icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)
文字数:1558    |    更新日時:03/04/2021

デビーを見て笑ったオルガの顔には、不快な笑みが浮かべていた。 「何て無知な女の子なの! 知らなかったの? シャイニングインターナショナルプラザは全部チャールズ の物なのよ!」

デビーは驚きながら確認するためにケイシーの方に視線を向けると、ケイシーは目を閉じてうなずいた。

「デビー、今回はどうやってあなたを助けたらいいかわからないわ…フオ様を何度も怒らせてしまったから、私の命をかけても助けられないわ」 とケイシーは 首を軽く振りながらデビーを見つめていた。

デビーは周りを見回し始めた。 目に入ったのは、豪華で素敵なインテリアだった。 アンティークの絵画から貴重な工芸品、芸術的な家具まで、すべてのものが豪華でまぶしく見えた。 「ということで、私がここを所有しているということになるのよね?」 とデビーは考えながら

ニヤニヤと笑い始めた。

その場にいた人たちはデビーを、病院を抜け出したばかりの狂人を見るような目で見ていた。 彼女には間違いなく頭に何か問題があるのだとみんなが思っていた。

しかし、一人だけが、デビーの笑った理由を知っていた。それはエメットだった。

自分がシャイニングインターナショナルプラザの所有者になったということに気付いたデビーの反応を完全に理解した。 だって、それは人々を狂わせたほど富を持つシャイニングインターナショナルプラザなのだ。 一方で、デビーの笑った理由がわからないジャレドは、

悪霊がデビーの体を乗っ取ったからこんな姿になったと思っている。 なんとかして悪霊を払うという気持ちで、ジャレドは身をかがめてデビーを肩に担いだ。

ガタガタに見えた床に気づいたデビーはようやく自分の幻想から覚めて、今の状況を理解しようとしていた。 自分がジャレドの肩に乗せられたことに気づいたデビーは、 「ちょっと! ジャレド! 何するの? !」と抗議しながら叫んだ。 デビーの言葉を無視して、ジャレドは彼女を運び続けた。 「放して! あのくそ男に悪口を言われたくないのよ!」 とデビーは叫んだ。 チャールズは本当にデビーを怒らせた。 怒りに満ちたデビーは 今すぐここでこのクソ男に離婚の話を持ち出そうと決めた。

「離婚しろ」ってチャールズの嫌な顔に言い出せばいい! 「彼の返事はともかく、 今日は必ず離婚するわ。 そう、そうするわ!」 デビーは満面の笑みを浮かべながら、頭を上げてチャールズを指差し、軽蔑した目で見た。 「さあ、よく聞くのよ、チャールズ・フオ? !」

デビーの話が出た途端、ケイシーは彼女の口元に手を当てて、これ以上何かを言ってチャールズを怒らせることがないようにした。 にっこりと微笑みながら、ケイシーはチャールズに対して、 「フオ様、本当に申し訳ありません。 友達のデビーは今日少し頭がおかしいみたいなんです。 私たちはすぐに出ていきます。 彼女が起こした騒動のことを深くお詫びします」と謙虚に謝罪した。

他の人もみんな同じように謝った。 クリスティーナとディクソンも、 「フオ様、このようなことになってしまって本当に申し訳ございません。 私たちはすぐに出ていきます」 と言った。

そして五人はエレベーターに乗ってその場を後にした。 デビーがこれ以上トラブルを起こさないように、ジャレドは地下駐車場まで彼女を肩に担いでいった。 メルセデス・ベンツの中にデビーを降ろした。 大変疲れていた彼は話もできなかった。 ようやく「俺たちは...おてんば娘を精神病院に連れて行かなきゃ....」 と息を切らして言い出した。 「あの病院の院長先生に連絡を取ってみよう。すぐに診てほしい患者がいるんだと言ってくれ」と息を切らしながら話を続けた。 その後、コンクリートに息を整えるために腰を下ろした。 駐車場までデビーを運ぶのは大変だっただろうと哀れに思う人たちの目がジャレドに向けられ、沈黙が続いた。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)