icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第13章第8章 私は戻ってくる (Part
One)
文字数:1405    |    更新日時:08/05/2021

イヤホンのスイッチを切ると、エメットは真剣な口調で「申し訳ありません、ミさん。 これは フオ旦那様の個人的な事です。 私が話すことではありません。 もし聞きたいのなら、フオ旦那様に 自分でお尋ねください」と答えた。

フオ旦那様に ? そのようなことを聞く度胸がある訳が無い。 「そう。 わかったわ」とオルガは、冷たい口調で言った。 「覚えておくわ」 苦笑いしながら車の窓を見ていたが、明らかにエメットの反応と態度に激怒していた。 仮に彼女が尋ねる度胸があるとしても、男の妻のことを尋ねるのは馬鹿げているとしか思えない。 しかも、それはただの男ではなく フオ旦那なのだ。

次の日、エメットはチャールズのオフィスに数枚の紙を持ってやってきた。その中にはデビーの大学願書と簡単なプロフィールが入っていた。

そのプロフィールには、年齢、大学、趣味などの基本的な情報が書かれていた。 それをチャールズの机に置き、エメットは数歩下がってボスの返事を待った。

机から書類を拾い上げ、チャールズはそれに目を通すと、突然それを空中に放り投げ、エメットを驚かせた。 彼は不満そうにエメットを見て、彼の声がオフィス中に響き渡った。 「これがお前ができることすべてか? 最近、お前を甘やかしすぎたか?」

その不機嫌な口調に、エメットの心臓は激しく鼓動した。 エメットは冷静さと落ち着きを保ちながら、身をかがめて紙を拾い深呼吸をした。 すると、彼は「フオ旦那様、 この少女は謎に包まれています。 私が収集できた情報はこれがすべてです」 エメットは嘘をついた。 実際には、残りの書類をシュレッダーにかけて処分していた。

「失せろ!」 チャールズはそう命じた。 「今すぐにだ!」

「はい、フオ 旦那様」 チャールズが机の上から投げ捨てた書類を最後にチラッと見て、エメットはできるだけ早くボスのオフィスから逃げ出した。

オフィスのドアが完全に閉まると、チャールズの目は申請書の写真に止まった。 その写真は、デビーは化粧をしていなかった。 チャールズの注意が引かれた。

デビーの丸く輝く瞳が目に入った。 不思議なことに、チャールズはデビーの目が自分に話しかけているように感じた。

次の瞬間、あの不快な記憶が再び彼の頭をよぎった。 デビーが彼にキスした記憶。 すぐに、チャールズは再び気分を害された。 彼は眉をこすりながら机からファイルを拾い上げ、デビーの申請書に叩きつけた。

デビーの写真はすぐに覆い隠され、チャールズの視界から消え、デビーを殴ったように感じた。 今、気分が良くなった。

チャールズが再び椅子に腰を下ろしてくつろいでいると、ある情報が再び彼の頭をよぎった。 椅子に座った彼は、「彼女の苗字は……、ニアン……。Y市では数人しかいない名字だ。 彼女とニアン家の関係とは?」と考えていた。

チャールズの思考を邪魔したのは、机の上で響く電話の音だった。 ため息をついて、彼は電話に出た。

秋になり、デビーの大学のメープルロード沿いの紅葉が緋色に染まっていた。 紅葉の道をジャレドとケイシーが落ち葉の上を楽しそうに歩いている傍で、デビーは元気がなく、季節の美しさを楽しむ気分にならなかった。

すでに2日が過ぎていたが、デビーはチャールズのオフィスに向かい、離婚の話をする勇気が出なかった。 チャールズからも一言も返事もなかった。 前日の夜、フィリップはチャールズがまだその件に取り掛かっていないことを彼女に伝えていたので、それがデビーを大いに悩ませていた。

ああ! 全ての始まりは、彼女がずっと前に受け取った一つのテキストだった。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)