icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第5章グランド・プラン
文字数:4699    |    更新日時:02/04/2021

デビーという名前の女性をよく見ると、チャールズはようやく彼女を思い出し、目を細めた。 バーで彼にキスをした女の子だった!

チャールズはオルガに目をやると、デビーの言うことが正しいことに気がついた。 ドレスは確かに暗く古臭い感じがした。 さっきチャールズがオルガのために服を選んだというより、最初に見たものをただ指差しただけと言った方が正確だろう。 彼女がそれを着た時でさえ、彼は目もくれなかった。 だから、ドレスを着ているオルガがどのように見えているのかさえも知らなかった。

オルガをよく見てみると、チャールズはデビーの言うとおり、オルガの体型ではドレスの良さが十分に発揮されていないことを認めざるを得なかった。 唇をわずかに歪めて、チャールズは面白いと思っていたが、一瞬で無表情になってしまった。

オルガがチャールズに文句を言った瞬間、店内の全員がチャールズがオルガをかばうだろうと彼を見たが、チャールズの唇は閉じたままで「うん」と軽く答えた。

辱めを感じたオルガは、じっとしていた。

しかし、彼女のエゴはそれに屈しなかった。 オルガは何か言い返すと思って、唇を開いたが、チャールズからの冷酷な目線を感じて、彼女は凍りついた。

チャールズの後ろに立っていたのは、彼の付き人であるエメットだった。 その男はデビーに目を向けると、眉をひそめた。どこかで見たことがある顔だと考えた。 突然、彼は閃いた。 すると、彼はチャールズに近づき、「旦那様、 あの女の子はあなたの…」エメットが重要な言葉を発する前に、デビーの大きな声に遮られた。

「あっ! 久しぶり!」 デビーはエメットに向かって叫んだ。 「今日も買い物に来たの? 最近どうしてた? !」

反応することすらできず、エメットはデビーに腕を掴まれて引きずられた。

「何てことなの! この男は私がチャールズとの結婚証明書を申請するのを手伝ってくれた人じゃない?」 デビーはエメットの腕を掴んだままで思った。 デビーとチャールズの仲を深めるために、父は何回もデビーを連れてチャールズの家に訪ねたが、その時二人を迎えたのはチャールズの付き人であるこの男だった!

チャールズに自分の正体を知られるなんて、絶対いやだ!デビーはそう思いながら、下唇を噛んだ。 だって、万が一知られたら、この前のキスも、今日がここに会ったのも、 私が注意を引くためにわざとやったとチャールズに思われるかもしれないじゃない!

「奥...」エメットはデビーを奥様と呼びかけるつもりだが、 話を遮られた。

「ねえ、 私のこと忘れたの? 私だよ!デビーだ!」 デビーはかなり興奮した様子で言った。 困惑したエメットは、デビーの方を向いた。 「奥様? 私は...」「ねえ! ねえ!」 デビーは軽くエメットの胸にたたき、すぐに話題を変えた。 「そんな堅苦しくしないでよ! どうしたのよ!あんたらしくないよ」 デビーはそう言って、エメットをチャールズからさらに遠く引き離した。 エメットはデビーが一体何をしたいかまったくわからない、心の中に多くの疑問が渦巻いていた。

チャールズに聞こえないくらい十分な距離を置いて、デビーの顔はより警戒心を強めた。 「奥様。 なんでこんなことするのですか?」 エメットは尋ねた。 「フオ様 はまだ奥様に会ったことがありません。 今日はいい機会なので、フオ様に奥様のことを紹介しましょう」

エメットの発言を聞き、デビーは笑いたくなった。

「ええ、私たちは結婚して3年だけど、向こうにいる夫は私を知らないのよ!」 デビーは心の中で嘲笑った。

「あの結婚証明書すらなければ、私は独身のままだし、国際的な企業のCEOを知る術もなかったのよ!」

エメットをさらに引き寄せ、デビーはささやいた。「ほら、私を紹介する必要はないのよ。 なぜなら、 私はすでに離婚届に署名して、フィリップにそれをチャールズに渡すように頼んだのよ。 そのため、 彼に紹介する理由は本当にないのよ。 わかった?」

「離婚届?」 エメットは啞然としながら繰り返した。 「フオ旦那様と離婚するつもりなのですか ?」 ショックを受けたエメットは、数歩下がってデビーを見つめ、「もし私が正しければ、 フオ奥様は旦那様の7歳年下です。 その年の女の子なら、 金持ちでハンサムな男の妻になるのを熱望するのではないでしょうか?」と考え始めました。

一瞬チャールズを見て、再度デビーの方に向き直ったエメットは、 なぜデビーが離婚を申し込む理由が、 まだ理解できずにいた。

デビーは困惑しているエメットを見て、さっきよりやや強い口調で言った。「そう、私はチャールズと離婚したいの 。 だから、これ以上トラブルが起きないように、私の正体を隠しておいてくれればいいの」

唖然とし、ショックを受けたエメットは言葉を失っていた。 彼の心の中には、さらに疑問が湧き上がった。

エメットは疑問を引っ込めて、チャールズの元に戻る時、チャールズはオルガへ口紅セットを購入してお金を払ったところだ。

チャールズは啞然とした顔で戻ってきたエメットを数秒見て、 またジャレドの腕の中に飛び込んでいたデビーを見た。

すると、彼の横顔には、軽蔑に満ちた表情が浮かんでいた。 「エメットはこの女とできているんだね。やっぱり軽い女だ」 とチャールズは思った。

次の瞬間、彼はデビーにキスされたことを思い出した。 軽い女、よくも私をキスしたね。許さない… チャールズの表情は暗くなり、エメットに向かって、「このモールからあの女を摘み出せ! 彼女は君とどんな関係か知らないが、 今後彼女がこのモールに足を踏み入れることは許されない! 分かったか? !」と命じた。

キスされた時は彼女を逃がしたが、この軽い女が二度と自分に近づかないように、チャールズは彼女の顔をつぶすと決めた。

エメットがチャールズの怒りに満ちた表情を見たのはこれが初めてではなかったが、今回は違うように見えた。 チャールズの視線の先を追うと、エメットはその理由がわかった。

目線の先では、若い女の子が男の腕にしがみついていて、とても魅力的に振る舞っていた。 それはデビーとジャレドだったが、またしてもジャレドはデビーの悪ふざけに巻き込まれてしまった。 「ねえ~ジャレド、 私もあの口紅が欲しいわ」 デビーの声はいつもの声よりかなり高かった。 デビーは視線をオルガに向け、彼女を指さしながら、ジャレドを見上げて、「ほら、あそこの叔母を見て! 彼氏に口紅セットを買ってもらったのよ!」と拗ねたように言った。 ジャレドの手を握り、デビーは優しく微笑んで、「私にも同じことをしてくれない?」と続けた。

デビーが誰かに対して気まぐれな態度をとるのは初めてだった。それに相手は、彼女の友人のジャレドだった。 これは明らかに、彼女の一生で最初で最後だろう。

ショックで胸に手を置くと、ジャレッドはデビーに奇妙な目を向け、「おい! おてんば娘、どうしたんだよ? 怖がらせないでくれよ!」と言った。 デビーの友人たちは皆、彼女の演技に驚愕していた。

「こ、これが本当のデビーなの? 彼女がそんなことをするわけがない! まさか詐欺師に乗り移られた?」とジャレドが言った。 ショックが最高潮に達した中、皆はただただジャレドとデビーを見続けていた。

「ジャレド、ダーリン、お願い…」デビーは目を煌めかせた。 「私は口紅が大好きなことを知っているわよね。 私のために買ってくれない?」 この行為の裏では、デビーは自分を叩きのめしているように感じていた。 時折、チャールズの方に視線を向けながら、彼女はますます苛立ちを募らせていった。

「なぜ彼は出て行かないの? ! 彼はこれがどれだけ大変か分からないの! ? ああ、もうなんでもいい! 最後まで見届けよう、デビー・ニアン! あなたの自由のためよ!」

両手拳を握りしめ、デビーは決意を新たにした。 「いつか私が妻だと知ったら、チャールズは間違いなく私が他の男と浮気していると思うだろう!」 と、デビーは自惚れた表情をしていた。 「それで、彼は私を淫乱な女だと思ってすぐに離婚するだろうね! 私たち二人ともお互いウィンウィンよ!」 それはデビーの壮大な計画であり、失敗は許されなかった。 彼女はジャレドの「わかった!」と叫ぶ声で現実に引き戻された。 「わかったぞ! 何でも買ってあげるが、お願いだから...」 ジャレドの声は絶望の中で柔らかく響いた。 「こんな演技はやめてくれ...」ジャレッドはデビーの演技を真剣に捉えておらず、彼はこの記憶を消してくれる人を探そうと考えていた。 陳列されている口紅の方へ闊歩し、ジャレドは目に入った口紅全てを掴み、それら全部を店員に手渡した。

店員は、ジャレドが手に持っていた口紅の量に唖然とした。 「か、彼の手が震えてるわ!」 彼女は思った。 「聞こえなかったか?」 ジャレドは言った。 「今、これ全部を買うんだ!」

店員はジャレドが持って来たもの全部を持ち、急いでカウンターに向かった。 重いため息を漏らし、ジャレドは鼻の先をつまみながら「絶対に脳の検査をしてもらおう」と思った。

そこで何が起こっているのか分かっていたのはたった一人、エメットだった。 「彼女は明らかにわざとやっている...」と思いながらも、デビーを追い出せというチャールズの緊急命令に従わなければならなかった。 デビーは彼の妻ではなかったのか? エメットはデビーの正体をチャールズに伝えようとするが、オルガが邪魔を入った。

オルガは先に受けた屈辱から立ち直し、エメットの方を向いて、 「エメット、どうしてミスターフオの命令を聞かないの?」と厳しく話し出した。 そして、彼女が自信満々にそう考えていた。

「間違いない。チャールズは私を喜ばせるためにそうしたんだわ。 私はチャールズにとって特別な存在だ!」

「し、しかし旦那様...」 エメットは躊躇った。デビーの正体を言わなければならないと意識した。 「彼女は奥...」と言った瞬間、チャールズが鋭い目線を向けてきた。怯えたエメットは言うのをやめ、後ろにいるボディーガードに「彼らを連れ出しなさい!」と命じた。

もし話を続けば、旦那様に叱られるに違いない。

デビーが待ちわびた瞬間だった。 エメットが命令をした直後、デビーは手を上げて、「その必要はないわ。 自分で出ていくわ」と話した。

出口に近づくと、デビーはカウンターで口紅の代金を払おうとしているジャレドの方を向いて、「ねえ、口紅はもういいわ。 早く行こう」 その直後、ジャレドは店員の手からクレジットカードを奪い返した。 カウンターから口紅を取り、陳列台に戻し始めた。 戻し終わり、デビーと一緒に店を出た。

チャールズが遠くに離れて行ったデビーの姿を見ながら、疑惑の表情を浮かべた。 「何か違和感がある...」と彼は思った。

オルガはデビーの方を軽蔑して見たが、チャールズの方に愛嬌のある笑顔で振り向いた。 もう一度彼の腕にしがみついて、心地よい声で「チャールズ。 アリオスビルの5階で夕食はいかが? あんな嫌な出来事の後だから、きっとお腹が空いているだろう」

「そうだな」チャールズは「行くか」と無関心そうに答えた。

エメットは頭の中の憶測を振り払い、道をあけ、上司を店へ連れて行った。

メラクビルの出口では、デビーは突然踵を返し、ジャレドを見て、「ねえ、あなたはアリオスビルの5階でランチを食べたいと言ってたわよね。 そうよね?」と言った。

「おてんば娘、冗談はやめてくれよ。お金はないから。」 ジャレドはため息をついた。 「正直言って、俺は携帯ゲームに全財産を費やしてるから、お前にご飯をおごる余裕はないぞ...」

「ううん、違う」 デビーは手を叩いて微笑んだ。 「私が奢るよ」

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)