icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第3章頭の固い教授
文字数:3904    |    更新日時:02/04/2021

「デビー! デビー!」 居眠りをしているデビーに、隣りのクリスティーナは優しい声で呼びかけ続けた。 起きるのが嫌なデビーは、袖を常に引っ張られているのを感じた。 しかし、それを無視すればするほど、呼びかける声と引っ張る力は強くなっていった。 その結果、デビーは諦めて、やっと目を覚ました。

まだ完全に眠気を覚ましていないデビーは不機嫌そうにクリスティーナの方に振り向いた。 「クリスティーナ、私を起こした理由はちゃんとあるのよね......」

クリスティーナはあるところを指差した。 デビーはクリスティーナの指差したところを目で追うと、それは壇上で激昂しているマルクだった。

マルクのその顔を見ただけで、デビーは氷のように冷たい水を顔にかけられたように感じた。 「ヤバッ!」 デビーは気を取り直して、激しく首を振って正座した。

前に立っているマルクは、大学の中でも特に頭の固い教授の一人として知られている。 デビーはカバンの中から教科書を取り出し、適当なページを開き、自分を笑っている人たちに冷たい視線を送った。

すると、あの人たちは、何が起こったのかわからないふりをして、すぐ壇上に注目した。 状況が収まったので、マルク教授は授業を再開した。

「うわー、教授はすごく怒っているように見えるわ......」とデビーは後悔しながら頭を抱えた。 「私は絶対に彼の試験に失敗しちゃうよ」

教室にいる学生たちは、誰一人もデビーをバカにしようとはしなかった。 デビーの身分も背景も一切不明ということを、教室の学生たちだけでなく、大学中の全員が知っている。

その上、デビーは常に他人と喧嘩したり、酒に溺れて授業を休んだりなどして、実に荒れる学生だ。 要するに、大学生らしいことを、デビーは一つもやったことがない。

Y市立大学では、学生手帳に「髪の毛を染めたり、マニュキュアを塗ったり、派手な宝石を身につけてキャンパスに来ることは禁止」と記載されている。

しかし、デビーはそれを無視し、髪を淡い紫色に染め、爪に真っ赤なマニュキュアを塗った。 大学の教授たちは皆デビーの背景を恐れているため、誰も彼女を𠮟る度胸がない。

出身と背景のおかげで、デビーは退学処分を気にせずに、大学でやりたいことを思う存分やることができる。 だが、今回マルクはデビーを簡単に見逃すつもりがない。

「デビー・ニアン」マルクは冷たく呼び「金融とは何か説明しなさい」と言った。 マルク教授も当然デビーの背景をよく知っている。 チャールズの助手――エメット・ジョンは大学では、マルクの仕事の関係者の一人だ。 それに、チャールズ本人もマルクの元生徒だ。 だが、責任感が強い教授として、マルクは学生、特にデビーの悪癖を正さなければいけないと考える。

本を読んでいるふりをして、デビーは前の席を蹴った。 彼女の向かいに座っているのは、クラスの模範生、成績がいつもA以上のディクソン・シュウだ。

それを合図に、ディクソン・シュウはデビーの言いたいことを理解し、すぐに答えが書かれているところまでページをめくり、彼女が見えるように左にスライドさせた。

答えをみたデビーの横顔には、満足げな笑顔が刻まれた。 その時、多くの人々がこっそりとデビーに目を向け、誰もが彼女の美しさを心の中で称賛した。

白い肌、丸くて無垢な目、形が美しい鼻、柔らかくて赤い唇、女の子なら誰もが憧れるような顔立ちだ。

実際上、今日デビーはスッピンで化粧を全くしていなかった。しかし、横顔はそれでも優美だ。 しかも、顔だけでなく、デビーは太すぎも瘦せすぎもなく、スタイルも満点といえる。

学業成績さえ良ければ、デビーはとっくにY市立大学の第一美女になったんだろう。

「よし、ここから読めばいいのね」とデビーは立ち上がり、瞬きをしながらディクソン・シュウの本を読み始めた。 「金融とは、2つの関連する活動を説明する用語です。お金の管理方法の研究と......」

マルクはデビーのカンニングを見抜き、激怒した。 「十分だ!」 マルクの声が部屋中に響き渡り、クラス全員が怯えた。

学生たちは、教授が必死に怒りを抑えているのがわかった。

誰もが怯えて少しも動けなくなったこの時点、デビーはマルクに笑顔を見せて「ドウ教授、私の答えは間違っていますか?」と聞いた。

それを聞いてマルクは怒りで顔を真っ赤にした。デビーは自分のしたことを後悔し、許しを請い始めた。 「ドゥ教授、怒らないでください。 授業が終わる前までに、その答えを暗記します!」 と、デビーは約束した。 デビーは、チャールズがマルクの元生徒であることを知っているので、他の学生たちほどにマルクを怖がらないが、やはり暴れすぎない方がいいと考えた。

デビーの言葉を聞いて、落ち着いたマルクの顔の赤みが消え始めた。 マルクに言わせれば、デビーは実は賢い子だ。 彼女が勉強に専念すれば、楽にA判定を取る生徒になれる、と、マルクはずっと思っている。 しかし、だからこそ、デビーの横暴な行動をこれ以上許してはいけない。 「勉強が好きではない? いいだろう! 君が多くの試験に失敗した? それもいいだろう!」 と、マルクはデビーを睨みつけた。

「でも、私のクラスでは落第は許されないぞ!」 マルクはデビーに怒鳴った。

「また私の授業で寝るようなことがあったら、ジャレド・ハン、クリスティーナ・リン、ケイシー・ゼン、君たち三人は旗の下に立ってろ!」 とマルクはそう宣言した。 「わかったか! ?」 名前を挙げられた三人は、教授の発言に戸惑い、うめき声をあげた。

「なぜデビーがミスをしたのに、私たちは苦しまないといけないの......」と三人全員が思った。

マルクがこの決断をした理由は、デビーは友達に忠実な人だからだ。 自分の利益のために他人を傷つけようとするなんて、デビーにはできない。 それは、マルクが見い出したデビーの長所だ。

デビーは マルク教授を睨みつけ、 心の奥底で 教授のことを呪った。

またすぐ頭を上げて、「わかりました、ドウ教授。 これからは絶対教授の授業で居眠りなんかしません」とデビーは自信満々に答えた 言い終わると、デビーは自分の席に腰を下ろし、ペンを手に取り、ノートに適当に書き始めた。 マルクは、デビーがメモを取っていると思い、満足そうな表情を浮かべた。しかし、実際には落書きをしているだけだった。

ベルが鳴ると、マルクは最後の言葉を残し教材をまとめ、教室を出て行った。

マルクが教室を出た瞬間、デビーの周りに数人が集まった。

皆は教授への不満を言い始めた。

「おい、おてんば娘。 ドウ教授の話聞いたんだろう。何とかしてくれないかい?」 ジャレドが聞いた。 不満そうな表情がジャレドの顔に表れた。 一体なぜ自分たちはデビーの代わりに罰をうけなきゃいけないんだ? ドウ教授は変わった男だとジャレドは思った。

身長210センチのジャレドは、大学一背が高い学生だ。 それに加え、ジャレドはデビーの親しい友人の一人で、人情深い男だ。

「デビー、二度とドウ教授の授業で寝ないでね......」クリスティーナはデビーの腕をがっしり掴み、可愛らしく泣き言を言った。 「お願いよ......」デビーのもう一人の友人であるクリスティーナは小柄で、長くカールした髪型から魅力がにじみ出てくる。

「デビー、私は3301号室の美人担当だよ、そんな風に顔を晒すわけにはいかないのよ、ね?」 寮で一番の美少女だと自画自賛するケイシーが言った。

今、デビーは離婚問題やチャールズとのキスなど、いろんなこと精神的に落ち込んでいる。 デビーは周りの騒音に苛立たち始めた。 彼女は本を手にして机に叩きつけると、本が机にぶつかる音が部屋中に響き渡り、全員が静まり返った。

その部屋にいた全員が、振り返ればデビーの視線で凍りついてしまうと思った。 全員、口を閉じた。

緊張感が高まっているのを感じ、その緊張感を和らげようと、ケイシーは声を上げた。 「ねえ、今思い出したんだけど。 今日、シャイニングインターナショナルプラザで盛大なプロモーションがあるの! みんな来ない?」

立ち上がってケイシーの方に向かい、デビーは満面の笑みで「行く行く!」と言った。 多分、デビーはずっと欲しがっている口紅があるから行くだろうね......と、ケイシーは忖度しながら、ふざけているように白目を剥いた。

親友として、ケイシーとデビーはお互いのことをよく知っている。

そういえば、デビーはいつも酒を飲んだり喧嘩したりしているのに、口紅に興味を持つなんて、結構意外だ。 それに、普段デビーはカジュアルな服装をしていて、ファッションについてはあまり気にしない。 口紅を集めるということだけに、誰でも止められないほど執着がある。

そう決めた後、デビーたち全員が集まり、シャイニングインターナショナルプラザに到着した。

広場の中では、 独特なデザインで言いようのないファッション感が溢れている。

シャイニングインターナショナルプラザは、北斗七星座にちなんで、7つの建物で構成されている。

建物の名前は、ダブへ、メラク、フェクダ、メグレス、アリオス、ミザール、アカイドという7つだ。

各建物のてっぺんにはライトがあり、夜になるとそのライトが点灯し、パノラマ地図を持っていると北斗七星座になることがわかる。 それは、実に息をのむような光景だ。

全国一番有名な照明デザイナーは、ダイヤモンドがちりばめられた空をイメージしてこのデザインを作った。この広場を歩くと、まるで星の海を歩いているかのような感覚だ。 北斗七星とユニークなコンセプトに包まれたこの広場が、多くの人に気にいられるのは当然のことだ。 特に若い恋人たちの中には、この広場は星空を間近に眺めるデート名所として人気がある。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)