗するつもりだったのだろうか?

ゲイル・ムーをちらりと見て、デビーは「あんたが勝ったら、何が欲しいの?」と聞いた。

笑みをこらえながら、ゲイル・ムーはデビーに向かってもう一歩踏み出した。 「私が勝ったら……」

寮に戻ると、ハーフマラソンの賞金についてゲイル・ムーと合意したデビーは、ベッドに身を投げ出し枕に顔を埋めた。

「ああ! 怒りに任せてジェイル・ムーの罠に嵌るなんて !」 彼女は歯を食いしばりながら自分自身を叱った。

「もっとよく知っておくべきだったのよ! あの女が突然現れたんだから、明らかに何か理由があるに違いない! そして、彼女が策略を練っていたとしたら、明らかに準備万端のはずよ! ああ!」 悔しさのあまりベッドで激しく体勢を変えたデビーは、止まって天井を見て、確信に満ちた表情を浮かべた。 「いいわ、そんな風に遊びたいのね、ジェイル・ムー? それなら私は喜んで遊んであげるわ!」

次回は、頭を冷やさないといけないなと思った。

ハーフマラソンに申し込んでから2回目、もしレースで1位になれなかったら、もう一人の裕福な男、ガス・ルーを抜かなければ行けないことが分かったデビーは、ルーグループのボスの次男であることを知った。

キャンパス内では誰もサインを見落としていなかった。 ガス・ルーがゲイだというサインを。 彼の身のこなしで、誰がそれを見逃すことができただろうか? 確かに、ゲイル・ムーはデビーに恥をかかせようとしていた。

もしデビーが負けたら、ゲイル・ムーの第2番目の望みは、大学で最も強力な人物の一人、カーティス・ルー校長をオフィスに監禁することだった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)