icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第4章オルガ・ミ
文字数:4172    |    更新日時:02/04/2021

メラクビル内には化粧品・スキンケアショップが立ち並び、デビー、ケイシー、クリスティーナの3人は手をつないではしゃぎまわっていた。 その間、ジャレドとディクソンの2人は、数十個の買い物袋を手に持ち彼女らの後ろを付いて回った。 彼らは疲れ切っていた。

3人の女子がまだ元気いっぱいな姿を見て、ジャレドが「なんで君たちは疲れてないんだよ!」と文句を言いながら彼女らの肩をたたいた。 「以前長距離を走った時には、これほど元気に見えなかったぞ! ディクソンと俺は疲れたよ。 ちょっと座って休まないか?」

一人の女子がジャレドの方を向いて近づいてきた。それはクリスティーナだった。 「ちょっと、ジャレド! そんなことを言って恥ずかしくない? あなた背も高いのに!」 そう言いながら、彼から一つの買い物袋を受け取った。一応ジャレドを手伝ってあげた。

「ほら! 見て!」 デビーは目の前の店を指差した。 「これは最後の目的地よ!」と言った。

「神様よ、感謝します! 助かりました!」 ジャレドは叫んだ。

新品の財布を取り出し、ケイシーは微笑んで言った。 「あなたたちにランチを御馳走するわ」

ジャレドは元気を取り戻し、「いいね! お言葉に甘えるぜ!」と嬉しそうに答えた。

シャイニングインターナショナルプラザの一つ、アリオスビルには、高級で豪華なレストランがいくつか入っており、その5階にはY市で最も評価の高いレストランが入っていた。 明らかに、そのレストランこそジャレドが行きたい所だった。

「何を食べてもいいわよ。でも、」 ケイシーはジャレドに向けて蔑むような視線を投げ、 「でも、5階以外ね。わかった?」と言った。

アリオスビルの5階は、全室がVIPルームで最低料金を請求される。 それに、どんな料理を希望しても、プロの料理人が作ってくれる。 料理人が目の前で料理するのを見ることもできる。 運が良ければ、ミシュランの3つ星の料理人が調理してくれるかもしれない。

このようなレストランで、美味しい料理を食べることをみんなが夢見ていた。

しかし、値段の関係で、選ばれた少数の人だけがそのような贅沢な食事をすることができた。

ケイシーがそう言い終わった瞬間、ジャレドは魂が体から抜けたように顔が真っ白になり、ケイシーの言った言葉を繰り返した。「5階以外ならどこでもいいわよ...」

全員がジャレドの反応を面白がった。 デビーは彼の肩を叩いて、近くのソファを指差し、「じゃあ、ディクソンと一緒にあそこに座って休んでたら? 口紅を選ぶのは時間がかかるわ」と言った。

その後、3人の女の子は自分の好きな化粧品を選び始めました。 あるセールスレディは、デビーが口紅のセットを持っているのを見たので、優しい笑顔で彼女に近づき、「ミス、その製品はベストセラーの1つです! 残り1つなので、本当に気に入ったら、最後の1つ購入してはいかがですか!」とフレンドリーな笑顔で声をかけた。

「まさか!」 デビーは不信感を抱きながら言った。 「残り1つ?」 !」

デビーは値段を確認するために商品を裏返し、手にとった口紅セットの値段を見た。 129、999ドルだった。 その価格をみて、彼女は考え直し始めた。

ソファに座って休んでいたジャレドは、周りを見渡し、口紅セットを手に持ち悩んでいるデビーを見つけた。 彼は大きな声で話しかけた。 「おい、おてんば娘! 何を躊躇っているんだ? ! お前は毎日数百万の車で学校に通ってるじゃないか! その口紅セットを買うくらい痛くも痒くもないだろう! 欲しいなら買えよ!」

ジャレドの言葉を聞いて、デビーはため息をつきながら「車は私のものじゃないわ」と答えた。 どんなに高価な車でも、デビーとは全く関係ない。 彼女が今持っている高級品はすべて夫のおかげだった。 彼女が誇示できるものは何もなかった。

その時、周辺の人々が全員同じ方向に振り向いた。デビーも興味を持ちそちらへ目を向けた。

「どうしたの? 彼らは何を見ているの?」 デビーも他の人と同じように、みんなが見つめる方向に頭を向けた。

何人かがこっちに向かってきており、真ん中の男性は黒のテーラードスーツを着ていて、がっしりした体つきが完璧に表しだされた。 彼が履いていたダークブラウンの革靴は、きらびやかな大理石の床と対照的だった。

その男は、誰も彼と目を合わせる勇気が出ないほど、きつく黒い目元だった。

「なんてことなの...」とデビーは息を呑んだ。 「どうしてチャールズがここに!?」 *这句不要 到着するや否や、一瞬にして皆の注目を集めたのは、デビーの夫であるチャールズだった。 いや、あと数日で元夫になる。 そして、チャールズの横に立っていたのは、彼に見合った人物だった。 ゴージャスな顔とスリムな体型に恵まれた華やかな女性が立っていた。

富と権力に満ち溢れた他の男たちとは違い、チャールズは滅多に女性と関わることはなかった。 そのため、デビーは自分の目を疑っていた。 「その女は誰?」 *这句不要 「チャールズの彼女なの?」デビーの中に、多くの疑問が浮かんできた。

デビーの視線を察知したかのように、チャールズは彼女の方を向いた。 心臓がドキドキしながら、デビーは頭を下げ、口紅セットに夢中になっているかのように振る舞った。

目を閉じ、デビーは必死で「彼と会わせないで!」と唱えた。 「お願い、彼と会わせないで!」

その時、デビーは何かに気付き、目を見開いた。 「待って。 彼は私のことを知らないのよ!」

自信を持って、デビーは頭を上げ、ケイシーの方を向いた。 「ねえ、ケイシー。 これ買うべきだと思う?」

しかし、ケイシーはデビーの言ったことには全く気に留めていなかった。 デビーの腕を掴んで激しく揺さぶりながらケイシーは、「デビー! これは運命よ! またチャールズ・フオに 会ったのよ!」と興奮して叫んだ。 デビーの方を向いて、ケイシーは目を輝かせて聞いた。「彼はまだあなたのことを覚えていると思う?」

クリスティーナも近寄ってきて、デビーに質問した。 「デビー、横の女の子は誰ですか。 ?」

「どうして私が知っていると思うの? !」 デビーは泣きたい気分だった。

「おい、おてんば娘」 その後、ジャレドも歩いてきた。 「チャールズは、 お前のためにここに来たんじゃないか?」と聞いた。

「一体なぜそんな考えになるの? ! 」 デビーは黙って反論した。

友達のケイシーがチャールズによだれを垂らしているのを見て、デビーは注意した。 「ねえ! ケイシー・ゼン! よだれが垂れてるわ!」

ケイシーが弁解を始める前に、女の声が切り込んできた。 「これ、あんたに似合わないわよ。だって、買う余裕はないでしょう?」

デビーは声が聞こえてきた方に頭を向けると、それはチャールズの隣に立っていた女から発せられたものであることが分かった。 「何この女?私のこと知っているの?」 デビーは戸惑いながら考えた。

「なぜ話しかけてくるの?」

チャールズと腕を組んでいる女性は、オルガ・ミという名で知られていた。 彼女はダークブラウンの巻き毛で、唇には真っ赤な口紅を塗り、爪は茶色のマニュキュアが塗られていた。 オルガ・ミはチャールズから離れ、デビーに近づき、デビーの持っていた口紅セットを奪い取り、販売員に向かって 華やかな笑顔で、「これを頂くわ。 包んでちょうだい。」

そう言った後、オルガ・ミはデビーの方を向き、頭の先から足の先まで彼女を見た。

オルガ・ミは、嘲るように笑った。

「チャールズがチラッと見ているのはこの女か… 純粋無垢なふりをしているただの女子大生じゃない。 確かに美人だけど、明らかに私ほどではないわ」 オルガ・ミは満面の笑みを浮かべながら、誇らしげにそう考えた。

オルガ・ミの笑顔を見た瞬間、デビーの頭に血がのぼった。 「失礼ですが、あなたは誰ですか? 私がそれを買う余裕がないなんてなんでわかるの?」 デビーはその言葉を口にした。 「私が買えないなら、 頭からつま先までブランドの服を着ていて、いかにも自分がお金持ちであることを示そうとするあんたが買えると言うの?」 *这句不要 オルガ・ミにされたことを同じように、デビーは頭からつま先まで彼女を見て、白目を剥いた。 「それに、あんたにはかわいらしい顔も、完璧な体も見えないけど」

華やかな表情が変わり、オルガ・ミは怒りのあまり拳を握りしめながらデビーを不機嫌そうに睨みつけた。 「あなたたちみたいな貧乏人は、このモールに足を踏み入れべきじゃないわ! ファッションセンスのない自分を見てみなさい! こんな高貴な場所に入ることは許されるべきではないわ!」

「はあ? 入ったらいけないの?」 デビーはまた嘲笑った。 「どの口がそれを言うの?」 オルガ・ミという女に向かって大きく一歩前に出ると、デビーは身を乗り出して嫌味な笑みを浮かべながら、彼女を愚弄し続けた。

「ねえ、おばさん。 なにか手伝うことはありますか? もう40代なんでしょ? このオリーブ色のドレスを見てよ! それは絶対私たちみたいな若い女の子は着ない色よ!」 デビーの言葉はオルガ・ミを怒らせただけでなく、間接的にチャールズさえも怒らせてしまった。 *这句不要 デビーが馬鹿にしたドレスは、チャールズ本人が選んだものだったからだ。 さっきまでチャールズとオルガ・ミは洋服売り場にいて、チャールズがさりげなくドレスを選び購入していたのだ。 これは明らかに、デビーがチャールズのファッションセンスを馬鹿にしたことを意味する。

ドレス自体は変ではなかったが、27歳のオルガ・ミにはイマイチ似合っていなかった。

それはボディコンドレスで、メリハリボディの持つ女性のために作られたものだからだ。

しかし、オルガ・ミの体は長細くて、丸みがなかった。 ボディコンドレスは、胸が平らでお尻が小さいという彼女の欠点を強調して、彼女の体には似合っていなかった。

オルガ・ミは、家ではお姫様のように扱われ、誰もが彼女に最大限の敬意を払って接していたので、このように馬鹿にされた経験をしたことがなかった。 だから、オルガ・ミが怒っているのは当然のことだ。

耐えられない屈辱を負ったオルガ・ミは、すぐにチャールズのもとへ駆け寄り、助けを求めた。 彼女がこれまでに作ることができた中で最も悲痛な声を集めて、彼に言いつけた。 「フオ! その子が言ったことを聞いた? 彼女は私が年寄りだと言って、あなたのセンスを平凡だと言ったのよ! 許されないわ!」

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)