icon 0
icon チャージ
rightIcon
icon 履歴
rightIcon
icon ログアウトします
rightIcon
icon 検索
rightIcon
第14章第8章 私は戻ってくる (Part
Two)
文字数:1471    |    更新日時:09/05/2021

「デビー、私は戻ってくる」

彼女が想いを寄せていた男は、無事に海外で卒業し、父親の後を継ぐために帰国することになったと話していた。

でも、今考えてみると、デビーはどの部分が気になっていたのか?

彼女に彼のことを忘れるように言ったのはその男だった。 その時、デビーは苛立っていたので、一度も会ったことのないチャールズとの結婚を承諾してしまった。

そして今、彼は彼女に突然戻ってきたと言った。 デビーを苛立たせ、彼が戻ってくると彼女に話した理由に固執せずにはいられなかった。 デビーは知りたくもなかったので、この情報は彼女にとって何も役に立たなかった。 沢山の質問に心を埋め尽くされ、デビーはそれが嫌だった。 「ああ! とても迷惑よ!」

デビーが突然不満を叫んだので、みんなが不思議そうにデビーを見た。

「デビー、私があなたに何かしたっていうの?」 小さな声で反応した。 「どうして私が迷惑だと言ったの?」 それから、叫び声が聞こえた。 「ああ!」 デビーの前で少女が地面に倒れた。

デビーは立ち止まり、少女に近づいて様子を見た。その瞬間、彼女は嫌そうに目を丸くした。

「なんてことなの? この偽善的で人を欺く女がまた?」 デビーは内心罵った。 「彼女の望みは何なの?」

地面に這っていたのはジェイル・ムーだった。 ジェイルは本名ではなくゲイル・ムーだ。 でも、デビーは彼女を「ジェイル」の方が似合っていると思い、そう呼んでいた。 ゲイルが実際にどうやって倒れたのかわからず、デビーは軽蔑の眼差しでゲイルを見ていた。 白いロングドレスに身を包み、腰まである髪の毛は、純粋で無垢で繊細な少女の完璧なイメージだった。 ゲイル・ムーより優れた変装の達人はいるだろうか?

「失せろ!」 デビーが声を荒げた。 「どいてよ!」 ゲイル・ムーの姿を見ただけで胃が痛くなった。 デビーには関係ない人だった。 むしろ、彼女と同じ空気すら吸いたくなかった。 「一体何なの?」

デビーは考えた。 「私たちはお互い会わないようにしてたのに! この女は本当に私の計画をめちゃくちゃにするつもりなの?」

しかし、ゲイル・ムーの目は赤くなっていた。 周囲に人だかりができ、女同士の戦いを期待していた少年たちは、すでにゲイル・ムーに同情していた。

みんなデビーを怒った顔で見ていたが、黙っていた。 経済学部・経営学部の中にデビーに指一本触れるようなバカはいなかった。

「デビー、私を倒した上にちゃんと謝まりもしないの?」 ゲイル・ムーは嘘泣きをした。 「消えろとまで言われたのに! どうしてそんないじわるになれるの!」 たまたま通りかかった少年は、何が起きているのかすぐに理解し、何もせずにはいられなかった。 彼は歩み寄り、ゲイル・ムーの足元に手を差し出した。

涙を堪え微笑みながら、ゲイル・ムーは少年に感謝した。 まるで季節の葉の色のように顔を赤らめた彼は、その場から逃げ出した。

「この変人!」

デビーは叫び、ゲイル・ムーを指差した。 「病院に行って、脳をチェックしてもらいなさい!」 ゲイル・ムーに邪魔された状況から立ち去ろうとすると、またデビーを怒らせた。

デビーに向かって微かに身を乗り出したゲイル・ムーは、傲慢な口調で彼女に話しかけた。 「そんなに私が嫌いなんだから、賭けでもしない?」 瞳を暗くしながら、「負けたら二度とあなたの目の前に現れないようにするわ」と目を暗転させながら言った。 どうかしら?」と続けた。 哀れな表情をして声のトーンを下げたゲイル・ムーは、デビーに謝っていると思わせ、簡単に観客を騙した。

アプリでボーナスを受け取る

開く
1 第1章結婚生活に終止符を打つ2 第2章つかみどころのないチャールズ3 第3章頭の固い教授4 第4章オルガ・ミ5 第5章グランド・プラン6 第6章自分を誰だと思っている? (パート1) 7 第7章自分を誰だと思っている? (パート2) 8 第8章自分を誰だと思っている? (パート3) 9 第9章自分を誰だと思っている? (パート4) 10 第10章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート1)11 第11章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート2)12 第12章チャールズ・フオの妻にはなりたくない (パート3)13 第13章第8章 私は戻ってくる (Part One)14 第14章第8章 私は戻ってくる (Part Two)15 第15章第8章 私は戻ってくる (Part Three)16 第16章3つの選択肢 (パート1)17 第17章3つの選択肢 (パート2)18 第18章3つの選択肢 (パート3)19 第19章授賞式 (パート1)20 第20章授賞式 (パート2)21 第21章授賞式 (パート3)22 第22章授賞式 (パート4)23 第23章チャールズ・フオ、愛してる (パート1)24 第24章チャールズ・フオ、愛してる (パート2)25 第25章チャールズ・フオ、愛してる (パート3)26 第26章全世界が知っている (パート1)27 第27章全世界が知っている (パート2)28 第28章全世界が知っている (パート3)29 第29章全世界が知っている (パート4)30 第30章愛想のいい校長 (パート1)31 第31章愛想のいい校長 (パート2)32 第32章愛想のいい校長 (パート3)33 第33章君は女の子のようだ (パート1)34 第34章君は女の子のようだ (パート2)35 第35章君は女の子のようだ (パート3)36 第36章純粋なふりをして (パート1)37 第37章純粋なふりをして (パート2)38 第38章純粋なふりをして (パート3)39 第39章ワイン (パート1)40 第40章ワイン (パート2)41 第41章ワイン (パート3)42 第42章彼女をサメの餌にしてやる (パート1)43 第43章彼女をサメの餌にしてやる (パート2)44 第44章彼女をサメの餌にしてやる (パート3)45 第45章ひざまづいて (パート1)46 第46章ひざまづいて (パート2)47 第47章ひざまづいて (パート3)48 第48章ニューヨークへ (パート1)49 第49章ニューヨークへ (パート2)50 第50章彼女は決闘をするのか (パート1)51 第51章彼女は決闘をするのか (パート2)52 第52章彼女は決闘をするのか (パート3)53 第53章彼女は決闘をするのか (パート4)54 第54章デビーといちゃつくチャールズ (パート1)55 第55章デビーといちゃつくチャールズ (パート2)56 第56章デビーといちゃつくチャールズ (パート3)57 第57章チャールズは真実を知っていた (パート1)58 第58章チャールズは真実を知っていた (パート2)59 第59章チャールズは真実を知っていた (パート3)60 第60章引っ越し (パート1)61 第61章引っ越し (パート2)62 第62章引っ越し (パート3)63 第63章車で大学へ (パート1)64 第64章車で大学へ (パート2)65 第65章車で大学へ (パート3)66 第66章車で大学へ (パート4)67 第67章本物の少年ではない (パート1)68 第68章本物の少年ではない (パート2)69 第69章本物の少年ではない (パート3)70 第70章兄弟 (パート1)71 第71章兄弟 (パート2)72 第72章兄弟 (パート3)73 第73章兄弟 (パート4)74 第74章ZLグループ本社 (パート1)75 第75章ZLグループ本社 (パート2)76 第76章ZLグループ本社 (パート3)77 第77章ZLグループ本社 (パート4)78 第78章謝罪の食事 (パート1)79 第79章謝罪の食事 (パート2)80 第80章謝罪の食事 (パート3)81 第81章謝罪の食事 (パート4)82 第82章燃えてしまった (パート1)83 第83章燃えてしまった (パート2)84 第84章燃えてしまった (パート3)85 第85章今の状況 (パート1)86 第86章今の状況 (パート2)87 第87章今の状況 (パート3)88 第88章誰が彼女をいじめたのか (パート1)89 第89章誰が彼女をいじめたのか (パート2)90 第90章誰が彼女をいじめたのか (パート3)91 第91章おてんば娘?なんてことだ? (パート1) 92 第92章おてんば娘?なんてことだ? (パート2) 93 第93章おてんば娘?なんてことだ? (パート3) 94 第94章おてんば娘?なんてことだ? (パート4) 95 第95章私はあなたにお詫びしたい (パート1)96 第96章私はあなたにお詫びしたい (パート2)97 第97章私はあなたにお詫びしたい (パート3)98 第98章バトル (パート1)99 第99章バトル (パート2)100 第100章バトル (パート3)