icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第6章自分を誰だと思っている? (パート1)
文字数:1342    |    更新日時:03/04/2021

デビーを取り囲んでいる全員が目を大きく見開いた。 火に油を注ごうと、ジャレドは後ろに立っているディクソンに寄りかかった。 わざと怯えた声を出して、口元に手を当て、「あのさ、先生、おてんば娘は......頭がおかしくなってしまったんですか?」とジャレドは聞いた。

ジャレドは冗談で、ディクソンのことを「先生」と呼ぶのが好きだ。 しかし、全知全能の「先生」もその問題にどうしようもないようだった。 ディクソンはまだ頭の中を整理できていなかった。 故に、今回ディクソンもまた、デビーの今日の行動は非常に奇妙だと思い、ジャレドの発言に同意した。

一方、一連の状況を傍観したケイシーはすっかり冷静になった。 ケイシーはジャレドの足を蹴り、そしてジャレドの目を睨みながら、「あのな......デビーも一応女の子なのよ。 女の子が甘えるのは当たり前のことじゃない?デビーはただ普段あまり甘えたりしないだけだよ。まっ、今後慣れればいいわ」と叱った。 そして、ケイシーは部屋の全員に視線を向け、「それに、デビーも一応100万円以上の車を持っている人だよ。 アリオスビルの5階で食事をするくらい、何のおかしくもないわ。どうしてそんなに驚いた顔をしているの?」と話しを続けた。

ケイシーの説明を聞き、ジャレドは意外と説得力があると考え、デビーの不思議な行動を納得した。 が、また席から立ち上がって服を整え、「確かに、経済的にはデビーはあそこで奢る余裕があるかもしれない。だけど、アリオスビルの5階は予約が必要なんだ。 つまり、割り込むことはまずできない! しかも、今はもうランチタイムだ! 入店できるとしても、空席はもうないはずだ」とジャレドは反論した。

ジャレドは別にデビーのことを軽蔑しているということではなく、ただ事実を明らかにしただけだ。

ジャレドの父親は、アリオスビルの5階で大事な顧客にご馳走しようとする時、いつも少なくとも1週間、時には3ヶ月前には予約しなければならない。

他の人たちがおしゃべりに夢中になっている一方、デビーは気が塞いでいた。 チャールズに直接会う前、 フオ夫人という称号はデビーにとって何の意味もなかった。 しかし、今では違う。 デビーはチャールズが他の女性と一緒にいるのを見た瞬間、不安になった。 それに加えて、チャールズはその女性に惜しみなくお金を使っているようだった。

デビーが気になるのは、チャールズがあの女性に買った口紅セットは10万円にも値するということだ。 エメットが持っているバッグにあるの他の商品も、おそらく一個あたり数万から数十万円もするだろう。

実は、チャールズが毎月デビーに送る生活費とお小遣いもかなり多いが、デビーは自分はまだ学生で、そんな大金は要らないと言い張り、いつもほんの一部だけをもらう。 残りの部分をフィリップに預けた後、デビーはそのお金に関心したことが一度もなかった。

あの口紅セットのような高価なものは、デビーも自分に買ったことがない。 しかし、さっきあの女性が欲しいと言っただけで、チャールズはすぐにその口紅セットを購入した。 それを思い出すと、なぜチャールズの妻である私は倹約しなければならないだろう、とデビーは渋々思った。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)